FC2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

柑橘は忍耐。

熊本の梨。
荒尾産『新高』。
994g。
約1kg。
この大きさ、感覚で覚えておきます。

荒尾梨 2018 10 12-1

荒尾梨 2018 10 12-2








台風でも落ちなかった梨が少々。

『にっこり』
600gくらいでしょうか。
色的にはそろそろ。

にっこり 2018 10 11-1










『王秋』。
600gくらいでしょうか。

王秋 2018 10 11-1

王秋 2018 10 11-2










1kg。
無理だな。(笑)
一応来年、『かおり』で頑張ってみます。










さて、柑橘。

今年、一から育てた紅ちゃんが初収穫の予定。
ここまで長い長い。
8年くらい掛かったでしょうか。

台木のカラタチの挿し木。
用土に養分が無いので太くなりません。
太さは5mmくらい。
成功率は50%くらいでしょうか。
1年目はここから始まります。

カラタチ 2018 10 12-1








これは3年目の紅ちゃん。
20cmくらい。
(2年目に居接ぎしますが、2年目はほとんど成長しません。)
3年目からじわじわ。
ゆっくりゆっくり。

紅ちゃん 2018 10 12-1

紅ちゃん 2018 10 12-2








居接ぎして6~7年くらいで実を着けますが、これを1~2年全摘果。
ここが忍耐。
初開花で実を着けさせますと、成長はそこで止まります。
木を成長させてから収穫。
木を成長させるのは、強剪定。
強く切るのも忍耐。
慣れの部分がありますが、強剪定は勇気が入りますね。










ようやく生らせた紅ちゃん。
紅ちゃん1号。
樹高2m。
100個くらい実を着けて、そのうち30個程度生らせました。

紅ちゃん 2018 10 11-1

紅ちゃん 2018 10 11-2

紅ちゃん 2018 10 11-3

紅ちゃん 2018 10 11-4











紅ちゃん2号。
樹高2m。
30個くらい実を着けてそのうち2個生らせてみました。
本収穫は来年から。

紅ちゃん 2018 10 12-3

紅ちゃん 2018 10 12-4









クレメンティン2号。
4年目。
これも一から育て上げたもの。
あと2年は全摘果。
忍耐。
一本一本の枝を太く。
強剪定あるのみ。

クレメンティン 2018 10 12-1

クレメンティン 2018 10 12-2









最近、おいしいみかんが増えて来ましたね。
はじけるくらいプリプリとか。

好きなだけみかんにはまだ全然。
数年掛かります。
それまでは忍耐。
疲れちゃう。(笑)






にほんブログ村












スポンサーサイト
【 2018/10/12 (Fri) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)

みかんの品種更新

前回の台風21号の影響でメイちゃんの瞳がご機嫌斜め。
私もこれが気掛かり。

メイちゃんの瞳 2018 9 23-2







紐で引っ張って真っ直ぐに。
若干戻ったか。
やっぱご機嫌斜め。
台風で折れなくて良かった。
春に比べ、幹の太さが2倍に。
地上から30cmにも花芽。

メイちゃんの瞳 2018 9 23-2


メイちゃんの瞳 2018 9 23-3

メイちゃんの瞳 2018 9 23-4









昨年から始めた柑橘の品種更新。

今年の春、タロッコの枝に別の品種を高接ぎ。
足元はタロッコを少し残してあります。
今年は接木した枝1本だけを真っ直ぐ伸ばします。
これくらいスカスカで丁度いい加減であります。
2年先にはビッシリ。

タロッコ 2018 9 23-1

タロッコ 2018 9 23-2

タロッコ 2018 9 23-3








昨年の春にバレンシアオレンジを見切りました。
不知火と早生デコポンを高接ぎ。
今年3個だけ生らせてあります。
これ以上生らせると全く成長しません。
成長させながら収穫。
ギリギリの判断。

デコポンは甘く見ていましたが、これぞ柑橘の王様のように思えて来ました。
味ではNO1じゃないでしょうか。
糖度18のデコポンは最高ですね。
今年どれくらいのものが出来るのか楽しみに待ちましょう。

バレンシアオレンジ 2018 9 23-1

バレンシアオレンジ 2018 9 23-5

バレンシアオレンジ 2018 9 23-6









今年、7本の幼苗を植えました。
しっかり育てましょう。
5年先を夢見て。

柑橘 2018 9 23-1








下のバナーは昨年収穫。
今年は僅か2.7kg。(汗)



にほんブログ村
【 2018/09/25 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(18)

強剪定で成長促進。みかん。

最近、暖かい日が続いていますね。
とうとう40℃超え。
オケラのカズ君もお手あげ。

オケラ 2018 7 26-2




穴掘り得意のミホちゃんもお手上げ。

オケラ 2018 7 26-1









春先にリンゴのつがるを倒して美丘を接木。
台木が太過ぎて切り接ぎが出来ず。
端にちょこんと接木。

剥がれました。(笑)
伸びた枝は1.5m。
接着面積に比べて枝が重過ぎ。
来年はもう少し活着面積を増やします。

美丘 2018 7 26-3

美丘 2018 7 26-2

美丘 2018 7 26-1










バレンシアオレンジを別の品種に更新中。
昨年から始めています。

今年接いだ枝が1.5m伸びました。
今年は1本をまっすぐ上に。
来年は側枝を出して、再来年から収穫。
接いだ部分のテープが食い込み。
テープを剥がしてやります。

間さん 2018 8 3-1

間さん 2018 8 3-2

間さん 2018 8 3-3








バレンシアオレンジに昨年接いだデコポンと早生デコポン。

デコポン 2018 8 3-1

デコポン 2018 8 3-2

早生デコポン 2018 8 3-1









クレメンティン2号。
成長促進で春、50cmに強剪定。
負けじと新梢が伸びて来ました。

クレメンティン 2018 8 3-1








クレメンティン3号を50cmに切り戻して別品種を接木。
今年は1本だけまっすぐ上に。

みかん 2018 8 3-1








レーヌクロードとコチェコ。
昨年居接ぎして、今年の春に20cmに強剪定。
今年ヒョロヒョロっと3m。
レーヌクロードは巨木になる雰囲気がありありと。

レーヌクロード 2018 7 29-1









桃が予想通り、糖度20以上になって来ました。
甘いですが食べる気がしません。
この暑い時期に食べたい果物はみかん。
酸っぱい夏みかんが良さそうです。








にほんブログ村






【 2018/08/03 (Fri) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)

暑さに強い柑橘

痛っ。
何だ。
何か飛んで来たと思ったらオケラ。

面白。
隠れよった。
出てきよった。
愛嬌たっぷり。
オケラ。

オケラ 2018 7 22-1

オケラ 2018 7 22-2

オケラ 2018 7 22-3










6月中旬に収穫した1~2cmの玉葱。
暫く乾燥。
冬採り用。
これか1ケ月間、冷蔵庫で冷やして休眠。
休眠させると肥大効果が出ます。
8月下旬に植えつけて12月収穫予定。

冬採り玉ねぎセット球 2018 7 20-1










花壇植えのリンゴのワルツ。
葉っぱが黄色。
水不足。
危ない危ない。
暑さにめっぽう弱いリンゴ。

ワルツ 2018 7 19-1

ワルツ 2018 7 19-2












メイちゃんの瞳。
順調。
イメージ通りに来ています。
来年は5年目。
200~300個生らせてみます。

メイちゃんの瞳 2018 7 19-1











暑さにめっぽう強いのは柑橘台木のカラタチ。
今年2月ニの挿し木したもの。
水がなくても暫く生きています。

カラタチ 2018 7 20-1









20cmの紅ちゃん。
最初はここから始まります。
こんな時代もあります。

紅ちゃん 2018 7 19-1









今年6年目の紅ちゃん。
今年が初生り。
30個くらい生らせてみます。

紅ちゃん 2018 7 19-4jpg

紅ちゃん 2018 7 19-5










この時期の柑橘は夏枝が伸びる時期。
1本に絞ります。

紅ちゃん 2018 7 19-2

紅ちゃん 2018 7 19-3










この前の休日は38℃~39℃。
日中の畑は結構暖かい。
10時頃までは連続で作業しても何とか。
そこからは畑と家を行ったり来たり。
家のクーラーで1時間体を冷やして1時間畑で作業。
それを夕方まで繰り返します。
この方法結構行けます。

35℃くらいの気温。
汗もさほど出て来ません。
あ~涼しい。
体の感覚って凄い。








にほんブログ村
【 2018/07/24 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)

日向夏を伐採

そろそろ早朝摘果を始める頃でしょうか。
一次肥大促進にはなるべく早く摘果を進めて余分な実を落とすことでしょうか。



スモモのケルシー。
実の形に特徴がありますが、幼果の頃から趣があります。
人と同じで子供の頃の写真を見て、歳を取っても子供のまんま。
ケルシーはおいしいスモモ。
今年収穫まで漕ぎ着けたいですね。

ケルシー 2018 4 17










今年、日向夏と長崎文旦を伐採しました。
理由は種が多いから。
これがあると他のみかんにも種が入り易くなります。

日向夏をそのまま伐採するの勿体無いので台木として使います。
早生種と晩生種を高接ぎ。
収穫に巾を持たせます。
(柑橘は8月下旬から5月までの収穫)

日向夏 2018 4 17-1










紅ちゃん。
まだ線が細い。
もう少しどっしり安定感が欲しい感じ。
昨年初めて蕾を着けましたが全摘果。
今年は5個ほど実を着けさせて味の確認。
年内出きるだけ成長させて来年から100個体制に入ります。
柑橘も芽吹きが始まっています。
もう少し待って余分な枝を手でポキポキ折って行きます。

紅ちゃん 2018 4 17-1

紅ちゃん 2018 4 17-2

紅ちゃん 2018 4 17-3










レモンのリスボン。
挿し木苗です。
ここまで来るのに7年くらい。
(現在2m程度)
カラタチ台に比べて寒さに弱いです。
挿し木苗でも暖かい場所の管理であれば大丈夫でしょう。
育てるのであれば暖かい場所で。

挿し木 リスボン 2018 4 17-1












にほんブログ村

【 2018/04/18 (Wed) 】 柑橘 | TB(0) | CM(16)

こだわりの『せとか』を頂きました。

こだわりのみかんを頂きました。
『せとか』と『せとか』です。
2つともベスト果実さんからのプレゼント。



1つはプロ農家がこだわっ作ったせとか。
もう一つはベスト果実さんが自宅の庭で作られたせとか。
パット見、両方とも素晴らしい。


プロ農家の方は愛媛の段々畑で作られているのでしょうか。
一つ一つネットで包装してあります。

せとか 2018 3 7-1

せとか 2018 3 7-2

せとか 2018 3 7-3

せとか 2018 3 7-4










そしてベスト果実さんのせとか。
大きさはプロ農家に負けていません。
プロ農家より大きいくらいです。

枝付きがベスト果実さんのせとか。
重さは300g前後。

(下写真。下の列がプロ農家。上の列がベスト果実さん。)

せとか 2018 3 7-6

せとか 2018 3 7-13

せとか 2018 3 7-7











あまりやってはいけませんが食べ比べてみます。
失礼をお許し下さい。

左がベスト果実さん。右がプロ農家。
切った断面でジューシーが違うのが分かりました。
ベスト果実さんの方がジューシーです。
プロ農家の方は既に酸が抜いてある感じですね。

せとか 2018 3 7-8








断面。
ベスト果実さん。

せとか 2018 3 7-9









プロ農家。

せとか 2018 3 7-10










糖度はベスト果実さんが11.8。プロ農家は11.0。

せとか 2018 3 7-11

せとか 2018 3 7-12








実際食べ比べてもベスト果実さんのせとかの方が断然上です。
プロ農家の方は若干酸が足りません。
せとかの特徴は濃厚な味。
酸が抜け過ぎると濃厚な味から離れて行きます。


せとかも出来れば樹生り完熟が一番。
ベスト果実さんのせとかはそれに近い。
正直、プロがこだわって作ったせとかを超えてますね。
超こだわりと言っても良いのではないでしょうか。

見事なせとか。
じっくり味わさせて頂きます。









せとかの他にもパンダが入ってました。
歩くパンダではなく食べるパンダ。
パンダのキウイ苗です。
この品種は全く知りませんでした。
一部高接ぎして来年の収穫を目指します。

パンダ 2018 3 7-1

パンダ 2018 3 7-2









やっぱこだわりは必要ですね。
これは果樹栽培に限りませんが。

料理でも物作りでも、こだわりの部分に面白みを感じられます。
自己満足でいいんです。
自己を満足出来なければ人を満足させることは絶対に出来ません。
まずは自分の中で高めて行くこと。

ベスト果実さんは冬場みかんをビニールで覆って霜除けと保温をしてみえます。
このあたりがこだわり。
少しでもおいしいものを。
こう言った気持ちが大事ですね。
勉強させて頂きました。

ベスト果実さん、おいしいせとかを有難うございました。


私もおいしい果物が生ってくれないかな。

生ってくれないかな。じゃなくて生らせるんでしょ。
一に努力。
二に努力。
あとは寝て待つ。








今朝、早速パンダを3ケ所に高接ぎしてきました。
枝がニュルニュル。
既に水揚げが始まっています。
キウイは2月第1週を目標に接木しますので、もしかしたら遅いかも。

結果は寝て待ちましょう。

パンダ 2018 3 8-1






にほんブログ村
【 2018/03/08 (Thu) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)

最高のデコポンを頂きました。

Crさんからデポンの差し入れがありました。

100点。
いつも100点ですが今回も。
現在のみかんではこれくらいが味のトップレベルだと思います。




最近、みかんに限らず品種と糖度が分かれば食べなくても味が想像出来ます。
例えば、みかんだと紅まどんなで糖度13と書いてあれば買い。
デコポンで糖度18と書いてあれば買い。
大体品種のトップレベルの糖度は頭の中に入っています。
糖度が分かれば熟度や日当たり性、どれだけ実に養分を回したかおよそ理解出来ます。

最近スーパーの果物も糖度表記してありますが、これは買っちゃダメ。
本当においしい果物は拘って作られた個人の直販か千疋屋と言った専門店。



昨年から私もデコポンに参戦しました。
デコポンと早生系デコポン。
早生系は2週間ほど早く収穫出来ます。
これもCrさんから刺激を受けてのこと。
デコポンもおいしい。
ただCrさんのデコポンくらいが収穫出来るまでには相当の年月が掛かります。
みかんの味も歳の功。


家のクレメンティン・ド・ヌーレス。
最初なんでこれが人気があるんだろうと。
収穫を始めて3~4年経ちますが徐々に香りが出て来ました。
なるほど。
恐らく年月が経てばもっと香りが良くなると思います。
ちょっと小ぶりのクレメンティンが最高においしい。
何となく分かります。
小ぶりのクレメンティンが生るまでには年月が必要ですね。

みかんも早く植えなくては。
味が出るまでには時間が掛かります。




Crさん毎度有難うございます。
何か収穫出来ましたらお返しさせて頂きますね。
まともなものが出来るように頑張らねば。

デコポン 2018 3 5-1

デコポン 2018 3 5-2

デコポン 2018 3 5-3

デコポン 2018 3 6-1

デコポン 2018 3 6-2

デコポン 2018 3 6-3






手の平に良い香りが残っています。
完熟の香り。






にほんブログ村

【 2018/03/06 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(12)

香りの良いみかん。

今年もシークワーサーを鳥に突かれました。
スダチも同じく。
シークワーサーもスダチもこの時期に完熟します。

シークワーサー 2018 3 1-1









黄金柑。
香りの良い小みかんです。

種がやたら多い。

近くに長崎文旦と日向夏がありますので仕方が無いです。
文旦や夏みかんが近くにあると交配で種が入り易くなりますので。

黄金柑 2018 3 1-1









最近のみかんはおいしいものが多くなって来ました。
特にオレンジと交配させたタンゴール系全盛でしょうか。

おいしいみかんは多くなってきましたが感動するみかんがありません。
どれも何か一つ足り無い。


紅まどんなの食感に香りが加わればかなり。
香りはオレンジ香ではなくもっと爽やかな香り。
オレンジ香は悪くありませんが香りに深みがありません。
具体的な香りは黄金柑とかポンカンとかクレメンティンとか。

今年、みかんの交配も試してみましょう。









紅ちゃん2号。
花壇植えなので大きくなりません。
樹高1.5m。
現在、紅ちゃんは1号・2号・3号・4号・5号・28号。
やっぱ香りを加えたいですね。

芽欠きを怠った枝の基部。
本当は芽が出始めた時に指でポキポキ折っておかないといけません。
鋏で切っていてはダメです。

紅ちゃん 2018 3 3-1

紅ちゃん 2018 3 3-2








にほんブログ村








【 2018/03/03 (Sat) 】 柑橘 | TB(0) | CM(18)

思い違い。バレンシアオレンジ。

最近の朝に食べている果物。
キウイ数個とみかん1個。
量は一年を通して多くもなく少なくもなく。
果物が少しでも健康維持に役立てば。

たまに当たりの紅ちゃん。
大抵、糖度12~13ですが、中には糖度17を超えているものがあります。
これくらい甘いと他のみかんとちょっと違いますね。

朝食 2018 1 11-1

トースト 2018 1 11-1

紅ちゃん 2018 1 16









因みに12月の朝食は毎日こんな感じ。
夜も同様。
バイキングで欲張って果物をたくさん取って来た感じ。

朝食 2017 12 13











今年の目標の一つ。
一年(365日)自家収穫の果物を食べること。

6月から翌年3月までは大丈夫だと思います。
厳しいとすれば4月と5月。
この2ケ月は柑橘頼り。






そんなこともあって晩生の柑橘を探していました。

晩生種はあまりありませんね。
極晩生の『南津海』は既にあります。
南津海の収穫時期は5月とありますが、当地では3月。
5月ではす上がり。



他には。

検索してまして1点思い違いに気付きました。

バレンシアオレンジの収穫時期です。
3月から4月と思ってましたが収穫は7月とあります。
道理で。
3月から4月のバレンシアオレンジは無茶苦茶酸っぱい。
こんな酸っぱい蜜柑は食べられるか~。
ここ数年そう思っていました。


昨年の春にバレンシアオレンジから別品種に更新。

バレンシアオレンジに高接ぎしたデコポン。
形は確かにデコポン。
ヘソが大き過ぎません?
デコデコポン(笑)

デコポン 2018 1 18










木の下の方にはまだバレンシアオレンジの枝が残ってまして少しだけバレンシアオレンジの実が。

バレンシアオレンジ 2018 1 18-1










バレンシアオレンジを調べてみました。
収穫時期のは適期は7月。
7月か。
遅いぞ。

5月からは実を遮光するのだそうです。
そうしないと5月から実が二度目の成長をして皮が緑っぽくなるとか。
これを『回生』と言って葉緑素を皮に溜め込んじゃうだとか。

たまに晩生種で皮が緑っぽいのを見ますが、そう言うことだったのか。

イメージ的にはこんな感じ。
(最近落下したバレンシアオレンジ。着色前?)

バレンシアオレンジ 2018 1 18-2










4~5月に食べられる柑橘で良いのはあまりありませんでした。

仕方ない。
もう一度タロッコあたりに頑張って貰おうか。
昨年の春にタロッコも別品種に更新しようと樹高を3mから1.5mに切り戻しました。
別品種を高接ぎしましたが失敗。
お恥ずかしい話ですが簡単なみかんの接木に失敗。(笑)
出来れば隠しておきたかったのですが、この際白状します。
きっとタロッコが別品種をかたくなに拒否したのでしょう。

わかったよ。
もう一度タロッコを収穫するから。
結局昨年、1.5mから3mに戻りました。
オレンジ系は大体3mくらいになるようです。
夏みかんの木のイメージでしょうか。


バレンシアオレンジとタロッコ。

バレンシアオレンジ 2018 1 18-3

タロッコ 2018 1 18










ナベリーナを収穫しました。
樹高50cmに3個の実。
結局一年全く成長しませんでした。
養分の全てを実にそそいだ感じ。
鉢栽培であれば200点の出来。
ただ私としては実を着けながら成長させるつもり。
なので点数は50点。
樹高50cmにしては大きなナベリーナ。

ナベリーナ 2018 1 18-1

ナベリーナ 2018 1 18-2

ナベリーナ 2018 1 18-3











そろそろ接木を始める時期ですね。
品種更新は怠らず。
年々おいしいものに進化でしょうか。
365日頂きたいので少しでもおいしいものを。









にほんブログ村
【 2018/01/20 (Sat) 】 柑橘 | TB(0) | CM(20)

蜜柑もそろそろ。

先日収穫した花壇植えの『あいかの香り』。

完熟。
450g程度。





完熟かどうかはお尻をチラっと。
黄色くなっていれば完熟。

完熟したあいかの香りは繊維が残らず、噛んだ瞬間にジュワ~~と果汁が溢れて来ます。
ヨダレはこぼさないように。


未熟のあいかの香りはもっと果肉が詰まった感じで、皮を剥く時に引っ掛かった感じになりますね。
収穫時期を焦らないことだと思います。
お尻が十分黄色くなってから。

あいかの香り 2017 12 7-1

あいかの香り 2017 12 7-2

あいかの香り 2017 12 7-3

あいかの香り 2017 12 7-4











庭植えの紅ちゃんが1個落下していました。
何故落下したんだろう。

紅ちゃんもそろそろ。
例年であればあと2週間。

紅ちゃん 2017 12 1-1

紅ちゃん 2017 12 1-2

紅ちゃん 2017 12 1-3











試食してみることに。

種がいっぱい。
種を除く芯が黒くなっています。
お尻を見ると黒い点。
切ってみて分かりました。

糖度も低いです。
紅ちゃんはもともと酸が低いので糖度が低くても何とか頂けます。

紅ちゃん 2017 12 7-1

紅ちゃん 2017 12 7-2

紅ちゃん 2017 12 7-3

紅ちゃん 2017 12 7-5

紅ちゃん 2017 12 7-4













お歳暮で頂いた紅まどんな。
ま~、どんな蜜柑なんでしょう。
大きさは十分です。
若干糖度は低いもののプルプルしています。
紅まどんなの特徴が出ていますね。

紅まどんな 2017 12 7-1

紅まどんな 2017 12 7-2











紅まどんなは300g、糖度15あたりまで来れば完璧じゃないかと思います。
酸が少ない品種なので糖度12でも十分甘いと感じられます。

家の紅ちゃんは知らん顔。
聞かない。聞かない。


これから蜜柑の季節ですね。








にほんブログ村
【 2017/12/07 (Thu) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)