FC2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

バレンシアオレンジ。 一年で不知火に更新

花壇植えの紫陽花。
ダンスパーティ。

紫陽花らしからぬ名前ですが人気はあるようです。
一株で半分が青。半分がピンク。
狙ってみました。
ピンクの優勢勝ちでした。

ダンスパーティ 2019 6 11-1

ダンスパーティ 2019 6 11-2

ダンスパーティ 2019 6 11-3







用土を酸性とアルカリ性に半々。
酸性はピートモスを漉き込みます。
アルカリ性は石灰を漉き込みます。
前半分を酸性の用土に。
後ろ半分をアルカリ性の用土に。
中性用土は紫。
紫はどっちにしようか迷ったと思います。



今年、1品種増やしました。
ダンスパーティ ハッピー。
濃いピンクもいいんじゃない。
これなら濃い青と濃いピンクの咲き分けが出来るかもしれません。
来年狙ってみましょう。

ダンスパーティ ハッピー 2019 6 16-1

ダンスパーティ ハッピー 2019 6 16-2








スモモの木の根元に紫陽花の小町。
スモモは高接ぎを含め4品種。
高さは4mくらいありますが、今だ花が咲きません。
木が成長を優先しているようです。
来年は花が咲くと思います。

小町 2019 6 16-1

小町 2019 6 15-2

小町 2019 6 15-3


小町 2019 6 11-1









みかんのバレンシアオレンジ。
バレンシアオレンジは諦めました。
酸っぱい。
昨年の春に不知火を接ぎました。

みかんは成長が凄く遅いです。
カメさん。
ノロノロ。
バレンシアオレンジは5年ほど経ってましたので、そこそこ成長しています。
台木として有効利用。
接木して一年。
一年で品種更新完了。
今年20個ほど生らせてみます。
現在の樹高は2m。

不知火 2019 6 17-1

不知火 2019 6 15-2










昨日から袋掛けを開始しました。
リンゴから。

袋掛けが遅過ぎますね。








にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2019/06/17 (Mon) 】 柑橘 | TB(0) | CM(12)

デコポンと早生デコポン。その違い。

Crさんからデコポンを頂きました。
収穫したばかりだそうです。
今は不知火。追熟すればデコポンに変身。
デコポンの商標基準は酸度1%以下かつ糖度13以上。
規格外は不知火。
家のデコポンも収穫してみます。
いや不知火。


家の不知火。
バレンシアオレンジに接いであります。
不知火と肥の豊の2品種。
今年が初生り。
不知火は中野3号ポンカンと清美を交配させたもの。
肥の豊は不知火にマーコットを交配させたもの。
違いは減酸の早さと樹勢の違いにあります。
肥の豊は不知火の樹勢が落ち易く収量を上げにくい欠点を補うために品種改良されたもの。

デコポン 2019 2 17-1

デコポン 2019 2 17-2

デコポン 2019 2 17-3








肥の豊(早生デコポン)。

ワセデコポン 2019 2 17-1










不知火(デコポン)。

デコポン 2019 2 17-4










さて問題。
Crさんの不知火に家の不知火と肥の豊と宮内いよかんを1個づつ混ぜています。
どれでしょう。
正解は一番左列。
左列の上から不知火、肥の豊、宮内いよかん。

デコポン 2019 2 17-5

デコポン 2019 2 17-6











Crさんの不知火。
早速頂いてみました。
流石であります。
収穫直後で軽くデコポンの糖度基準をクリアー。
追熟させたら極上のデコポンになりますね。
(例年追熟させて糖度18)

デコポン 2019 2 17-8

デコポン 2019 2 17-9








家の不知火と肥の豊。
糖度は何とかデコポン基準をクリアー。
圧倒的違いは酸度の違い。
不知火はかなり酸っぱいです。
うわーって言うくらい。
肥の豊はちょっと酸っぱい程度。

不知火。

家のデコポン 2019 2 17-1

家のデコポン 2019 2 17-2










肥の豊。

家のワセデコポン 2019 2 17-1

家のワセデコポン 2019 2 17-2










おまけの宮内いよかん。
形はデコポン以上に出っ張っています。
うまく化けたな。
でも味はやっぱり宮内いよかん。

宮内いよかん。

宮内いよかん 2019 2 17-1

宮内いよかん 2019 2 17-3

宮内いよかん 2019 2 17-4









不知火と肥の豊。
植えるなら品種改良された肥の豊の方が無難かもしれません。
不知火を植えるのであれば樹勢の強いオレンジあたりを中間台木にした方が良いように思います。
肥の豊が片親をマーコットにした作者の意図が良く分かります。
兎に角強い樹にしたい。
恐らく不知火は生らせ過ぎたりすると樹勢がガタっと落ちるのでしょう。
それと長年に渡っての収穫が難しいかもしれません。
おいしいものが生り始めると先が無いとか。
不知火の欠点はポンカンの樹勢の弱さにあるかもしれません。
家の太田ポンカンも香りがあっておいしい。ただ樹に元気が無い。
みかんにも樹勢があります。
味だけでは語れない部分がありますね。
家でもレモンやカボスに多品種を接いでありますが樹勢の弱さは感じます。
多品種を接ぐのであればオレンジ。
オレンジは強いです。

今年、不知火と肥の豊を1個まで摘果。
初生りでCrさんレベルを目指しましたが完敗。
大人と子供の差。
年季を縮めるのはちょっと無理かな。
Crさん、おいしい不知火を有難うございました。
デコポンになるまで追熟させます。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村






















































【 2019/02/17 (Sun) 】 柑橘 | TB(0) | CM(16)

オレンジ100%生ジュースを作る

そうだオレンジジュースを作ろう。
ジュース絞り器を検索し始めたら、どこかで見たような機械。

家にありました。
ほこりを被った状態で。
ポチっとする前に気付いて良かった。
買ってしまった後だと何て言い訳をしようか。
そうだほこりを言い訳にしよう。

まずジュース絞り器の洗濯。
ゴシゴシ。
これくらいで大丈夫でしょう。
いたって原始的な機械。
もしかして昔もジュースを作った?

記憶にございません。(笑)
そい言えば、トマトジュースを作る機械も買ったような。
どこ行ったんだろう。
その機械でスイカジュースを作ったら無茶苦茶不味かった。
テレビでスイカジュースを絶品していますが、やらせじゃないでしょうか。
今になってジュースの記憶が沸々と。

ジュース絞り器 2019 1 26-1

ジュース絞り器 2019 1 26-2








ブラッドオレンジのタロッコを使います。
全然ブラッドではありませんが。
中には少しだけブラッドが入りかけているものもありますね。

タロッコ 2019 1 26-1

タロッコ 2019 1 26-2







絞った後。
今回は小タロッコを5個使用。
1個あたり150gくらいでしょうか。

タロッコ 2019 1 26-3

タロッコ 2019 1 26-4







出来上がったタロッコ100%生ジュース。
221cc。
歩留りは30%くらい。

タロッコジュース 2019 1 26-1

タロッコジュース 2019 1 26-2

タロッコジュース 2019 1 26-3









一口飲んで味を確かめ、後は一気飲み。
味はポンジュースと大差ありません。
ポンジュースを少し生々しくした感じ。
泡が物語っています。
絞り立て。
もっと酸味が強くて濃い味かと思いましたが、意外とアッサリしています。
飲み易い。
これならお客さんが来た時に出せると思います。
多分誰も来ないと思いますが。(笑)









タロッコ。
タロッコはやっぱジュースですね。
底だったタロッコの評価が少し持ち直し。

ネーブルオレンジのジュースも行けるのでしょうか。
せとかなども良いかもしれません。

みかんもジュースにすると味がストレートに分かります。
果肉があると果肉の食感もあって舌の評価は味と果肉の食感の評価になってしまいます。
これですね。
純粋な味の評価は100%生ジュースで。


そうかメロンジュース。
夏に思い出したら作ってみます。
梨もいいかもしれません。
ぶどうもいいかもしれません。
リンゴもいいかもしれません。
全部100%生。
今年はジュースに走るか。(笑)







にほんブログ村
【 2019/01/26 (Sat) 】 柑橘 | TB(0) | CM(21)

みかんのお風呂

寒空に生っているみかんを触ったら冷たいこと。
みかんを42℃のお風呂に入れてあげました。
1分くらい。
いい湯だ~な。ハハハ~ン。

目的は酸を抜く為。


タロッコ。
昨年までは酸っぱくて。
2~3年待っても同じ味。
こりゃいかん。
見切りを付けて今年の春に木の半分から上を切り戻して別品種を4~5品種高接ぎ。
木の下半分はそのまま生らせ、今年はざっと70~80個。
気持ち的には20~30個に摘果したつもり。
着色が始まると全然摘果出来ていなかったことに気付きます。
こいつを試しにお風呂に。
ついでにナベリーナも。
ともに収穫時期としては気持ち早い感じですね。


風呂場でみかんのお風呂。
どう?湯加減は。

左がタロッコ。右がナベリーナ。

タロッコ ナベリーナ 2019 1 16-2

タロッコ 2019 1 16-1

タロッコ 2019 1 16-2









結果、タロッコは普通のオレンジ味に。
ナベリーナはちょっと苦い。
ナベリーナは例年もっとおいしいのですが、今年は何故が苦味が残ります。
風呂に入ってのぼせた?
ナベリーナはもともと酸味が少ないのでそのまま頂いた方が良かったかも。
柑橘系ジャムを作る時に加熱すると苦味が増すのと似ています。
ちょっと後悔。


タロッコはブラッドオレンジでブラッドは血の色の意味。
家のは切ってみても全然血色では無い。
例年のことではありますが。
単に特徴の無いオレンジと言った感じ。
味は海外産に比べればマシな味でしょうか。
風呂上がりのタロッコは酸っぱくてひどい味から普通のオレンジまで回復。



風呂上がりのナベリーナ。

ナベリーナ 2019 1 16-1

ナベリーナ 2019 1 16-2

ナベリーナ 2019 1 16-3









タロッコ。

タロッコ 2019 1 16-4

タロッコ 2019 1 16-5

タロッコ 2019 1 16-6






タロッコは木の下半分に生らせるのは今後も継続する方向で。
生絞りジュースにしたらおいしいかも。







にほんブログ村
【 2019/01/17 (Thu) 】 柑橘 | TB(0) | CM(18)

台木の力を借りる。 2019年をスタート。

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
日影に年末寒波で降った雪が残っていますが2019年のスタートを切りました。

元旦2018 1 1-1








元旦は地元の氏神様にお参りした程度で一日家の中でのんびり。
2日の午後から2019年をスタート。
最低でも正月休みの間に剪定を終わらせたいです。






スモモのビッグオザーク。
2014年に挿し木。
2015年に台木のビッグオザイクに3品種を接木。
接木した時は40cmくらいだったでしょうか。
あれから4年が経過。
現在の樹高は3m。
今年が初開花。
来年はどの枝にもビッシリ花芽を着けさせます。
今の時点で見えています。
今年は試し採りで10~20個。
来年は200個程度。

剪定後に残した枝は5%程度。
スモモはトゲのような短果枝がたくさん出ますが、こう言った枝には大した実が生りません。
養分を送る枝には非ず。

ビッグオザーク 2019 1 1-1

ビッグオザーク 2019 1 1-2

ビッグオザーク 2019 1 1-3

ビッグオザーク 2019 1 1-4

ビッグオザーク 2019 1 1-5









みかんのカンちゃんをテコ入れ。
昨年の春にバレンジアオレンジに高接ぎ。
4年計画。
接いだ昨年は1.5mほどヒョロヒョロっと伸びました。
接いでから新梢が3回ほど出ますが、1本に絞って上に上に。
(赤矢印が接いである部分)
今年は上に伸ばさずに枝の太さを3倍に。
3年目の来年に5個程度。
4年目の再来年に100個。
見えています。

カンちゃん 2019 1 1-1









バレンシアオレンジの別の枝にデコポンと早生デコポンの2品種を昨年接ぎました。
接いだ枝に花が咲いてしまったので実を生らせてしまいました。
欲が出てしまいました。
失敗。
実を生らせてしまったので枝はほとんど成長しません。
実を着けさせながらの成長は難しいですね。
早速糖度18を狙ってみます。
みかんはオレンジを中間台木に使うと良く成長します。
もともとオレンジの木は樹勢が強いのでしょう。

デコポン。

デコポン 2019 1 1-2








挿し木レモン。(リスボン)
部分的に紅ちゃんとカンちゃんを高接ぎ。
レモンも11月収穫のものは凄く良い香りがします。

挿し木レモン 2019 1 1-1

レモン 2019 1 1-2

レモン 2019 1 1-3

レモン 2019 1 1-1










現在みかんは30品種程度あると思いますが、おいしいものは自家収穫で。
みかんは私の中では出遅れ感があります。
枝は有効に使って、少しでも早く。







最近、毎日MISIAの曲を聴いています。
明日へ・・・・

先々のことはありますが、短いスパンで目標を立て一つづつこなして行く。
2019年は平穏な年であって欲しい。


遭いたくていま ・ 明日へ






にほんブログ村

【 2019/01/02 (Wed) 】 柑橘 | TB(0) | CM(12)

みかん10品種を食べ比べ

今年の柿の最終収穫が12/8。
それを食べ終えたのが一週間前。
今はみかんとキウイに移行。
みかんとキウイで4月末まで食べ繋げられるかどうか。



この時期に収穫出来るみかんを食べ比べてみました。
取り敢えず10品種。
書きながら並べていかないとわかんない。


手前のセンターが紅ちゃん。
( )の数字は糖度。
紅ちゃんを先頭に時計回転に書きます。

紅ちゃん(13.1)・津之輝(11.3)・べにばえ(13.3)・クレメンティン(10.9)・西南のひかり(11.4)・太田ポンカン(11.5)・はるみ(14.0)・サガマンダリン(11.9)・ありあけ(14.2)・温州みかん(11.3)

みかん 2018 12 22-1

みかん 2018 12 22-2









みかんも感じ方は人それぞれ。
味が基本にあって、食感、皮の剥き易さなどみかんの評価基準もいろいろ。
タンゴール系のオレンジ香を好む方やマンダリン系がいいって言う方もみえるでしょう。
あっさり系で皮が剥き易い温州みかんがいいって言う方もみえるでしょう。
兎に角甘い方がいいと言う方、甘酸で濃厚な味を好まれる方。
みかんは果樹の中で一番意見が分かれるかもしれません。


この10品種の中で味に特徴があると感じたのは、べにばえ・クレメンティン・太田ポンカン・サガマンダリン・ありあけ。
これらは香りを主張して来ます。
香りは記憶に残り易いと思います。
皮の剥き易さで言えば西南のひかり・温州みかん。

この10品種の中で味だけに関してはありあけが一番おいしいと感じました。
ただ皮が一番剝き辛いのもありあけ。
ありあけの皮を剝いていると果肉がグショグショに潰れます。

それとマンダリン系はやたら種が多い。
クレメンティンとサガマンダリンが隣同志。
お互い授粉して種を増やしたって感じでしょうか。
クレメンティンは何本かあるのでサガマンダリンの隣の木は来年、別のみかんを接ぎ直します。








今年、初生りのキウイ。
香緑のつもりでしたが、違う違う。
君の名は?

お尻にイボ痔が特徴。(笑)
キウイ通の方がみえましたら教えて下さい。

不明キウイ 2018 12 17-2

不明キウイ 2018 12 17-3







さらに今年、オス木のトムリが初開花。
トムリに実が着きました。
オス木に雌花やメス木に雄花が少だけし咲く時があります。
そんな感じだと思います。
ニューエメラルドのように雌雄同体のキウイもありますし。
トムリから収穫したキウイ。
(写真右側のキウイ)

不明キウイ 2018 12 17-1












にほんブログ村
【 2018/12/22 (Sat) 】 柑橘 | TB(0) | CM(10)

単管パイプを購入

台風で倒壊したぶどう棚。
復旧を始めます。
単管パイプを購入。
まず最低必要数を確保。
何か足りません。
そうだアーチパイプが無い。
夢の中で思い出しました。
何やってんだろう。
重いパイプが頭にあって軽いパイプはどこかに飛んでいます。
6mの単管パイプは結構な重さがあります。
組むのも大変だ。

パイプ購入 2018 11 30-1









畑の開拓も始めました。
最近手付かずの草だらけの場所。
まずは土作りから。
まともな野菜が出来るまで2年ほど掛かります。
最初はまともな野菜が出来ませんが徐々に。

格闘の痕。
最初はこまめに取ってましたが面倒。
え~い。
もうどうにもなれや。
結果、こうなりました。(笑)
この草は嫌い。

草刈り 2018 12 2-1

とっつき 2018 12 2-1








クレメンティン。
生り始めはクソ不味い。
何でこれが人気なんだろう。
年々少しづつ香りが出て来ました。
なるほど。
これか。
確かにこの香りはいい。
主張し過ぎず爽やかな香り。

問題は種の多さ。
私の場合、最初半分にカット。
この段階でフォークを使って全部掻き出します。
その後、落ち着いて頂きます。

みかんも木が成長に向かっている時は味を出そうなどと考えません。
数年待つ品種もありますね。

クレメンティン 2018 12 1-4

クレメンティン 2018 12 1-1

クレメンティン 2018 12 1-2

クレメンティン 2018 12 1-3









にほんブログ村
【 2018/12/04 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(18)

多品種接ぎのカボスの木。

畑のマリーゴールド。
この時期が一番綺麗でしょうか。
枯れるまで待ってバラ蒔きます。
また来年。
増えすぎないように適当に抜き取ります。
マリーゴールドはネコブセンチュウ対策。
本来は鑑賞用の花なのですが。
特にイチジクはネコブセンチュウに弱いですね。

マリーゴールド 2018 11 2-1

マリーゴールド 2018 11 2-2










庭にカボスの木が2本。
1本は種無し。1本は種有り。
15年ほど経っていますでしょうか。
枝ごと違う品種のみかんが接いであります。
今年実を着けている枝は来年生りません。
逆に今年生っていない枝は来年しっかり実を着けます。
枝ごと隔年結果の繰り返し。
みかんの隔年結果は木全体で起きる現象では無く、枝単位で起きる現象と言うことになります。
その枝がその年にそれだけ養分を消費したか。
それで決まります。

カボスの木 2018 11 2-1

カボスの木 2018 11 2-2

カボスの木 2018 11 2-3

カボスの木 2018 11 2-4

カボスの木 2018 11 2-5

カボスの木 2018 11 2-6









カボスの木にカボスの実が。
生って当たり前ですが、これは間違いで生った実。
料理で使えたら使いましょう。
ただ優先順位としてはスダチが先ですね。

カボスの木 2018 11 2-7








畑の紅ちゃん。
あと1ケ月半。
この木は毎年摘果してコンスタントに収穫したいですね。
ぷるぷるぷる~。
もう少しで収穫。
気になるのはちょっと太り過ぎ。
本来は薄い皮のみかんですが厚そう。

紅ちゃん 2018 11 2-1

紅ちゃん 2018 11 2-2











にほんブログ村

【 2018/11/02 (Fri) 】 柑橘 | TB(0) | CM(12)

柑橘は忍耐。

熊本の梨。
荒尾産『新高』。
994g。
約1kg。
この大きさ、感覚で覚えておきます。

荒尾梨 2018 10 12-1

荒尾梨 2018 10 12-2








台風でも落ちなかった梨が少々。

『にっこり』
600gくらいでしょうか。
色的にはそろそろ。

にっこり 2018 10 11-1










『王秋』。
600gくらいでしょうか。

王秋 2018 10 11-1

王秋 2018 10 11-2










1kg。
無理だな。(笑)
一応来年、『かおり』で頑張ってみます。










さて、柑橘。

今年、一から育てた紅ちゃんが初収穫の予定。
ここまで長い長い。
8年くらい掛かったでしょうか。

台木のカラタチの挿し木。
用土に養分が無いので太くなりません。
太さは5mmくらい。
成功率は50%くらいでしょうか。
1年目はここから始まります。

カラタチ 2018 10 12-1








これは3年目の紅ちゃん。
20cmくらい。
(2年目に居接ぎしますが、2年目はほとんど成長しません。)
3年目からじわじわ。
ゆっくりゆっくり。

紅ちゃん 2018 10 12-1

紅ちゃん 2018 10 12-2








居接ぎして6~7年くらいで実を着けますが、これを1~2年全摘果。
ここが忍耐。
初開花で実を着けさせますと、成長はそこで止まります。
木を成長させてから収穫。
木を成長させるのは、強剪定。
強く切るのも忍耐。
慣れの部分がありますが、強剪定は勇気が入りますね。










ようやく生らせた紅ちゃん。
紅ちゃん1号。
樹高2m。
100個くらい実を着けて、そのうち30個程度生らせました。

紅ちゃん 2018 10 11-1

紅ちゃん 2018 10 11-2

紅ちゃん 2018 10 11-3

紅ちゃん 2018 10 11-4











紅ちゃん2号。
樹高2m。
30個くらい実を着けてそのうち2個生らせてみました。
本収穫は来年から。

紅ちゃん 2018 10 12-3

紅ちゃん 2018 10 12-4









クレメンティン2号。
4年目。
これも一から育て上げたもの。
あと2年は全摘果。
忍耐。
一本一本の枝を太く。
強剪定あるのみ。

クレメンティン 2018 10 12-1

クレメンティン 2018 10 12-2









最近、おいしいみかんが増えて来ましたね。
はじけるくらいプリプリとか。

好きなだけみかんにはまだ全然。
数年掛かります。
それまでは忍耐。
疲れちゃう。(笑)






にほんブログ村












【 2018/10/12 (Fri) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)

みかんの品種更新

前回の台風21号の影響でメイちゃんの瞳がご機嫌斜め。
私もこれが気掛かり。

メイちゃんの瞳 2018 9 23-2







紐で引っ張って真っ直ぐに。
若干戻ったか。
やっぱご機嫌斜め。
台風で折れなくて良かった。
春に比べ、幹の太さが2倍に。
地上から30cmにも花芽。

メイちゃんの瞳 2018 9 23-2


メイちゃんの瞳 2018 9 23-3

メイちゃんの瞳 2018 9 23-4









昨年から始めた柑橘の品種更新。

今年の春、タロッコの枝に別の品種を高接ぎ。
足元はタロッコを少し残してあります。
今年は接木した枝1本だけを真っ直ぐ伸ばします。
これくらいスカスカで丁度いい加減であります。
2年先にはビッシリ。

タロッコ 2018 9 23-1

タロッコ 2018 9 23-2

タロッコ 2018 9 23-3








昨年の春にバレンシアオレンジを見切りました。
不知火と早生デコポンを高接ぎ。
今年3個だけ生らせてあります。
これ以上生らせると全く成長しません。
成長させながら収穫。
ギリギリの判断。

デコポンは甘く見ていましたが、これぞ柑橘の王様のように思えて来ました。
味ではNO1じゃないでしょうか。
糖度18のデコポンは最高ですね。
今年どれくらいのものが出来るのか楽しみに待ちましょう。

バレンシアオレンジ 2018 9 23-1

バレンシアオレンジ 2018 9 23-5

バレンシアオレンジ 2018 9 23-6









今年、7本の幼苗を植えました。
しっかり育てましょう。
5年先を夢見て。

柑橘 2018 9 23-1








下のバナーは昨年収穫。
今年は僅か2.7kg。(汗)



にほんブログ村
【 2018/09/25 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(18)