fc2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

フードプロセッサでとろろとピーナッツバターを作る。

フードプロッセを買いました。
家にフードプロッセなるものは無かったようです。

これまで自然薯はすり鉢でゴリゴリ。
これ、結構疲れます。
ツルツル滑るし、最後は指まで下します。


『MICHIBA』。
粘性があるものも出来ると言うことで。
道場六三郎さんが大好きなフードプロセッサ。MICHIBAであります。

フードプロセッサ 2019 11 24-1

フードプロセッサ 2019 11 24-2








とろろを作ってみます。
予想通り。
50点。
すり鉢で下したとろろに比べると粘りは半分くらいでしょうか。

時間短縮は出来ます。
この出来であれば合格。

とろろ 2019 11 24-1

とろろ 2019 11 24-2

とろろ 2019 11 24-3

とろろ 2019 11 24-4

とろろ 2019 11 24-5










次にMICHIBAでピーナッツバターを作ってみます。

今年の落花生栽培は成功でした。
途中までは成長が悪く全然ダメ。
お盆に追肥して樹勢回復。
何とか11月上旬~中旬の収穫に間に合った感じです。

一番の大株で1株から331個の落花生。

落花生 2019 11 9-1

落花生 2019 11 9-2

落花生 2019 11 9-4

落花生 2019 11 9-3











自家製ピ-ナッツバターがおいしいと言うことで作ってみました。
生ピーナッツを電子レンジで160℃・100分ローストします。
最初、20分くらいから始めましたが見ても生のままに見えます。
延長、延長で100分。

ピーナッツバター 2019 11 24-1

ピーナッツバター 2019 11 24-4











MICHIBAを壊しました。(笑)
わたくしとしたことが。

セッティングの順番を間違えました。
最初にブレードを固定してからピーナッツを入れるべき所を逆に。
ピーナッツを入れてからブレードを挿入。
ブレードが完全に固定されていないので、回転を始めてブレードが浮き上がって来ました。
ブレードとフタが接触。
あっと言う間の交通事故であります。

(使ったピーナッツは280g)

ピーナッツバター 2019 11 24-5

ピーナッツバター 2019 11 24-6








回しても回しても油脂が滲んで来ません。
パサパサ。

諦めて、途中でハチミツを追加。
さらにバター30g投入。
砂糖30gを投入。

最後は水100g投入。

ここまでやってもピーナッツバター独特のドロドロ感がありません。
完全に失敗。
出来上がりはカチカチ。


ピーナッツバター 2019 11 24-8

ピーナッツバター 2019 11 24-9

ピーナッツバター 2019 11 24-7





ピーナッツバター 2019 11 24-10

ピーナッツバター 2019 11 24-11











やり直します。


今度は最初に下しの刃で擦ってみます。
その後にブレードに切り替えて回転させます。

大量になるのは止めて、少しの量で試してみます。


結果は失敗。
MICHIBAでは無理のようです。
細かくなるだけ。

ピーナッツバター 2019 12 01-2

ピーナッツバター 2019 12 01-3

ピーナッツバター 2019 12 01-4

ピーナッツバター 2019 12 01-5







MICHIBAでピ-ナッツバターは無理なのでピーナッツバターが出来ると言うフードプロセッサをもう1台買いましょう。

取り敢えずパサパサですが、味はピーナッツバター。
ドロっとする所まで行ければおいしいピーナッツバターが完成するはず。

今考えているのはピーナッツバターの他に手作りマスタード。
噂では手作りマスタードも絶品だとか。

来年、トライしてみます。
シロカラシの種蒔きから。
ピーナッツバターが出来るフードプロセッサを買えば手作りマスタードも出来るはず。
暫くフードプロセッサを研究します。







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



【 2019/12/01 (Sun) 】 レーヌ | TB(0) | CM(12)