日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

煙が出ない完全燃焼型の焼却炉を製作。

今日は話が長くなります。
心して。
興味の無い方はパスして下さい。
焼却炉の話です。




しおさんが冬にロケットストーブで暖を取られていました。
これを拝見してこれだー。
ロケットストーブの原理は分かっていまして、この原理を応用するば剪定枝を燃やす焼却炉が作れんじゃないかと。
ピピっ。ヨボヨボ爺さんはひらめきました。
GWに一度トライしてみよう。
丁度今がGWなので作ります。


剪定枝は大きな問題ですね。
木も成長しますんで。
少しくらいであればゴミ出しで済むかもしれませんが、レベルを超えるとどうにもこうにも。
一度に野焼きすれば火事レベル。
特に煙が凄い。
ほんと消防車が来そうです。




最初に考えたのは200Lのドラム缶を2段に積んだ方式。
これはロケットストーブを拡大させたもの。
無理。
やめました。
イメージしてみると処理能力が足りません。
時間が掛かり過ぎます。




次に考えたのは壁で仕切る方式。
大火レンガで作ります。
燃焼温度は900℃になりますのでブロックでは持ちません。
一般のブロックの耐熱は最大で500℃。
一発で割れますね。
壁は横から見るとL字。
L字の立ち上がり部分が排気筒。
こんな感じ。
写真は半日掛けてレンガを積んだもの。
この後、フラフラして排気筒が倒れました。
単にレンガを積むだけじゃ無理。
倒れますわね。

完成 2017 5 1-3













完全燃焼型焼却炉の原理を書いておきます。
まず少し燃やします。
この時点では火に勢いがありません。
燃やして行くうちに排気筒の内壁が熱くなります。
筒が温まりますと筒の中の空気の密度は減り軽くなります。
空気が軽くなると気流が生まれます。
筒が狭くて長いほどその上昇気流の速度は早くなります。
温まって来ますと凄い流速で空気が流れます。
これが燃焼のドラフト効果。
次に燃やす部分を説明します。
私は剪定枝を燃やすのである程度の長さが必要になります。
今回は奥行1.2m。(剪定枝の長さに合わせました。)
煙突の上昇気流に引っ張られる形で入口から冷えた空気を吸い込みます。
空気の入口はある程度制限しないと燃焼に勢いが出ません。
今回は入口の寸法はが720(W)×630(H)。
(H=630は枝を実際に燃やす燃焼炉の高さ)



耐火レンガはネットで購入。
サイズは240×115×90(H)。
私の今回の設計では193個。
予備も含めて200個注文。
ゆうパックで持って来て頂きました。
重量物で申し訳なかったです。
一度レンガを積んで倒れてますので、その時に7個くらい割れました。



排気筒の巾は720(W)×120(D)。(高さは地上から1630)
排気筒出口はもう少しせぎって開口が180×120の2ケ所。
写真は崩れ落ちる前のもの。
(最終は角をレンガとレンガを重ねてあります。燃焼が通る所が奥行120)
排気筒手前を何らかで支えないといけません。
今回はステンレスのシャンネルで支えます。
重量は支えられますが、熱で反るかも。

排気筒 2017 4 30-1

焼却炉 2017 4 30-4

焼却炉 2017 4 30-5







取り敢えず一度崩れ落ちた写真。

焼却炉 2017 4 30-9










さて、もう一度やり直します。
今度はモルタルを敷きながら積んで行きます。
隅にモルタルを載せ、ハンマーで上からトントン叩きながら。
モルタルがブチュ~とはみ出ます。
作業は一日掛かり。

モルタル 2017 5 1

レンガ積み 2017 5 1

完成 2017 5 1-2









さて火入れ。

燃焼については予定通りうまく行きました。
煙は出ずに完全燃焼の状態。
燃焼温度は900℃程度でしょうか。
途中、排気筒出口から火炎が40cmくらい上がることも。
ロケットストーブと同じですね。
燃やす所に蓋を被せますがこれはステンレスの板。
角を少し曲げてあります。
焼却炉の手前は空気を吸い込む方ですから手前に火があふれることはありません。
火炎も手前から奥へ。
排気筒の奥の方に向かって流れます。

焼却炉 2017 5 2-1

焼却炉 2017 5 2-2

焼却炉 2017 5 2-3

焼却炉 2017 5 2-5

焼却炉 2017 5 2-6










途中いやな音が。
レンガがミシミシ。(笑)
また倒れるのかな。
熱を加えると構造の弱い部分がやられます。
歪んだかしら。
隙間に埋め込んだモルタルは化粧が剥がれ落ちたかの如くボロボロと落下。
これは想定内。
後半、ミシミシ音は減って来ました。
正面から見ると両サイドが内側に倒れています。
外側に反ったら倒れてますね。
錦帯橋のように内側であればゴツンこします。
今回何とか持ち堪えたのは排気筒の一番上。
レンガが乗せてりますが、排気筒の前後を繋いであります。
何となくやばい気がして。

