日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

天山の皮はダメ。

天山の収穫を始めましたが、無茶苦茶不評。
皮が剥けないと。
マニュキアフィンガー並み。
最近、毎日天山を食べていますが、食べるごとに攻撃されます。
敵は身近にいます。(笑)
なんでこんなぶどうを作ったん。
だって大きいことは書いてあっても皮のことは書いてないもん。

私もこのぶどうはダメだと思います。
倒しませんが縮栽決定。
ただ30gの粒は見てみたい。
今年が実質初生り。
一粒10gくらい。

天山。

天山 2017 9 14-1









翠峰。
昨年が初生り。
今年が2年目の収穫。
まだ粒が揃いません。

収穫してみましたが失敗。
早過ぎ。
苦いまで行きませんが、甘みが全く足りません。
なるほど、糖度13。
やってしもうた。

皮は剥き易い。
このぶどうは味の特徴はありませんが食べらます。

翠峰 2017 9 16-1

翠峰 2017 9 16-2

翠峰 2017 9 16-3














ゴールドフィンガー。
今年が初生り。
小っちゃくて細長いので食べにくい。
ただ皮は剥けるし、味は抜群にいいです。
甘いは甘いですが、味に深みがあります。
このぶどうは期待大。
大事に育てたいぶどうです。
シャインマスカットが万人好みの味ですが、このゴールドフィンガーも同様だと思います。
一粒10gを目指しましょう。

ゴールドフィンガー 2017 9 16-1

ゴールドフィンガー 2017 9 16-2

















イタリア。
ちょっと青い感じ。
収穫して失敗したと思いました。
食べられるんだろうか。
糖度18。
ギリかな。
色、糖度、味をリンクさせておかないと。
収穫時期もベスト収穫があります。
ずれないように。

イタリア 2017 9 16-1

イタリア 2017 9 16-2

イタリア 2017 9 16-3











先日、しおさんがお取り寄せのクイーンニーナとピオーネをアップされてました。
あのぶどうです。
あれぞプロのぶどう。
目指すはあのあたりでしょう。
一粒25g。32粒で一房800g。
ぶどうを栽培されてみえる方はお分かりだと思います。
どれくらい立派なぶどうか。
一房1,980円レベル。
特価で1,380円。
これくらい?
ここまで来れば作品だと思いますね。


自家消費なのでそこまでこだわる必要性はありませんが、自己満足を味わえるかどうか。
そこだけ。
目標が無いと上達もありません。
やってやろうじゃないか。
一人遊びですね。









今年のポロタンの最大果は41gでした。

ポロタン 2017 9 14-1








にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2017/09/16 (Sat) 】 ぶどう | TB(0) | CM(18)

ぶどう 『天山』

干しぶどうはそろそろ収穫かな。
・・・
いつの間にこうなっちゃったん。
良くみれば管理者に似ています。
伊豆錦の干しぶどう。

伊豆錦 2017 8 10-1











ぶどうの『天山』。
大きな名前ですね。
天の山。
私はもう暫く下界で。



植え付けて4~5年。
昨年が初生り。(2~3房)
今年が2年目。
40~50房くらいでしょうか。
難しい品種と言われていますがやってみないと分からない。
一房20粒でも多いように思います。
この品種は一房10粒くらいが合っているかもしれません。
今現在、一粒9g。
目指すは一粒40g。


奥に割れ目が見えました。
裂果し易いのでしょうか。

天山 2017 8 10-1

天山 2017 8 10-2

天山 2017 8 10-3

天山 2017 8 10-4











今年はシューベンを伐採してシャインマスカットの枝を伸ばしました。
最近はシャインマスカットが全盛。
どこでも売られているだけに買う時は良くみないといけません。
大粒でも青々したやつは危ない。
未熟っぽい感じがします。
シャインマスカットは完熟すると黄色くなって糖度も25を超えて来ます。
甘過ぎ。
ここまで行くと収穫遅れ。
糖度20くらいが食べ易いと思います。
シャインマスカットは万人好みの味。
おいしいぶどうです。


実験的に摘粒を控えた房。
着色と味の違いをみます。

シャインマスカット 2017 8 10-1









翆峰。
摘粒して袋を掛けようとしたら枝から離れない。
いやだ。
離れろ!
いやいや。
いや~ん。
暫く押し問答。

仕方無い。
強引はやれました。
ここは大人。
お爺ちゃんも大人になりました。

収穫まで行けるのでしょうか。

翠峰 2017 8 10-1








リビング前の日除け用のぶどう棚。(イタリア)
2年前が初生りで30房。
昨年が100房。
今年は疲れが出て70房。
ぶどうも疲れ方次第ですね。
あまり無茶はいけません。

あっ。一粒分の穴。
良く見れば気になる。
惜しい!
穴を埋めたい。
でももう無理。
大抵の房は1個や5個分の穴が空いています。
中にはスカスカなものも。
素人は穴だらけですね。
慣れたくありませんが慣れています。
形は二の次。まず食べられるかどうか。
ここが最大のポイント。
もし送る時があれば、穴を下にして送りますので大丈夫。
隠し方は心得ています。
穴無しなんてまず有り得ません。

棚の垂木がボキっ。
骨折。
だんだん継ぎはぎだらけになって来ました。

イタリア 2017 8 10-1

イタリア 2017 8 10-2







カーポートの安芸クイーン。
垣根代わり。
夏はいい感じで目隠し。
冬はあっぱーぱー。
こんな所でも素人的なぶどうは可能って所でしょうか。

2~3週間前からカラスに突かれて始めました。
防御。
ぶどうをガードしたらプルーンに移動。
プルーンをガードしたらリンゴに。
カラスの野郎。

カラスも侮れません。

ぶどう 2017 7 30-1

ぶどう 2017 7 30-2


ぶどう 2017 7 30-5

ぶどう 2017 7 30-4






先ほど確認したらネットをしてあってもやられました。
カラス以外の仕業。
ハクビシン?

獣害  安芸クイーン 2017 8 11-1 

獣害  安芸クイーン 2017 8 11-2 








ゴールドフィンガー。
この木では初生り。
50房くらい。
私の中では復活品種。
10年ぶりくらいでしょうか。
しおさんもおいしいと仰っておられます。
甘いぶどうです。
楽に糖度20を越えて来ると思います。

ゴールドフィンガー 2017 8 10-1








ぶどうも収穫まで行けるのでしょうか。

野良猫2匹のお尻をペンペンしました。
猫ちゃんじゃない。









にほんブログ村
【 2017/08/11 (Fri) 】 ぶどう | TB(0) | CM(12)

台風被害とリンゴの『ファーストレディ』

今回の台風5号。
どちらかと言えば女の子台風。
風より雨台風。
今回、雨がたくさん降った部分の良い所だけ頂いておきます。

台風が来る前に幼苗に施肥を実施。
例年お盆時期に施肥をして秋の成長に備えます。
今年はこれでお盆は施肥の必要がなくなりました。
春に居接ぎしたレーヌクロードは15cmから2mまで成長。
まだまだ行けそうです。








取り敢えず台風被害。



自然薯のネットが斜め。
今年もムカゴ採りがメイン。

自然薯棚 2017 8 8-1










スイカの支柱が倒れました。
ただ今年は台風直前に全数獣にやられています。
8月下旬に出直しスイカが収穫出来るかどうか。

スイカ畑 2017 8 8-1









果樹園を囲ってある支柱も一部倒壊。

支柱折れ 2017 8 8-1









柿の枝折れ。
今年も折れました。

早田早生 2017 8 8-1









大蜂屋は何とか踏ん張りました。
直立樹形に改造した効果があります。
支柱代わりの杭に穴が。
これを見ると杭の効果も多少あったのかもしれません。

大蜂屋 2017 8 8-1

支柱 2017 8 8-1








リンゴの『ファーストレディ』
落下したものですが、これで将来を占います。
・・・
大丈夫。
この品種は間違いなくおいしいリンゴが生ります。
未熟果ですが既に甘さ十分。
糖度16~17程度は楽勝かと。
今年は初生り。
初生りは小果ですが2年目からは大きくなります。

ファーストレディ 2017 8 3-1

ファーストレディ 2017 8 3-2










今年はあと何回台風が来るのでしょうね。
自然災害は素直に受付けます。
自然災害とは別に最近、獣害がひどい状態。
ちょっとこらしめてやります。
お尻ペンペン。(笑)









にほんブログ村
【 2017/08/08 (Tue) 】 ぶどう | TB(0) | CM(14)

ぶどうの袋掛けが終了

ぶどうの袋掛けを終了。6/25。
ここまでやれば終わると言うゴールが見えているのでそこまでコツコツと。

今年のぶどうとの戦いは5/18日から。
最初の段階で1/2に摘蕾と房の軸の捻枝、整枝からスタート。
種無しのジベ処理を5/31。
その後2回目のジベ処理とフルメット処理。
房作りの摘粒は房の様子を見ながらコツコツと。
摘粒が遅れると内側の粒が抜けなくなり時既に遅し。
こうなると収穫間際の肥大で実が潰れて腐る。
なので摘粒の時期は遅れないように。
袋掛けは大したことがないですが摘粒が兎に角大変。
恐らくぶどうの袋掛けが終了するのはぶどうの木が成長する限り、年々遅れます。

今年は500くらいでしょうか。
ここまでやらないと土俵にも上がれません。

イタリア 2017 6 24-1


イタリア 2017 6 24-3












アンズのニコニココット。
う~んと言った感じです。
果肉が核から離れるのが気になります。
酸味も感じます。

ニコニココット 2017 6 26-1

ニコニココット 2017 6 26-2











リンゴのファーストレディ。
リンゴのお客様登場って感じ。
今年が初開花、初生り。
10〜20個ほど。
9月上旬に400gほどの真っ赤な実が生ってくれるかな。
青い実だったら同時期のスイートメロディに仲間だと思われるよ。
試し採り程度ですが注目してみましょう。

ファーストレディ 2017 6 26-1











ぶどうの袋掛けが終わって一年で一番忙しい時期を乗り越えた感じ。
これで多少落ち着けます。
今年の果樹の収穫は大体分かりますので、これからは来年に向けての作業も始めましょう。







にほんブログ村
【 2017/06/27 (Tue) 】 ぶどう | TB(0) | CM(14)

ぶどう。ジベレリン処理を開始。

ぶどうの第2回目の整枝。
合わせてジベレリン処理を開始。

先週までまだまだ。
昨日見たら、急げ~。
ここ一週間の差は大きい。
この時期、ぶどうは良く見ないといけません。

満開の花穂を触ると細かい花粉がパ~と広がりました。
ぶどうもちゃんと花粉があるんですね。






相変わらず痩せた蜂。
本当に軽そう。
動きは軽快。


花穂。
既に第1回目の整枝で花穂の半分くらいを摘蕾してあります。
軸の矯正と形を整えて行きます。

蕾の先端の帽子が取れれば花粉が出現。
満開まで数日。

ぶどう 2017 5 28-3

ぶどう 2017 5 28-2









カーポートの安芸クイーン。
1本でカーポートの東と南に枝を伸ばしてあります。
枝の長さは全長30mくらい。
行って戻って、今度は向きを変えて。
50房くらいでしょうか。
完全に雨除けになっていないので防除は必須。

ぶどう 2017 5 28-1

ぶどう 2017 5 29-3









家のリビングの南面。
一応雨除けしてあります。
ぶどうは『イタリア』。
2年前が初生りで30房。
昨年が100房。
昨年生らせ過ぎでお疲れ気味。

今年芽飛びが目立ちました。
夏の日除けも兼ねています。
ヨシズより全然明るくて涼しい感じ。

今年枝が埋まらず歯抜け状態。
よそから枝を誘引して穴埋めしてあります。
今年は約70房。

ぶどうのメインは畑ですが庭のぶどうも身近で楽しめそうです。
リビングの窓を開ければぶどうに朝の挨拶。

ぶどう 2017 5 29-

ぶどう 2017 5 29-2









ビワも色着き始めました。
チョッキリゾウムシ。
現行犯。
チョッキンの刑。

ビワ 2017 5 28










アンズも色着き始めました。

アンズ 巨紅 2017 5 29-1








暫くはぶどうに注意ですね。
ジベ処理と摘粒はタイミングがありますので。
摘粒が面倒なので、数を例年より絞ろうと思います。









にほんブログ村














【 2017/05/29 (Mon) 】 ぶどう | TB(0) | CM(8)

ぶどう、リンゴ。今年の最終収穫。

生姜の葉っぱが枯れていました。
もう掘らないと。

タワシでこすりながら土を落としていました。
面倒っちい。

そうだ。
高圧洗浄。
おぉ~。
土がぶっ飛んで行きます。
楽チン。
但し生姜を手で持っていないと生姜が吹っ飛んで行きます。
手で持っていると水しぶきが。
リスク満載の洗浄です。いや戦場です。

綺麗!

続きまして。
薄皮剥ぎから始めて一時間。
甘酢漬け。

霧島大生姜 2016 12 18-1

霧島大生姜 2016 12 18-2

甘酢漬け 2016 12 18











畑をヨボヨボ歩いてましたら、フェイジョアが落ちていました。
少しだけ持ち帰ります。
既に落下して一ケ月経っています。
食べられるのでしょうか。
試してみます。

フェイジョアも10年以上経っていますが、ほとんど食べません。
時々家の芳香剤代わりに使う程度。
品種はウィキトウ・アポロ・クーリッジ・ジャンマンモス。

恐る恐る食べてみます。
腐ってはいない。
腐る直前。
味は洋梨に似ています。
南国の味。

フェイジョア 2016 12 18-1

フェイジョア 2016 12 18-2

フェイジョア 2016 12 18-3











ぶどう。
一応、干しぶどうも栽培しています。
もうそろそろかな。

イタリア 2016 12 18-2









今年のイタリアの最終収穫。
イタリアは貢献度大。
良く頑張ってくれました。
来年はお休みして頂いて結構です。

イタリア 2016 12 18-1












ジャスミン。
先日まで実が付いてました。
あれっ。
無い。
鳥の野郎。
この時期、頻繁に鳥がやって来ます。
恐らく食糧が減っているのだと思います。

ジャスミン 2016 12 18










庭リンゴ。
県道沿いの花壇に植えてある『あいかの香り』。
1個落下していました。
クッションの上。
あと10cm隣に落下していたら車に轢かれていました。
グシャ。

最後1個だけぶら下がっています。
真っ赤。
よしよし。
数年後には真っ赤なリンゴが道行く人の目に留まるでしょう。
これがリンゴの今年の最終果となりました。
冬の間に枝を真横に矯正します。

あいかの香り 2016 12 18-1

あいかの香り 2016 12 18-2

あいかの香り 2016 12 18-3

あいかの香り 2016 12 18-5

あいかの香り 2016 12 18-6










庭のみかん。
CC檸檬。
レモンではなくみかん。
味がCC檸檬そっくり。
笑える味です。

黄金柑 2016 12 18-1

黄金柑 2016 12 18-2










にほんブログ村

【 2016/12/20 (Tue) 】 ぶどう | TB(0) | CM(14)

日除け棚のぶどう。

7月3日種蒔きのトウモロコシ。
今年2回目のトライ。
1回目は既に収穫して糖度17。
まさかの低糖度にガッカリ。
このままでは終われない。
収穫まであと一週間くらいですが、来週は天候が悪そう。
リベンジは無理かもです。

トウモロコシ 2016 8 26









7月24日に種蒔きのキューリ。
今年3回目のトライ。
8粒直蒔きして脱落無くこれました。
途中種の近くに糞されましたが多分栄養になってますね。
キューリも種蒔きから一ケ月掛かります。

キューリ 2016 8 26







リビング前のぶどう棚。
昨年初生りで30房。
今年は100房。
生らせ過ぎですね。
どの程度のぶどうになるのか興味津々。

イタリア 2016 8 26-1








同じ棚。
100房に遅れて生ったぶどう。
摘粒もせず放任。
これを見ますと一房に付いている実は選び抜かれた30粒ですね。
ぶどうも手間が掛かっています。

イタリア 2016 8 26-2








夏の日除けが目的のぶどう棚。
おまけがおいしければ言うことありませんが。

野菜は1~2ケ月の短期決戦。
果物は最低5年。
どちらも失敗無く行きたいですね。








にほんブログ村











【 2016/08/26 (Fri) 】 ぶどう | TB(0) | CM(22)

お爺ちゃんキウイを収穫。

おいちぃケーキを食べながらながら反省会でも。
プレゼントで頂きました。
甘過ぎずおいちぃ。
紅茶はレモンてぃで。

ケーキ 2015 12 20

レモン 2015 12 20





今年が初生りのイタリア。
棚はリビング南の場所に2年前に設置しました。
夏は日除け効果で涼しく、ぶどうも30房収穫。
8月下旬の写真。

イタリア 2015 8 18-3

イタリア 2015 8 23




剪定後の今の様子。
今年は枝張りが不十分。日除けは70%程度。
来年は完璧な日除けが出来ると思います。
ぶどうももう少し大房に。

ぶどうの木は11年生。
3m先から引っ張って来ました。
ようやく再生出来ました。
木もようやく日の目を見て喜んでいるでしょう。

リビング ぶどう棚 2015 12 20-1

リビング ぶどう棚 2015 12 20-2

リビング ぶどう棚 2015 12 20-3




庭のぶどう棚。
葉っぱに隠れていたぶどうを収穫。
ここのぶどう棚はほとんど収穫出来ませんでした。
イタリアなどが植えてありますがスチュベンに負けたショックが後々尾を引いた感じです。
ここのイタリアは縮栽しジャスミンの枝を拡張しました。

ぶどう 2015 12 13


庭 ぶどう棚 2015 12 20-1






畑のぶどう棚1号です。
今年評価が高かったスチューベンは来年も頑張りましょう。
シャインマスカットは今年同様のスペース。
黄玉をやや縮栽。
今年期待外れの赤嶺は少しだけ。あと一年様子を見ます。
他に高妻と伊豆錦は味見程度に生らせます。

畑 ぶどう棚 2015 12 20-1






畑のぶどう棚2号。
今年裂果が目立ったクイーンニーナを縮栽。
栽培し易いロザリオビアンコを拡張。
翠峰が成長。来年の初生りに期待が掛かります。

畑 ぶどう棚 2015 12 20-2






畑のぶどう棚NO3はまだ全然。
来年もここでネットメロンを栽培しましょう。








さてここからが反省会。
お爺ちゃんキウイを収穫しました。
シワシワ。
紅芯の紅妃・紅美人です。

もう少し早く収穫したら?
その通り!!
今年は何故かキウイを食べる気がしなくて。
ジャンボイエローを10個くらい食べただけ。
剪定を始めると気が引けて少し収穫しました。

キウイ 2015 12 20-1

キウイ 2015 12 20-2





下を見るとキウイの残骸。
きっと500個は落しました。
キウイ殿、申し訳無い。
来年は心を入れ替えて。

キウイ 2015 12 20-3








リンゴも早く収穫しないとお爺ちゃんリンゴになるよ。
パインアップル。

パインアップル 2015 12 20-1





パインアップルより青林の方が先でしょ。
と言うことで青林を収穫。
青林は1.5ケ月遅れの収穫となりました。
これで青林全収穫。
良かった良かった。

青林 2015 12 20-1






良く見れば。
・・
眉間に深い縦シワ。
縦シワ、横シワ、見慣れた光景ではありますが。
シワ問題については熱く語り合いましょう。
皆さん、集合!
オリーブオイル効きますかね。
まだまだ修正が効くはず。

青林 2015 12 20-2








にほんブログ村
【 2015/12/20 (Sun) 】 ぶどう | TB(0) | CM(16)

ぶどうの剪定

未明にYou Tubeでピアノ伴奏を聴いていました。
長富彩さんの『ラ・カンパネラ』、近藤由貴さんの『トルコ行進曲』。
指使い、凄いです。
超感動。
朝からテンションが高くなります。




カーポートに張ったカラス避けのネットをそろそろ外さないと。
もともとカーポート東の狭い花壇に1本だけ『安芸クイーン』が植えてあり、東と南面に延長させてあります。
東は夏の日除けを兼ねた緑のカーテンとして。
ネットに絡まった蔓。
しっかり掴まってやる~。

3房をカラスに残してあげました。
最後くらいは。

2015 10 31-1

2015 10 31-6

2015 201 31-3

2015 10 31-2

2015 10 31-5

安芸クイーン 2015 10 31-1



リビング南の日除けを兼ねたイタリアは既に収穫を終えています。
イタリアは庭にもう一本植えてあります。
こちらは結局収穫出来ずに腐らせてしまいました。
今年の大いなる反省点です。
今年のぶどう収穫率は70%くらい。
イタリアが収穫出来なかったのは理由があります。
世間の味の評価で小粒の『スチューベン』に負けたのが大きかった。
イタリアに結構自信があっただけにショックと言えばショック。
自分だけの意見だけでは駄目ですね。
来年から『高妻』・『伊豆錦』と言った大粒品種を収穫して行きますがスチューベンに勝てるのでしょうか。
自信がありません。
大粒スチューベンが出来れば良いのですが。

2015 10 31-4






剪定を本格的に始めました。
もう始めないと間に合いそうにありません。



庭のリンゴに脚立がゴツン。
何か落ちた。
『つがる』に高接ぎしてある『あいかの香り』。
袋を外してちょっと感動。
赤い。
食べても実においしい。
小さな実でしたが私にはこれで十分。
この赤さ。
やるじゃん。
(涼香の季節はいらなかったかな)

あいかの香り 2015 11 1-3

あいかの香り 2015 10 31-1

あいかの香り 2015 10 31-2






家の玄関に一番近い花壇に植えてある『あいかの香り』。
主幹の頂上には『ポルカ』を高接ぎしてあります。
遊び心も忘れず。
来年あいかの香りは花が咲きそうにありませんがポルカは咲きそうです。

あいかの香り 2015 11 1-6

ポルカ 2015 11 1-2

ポルカ 2015 11 1-3






道路沿いの花壇に植えてある『あいかの香り』。
これは花芽?
多分違いますね。
あと一年待ちましょう。

あいかの香り 2015 11 1-4

あいかの香り 2015 11 1-5






道行く人が指を差すのも遠くないかもしれません。
あれリンゴじゃないの。
赤ければリンゴと分かります。
花壇にリンゴ。
いいじゃないですか。
花壇にいくら綺麗な花があっても予測の範疇。
花で感動は与えられません。
花壇にリンゴは感動を与えられます。
当地でリンゴは予測不能。(笑)







最近の果物です。
リンゴが増えて来たでしょうか。
キウイと柿の収穫はなるべく控えています。
食べられる分だけ。
ただ果物も待っていてくれません。
そろそろだと思いますが。
この時期に一番食べたい果物。
私は柿でしょうか。
☆柿。
今年初生りした大蜂屋2個の収穫が楽しみ。

果物 2015 11 2




久々の雨です。
こんな日はジャム作りでも。
若干の5kg。
早くしなと次にリンゴジャムが出番を待っています。
もうすぐグラニースミスが収穫出来そうです。

ブルーベリージャム 2015 11 2-1






にほんブログ村
【 2015/11/01 (Sun) 】 ぶどう | TB(0) | CM(26)

高妻初生り事件。

事件です。
ホワイトモグタンさん事件です。高妻が生っていました。
事件にしては小っちゃい事件です。(笑)

昨日、初めて気付きました。
高妻が2房。
ずっとスチューベンだと思っいました。
あれっ。スチューベンにしてはちょっとデカイ。
枝を辿れば高妻のタグ。一応消えかけ。何とか読めました。
高妻なんか植えたかな。
全くの管理不足。
何を植えたかくらい把握しておきなさい!
アキマセンデス。
スミマセン。


へぇ~って感じです。
ヒョロ苗でこんなに大粒になるんだ。
この苗は単にバックアップ用に植えたんだと思います。
10年以上実が生らない木が庭にあって、そろそろ木が危ない。(日照不足)
ヒョロ苗でも陽が当たればちゃんと実が付くんだ。
高妻10年目にしての快挙。(笑)
ホワイトモグタンさんお勧め品種ですが、これは確かにお勧めですね。
全く管理しなくても、このように生ってくれます。
たまたま?
私が思うに、高妻は鉢でも大粒ぶどうが簡単に出来ると思います。
ちょっとやってみようかな。



高妻 2015 9 21-3

高妻 2015 9 21-2

高妻 2015 9 21-1

高妻 2015 9 21-4







リンゴの『選抜やたか』が初生りしました。
おいしいリンゴです。
酸味も感じられます。
完熟ふじに負けていませんね。
良かったのはこの時期に生ってくれたことです。
和梨の豊水などが終わり、ぶどう一色になりかけた所。
リンゴで味に変化が生まれます。
涼しくなってリンゴもおいしく頂けます。

選抜やたか 2015 9 21








7月下旬に種蒔きしたトウモロシ。
ダメもとで今年二度目のトライ。

ちょっと厳しいかな。
スラっとし過ぎ。
もうちょっと太くないと。
1/2サイズくらいのが出来そうです。
雄花をカット。
既にアワノメイガの侵入を許してしまいました。

サニーフェスタ88 2015 9 21-1

サニーフェスタ88 2015 9 21-2




おまけのヤングコーン。


サニーフェスタ88 2015 9 21-4


見た感じ種蒔きが2週間遅れた感じですね。
一応カラス避けのネットを張っておきましょう。




にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村




【 2015/09/22 (Tue) 】 ぶどう | TB(0) | CM(10)