日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
011234567891011121314151617181920212223242526272803

紅果肉リンゴの現状。

リンゴの新品種を検索していました。
昨年出願されたものの中で『冬彩華』を見付けました。
作者は長野県中野市在住の吉家一雄さん。
特徴は紅果肉リンゴ。

調べましたら吉家さんは30年ほど前から紅果肉リンゴを研究されているようで現在6品種を出願されています。

「なかの真紅(しんく)」
「ムーンルージュ」
「いろどり」
「炎舞(えんぶ)」
酸味が強く味が濃厚で加工用に向く「冬彩華(とうさいか)」
「なかののきらめき」

現在吉野さんの農園で50種類ほどの未公開紅果肉リンゴが高接ぎされているとか。


研究熱心の方です。
こう言った研究熱心の方がいてこそリンゴも進歩して行くのでしょうね。




吉家さんに関する記事をアップしておきます。


『紅果肉リンゴ紹介  吉家一雄さん』




紅肉リンゴ 2018 1 8-1











紅果肉リンゴは面白いと思います。
最近注目されている品種は『ルビースイート』と『ローズパール』。
恐らくここ数年で出回り始めることでしょう。

ルビースイート 記事











紅果肉リンゴも基本は味。
不味いと意味がありません。

今年1個はルビースイートとローズパールを収穫したいです。
甘くて大きく、果肉が紅色。
切ったらへぇ~。

ルビースイートの花芽。

ルビースイート 2018 1 10-1







果肉が紅色。
いいんじゃないでしょうか。

私も吉家一雄さんの真似してみよっと。(笑)









にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2018/01/10 (Wed) 】 リンゴ | TB(0) | CM(22)

リンゴの腐らん病。

昨年からスモモ、桜桃、リンゴの枯死が次々に枯れて行きます。
この流れは良くありません。

色々調べて、何となく原因が分かって来ました。
剪定した後の切断面。
もしかしたらここ。
切り口から病原菌が入ったのでしょうか。
腐らん病の菌はあちこちにいるようです。



考えてみれば剪定は人で言う怪我と同じ。
怪我をした後は消毒しませんと。








リンゴのスイートメロディを伐採しました。
幹がサメ肌のようにザラザラ。
腐らん病。
枝の先端まで達しています。
ここまで来たら復活は有りません。

幹に10mmほどの穴。
恐らくクマバチが開けたと思われます。
穴は幹の真ん中まで達していました。
クマバチは怖いですがキウイの授粉に大活躍。
いいやつです。
見た目は怖くても攻撃的で無いとか。
家の中にも怖いのがいますが、見た目通り攻撃的。

スイートメロディ 2017 11 25-2

スイートメロディ 2017 11 25-3

スイートメロディ 2017 11 25-4

スイートメロディ 2017 11 25-7


スイートメロディ 2017 11 25-1

スイートメロディ 2017 11 25-6










スイートメロディの病気がすぐ隣の秋映にも伝染しています。
これが怖い所。

秋映 2017 11 25-1









さらにその奥の王林にも伝染。

さらにその奥のハニークイーンにも。

全て伐採。







少し離れたひめかみ、選抜やたか、ぐんま名月、青林、パインアップル、はるか。
このあたりも伝染しているかも。
良くみないと。



場合によっては畑のリンゴを一度全てクリアーでしょうか。


5~6年生の若木のリンゴでも1本倒すのに結構大変です。
モグちゃんのようにユンボでヒョイっと数秒の世界と訳が違います。
スコップで掘ってチェーンソーを使いながら根切り。
これが果樹が生きた証なんだな~。










花壇植えのあいかの香り。
紅色に着色。
5年目の今年、目標の500gまでは行きませんでしたね。
450g。
台風で落下したのが痛かった。

あいかの香り 2017 11 25-1









今年の冬は徹底的に防除します。
どこかで流れを止めなくては行けません。
早く剪定を終えて防除体制を整えねば。










にほんブログ村
【 2017/11/27 (Mon) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)