排気筒上 2017 5 2-1

排気筒上 2017 5 2-2

排気筒上 2017 5 2-3








汗だく。
夏は無理ですね。
3時間で軽トラ2台分程度の剪定枝を処分。
今日はここまで。
灰が。
燃焼炉の半分くらい灰で埋まりました。
一度に燃やせる量は灰で決まりますね。
今日の最後は太目の剪定枝。
太さ5cmくらい。

あと軽トラ3台分くらい剪定枝が残っています。
GW中には。

焼却炉 2017 5 2-7

焼却炉 2017 5 2-8

焼却炉 2017 5 2-9












はぁ。

今度倒れたら鉄筋を入れて筋金入りにしましょう。
来年のGWですが。


レンガ造り匠のくゆらさんからツッコミが入りそうです。
オシャレじゃないわ。

取り敢えず原理は合っていました。
強度不足も合っていました。(笑)
焼却炉も崩れ落ちながら強くなって行く。


長文にお付き合い頂いて有難うございました。
火は勢い良く燃えましたが、私は疲れて鎮火寸前です。(笑)

今回造った焼却炉の全体サイズ。
間口960。奥行き1200。高さ1630。
私がここに入るのはちょっと無理かな。
最初に言っておきますねモグちゃん。






ポチは月山錦。
ここからが正念場。



にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
【 2017/05/02 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(20)
Re: このはさん
焼却炉が倒れそうです。
早々に倒れないような補強をします。

穴空きレンガは安くする為の手段です。
専門用語で『肉ぬすみ』と言う言葉があります。
型で作る鋳造品などで余分な所を減らします。
外見は同じで強度を保ちつつ材料費を抑える為に。
これで安く出来ます。

このはさんのBBQこんろで手前上の私が一番苦労したんじゃないかと思います。
このはさんのBBQこんろも素晴らしい作品ですね。
【 2017/05/07 】 編集
穴あき煉瓦は初めて見ました~
都会には、良い物があるんですね~
(^^)

でも、煉瓦一直線に積み上げたら弱いですよ。
半割も作って互い違いに積み上げましょう~

約20年前に初めて作ったBBQコンロですが・・・
毎年凍結と解凍を繰り返しても、
なんとか生き延びてますよ~
http://konohakuzu698.blog40.fc2.com/blog-entry-2444.html
【 2017/05/06 】 編集
Re: 甘姫様
甘ちゃんの露天風呂が目に毒かどうかですね。
微妙。
実に微妙。(笑)
半数は見てラッキー。
半数はやめておけば良かった。
ピシっ!

GWは疲れます。
ヘトヘト。
露天風呂に入りたい気分。
甘ちゃんも同じでしょう。




【 2017/05/05 】 編集
Re: ゆずぽんさん
人間と同じで芯が入ってませんね。
ヒョロヒョロじゃないか。
ピシっとしなさい。

私が造るとこんな感じですね。
人間の芯から鍛え直さないと。
人間的にはゆずぽんさんを見習います。


【 2017/05/05 】 編集
日本一の果実さん今日は~♪

凄い~!!
あの重いレンガを沢山積んで・・積み木崩しで遊んでるかと思ったら・・(^_-)-☆

イイ感じに出来上がりましたね!! 器用!!

で燃えあがる炎  これって焼くだけでは勿体ないですね~

露天風呂を作ってくださ~い 甘姫入りに行きますから~!! 

あっ周りに囲いも~眼の毒になりますから・・・実現する事?無いですね(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
【 2017/05/05 】 編集
いつの間にか 凄いもん作ってましたね!
鉄の芯とか入れなくて大丈夫なの?
いやぁ、実家は 古いレンガ塀だったんですが 芯が入ってないから・・と当局よりご注意を受け 塀の建て直しとなりましたから。。(・。・;
ま、塀じゃないからいいっかぁ。
へいっ!
【 2017/05/05 】 編集
Re: くゆらさん
流石、匠のくゆらさん。
レンガの積み方がダメでしたね。
ツドリに。
なるほど。
それ頂いておきます。
機能は良くても見掛けがね~。
作っている途中にくゆらさんのクスクス声が届きましたから。

冬はここで焼き芋が出来そうです。
これまでは家の石焼き芋器を使っていましたが、一度に4個くらいしか焼けません。
ここであれば大量に焼けますね。
今年はサツマイモ栽培を頑張りましょう。
【 2017/05/05 】 編集
Re: 鬼ちゃん
こんな変なものを作るのはそんなにいないと思います。
へんてこな爺ちゃんです。
焼却炉は補強をします。
このままでは危ない。(笑)

バーベキューコンロは鬼ちゃんでも楽勝で出来ると思います。
それこそままごとレベルです。

ピザ窯もその気になれば。
保温効果を高めないといけませんので、温まったら排気を閉じて熱が逃げない構造にします。
排気にダンパーと呼ばれる開け閉めの蓋がいると思います。
イメージ的には。
温める構造のものは排気をすぐに出さずゆっくりと出します。
燃やすのもゆっくりですね。



【 2017/05/05 】 編集
お洒落でも、機能を果たさなければ
見かけ倒し・・・と笑われます^^

機能を十分に発揮し、丈夫で更にお洒落であれば^^

目地が十字になる積み方は難しそうです。
目地がT字になるような積み方であれば
つなぎ目の抑えにもなって丈夫なような気もしますが
いかがでしょう^^?
【 2017/05/04 】 編集
お疲れ様です~
日本一さん~

画像だけ見てたら、ブーフーウーの世界かと!

