日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

接木終了。

中国実桜の『はるか』が満開。
近くに寄ってみると羽音がします。
今年初めてミツバチの訪花であります。
ミツバチも一生懸命。
取り敢えず存在を確認出来て一安心。

はるか 2017 3 20-1

はるか 2017 3 20-

はるか 2017 3 20-2

はるか 2017 3 20-4









接木を終了しました。
今年は柑橘とプルーンがメイン。
将来活躍してくれることを祈ります。
有望な若者達です。








柑橘の接木は楊枝サイズ。
台木が細いので穂木も細くなります。

柑橘 接木 2017 3 19-1

柑橘 接木 2017 3 19-2

柑橘 接木 2017 3 20-1

接木 2017 3 20-1











今年、居接ぎした『彩の姫』。
ビニール袋の中は暖かい。
芽が動き始めていました。
暫くこのまま。
命を繋げられるか。

接木 2017 3 20-2

接木 2017 3 20-3









これから植物は一斉に動き始めます。
人も着いていかねばなりません。
最近、出遅れることがしばしば。
行動が鈍い。
歳のせい?
この2日間の野良仕事は16時間。
会社とほぼ同じ。
会社より全然気楽であります。
徐々に体を慣らして行きましょう。
取り敢えず腰が痛い。









にほんブログ村




スポンサーサイト
【 2017/03/20 (Mon) 】 柑橘 | TB(0) | CM(18)

『星タンゴール』 爽やかな味。

ベスト果実さんから『星タンゴール』を頂きました。
『星タンゴール』の他にも『せとか』も入っていました。

おいしいものがあると、それを他に人に味わって欲しいって言うのがあると思います。
恐らくベスト果実さんのお気持ちを察するとそれじゃないかと。

星タンゴールは『清見』の枝代わり。
昔、清見を栽培していたことがあります。
途中、見切りを付けて伐採してしまいましが。
清見はもう少し香りがあればと言った思いがあります。
星タンゴールですが清見から生まれたとは到底思えないような色をしています。
レモン色をしていて一見酸っぱそうなイメージがあります。
食べてみますと甘い。
酸味が少ない分、甘さが引き立ちます。
果肉も柔らかいです。
凄く爽やかな味がします。
『スイートスプリング』や『はるか』もそうですが、最近のレモン色したみかんは甘いですね。
ベスト果実さんが伝えたかった味が分かりました。
星タンゴールはおいしいみかんです。

せとかは最近食べなくなくなりましたが昔はこれでもかって食べていた時期があります。
香りがあって濃厚な味。
今回のベスト果実さんのせとかは私が一番最初食べて感動を覚えた味に近いです。
何か懐かしいような。

ベスト果実さんのおいしいものを伝えたいと言う思いは確かに受け取りました。
有難うございました。

星タンゴール 2017 3 11

星タンゴール 2017 3 12

星タンゴール 2017 3 11-2









ご近所からキウイの苗を頂けないかと言われました。
その方は昨年の秋に紅芯キウイを試食して貰った方です。
私もそうですが、最初紅芯キウイを食べるとキウイのイメージが変わります。
紅芯は甘いキウイです。

苗は捨てても良いくらいひどいもので全く管理していないもの。
5年生くらいでしょうか。
スーパー台木のニューエメラルドに『紅美人』に『早雄』が接いであります。
今、紅芯系は4品種育てていますが一番おいしい紅芯も追加で接木しておきました。
ご近所でも少しづつ広がりを感じているこの頃。

紅美人 2017 3 12-1












ビワの『室戸早生』が冬の間にお寝んね。
春なのでそろそろ起こさなくては。
たかだか2.5mくらい。
すぐに起きるだろうと思ってましたが一時間掛かりました。
根を切らずに起こすのは大変。
木も踏ん張ってほしくない所で踏ん張ろうとします。
無駄な抵抗はやめなさい。

室戸早生 2017 3 12











ビワの木の近くでネットにヒヨが引っ掛かっていました。
かなり弱っています。
近付くと最後の力を振り絞って羽根をパタパタ。

絡んだネットをハサミで徐々に切ってほどいてやりました。
一気に飛ぶ元気もないようで近くの地面に着地。
暫く休憩してから飛んで行きました。
あと数時間発見が遅れていたらお亡くなりになっていました。
間一髪の救出劇。
テレビで放送されることはありません。

ヒヨ 2017 3 12








穴掘り、木のお起こしなど力仕事をしたら、腕のスジを痛めました。
筋肉痛は二日遅れでやって来ますのでちょっと違うような感じ。
お大事に。
私か。
何せ細腕。
力仕事には向いていません。








にほんブログ村



【 2017/03/13 (Mon) 】 柑橘 | TB(0) | CM(24)

お裾分けを頂きました。

Crさんからお裾分けを頂きました。
不知火(デコポン)・はるみ・黄金柑・タロッコ。

特にデコポンはポンカンの香りがあって甘さも素晴らしい。
今年に限らず毎年コンスタントに高糖度のデコポンを作られています。
この画像を見てみかんが分かる方には素晴らしさが分かるはず。
やりますね。
Crさん。

デコポン 2017 2 27-1

デコポン 2017 2 28-1

デコポン 2017 2 28-2









今年、早生デコポンを植え付けました。

早生デコポン 2017 2 28-1

早生デコポン 2017 2 28-2









今更と言った感じですが。
これは正直、Crさんのデコポンの影響を受けています。
珍しい品種ではありませんが単においしいみかんを食べたい。
その気持ちだけ。
おいしいデコポンを頂いていなかったら、この早生デコポンの植え付けはありませんでした。
おいしいデコポンを頂いていて感謝しております。








にほんブログ村
【 2017/02/28 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(12)

植え替え

暑い暑い。
今年初めて汗を掻きました。
冷汗だったかも。





植え替えを始めました。

ザクロの『アークデニズ』終了。
植え付けて14年経ちますが見切りを付けました。
種無しザクロとして植え付けましたが、しっかり種はあります。
小さめの種ですが。
種があるとザクロは食べにくいですね。
食べにくさを感じると収穫もしなくなります。
なので撤退。


隣に植えてある紅ちゃんが心配そうに見ています。
私もやられる?



アークデニズを掘り上げるのに2時間。

アークデニズ 2017 2 26-1

アークデニズ 2017 2 26-2

アークデニズ 2017 2 26-3








ジャボチカバも堀り上げました。
最初は捨てるつもりでしたが、ミニハウスの中であと一回頑張ってみます。
流石に真冬の屋外はキツイです。

ジャボチカバ 2017 2 26

ジャボチカバ 2017 2 26-2









庭の塀の南に柑橘を追加。
せとか・麗紅・はるか・早生デコポン。

最近、アッサリ系の柑橘を好む傾向があって、せとかのような濃厚なみかんから離れていました。
せとかは糖度16~17を収穫していた時期もありました。
もう一度糖度20にトライしてみようと思いまして。
早生デコポンも糖度狙い。

畑の方には、早香・スイートスプリングを植え付け。
香りも良く、爽やかな柑橘です。

柑橘 2017 2 26-2

柑橘 2017 2 26









初開花・初生りのタロッコを全収穫。
今年はおよそ150個。
すっぱ~。
糖度は10前後。
年々甘くなってくれれば。


汗を掻くと酸っぱいものが食べたくなります。
夏みかんを探してもありません。
タロッコを続けて7個。
ジュース代わり。
酸っぱいがおいしいタロッコでありました。

タロッコ 2017 2 27








にほんブログ村
【 2017/02/27 (Mon) 】 柑橘 | TB(0) | CM(12)

美味しいみかんを作りたい。

今日は終日雨。
仕方が無い。



こんな記事を見付けました。
実生柑橘の早期結実技術に関する文献。



高接ぎに変わる結実促進方法として1本整枝・棚仕立てによる方法がある。
具体的には2~3年生の実生台木に育成実生を接木し、1本だけ2m前後まで伸ばしてやり、枝の上部を水平・棚状に誘引し結実させる方法である。
従来の温州みかん等を中間台とした高接ぎと比べ台木の育成期間が短くて澄む。


みかんの場合、種を蒔いて実が生るまでに8~12年掛かると言われています。
これが3~5年に短縮出来るのだそうです。




ほほ~。
いっちょやるか。








みかんも最近おいしい品種が次々に出て来ました。

私が注目しているみかんの先頭集団。(番号は順位ではありません)

①紅まどんな(愛媛果試第28号)・・・・・・愛媛県
②甘平・・・・・・愛媛県
③サンセレブ(大分果研4号)・・・・・・大分県
④せとみ・・・・・・山口県
⑤ゴールドクイーン・・・・・・長崎県






少し遅れて第二集団
⑥はるみ
⑦美娘
⑧あすみ
⑨せとか
⑩はるか
⑪はれひめ
⑫麗紅
⑬津之輝







出来れば先頭集団を抜いた品種を作りたい。
などと勝手に書いております。

品種の選抜は中間台木に実生枝20~40本高接ぎして2~3本に絞り込むのだそうです。








雨の合間に文旦を収穫しました。
恐らく長崎文旦。
オマケ栽培。

大きくても食べる部分が少ないです。
やや酸っぱい。
味の評価は圏外。

長崎文旦 2017 2 5-1

長崎文旦 2017 2 5-2

長崎文旦 2017 2 5-3

長崎文旦 2017 2 5-4

長崎文旦 2017 2 5-5

長崎文旦 2017 2 5-6








今日もタロッコを収穫。

タロッコ 2017 2 5-1











にほんブログ村














【 2017/02/05 (Sun) 】 柑橘 | TB(0) | CM(22)

種・タネ・たね  クレメンティン ド ヌーレス。

佐賀県の田島さんがスペインから持って来られたクレメンティン ド ヌーレス。
毎年販売直後に完売。
人気がある柑橘です。


香りが強いと言うことで私も栽培を始めて今年で3年目の収穫になります。
昨年まで何でこんなのが売れるんだろう。
不思議。
今年おいしくなかったら倒そう。




そんな中、今年変化が。
昨年までほとんど香らなかったものが今年は香ります。
食べた時に鼻に抜けます。
これかな。
味は温州みかんより濃く、せとかほどではありません。
しっかりした味です。




田島さんのホームページにも書いてあります。
『種が入ることがあります』

確かに。
種が入り過ぎ。
ここまで入らなくても。

1個切ってみましょう。
これは種が少ない方。
多い時はみかんの半分が種。
(嘘っぽい。)
食べるところがないやん。
1個のみかんから種が50個くらい出てくる時があります。
実に子沢山。

クレメンティン 2017 2 1-1

クレメンティン 2017 2 1-2

クレメンティン 2017 2 1-4

クレメンティン 2017 2 1-5

クレメンティン 2017 2 1-6













クレメンティンを数か所で栽培していますので分かりましたが、近くに種がある品種を植えてはいけません。
因みに写真のクレメンティンの隣にレモンが植えてあります。
きっと犯人はレモン。
別の所に植えてあるクレメンティンの隣はオレンジ。
ことらはほとんど種が入りません。
出来ればクレメンティンハ寂しくても孤立させるのがいいです。
遠くにポツンと。
環境に注意。





クレメンティンは晩成型。
じっくり育てるのが良いでしょう。
早く見切らないことです。
ただ私の現在の味評価は平均点レベル。
でも将来は分かりません。
凄い味に変化して来る可能性を秘めています。
この品種はなかなか読い辛いです。












にほんブログ村
【 2017/02/02 (Thu) 】 柑橘 | TB(0) | CM(22)

ポンカンは懐かしい味

大根を抜きました。
1本抜いてから想像してしまいました。
もう1本抜こう。
結果、同じサイズを並べられませんでした。
失敗。
なかなか土の中まで読めません。
もう1本抜きたかったのですが、どうやって食べるんだって苦情が来そう。
持ち帰って冷蔵庫の中に。
収まりません。
結局半分に切りました。

大根足 2017 1 8











ポンカン。
あんぽんではありません。

この味、昭和初期の懐かしい味がします。
昔々、ポンカン飴があったような。

写真はポンカンの中で一番香りの強い太田ポンカン。

太田ポンカン 2017 1 25









ナベリーナ。

ナベリーナの画像をネットで検索してましたら私の撮った写真がたくさん出て来ます。
それちゃう。
それは紅ちゃんの写真ですよ。
間違えてますね。(笑)
実割れした汚いナベリーナの画像も。
まだナベリーナはメジャーではないのでしょうか。


畑で瀕死のナベリーナが訴えて来ました。
高さ30cm。
実を2つ付けています。
もう後が無いと悟ったのでしょう。


ナベリーナは今が収穫時期。
収穫してすぐでも酸味が少なくて食べ易い感じです。
アッサリした甘味があります。

こんな極小のナベリーナでもちゃんと特徴を出してくれています。

ナベリーナ 2017 1 29

ナベリーナ 2017 1 30-1

ナベリーナ 2017 1 30-2










毎朝、最高のスイーツを頂いています。

石焼き芋。
ちゃんと鉄鍋に石を敷いて焼きます。
休みにたくさん焼いて冷蔵庫で保存。
温め直して頂きます。

自然の甘味。
今年はベニハルカ・安納芋・シルクスイートをリオーテーションで石焼き芋に。

石焼き芋 2017 1 27-1

石焼き芋 2017 1 27-2








にほんブログ村
【 2017/01/31 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(22)

育たないナベリーナ

この時期、気になるのが各樹種の受粉樹。



紅きらり。
やはりパタパタは必要じゃないかと思うようになってきました。
来年は初のパタパタか。

蜘蛛の巣?
う~ざけんなよ。

紅きらり 2016 12 21












コチェコ。
これはパタパタしなくても大丈夫。
花さえ咲いてくれれば。
今年、コチェコの実を食べ損ないました。
どんな味がするのでしょう。
ハリウッドに比べてどうか。

コチェコ 2016 12 21












ナベリーナ1号。
今年ほとんど成長無し。

ナベリーナ1号 2016 12 18












ナベリーナ2号。
今年ほとんど成長無し。
樹高30cm。
実が地面に近い。
おチリ、チラっ。
やっぱり。

ナベリーナ2号 2016 12 18

ナベリーナ2号 2016 12 18-2

ナベリーナ2号 2016 12 18-3









ナベリーナ3号。
今年、成長どころか瀕死。

ナベリーナ3号 2016 12 18









今年のナベリーナは成長のあとなし。
そして私の身長は縮んだ。










にほんブログ村
【 2016/12/22 (Thu) 】 柑橘 | TB(0) | CM(10)

皮の色が濃いみかん。

痛っ。

やられた。

鋭いトゲ。


おいしいみかんにはトゲがあります。
そして綺麗な人にも。

このみかんは紅ちゃん。

紅ちゃん 2016 12 11-1












1個の小原紅早生。
高接ぎで1個だけ生りました。
皮の色が濃いのが特徴。
同じものでも目立つ時もあれば目立たない時もあります。


濃い皮はおいしそうに見えますが、味は特徴がありません。
普通の温州みかんの味。
食べると少しガッカリかもしれません。

小原紅早生 2016 12 11-2

小原紅早生 2016 12 11-1

小原紅早生 2016 12 11-3










今年の柿は今日で終了。
たくさん頂きました。
推定100年生の柿に感謝します。
これからはみかんとキウイを頂きます。









にほんブログ村
【 2016/12/15 (Thu) 】 柑橘 | TB(0) | CM(16)

サガマンダリン、紅ちゃんを試し採り。

今朝テレビを見てましたら、アウトドア達人の清水国明さんが人生について語っておられました。

良い話なので紹介しておきます。

人生は真横に生きて、最後はバタっと死ぬのが一番。
真横、バタっ。
これを『直角の死に方』と呼ぶのだそうです。

これは予め最後の死に方を決めて逆算して生きて行くこと。
すると今何をすべきかが見えてくるのだそうです。
逆に最後が見えていないと、人間セーブしてしまい下って行く人生になると。
真横の線と、下った斜めの線で最後縦線を結ぶと三角形が出来ます。
この三角形で出来た差が人生の差。

清水さんは釣り好きですが、釣りをしながら死にたいんだと。

良く生涯現役と言われますが、同じ意味だと思います。





清水国明さんが運営している瀬戸内海の無人島キャンプ場『ありが島』の一文から。

自分の責任で自由に遊ぶのが
「無人島キャンプ場ありが島」です。

基本ルールは

「自己責任・自他自由・自修自得」。


その意味は
何があっても人のせいにせず
他人の自由を大切にして迷惑をかけず
自分で工夫して自分で楽しむ

という約束です。




これを読んで思いました。

楽しみは与えられるものでは無く、自分で考えて作って行くものだと。









家の玄関横にあるカボスの木。
10品種以上のみかんが高接ぎしてあります。


紅ちゃん。
二つの枝に50個ほどぶら下がっています。
昨年は別の枝がこんな感じでした。
一年毎に生る枝、休む枝があります。
木全体で生る、生らないのではなく養分の多少は枝単位と言うことです。


プルプル果肉はまだメジャーではありませんが、将来は人気が出て来ると思います。

紅ちゃん 2016 11 26-1

紅ちゃん 2016 11 26-2

紅ちゃん 2016 11 26-3

紅ちゃん 2016 11 26-4

紅ちゃん 2016 11 26-5









サガマンダリン。
(「小西早生」×「フェアチャイルド」)
味はせとかレベルと言われていますが、私はせとかの方が上だと思います。
もう少しオレンジ香の主張が欲しいです。

サガマンダリン 2016 11 26

サガマンダリン 2016 11 26-2

サガマンダリン 2016 11 26-4

サガマンダリン 2016 11 26-3








西南のひかりももうすぐでしょう。

西南のひかり 2016 11 26-1











文旦が重そう。
みかんの枝は強いです。

でも、重いので休ませて貰おう。
文旦も自分で支えられない枝があるようです。

文旦 2016 11 26-1

文旦 2016 11 26-2









にほんブログ村
【 2016/11/27 (Sun) 】 柑橘 | TB(0) | CM(16)