再びメイちゃんの瞳を収穫。

メイちゃんの瞳が落下していました。
鳥に蹴飛ばされたのかもしれません。
当地での本収穫は8月下旬。
これが今年二度目の収穫。

メイちゃんの瞳 2017 11 7-1











食べてみると酸味が効いています。
8月下旬頃は糖度11程度まで行きますので、それに比べれば酸っぱい。

メイちゃんの瞳 2017 11 7-2

メイちゃんの瞳 2017 11 7-3

メイちゃんの瞳 2017 11 7-7











先日収穫した柿の大蜂屋と並べてみます。

因みに今年の大蜂屋は鳥に食べられて2個だけ。
収穫の時に枝を残すのを忘れました。
これでは干柿は厳しいか。
大蜂屋はこれで3年連続で2個。
今年最初のスタートは50個ほど。
なんでじゃ~。

メイちゃんの瞳 2017 11 7-5

大蜂屋 2017 11 7-1










このメイちゃんの瞳は真夏に開花して授粉したもの。
その頃の開花はメイちゃんの瞳だけ。
自家受粉なのでしょうか。
今回収穫したメイちゃんの瞳は2cmくらい。
アルプス乙女より気持ち小っちゃいかな。

メイちゃんの瞳 2017 11 7-4









10月26日時点はこんな感じ。
このまま年を越すと思ってましたが落下してしまいました。

メイちゃんの瞳 2017 10 26-1










メイちゃんの瞳は今年が3年目。
現時点の写真。

3品種1本づつ並べてあります。
奥からポルカ、メイちゃんの瞳、ワルツの順。

メイちゃんの瞳 2017 11 7-6









当初の目標は5年目に鈴生り。
今の所予定通り。

樹高は3m程度でしょうか。
幹の太さは現在5cmくらいですが5年目には10cm程度まで。
樹高も4m程度まで。

5年目のイメージ写真。
恐らく行けると思います。

来年は弱剪定。
樹勢を落として花芽をたくさん付けさせましょう。


ワルツ 












にほんブログ村
【 2017/11/07 (Tue) 】 リンゴ | TB(0) | CM(12)

徐袋。『あいかの香り』

ぶどうが終わったので、今度はリンゴにおはよう。
リンゴがニコっ。(笑)
でも顔が青いぞ。





玄関先の花壇。
1本のリンゴの木があります。
『あいかの香り』。
除袋を行いました。

植え付けて今年が5年目。(2013年3月)
当時の写真。

あいかの香り 2013-3-1







5年で収穫樹まで育てるのが私の考え。
大抵どの果樹も5年掛かりますね。
あいかの香りは途中テッポウムシに入られたこともありますが何とか順調に来られたと思います。

現在木に残った実は40個くらい。
徐袋を行い、これから仕上げに入ります。

あいかの香り 2017 10 30-1

あいかの香り 2017 10 30-2

あいかの香り 2017 10 30-4

あいかの香り 2017 10 30-5










今年のあいかの香りは平均で350g程度でしょうか。
大きいもので500g程度。
このあたりで400gの大きさ。

あいかの香り 2017 10 30-3










徐袋しましましたら可愛そうなくらい傷んだ実。
これでも落ちずに枝にしがみ付いています。
凄い根性。

あいかの香り 2017 10 30-6









一応熟しています。
熟しているかどうかはお尻の部分を見れば分かります。
黄色くなっていれば熟しています。

食べられる?
切ってみましょう。


何とか食べられそうです。

あいかの香り 2017 10 30-7

あいかの香り 2017 10 30-8

あいかの香り 2017 10 30-9

あいかの香り 2017 10 30-10

あいかの香り 2017 10 30-11









やはりちょっと水っぽ感じがします。
雨の影響でしょう。
味的にはこれでもリンゴのトップレベル。
品種のお蔭だと思います。
通販で売られている『極みリンゴ』レベルは十分にあります。
(糖度14以上が如何にも凄いように記載されていますが大したことはありません。
本当に凄いのは糖度18くらいあって酸味もしっかり。これくらいになれば本当に凄いです。)








これから天候次第ですが水を切って甘さに切れが出れば面白いです。
2週間後にリンゴのトップレベルの味に持って行けるかどうかですね。
台風で落ちた葉っぱ。
少し影響が出ますでしょうか。

取り敢えず当初予定していた5年で一応の完成体に持ってこられたのは良かったです。

2週間後に期待しましょう。








にほんブログ村
【 2017/10/31 (Tue) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)

リンゴジャムを作る。

ブルーベリーは今年もつまみ食い程度。
ボトボト落ちるのを見るも忍び難く、ご近所の方々に食べて頂くことに。
解放~。
好きな時に好きなだけ取って行って下さいね。
折角生った実。
無駄にしたくない気持ちはあります。
ただ木ごと全部取らずに半分程度残してあります。
このあたりは人の気持ちがきちんと入っていますね。

おばちゃん達に果物で何か御菓子を作ったら頂戴ね。
逆におばちゃん達をうまく使っているのかもしれません。(笑)
おばちゃんでも家のおばちゃんは使い辛い。

ブルーベリー 2017 9 4-1

ブルーベリー 2017 9 4-2












リンゴジャムを作りました。
リンゴは『グラニースミス』
ちょっと生らせ過ぎ。
木が弱りそう。
半分に摘果。
これでジャム作り。

出来たジャムは4~5kgくらいでしょうか。

リンゴジャムは2年前に大失敗。
鍋から吹きこぼれて大洪水。
後で始末書を書かされました。


今回は大丈夫。
勝負ところは心得ています。
もうすぐ。
もうすぐ。
キタ~。
・・・
セ~フ。

出来栄えは普通のリンゴジャムです。
甘いリンゴのジャムはおいしくありませんがクッキングアップルは風味のあるジャムに仕上がります。
リンゴの香りがプ~ンと。

リンゴの皮剥き途中で果肉が変色しないように、最初リンゴシロップを作って途中混ぜ混ぜしながら皮を剥いて行きます。

リンゴジャム 2017 9 3-1

リンゴジャム 2017 9 3-2

リンゴジャム 2017 9 3-3











一週間前からぶどうの収穫を始めました。
シャインマスカットはどうかな。
糖度10.4。
そこそこの味じゃないです。
苦い。(笑)

シャインマスカット 2017 9 3-1

シャインマスカット 2017 9 3-2










ゴールドフィンガー。
糖度22ありました。

ゴールドフィンガー 2017 9 5-1









ぶどうはこれから10月末まで毎日頂きます。
この時期、朝はリンゴと梨。
夜はぶどうのパターンです。
イチジクはご近所のおばちゃんに。
いらないものは何でも近所のおばちゃん。

折角生った果物。
有効に消費しましょう。








にほんブログ村
【 2017/09/06 (Wed) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)

紅を差す。『メイちゃんの瞳』

リンゴの叫び。
おぉぉ~。
花壇植えの『あいかの香り』。

カラスにやられ。
アブラムシにやられ。
雨にやられ。
チョッキリムシにやられ。

りんごの叫び 2017 8 13-1






あいかの香りは10月下旬から11月中旬の収穫。
収穫はまだまだ先ですが落下が目立ちます。
生らせ過ぎで木が無理と言っているのでしょうか。
現在200g程度。

この時期はまだ真っ青。
無理して食べられないことはない。
スーパーの未熟のフジ。
買ってみてしまった。
仕方が無いので無理して食べるか。
そんな味。

あいかの香りは暖地でも蜜が入り易い品種です。
真っ青の中にも蜜入りのものが。

あいかの香り 2017 8 16-1

あいかの香り 2017 8 15-1









バレリーナツリー。
『ワルツ』と『メイちゃんの瞳』。
ワルツは150gくらいでしょうか。
地上20cmの高さでひっそりと。
これくらいの高さであれば鳥に見つからないかも。
黒い斑点が残念。

ワルツ メイちゃんの瞳 2017 8 17-1

ワルツ メイちゃんの瞳 2017 8 17-2










メイちゃんの瞳は予定通り鳥にやられました。
20個くらいからスタートして残るは2個。
鳥が落とした1個を持ち帰りました。

切ってみるとちょっと紅い。
紅を差したよう。
味は酸味がまず来ます。
この酸味があれば使い道はあります。
問題は甘味。
収穫予定は9月上旬。
糖度が13以上まで上がれば爽やかなリンゴ味。
生食として行けると思います。

メイちゃんの瞳の若葉。
アブラムシがたっぷり。

メイちゃんの瞳 2017 8 15-1

メイちゃんの瞳 2017 8 15-2

メイちゃんの瞳 2017 8 17-1

メイちゃんの瞳 2017 8 17-2









収穫まであと一収穫くらいでしょうか。
『スイートメロディ』。
春早々、チョッキリムシに突かれました。
発見が遅れた恰好。
そばかすを付けたまま成長。

スイートメロディ 2017 8 17-1

スイートメロディ 2017 8 17-2









メイちゃんの瞳(9月上旬)、ルビースイート(9月下旬)、ローズパール(10月上旬)。
この流れ。
紅を差すリンゴも良いかもしれません。
ルビースイートは450g。
リンゴの中でも最大級。
来年9月上旬から10月上旬まで、この流れで収穫出来るか。
期待したいですね。








にほんブログ村
【 2017/08/17 (Thu) 】 リンゴ | TB(0) | CM(21)

花壇植えリンゴ。バレリーナツリー、今年が3年目。

鈴生りっていいもんだ。
今年、桜桃でそう思いました。


収穫する前に暫く鑑賞。
しばし眺めてから収穫。
おいしければ尚いい。

写真は2017/6/5の桜桃。

昨日、スプラサイドを散布。
来年に向けて再スタートを切りました。

紅ゆたか 2017 6 5-1










庭植えのリンゴ。
現在10本くらいでしょうか。
庭植えなので大きく出来ません。
コンパクトに。
その中で半数がバレリーナツリー。



取り敢えず4年で見られる状態にしようと思っています。
今年が3年目。
植え付けは2015年4月13日。
しかも接ぎたてだったようです。
当時の写真が残っていました。
物語はここから始まったんだ。

2015/4/13。

IMG_2234[1]

IMG_2235[1]

IMG_2237[1]













1m間隔で3本植えてあります。(花壇植え)
左からポルカ・メイちゃんの瞳・ワルツ。
一番成長が良いのが真ん中のメイちゃんの瞳。
冬に2mを1.5mに切り戻しました。
上部0.5mに花芽がいっぱい。しかも詰まった感じ。
このままでは成長が止まる。
再び成長を開始する位置まで切り戻しました。
あれから1m伸びて、現在樹高2.5m。
年内に今年目標の3mまでは楽勝の感じ。
花芽も予定通り。

2019年に鈴生り。
順調に来ています。

今年、1個も生っていないのは寂しい。
取り敢えず1個だけ生らせてあります。
ワルツ。
現在150gほど。

バレリーナツリー 2017 7 8-2

メイちゃんの瞳 2017 7 8-1

メイちゃんの瞳 2017 7 8-2






ワルツ 2017 7 8-1

ワルツ 2017 7 8-2











花壇植えの3品種接ぎ。
樹高2m。
基部から3本枝を作って1品種づつ接いであります。
すらすらっと1本づつ違ったリンゴ。
面白いと思います。

バレリーナツリー 2017 7 8-1










庭植えのリンゴ。
これも3品種接ぎ。
鉢植えでこんなのがあったら。
そんなイメージ。
これも3年目。
樹高1m。

敢えて実を付けてみました。
地面から20cmにリンゴ。
青いリンゴがワルツ。
現在100g程度。
赤いリンゴがメイちゃんの瞳。
現在50g程度。
実を付けると一層かわいい感じ。

バレリーナツリー 2017 7 8-6

バレリーナツリー 2017 7 8-7

バレリーナツリー 2017 7 8-8












花壇植えのあいかの香り。
(2013/3/9植え付け)

頂部にポルカとワルツが接いであります。
恐らく1本棒はこんな感じで鈴生りになると思います。

あいかの香り 2017 7 8-1

バレリーナツリー 2017 7 8-5




あいかの香りは今年から本格収穫出来そう。
100個程度。
生らせ過ぎですね。
収穫時、大きさ的には250~400gを予想。

あいかの香り 2017 7 8-2












庭植えリンゴにに高接ぎのメイちゃんの瞳。

鳥にやられました。
突いて酸っぱい。
や~めた。
そんな感じかな。
幼果から赤いリンゴのリスク。
花壇植えの1本棒もきっとやられますね。

バレリーナツリー 2017 7 8-3

バレリーナツリー 2017 7 8-4

バレリーナツリー 2017 7 8-9








あと1年半。
当初3mの樹高を考えてましたが、もう少し高い方がいいかな。
4mに。
道路沿いなのでもう少し主張しましょう。

あれ何?
リンゴだよ~ん。(笑)

暖地リンゴ頑張りましょう。








にほんブログ村
【 2017/07/09 (Sun) 】 リンゴ | TB(0) | CM(16)

花壇植えの『あいかの香り』。 今年が5年目。

花壇植えの『あいかの香り』。
植え付けは2013年3月9日。
今年が5年目。





植え付け当時の写真。
赤ちゃん。
こんな時代もあったんだ。
本当に育つんだろうか。
世の中の厳しさがまだ分かってませんね。

あいかの香り 2013-3-11

あいかの香り 2013-3-2-12









植え付けてから丸4年が経過。
順調に太りまして、今年樹全体に花を咲かせました。
樹の頂上には授粉用に『メイちゃんの瞳』と『ポルカ』が接いであります。
樹高は2.5m。
根元付近の太さは10cm。

あいかの香り 017 5 12-1

あいかの香り 2017 5 12-2

あいかの香り 2017 5 12-10

あいかの香り 2017 5 12-11

あいかの香り 2017 5 12-7








頂上付近。

あいかの香り 2017 5 12-3

あいかの香り 2017 5 12-4

あいかの香り 2017 5 12-5










針金をパクリ。
呑み込みました。

あいかの香り 2017 5 12-8

あいかの香り 2017 5 12-9






昨年が初生りで10個程度収穫。
今年は30個ほど収穫したいですね。








こちらは道沿いの花壇。
『ワルツ』 『メイちゃんの瞳』 『ポルカ』。
今年が3年目。(2015年植え付け)
完成予定は2019年。
今は幹の太さが2cm。
これを今後2年で幹の太さ10cmまで。
樹高の目標は3m。
小さなリンゴを200~300個鈴生りに。
イメージは出来ています。
頑張ろうっと。
やる気があれば大丈夫でしょう。

メイちゃんの瞳 2017 5 12










庭のスモモ(貴陽)に『コチェコ』が高接ぎしてあります。
お行儀良く整列。
躾はちゃんとしてあります。

コチェコの味はどうなのでしょう。
収穫になれば今年が初収穫。
楽しみに待ちましょう。

コチェコ 2017 5 12-1

コチェコ 2017 5 12-2









にほんブログ村
【 2017/05/12 (Fri) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)

植え付け5年説。 庭のシンボルツリー『あいかの香り』

畑のリンゴ『パインアップル』を取って来ました。
収穫と言うより取って来たと言った方が正解。
出来損ないのリンゴでこれは盗られませんでした。

パインアップルがこの時期まで生らせておけるのか。
袋を掛けたものと除袋したもので味に違いを感じるか。
この2点を確認します。




パインアップル。

除袋したもの。
表皮の色は赤と言うより紅。

味は本来甘酸でおいしいリンゴですが甘さが足りません。
やはり出来損ない。
反省しなければ。
因みにリンゴの収穫時期はオチリを見ます。
青ければ早熟の証し。

パインアップル 2016 12 24-1

パインアップル 2016 12 24-2

パインアップル 2016 12 24-3

パインアップル 2016 12 24-4

パインアップル 2016 12 24-5














袋をしてあったもの。
味は思ったよりおいしい。

パインアップル 2016 12 24-6

パインアップル 2016 12 24-7







味に関して、袋掛けの差はほとんどありませんでした。
紅いリンゴは甘そうに見えます。
青いリンゴは酸っぱく見えます。
味は同じでも味が期待以下か期待以上か。
見掛けの差でしょうか。











家の花壇。
シンボルツリーにしようと植えたリンゴの『あいかの香り』。
4年が過ぎました。
今年根元に一匹のテッポウムシ。
キンチョールEを使って退治を試みましたが一週間を費やしました。
格闘の痕が見られます。

あいかの香り 2016 12 25










剪定しながら花芽を確認。
どの枝にも花芽が確認出来ます。
今年は試し採り程度の実付き。
来年はまんべんなく実を付けてくれるでしょう。

5年目から収穫。
リンゴでも当てはまっていますね。
但し味はまだまだ。
生り始めのリンゴはサクサク感が良くありません。
果肉が歯に引っ掛かった感じがします。
熟していても未熟のような舌触り。
これも初生りから3年目あたりから良くなります。
本来の味までに8年。
あ~長!


今年テッポウムシに入られましたが軽微のダメージ。
樹勢は維持出来ています。
暖地で赤いリンゴ。
来年は目標をまた一つ達成出来るかもしれません。

あいかの香り 2016 12 24-2

あいかの香り 2016 12 24-3









県道沿いの『あいかの香り』。
道行く人にサービス。
あっ。リンゴだ。
気付いてくれるでしょうか。
これも来年5年目。
垣根仕立てに仕上げます。

あいかの香り 2016 12 24-1









にほんブログ村










【 2016/12/25 (Sun) 】 リンゴ | TB(0) | CM(22)

またやられた。今度はリンゴ。

10/10のこと。

あらっ。
防犯用の看板が斜めに。

台風の影響ですね。

看板 2016 10 12








あらっ。
リンゴが無い。
またやられっちゃたみたい。

今度は袋だけ残してありました。

盗難リンゴ 2016 10 10










悔しさ30%。
ショックは少ないです。
また盗難に遭うかもしれないと言う予測と、今年のリンゴは出来が悪かった為。

良くこんなひどいリンゴまで盗っていくもんだ。
『青林とはるか』
恐らく犯人は先に味見をしていますね。
リンゴの色は青と黄色。
どう見てもおいしそうな色をしていません。
青林とはるかは庭のリンゴの木に数個生ってますので、こちらで味わいます。




畑の青林と王林を伐採する予定です。

テッポウ虫にやられて樹勢回復が見込めません。
ただすぐに倒せない理由があります。
王林は多品種接ぎの原木。
言わばバックアップの原木。
倒せば家にある全品種を一度に失います。

この木をテッポウムシにやられたのは非常に痛かった。
まだ口にしていない品種もあります。
味を見極めて当地で合わない品種は不要でありますが。
取り敢えず『ぐんま名月』あたりは暖地でもおいしいリンゴで一本木として育てたい品種ですね。

テッポウ虫にやられた王林の木ノの多品種リンゴは既に全落下。
葉っぱも残っておらず初秋に咲いた花に幼果が着いた状態。
今も花がチラホラ。
全くダメ。



今年のリンゴは盗られたことより管理不足の反省の方が大きいですね。
リンゴは一から出直します。

多品種接ぎリンゴ 20116 10 12

リンゴの花 2016 10 12-1

リンゴ 2016 10 12-2








キウイをそろそろ本収穫します。
これから暫くの間、朝食はこんな感じでしょうか。
甘いのが逆に問題になりつつあります。
いつ音を上げるか。

皿のキウイで1個だけ別品種を盛り付けてあります。
味が微妙過ぎてほんとんど違いが分かりません。
味に変化を持たせることは大事なことですね。

キウイ 2016 10 15-1









毎年恒例のなばなの里のイルミネーションに行って来ました。
昨日(10/14)は開催前日。
空いているうちに。
今年のテーマは『大地』。

見た感想。
何を言いたいんだろう。
厳しい評価ですが。
四季の変化だけではダメ。
ストーリーが無いと。

大地 2016 10 14-2

大地 2016 10 14-3

大地 2016 10 14-1











なばなさん、サプライズが欲しいです。
サプライズ無くして感動はありません。
マンネリ化。
全て予測の範疇。
変化が足りませんね。




開催前日は毎年、各テレビ局が取材に来ます。
ガードが固い局もあればユルユルの局も。

地元、中京テレビ番組の『キャッチ』。
ここはいい。
全然、甘々。
スタッフにも気軽に声を掛けられます。
写真を撮って下さいと言えば、わざわざスポットライトを照らして撮ってくれます。
サービス精神バッチリです。
生放送中はこんな感じ。

キャッチ 2016 10 14-2

キャッチ 2016 10 14-1










中京テレビ人気女子アナの平井雅さん。
生放送終了後に少しだけ。
最後に『ありがとうございました』と御礼を言って頂いて感謝です。
こちらこそありがとうです。
良く出来た方です。
ブログに少しだけ載せて頂きますね。
きゃ~。

イルミネーションは残念でしたが今年は行って良かった。(笑)
これこそサプライズ。

平山雅アナ 2016 10 14-3











なばなさんのスタッフの企画では限界が来ていると思います。
新しい風を取り入れて欲しいですね。
私も今年は他のイルミネーションを見て回りたいです。








にほんブログ村

【 2016/10/15 (Sat) 】 リンゴ | TB(0) | CM(26)