青空に、緑の草の空き地、レンガの…
なんか、素敵な絵本の世界に来ちゃったみたいに見えました。(笑)

日本一さん、凄いです!
頭の中で考えていた事を、実行ですね!
あの、網タイツの様なレンガがいいんですね!

L字型の焼却炉!使わない時は、疲れた時の、休憩椅子になりそう。冬場は、ちょっと火を付けて、
ぎゃォ~~~~、おちりが、アチチ…

こんな高度なことをやってのけるんだから、バーベキューのコンロや、ピザガマは、朝飯前ですね~

前に見た、オシャレなピザガマ、16万でしたのよん!
ちょいと来て、作ってくれないかな~(笑)

お疲れさまでした~~~
【 2017/05/04 】 編集
Re: ホワイトモグタンさん
大きな穴を掘ってそこにそのまま埋められそうです。

ドラム缶は鉄とステンレスで耐久が違います。
ステンレスでも耐熱はせいぜい600℃程度。
900℃と言う温度はステンレスの耐熱もはるかに超えていますね。
ドラム缶の焼却炉は数年でボロボロになると思います。

モルタルをこねたりコテを使ったのは初めてに見えますでしょう。
腕が鈍ったのだと思います。
昔はままごと遊びのようにモルタルをコネコネしていました。
今度倒れたらちょっと気合を入れます。



【 2017/05/04 】 編集
おはようございます。
最近は田舎でもあまり大々的に野焼きなど出来なくなりました。
農家にとっては頭の痛い問題です。
我が家には昔からある井戸枠の様な形をした大きな灰入れがあるのでそこで焼却しています。
大きな穴を掘ってそこで燃やすのもよいかもしれません。
ドラム缶で作った事もありますが、頻繁に焼却していると数年でボロボロになります。
今回の焼却炉はピザ焼きや煮炊きなども出来るように作られたのでしょうか。
モルタルをこねたり、コテを使われたのは初めてでしょうか?笑
【 2017/05/04 】 編集
Re: ベスト果実さん
この時期に余分な新梢を欠いておけば剪定量も減るのですが。

ベスト果実さんの所もあれだけの果樹量。
枝の管理も大変だと思います。


【 2017/05/04 】 編集
手広く果樹栽培をされると剪定枝の処分も大変ですね。

小規模でも色んなゴミが出ますが、ゴミ問題は厄介ですね、私はセッセとゴミ袋を買いに行きますが、馬鹿に成りませんよ。(;。;)
【 2017/05/03 】 編集
Re: ムクちゃん
大掛かりな構造物は不安です。
いつ倒れるのか。
コテっ。(笑)

野菜の後始末も厄介ですね。
丁度菜の花を倒しました。
背丈が1.5mほど。
切り刻めるレベルじゃないですね。

取り敢えず焼却炉が倒れないのを祈ります。


【 2017/05/03 】 編集
Re: ミミハッチさん
北海道の広大な自然の中で僅かな狼煙くらいなら良さそうなものですが。

ご主人が作ってくれたのですね。
ありがたいことです。
バラの剪定枝などたくさん出るでしょう。
トゲもありすしゴミ出しもイタタになりますね。
剪定枝が乾燥して燃やせるようになりましたらアップして下さい。
【 2017/05/03 】 編集
大師匠、こんにちは!
大がかりな、工作ですねぇ。
ほんと、野菜作りでも残渣が、、、。ブロッコリー作らなくなったのも、茎が、困る(-_-;)
板橋区在住の友人が、少し位と庭でゴミ焼却♪!
はい、消防車出動、お決まりの始末書とか。
変なコメントで、申し訳ありません。
【 2017/05/03 】 編集
どこも同じ悩みですねー。我が家の焼却炉。オットットが設計、ご町内の小父さんが廃棄された燃料タンクを再利用して作ってくれました。費用3.5万でした。今度写真のせましょかね。
ケムリが出ないように、なるべく乾燥させてから燃やしています。

素晴しく綺麗な灰ですね! 綺麗に燃えた証明のようです!! 灰は助かりますもの^^
ミミハッチ地方ね、野焼きは50万の罰金なの>< 恐ろしやー><
【 2017/05/03 】 編集
Re: しおさん
剪定枝を何とかしなければ。
しおさんのロケットストーブを拝見するまでは大型の粉砕機を検討しておりました。
ロケットストーブを拝見して考えが変わりました。
これで良いかも。
丁度良いタイミングで助かりました。
【 2017/05/03 】 編集
大がかりな工作物ですね。
煉瓦作りとは素晴らしいですね。

剪定枝の処分にはどこも苦労しています。
私は下の畑2の剪定枝はドラム缶焼却炉で処分しています。
煙はモクモクです。(^_^;)
【 2017/05/03 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL