日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

サガマンダリン、紅ちゃんを試し採り。

今朝テレビを見てましたら、アウトドア達人の清水国明さんが人生について語っておられました。

良い話なので紹介しておきます。

人生は真横に生きて、最後はバタっと死ぬのが一番。
真横、バタっ。
これを『直角の死に方』と呼ぶのだそうです。

これは予め最後の死に方を決めて逆算して生きて行くこと。
すると今何をすべきかが見えてくるのだそうです。
逆に最後が見えていないと、人間セーブしてしまい下って行く人生になると。
真横の線と、下った斜めの線で最後縦線を結ぶと三角形が出来ます。
この三角形で出来た差が人生の差。

清水さんは釣り好きですが、釣りをしながら死にたいんだと。

良く生涯現役と言われますが、同じ意味だと思います。





清水国明さんが運営している瀬戸内海の無人島キャンプ場『ありが島』の一文から。

自分の責任で自由に遊ぶのが
「無人島キャンプ場ありが島」です。

基本ルールは

「自己責任・自他自由・自修自得」。


その意味は
何があっても人のせいにせず
他人の自由を大切にして迷惑をかけず
自分で工夫して自分で楽しむ

という約束です。




これを読んで思いました。

楽しみは与えられるものでは無く、自分で考えて作って行くものだと。









家の玄関横にあるカボスの木。
10品種以上のみかんが高接ぎしてあります。


紅ちゃん。
二つの枝に50個ほどぶら下がっています。
昨年は別の枝がこんな感じでした。
一年毎に生る枝、休む枝があります。
木全体で生る、生らないのではなく養分の多少は枝単位と言うことです。


プルプル果肉はまだメジャーではありませんが、将来は人気が出て来ると思います。

紅ちゃん 2016 11 26-1

紅ちゃん 2016 11 26-2

紅ちゃん 2016 11 26-3

紅ちゃん 2016 11 26-4

紅ちゃん 2016 11 26-5









サガマンダリン。
(「小西早生」×「フェアチャイルド」)
味はせとかレベルと言われていますが、私はせとかの方が上だと思います。
もう少しオレンジ香の主張が欲しいです。

サガマンダリン 2016 11 26

サガマンダリン 2016 11 26-2

サガマンダリン 2016 11 26-4

サガマンダリン 2016 11 26-3








西南のひかりももうすぐでしょう。

西南のひかり 2016 11 26-1











文旦が重そう。
みかんの枝は強いです。

でも、重いので休ませて貰おう。
文旦も自分で支えられない枝があるようです。

文旦 2016 11 26-1

文旦 2016 11 26-2









にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
【 2016/11/27 (Sun) 】 柑橘 | TB(0) | CM(16)
Re: 甘姫様
甘ちゃんの健康朝ジュースを続けていれば最期まで頑張れます。
これは続けましょう。
気持ち的な支えもあります。
これを飲んでいればと言う。

甘ちゃんはみかん王国ですからね。
カラオケを歌いながらたくさんみかんを食べて下さい。
おつまみは甘ちゃんの歌声で。

みかんは果物の中では楽な方だと思います。
剪定で余分な枝を落とす。
みかんも基本、他の果樹と同じです。
枝の上と下に伸びた枝を落とす。
内向きの枝を落とす。
これが出来れば豊作です。
頑張りましょう。

【 2016/11/30 】 編集
日本一の果実さん今晩は~♪

直角の死に方ですか~成程~長く生きてコロリ往生ですね~
誰もが願ってる事かもしれませんね~ 長く長く長く~元気で過ごしたいですね~♪

果樹園を見てると、私が恥ずかしくなって来ます~
蜜柑王国愛媛に暮らしてて 蜜柑栽培して無い甘姫

で・・レモンとスダチと 紅甘夏 金柑 そうそう・・初めて「デコポン」かなぁ?3個生ってました~

で・・育て方ヘタです~何も知りません(^_^.)

レモンの木に今年初めて、茎や枝の色が変になってきたのに、気づきました~
今迄消毒した事一切なし・・すべて植えただけ~
いよいよ図書館に行って調べてみようかと思ってますが・・・

日本一の果実さんを尊敬してます~もしかして、県の果実試験場からご招待されるかも?笑

【 2016/11/30 】 編集
Re: ゆずぽんさん
ゆずぽんさんは首が斜め45°。
これは大したことはありません。
私は腰が斜め45°。
マジで腰が難いです。

ぶら下がったみかんも面白いかと思います。
私はゆずの木にぶら下がったゆずぽんさんが見てみたい。
オヘソは隠しておきましょう。
ヘ~~そ~。


【 2016/11/29 】 編集
今 わたし 日頃使わない頭を使って 首が斜め45度に傾いてます。(~_~;)

紅ちゃんは超薄皮で よくその薄皮で 中のジューシーな果肉を包み込めておけるわね~~って感じでねぇ。。
鈴なり具合が 半端ないわぁ。。
その他 同じ柑橘でも いろんな様子を見させていただき 楽しいです。^-^



【 2016/11/29 】 編集
Re: ひかり様
清水国明さんは現在66歳くらいだと思います。
人間、50歳・60歳ともなりますと人生の最期を意識し始めます。
歳を取ってから最期を決めるのは遅いかもしれません。
体が動きませんし気力も湧きません。
出来ればある程度動けるうちに最期までの道を作っておきたいものです。

清水さん提案のありが島は無人島なので何もありません。
あるのは自然のみ。
ここでの生活を楽しめるのかどうかでその人の考えが分かります。
プレゼンテーションされたものではなく自分が自然と対話出来るかどうかですね。

ひかりさんも紅ちゃんを頑張りましょう。
間違い無くおいしいみかんです。
ひかりさんとどっちがプリプリ?
プリプリを越してタルンタルンにならないように今をキープしましょう。

【 2016/11/29 】 編集
日本一の果実さん♪
師匠!
以前、河川文化ディスカバーフォーラムというのが
こちらで開催された時 
地球探検倶楽部に入っていた息子らは
シンポジウムで、活動報告をしました。
ディスカッションで、パネリストに招かれたのが清水國明さんでした。
つたない発表でも、終始にこやかにうなづきながら聞いてくださり
今でも記憶に残っています。

川は、貴重な財産。
自然を敬い、水と共に生きて
水が生活に与えてくれた知恵ややすらぎを
再確認しようという内容で話されたことを
懐かしく思い出しました。

紅ちゃんの生り姿は、まるでグレープフルーツですね。
うちのは何年先かな~。
西南のひかり、頑張れ!
【 2016/11/29 】 編集
Re: 鬼ちゃん
横一線で最後まで行きましょう。
途中挫折もあると思いますが、その時は自分に反省を求めましょう。
そうすれば周りが助けてくれます。

みかんも今なら食べられます。
真冬にみかんを食べますとブルブルってきます。
犬みたいに。
なので真冬はあまりみかんを食べません。
冬は暖かいものがいいですね。




【 2016/11/28 】 編集
Re: このはさん
北海道でみかんはちょっと厳しいですね。
当地で何とか。
でもこのはさんは私より絶対寒さに強いと思います。
私が北海道で住めば枯れると思います。
【 2016/11/28 】 編集
Re: しおさん
紅ちゃんは今後、柑橘を代表する品種になると思いますので頑張ります。

柑橘に限りませんが土台作りは欠かせません。
カボス台木でもある程度成長すれば、これくらいの実付きは期待出来ます。
しおさんも収穫しながら台木を成長させて下さい。
紅ちゃんも樹勢が強く中間台木でも使えると思います。
【 2016/11/28 】 編集
Re: ベスト果実さん
寒くなって柑橘の季節となって参りました。
これから春まで貴重な果物になりますね。

紅ちゃんは私が呼んでいる愛称です。
お友達ですので。
一応別の品種名があるようです。
そこそこ成長した木に1本1本高接ぎしますと、こう言った房状に実が付きます。
1枝毎に1品種。
こう言った生らせ方も良いかもしれません。

李王はスモモの代表と言うより果物全体を代表するレベルだと思います。

今年生った枝は来年、間違い無くお休みします。
その代わり今年休んだ枝が来年頑張ってくれますね。

【 2016/11/28 】 編集
Re: くゆらさん
みかんの断面を見ますと個性がありますね。
萎んだ感じよりふっくらした感じの方がおいしく見えます。

紅ちゃんの皮は1mmくらいです。
これだけ薄くても実割れしません。
その代わり切った瞬間弾けて来ます。
良く心得ていますね。
【 2016/11/28 】 編集
イチョウ並木が、哀愁を漂わせています。
真横に生きるのは得意です!
最近、顔までふてぶてしく横に広がったと言われておりますので!
後は、バタッ!です!
これも、得意分野かもしれません。

脅しの鬼ちゃんですから!
すでに、最近一人脅してお邪魔してきました。(笑)

紅ちゃんは、2交代制ですか?(笑)
1年かけて、蓄えるわけですね!
で、実を切ったところは
「恐れ入りました~ 紅ちゃん様~~」

サガマンダリンは、斜め上の佐賀県の佐賀ですね!

文旦、ここまできたら、頑張れ~~
【 2016/11/27 】 編集
瑞々しくて美味しそうなミカンですね~
こちらでは絶対育たない~
憧れの果実です~
【 2016/11/27 】 編集
流石の柑橘系、盛り沢山です。
紅ちゃんの生り具合は半端ないですね。
憧れの風景です。(^_^)

柑橘系も土台作りが優先ですね。
2,3年は成長に注力していきます。
【 2016/11/27 】 編集
こんばんは

凄い母樹をお持ちですね、流石ですそれぞれが立派に自己主張して本分を全うしています、サガマンダリンは酸が少なく美味しい蜜柑と聞いていますが食べたことはありません。
紅ちゃんとは?初めて知りましたが、ぶどう状に生っているようですね、珍しい品種ですね、是非紹介して下さい。

カラマンダリンを昨年植えました、5月頃の星タンゴールの後、収穫予定です
余談ですが李王を発注しました。
【 2016/11/27 】 編集
蜜柑の切り口がぷっくり浮かんでいるように見えます。
さのう(さじょう)というのでしょうか?
粒々の袋の中にも果汁があふれんばかりに
圧縮されているかのようです^^

紅ちゃんは皮も薄く、いかにも美味しそうです^^
このバラエティー柑橘の木は宝物ですね。
【 2016/11/27 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL