FC2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

あいかの香りの幹に丸穴

今年のぶどうは種有りであります。
今年のぶどうの開始日が6月1日。
既に花が咲き終わってました。

頑張って種をピッピしましょう。
実の成長も早く摘粒する時期に入っています。
これ以上摘粒を延ばすと詰まり過ぎて房の中の粒を取り出せなくなります。
写真はイタリア。

香取線香登場で摘粒。

香取線香 2019 6 9-1



イタリア 2019 6 9-1


イタリア 2019 6 9-2












ぶどう棚を仕上げておきました。
パイプの前と後ろ。さらにパイプの先端のビニールを押さえる部分。
あとはビニールを被せるだけ。

ゴールドフィンガー棚 2019 6 8-1

ゴールドフィンガー棚 2019 6 8-2









庭の花壇植えのリンゴ。
あいかの香り。
2013年3月1日植え付け。
当時は赤ちゃん。

あいかの香り 2013-3








高さは4mほどに成長。
今年も最終50個くらいまで摘果します。

あいかの香り 2019 6 8-1

あいかの香り 2019 6 10-1

あいかの香り 2019 6 10-2










見れば幹に10mmほどの丸穴。
やられました。
熊蜂です。
以前も畑のリンゴの木に穴を開けられています。


ここに穴はダメダメ。(笑)

あいかの香り 2019 6 8-2

あいかの香り 2019 6 8-3

あいかの香り 2019 6 8-4

あいかの香り 2019 6 8-5









にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2019/06/10 (Mon) 】 リンゴ | TB(0) | CM(16)

メイちゃんの瞳とミラベルの種蒔き

暖冬の今年は開花時期が揃いません。
樹種によってバラバラ。
厳冬の年は一斉に咲くのですが。
皆さん、マイペース。


レーヌクロードが咲き始めました。
花はプルーンですね。
レーヌクロードはフランスのプルーン。

レーヌクロード 2019 4 7-1

レーヌクロード 2019 4 7-2

レーヌクロード 2019 4 7-3








ミラベルの蕾。
今年はプルーンで受粉となりそう。

ミラベル 2019 4 7-1


ミラベル 2019 4 7-2








4月1日に種蒔きをしました。
バレリーナツリーのメイちゃんの瞳とミラベル。
メイちゃんの瞳はルビースイートと交配。
ミラベルは彩の姫と交配。
芽が出るかな。

実生 種蒔き 2019 4 1

メイちゃんの瞳 ルビースイートを交配 2019 4 1

ミラベルに彩の姫を交配 2019 4 1









メイちゃんの瞳とミラベルはもともと素質十分。
親を越えて欲しい。

メイちゃんの瞳も蕾が膨らんで来ました。
今年も人工授粉します。

メイちゃんの瞳 2019 4 6-1

メイちゃんの瞳 2019 4 6-2










今年2年目のリンゴの苗。
右側が6年目の先輩苗。
左が2年目。
形を作っておきます。
樹形作りは凄く重要。

りんご 2019 4 7-1

おいらせ 2019 4 7-1









今年、居接ぎしたばかりの苗。
0年生。
赤ちゃん。
生まれ立て。
おぎゃー。
はるか、パインアップル、ぐんま名月。

取り敢えず今年中に1.5~2mまで成長させます。

はるか 2019 4 7-1

-パインアップル  2019 4 7-1

ぐんま名月 2019 4 7-1











リンゴは苗木ばかり。
枯れても枯れても枯れても、植え続けます。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
【 2019/04/08 (Mon) 】 リンゴ | TB(0) | CM(10)

5年前のイメージ、現実となるか。メイちゃんの瞳。

5年前にイメージしたリンゴのバレリーナツリー。
たわわに生る真赤な小リンゴ。
こんな感じで生ったら面白いんじゃない。

植えて4年が経過。
今年が5年目。
5年前にアップしたイメージ写真。

ワルツ 

ワルツ2








さらに今年、別の所からお借りしたメイちゃんの瞳のイメージ写真。
さてこんな感じで生ってくれるのでしょうか。

イメージ メイちゃんの瞳-1

イメージ メイちゃんの瞳-2

イメージ メイちゃんの瞳-3









剪定後の現在。
バレリーナツリー3本。
ワルツ・メイちゃんの瞳・ポルカ。
花壇植え。
1.5m間隔で植えてあります。

花芽がツノみたい。
普通のリンゴとはちょっと違います。
これなら1本棒で場所を取らずに鈴生りも有りでしょうか。
花芽がは2年前に伸びた新梢に着きます。
昨年伸びた頂上部の新梢は来年花芽が着く予定。
3本の真ん中がメイちゃんの瞳。
3.5mから50cmカットして現在の樹高は3m。
まだまだ線が細い感じですね。
頼り無くヒョロっと。

メイちゃんの瞳 2019 1 5-1

メイちゃんの瞳 2019 1 6-4








別の花壇にもメイちゃんの瞳。
4mから50cmカットして3.5m。
同様にツノみたいな花芽。

メイちゃんの瞳 2019 1 5-4

メイちゃんの瞳 2019 1 5-3









3本のバレリーナツリーは県道沿いの花壇に植えてあります。
枝一杯に花が咲いたらチラ見してね。
一応管理者の意図も汲んで下さい。
丸無視は悲しいものがあります。
今年の存在感は今一つ。
5mくらいまで頑張れば気付いてくれるかな。

5年先を目標にまた1本植えます。
県道沿いの別の花壇。
昨年の台風で根こそぎ倒れたあいかの香りの場所に。
リンゴも生るまでに最低5年。
長くもあり短くもあり。

メイちゃんの瞳 2019 1 6-1

メイちゃんの瞳 2019 1 6-3


メイちゃんの瞳 2019 1 5-6

メイちゃんの瞳 2019 1 6-2








にほんブログ村







【 2019/01/07 (Mon) 】 リンゴ | TB(0) | CM(16)

リンゴの中にリンゴ。メイちゃんの瞳の種採り。

花壇にリンゴのバレリーナツリーが3本。
ポルカ・メイちゃんの瞳・ワルツ。
今年が植え付け4年目。
メイちゃんの瞳で樹高4m。
ただどれも線が細い。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-3









お盆に施肥と根周りの土を掘り起こしておきました。
9月から10月中旬までの45日間で幹の太さを2倍にさせます。
現在幹の太さが5cmくらいですが10cmまで。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-4










今年の春に畑に植えてある樹勢の落ちたリンゴを伐採。
復活させたかったのですが病気には勝てず。
品種確保の為、伐採したリンゴをこの3本のリンゴの木に仮置きの接木。
仮置きした枝が徒長。
バレリーナツリーの枝は通常徒長することはありませんが、一般品種を接ぐと徒長するようです。
現在、3本のリンゴに10品種くらい。
赤・青・黄のリンゴ。
止まれ、いや進め、いや待て。
混雑することが予想されます。
交通整理が必要。

ワルツ 2018 8 17-1







例年、8月下旬頃が収穫のメイちゃんの瞳。
今年は10日ほど早くお盆頃が収穫適期。

落ちよった。
完熟落下。
これから種を採ります。
ルビースイートで受粉させていました。

192g。
摘果した分、やや大きめ。
幼果の頃は真赤ですが熟していくほど表皮の色は薄く。
メイちゃんの瞳は味が良くありません。
どちらかと言うと鑑賞用。
3本の中で味的にはワルツでしょうか。
ワルツであれば秋に真っ赤に色着いて、味も普通のリンゴレベル。
ワルツは摘果して200gくらい。
小リンゴとして食べられます。


メイちゃんの瞳。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-1

メイちゃんの瞳 2018 8 19-1


メイちゃんの瞳 2018 8 19-2

メイちゃんの瞳 2018 8 19-3

メイちゃんの瞳 2018 8 19-4

メイちゃんの瞳 2018 8 19-5






7粒の種。
冷蔵庫で保存して来春に種蒔き。

改良版メイちゃんの瞳の希望は果肉真赤。大きさは200g。糖度15くらい。
収穫時期はお盆頃。
それでもってバレリーナツリー。

これが出来たら家庭栽培で夢リンゴが食べられます。



3本のバレリーナツリーは来年が5年目。
幹の上から下までリンゴの実を生らせさせそうです。
4年前に考えたこと。
5年目でリンゴの実をびっしり生らせさせる。
現実味を帯びて来ました。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-5

メイちゃんの瞳 2018 8 17-6











にほんブログ村

















【 2018/08/19 (Sun) 】 リンゴ | TB(0) | CM(12)

あいかの香り6年目。

1本の実生バラ。
バラも実生。
名前がありません。
適当な名前を言っても分からないと思います。
樹の上と下で色が違います。
黄色も一日経つと色が変化。
バラも移り気なんでしょうね。

実生バラ 2018 5 14-1


実生バラ 2018 5 14-2

実生バラ 2018 5 15-1











一年で最も忙しい時期。
今から約3週間くらい。
摘果係り。(分身1号)
袋掛け係り。(分身2号)
ぶどうの整枝係り。(分身3号)
みんな同時に頑張るぞー。
日本一の果実の分身に声を掛けておきます。




キウイのジャンボイエローの環状剥皮を実施。
思い付いた時にやっておきませんと忘れます。
紅芯系は5/4に環状剥皮を実施済み。
あと1~2回実施予定。

丁度今、緑肉種が開花中。

写真は雌雄同体のニューエメラルド。
1本で生る品種。
他の緑肉種の受粉樹としても貢献。

ニューエメラルド。

ニューエメラルド 2018 5 14-1











花壇植えのあいかの香り。
今年が6年目。
昨年、テッポウムシに入られましたがキンチョールEで撃退。
キンチョールEが無かったら負けていました。
チョッキリゾウムシかな。
既に突かれています。
早く袋掛けしなくては。
日本一の果実2号頑張れ~。

あいかの香り 2018 5 14-1

あいかの香り 2018 5 14-2

あいかの香り 2018 5 14-3










毎日コツコツと。
毎朝1時間作業すると5日で5時間。
半日分に相当します。
明日の朝はぶどうの整枝とキウイの摘果。
これは日本一の果実3号と4号の仕事でした。
4号?(笑)










にほんブログ村
【 2018/05/14 (Mon) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)

遅れて展葉。リンゴ居接ぎ『美丘』

GWの最終日。(5/6)
今年の挿し木苗を圃場に移しました。
その中にリンゴ台木『JM7』を混ぜました。

JM7 2018 5 6-1


挿し木苗 2018 5 8-1

JM7 2018 5 8-1








今年、10年生リンゴを5本伐採。
樹勢復活が見込めない為。
伐採する前に他のリンゴの木に高接ぎ。
(一時別の枝に避難)
来年、今年圃場に植えたJM7台木に戻します。
来年から一から出直し。










今年、別品種のリンゴが仲間入り。
その中の1本に『美丘』。
私の知り得る範囲で注目大実品種が2つ。その中の1本が美丘。

一切れの食べ応え。
どの果物も500gを越えて来ますと一切れのおいしさが違います。
口の中にジュワ~と。


庭で大きく出来なかったリンゴが1本ありましたが、それも伐採。
掘り上げて来年植え直すか、台木を残して接ぐか。
選択したのは4/14にダメ元で居接ぎ。
接いだのは美丘。
私にとっては太い幹への接木。
元気な新梢は銅吹きして来た枝。
来年、この枝に『おいらせ』を高接ぎ予定。


美丘 2018 5 8-1

美丘 2018 5 8-2

美丘 2018 5 8-3






リンゴは8月上旬から11月末まで収穫。
さらに貯蔵して翌2~3月まで頂けるように整備して行きます。









にほんブログ村
【 2018/05/09 (Wed) 】 リンゴ | TB(0) | CM(16)

二代目メイちゃんの瞳に着手

二代目メイちゃんの瞳に着手します。


雌しべを探します。
・・
どれ?
分かりません。
どれが雌しべ。

メイちゃんの瞳 2018 4 8-1

メイちゃんの瞳 2018 4 8-2









取り敢えず咲きかけは既に花粉が出来ていました。
既に遅い。
メイちゃんの瞳は自家受粉の品種。

メイちゃんの瞳 2018 4 8-7









蕾の状態で花びらを取ってみます。
雄しべが奥。雌しべが数本飛び出ています。
これなら分かります。
この状態で人工授粉させてみましょう。
自分で授粉する前に他の品種と授粉。
早い者勝ちと言うことで。

メイちゃんの瞳 2018 4 8-6

メイちゃんの瞳 2018 4 8-4

メイちゃんの瞳 2018 4 8-3

メイちゃんの瞳 2018 4 8-5











人工授粉のお相手はルビースイート。

ルビースイート 2018 4 8-1









もう一品種。
あいかの香りと人工授粉。
メイちゃんの瞳の花粉形成時期に比べ、あいかの香りの花粉は随分遅い感じ。

あいかの香り 2018 4 8-1

あいかの香り 2018 4 8-2







二代目メイちゃんの瞳。
当分先になりますがまずは第一歩。














桜桃の紅ゆたか。
今が満開。

今年は雨除け施設が間に合わないかもしれません。
花見で終わるかも。
取り敢えず雨除け施設を作るまで維持管理を怠たらず。

紅ゆたか 2018 4 9-1

紅ゆたか 2018 4 9-2









にほんブログ村



【 2018/04/09 (Mon) 】 リンゴ | TB(0) | CM(18)

10年生のリンゴを伐採

今年、10本ほど伐採しました。
代わりに20本ほど植える予定。
14本を注文。
6本は自作苗。





気持ち的には伐採したくなかった。
樹勢の復活を見込めず止む無し。
リンゴは10年生6本を伐採。




『青林』
胴枯病でしょうか。

青林 2018 3 25-2

青林 2018 3 25-3

青林 2018 3 25-4










『はるか』

はるか 伐採 2018 3 25-1









青林・はるか・パインアップル・涼香の季節・ひめかみ・スイートメロディ。
暫く食べられませんが、おいしいリンゴたち。
いつか復活させます。










最近、毎朝人工授粉。
厄介なのが夜露。
花粉もしっとり濡れています。

夜露 2018 3 28-1










純白の梨の蕾。
これはこれで綺麗。

長十郎 2018 3 28-1









にほんブログ村
【 2018/03/28 (Wed) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)

紅果肉リンゴの現状。

リンゴの新品種を検索していました。
昨年出願されたものの中で『冬彩華』を見付けました。
作者は長野県中野市在住の吉家一雄さん。
特徴は紅果肉リンゴ。

調べましたら吉家さんは30年ほど前から紅果肉リンゴを研究されているようで現在6品種を出願されています。

「なかの真紅(しんく)」
「ムーンルージュ」
「いろどり」
「炎舞(えんぶ)」
酸味が強く味が濃厚で加工用に向く「冬彩華(とうさいか)」
「なかののきらめき」

現在吉野さんの農園で50種類ほどの未公開紅果肉リンゴが高接ぎされているとか。


研究熱心の方です。
こう言った研究熱心の方がいてこそリンゴも進歩して行くのでしょうね。




吉家さんに関する記事をアップしておきます。


『紅果肉リンゴ紹介  吉家一雄さん』




紅肉リンゴ 2018 1 8-1











紅果肉リンゴは面白いと思います。
最近注目されている品種は『ルビースイート』と『ローズパール』。
恐らくここ数年で出回り始めることでしょう。

ルビースイート 記事











紅果肉リンゴも基本は味。
不味いと意味がありません。

今年1個はルビースイートとローズパールを収穫したいです。
甘くて大きく、果肉が紅色。
切ったらへぇ~。

ルビースイートの花芽。

ルビースイート 2018 1 10-1







果肉が紅色。
いいんじゃないでしょうか。

私も吉家一雄さんの真似してみよっと。(笑)









にほんブログ村
【 2018/01/10 (Wed) 】 リンゴ | TB(0) | CM(22)

リンゴの腐らん病。

昨年からスモモ、桜桃、リンゴの枯死が次々に枯れて行きます。
この流れは良くありません。

色々調べて、何となく原因が分かって来ました。
剪定した後の切断面。
もしかしたらここ。
切り口から病原菌が入ったのでしょうか。
腐らん病の菌はあちこちにいるようです。



考えてみれば剪定は人で言う怪我と同じ。
怪我をした後は消毒しませんと。








リンゴのスイートメロディを伐採しました。
幹がサメ肌のようにザラザラ。
腐らん病。
枝の先端まで達しています。
ここまで来たら復活は有りません。

幹に10mmほどの穴。
恐らくクマバチが開けたと思われます。
穴は幹の真ん中まで達していました。
クマバチは怖いですがキウイの授粉に大活躍。
いいやつです。
見た目は怖くても攻撃的で無いとか。
家の中にも怖いのがいますが、見た目通り攻撃的。

スイートメロディ 2017 11 25-2

スイートメロディ 2017 11 25-3

スイートメロディ 2017 11 25-4

スイートメロディ 2017 11 25-7


スイートメロディ 2017 11 25-1

スイートメロディ 2017 11 25-6










スイートメロディの病気がすぐ隣の秋映にも伝染しています。
これが怖い所。

秋映 2017 11 25-1









さらにその奥の王林にも伝染。

さらにその奥のハニークイーンにも。

全て伐採。







少し離れたひめかみ、選抜やたか、ぐんま名月、青林、パインアップル、はるか。
このあたりも伝染しているかも。
良くみないと。



場合によっては畑のリンゴを一度全てクリアーでしょうか。


5~6年生の若木のリンゴでも1本倒すのに結構大変です。
モグちゃんのようにユンボでヒョイっと数秒の世界と訳が違います。
スコップで掘ってチェーンソーを使いながら根切り。
これが果樹が生きた証なんだな~。










花壇植えのあいかの香り。
紅色に着色。
5年目の今年、目標の500gまでは行きませんでしたね。
450g。
台風で落下したのが痛かった。

あいかの香り 2017 11 25-1









今年の冬は徹底的に防除します。
どこかで流れを止めなくては行けません。
早く剪定を終えて防除体制を整えねば。










にほんブログ村
【 2017/11/27 (Mon) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)