日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303103

実生桃。獣害に伏す。

土曜日(9/10)のこと。
桃の『きららのきわみ』を収穫しようと向かいました。

中国梨が獣害に遭っていました。
これはヤーリーかツーリーのどちらか。
中国梨の獣害はこれまで経験がありません。
珍しいことがあるもんだ。
その時はその程度。

中国梨 2016 9 10-1








黄ららのきわみに着きますと、一つも生っていません。
やられた。








さらに、嘘でしょ。
実生桃も完全にやられました。

実生桃 獣害 2016 9 10










これで今年の実生桃の戦いは終わりました。
相手を褒めるのも何ですが、今回は完全犯罪。
通常は木の下で食べるのが一般的。
今回は木の下に一つも落ちていません。
全て持ち帰っています。
なので一見何ら変わらない。
良くみれば破れたBIKOOだけが残っている状態。
見過ごしてしまいましたね。

さらに見れば梨の『長十郎』の2/3をやられました。
獣害の規模は過去最大です。

ここ一週間の出来事。
恐らく一匹じゃないですね。
短期間にこれだけの量は食べられません。
ご家族かも。

袋内落下の実生桃が一つ残されていました。
まだカチカチ。
収穫まで一ケ月ありますからこんなもんでしょう。
この状態で良く食べるもんだ。
取り敢えずやられた日を記しておきます。
『9月10日』
来年は8月末にはガードを固めましょう。
800g・糖度30。
先は長い。

実生桃 2016 9 12









休みに畑を一通り見て回りました。
楽しみなものを見付けました。
ムカゴ。

ムカゴ 2016 9 11








今年から自然薯を始めました。
ムカゴは食べずに増やす方向に使います。

自然薯も秋の味覚。
楽しみに待ちましょう。









にほんブログ村





スポンサーサイト
【 2016/09/12 (Mon) 】 | TB(0) | CM(20)

桃。 糖度と光の関係。

桃を収穫しました。
全く違う桃に見えて、同じ品種です。
『ゆうぞら』。
植え付けて4年目。
初収穫になります。

違いは光を当てるか否か。
片方は収穫まで遮光袋を被せてありました。
片方は最初から最後まで袋無しです。
触って見ると少し柔らかい。樹上完熟の状態。

赤い方が糖度が高いと予想します。

ゆうぞら 2016 8 17-1







光を直接当てれば甘くなる。
私の考えはこの時点で崩れました。
検証結果です。

ゆうぞら 2016 8 17-2

ゆうぞら 2016 8 17-3




ゆうぞら 2016 8 17-4

ゆうぞら 2016 8 17-5






『白麗』を遮光袋からBIKOOに切り換えていました。
1個袋内落下。
見れば少し傷んでいます。
糖度測定。
2週間ほど前の遮光袋を掛けていた時とほとんど変化がありません。
やはり光の影響は無いのでしょうか。

白麗 2016-8 17-2








これも途中でBIKOOに切り換えた『桃紅』。
日焼けした部分から傷んでいました。
夏の直接光は問題。
桃の収穫時期に合わせて袋を使い分けた方が良いようです。
スイカの日焼け。
桃の日焼け。
夏の日焼けは厳しい。

桃紅 2016 8 17









桃はこれから晩生種に移ります。
さくら、桃水、黄金桃、黄ららのきわみ、西王母、実生と続く桃の道。
ここからから粘りませんと。



桃水。

桃水 2016 8 17







黄ららのきわみ。

黄ららのきわみ 2016 8 17







実生。
実生はまだまだ青い。
大きいものは400g程度まで肥大。

実生桃 2016 8 17







今回一つ分かりました。
ゆうぞらは白麗より滑らか。
果肉が緻密です。
白麗を超える要素は多分にありますね。
ともに真っ白で糖度20が出来ればでしょうか。
糖度UPは年季も必要です。
あと5年は掛かるかもしれません。
ここはじっくり待つしかありません。







あなた、何か言いたそうね。

リンゴの『スイートメロディ』も忘れないで・・・・・。

スイートメロディ 2016 8 17












にほんブログ村
【 2016/08/18 (Thu) 】 | TB(0) | CM(18)

桃の『白麗』

バラも壁にもたれ掛かり、うなだれています。
この時期は色褪せて綺麗ではありません。

バラ 2016 8 5-1

バラ 2016 8 5-2









落下していたスイートメロディ。
本収穫で糖度16~17まで行けばおいしいリンゴですね。
注目しましょう。

スイートメロディ 2016 8 9










落下桃の『白麗』。
色白。
白過ぎ。
しろクマくんの遮光袋が掛かっていました。

真っ白の方が良いかもしれません。
仕上げにBIKOOに入れ変えました。
色より味が優先。

この桃は期待出来ます。
果肉がなめらか。
糖度20以上まで行ければばプレミアレベルだと思います。
この時期に収穫の『なつおとめ』や『なつっこ』に比べれば全然上です。
この桃は今後、頑張りましょう。

白麗 2016 8 9-1

白麗 2016 8 9-2








酷暑。
人にとっては宜しくありません。
一方、果樹にとっては好条件。
記録を出したいですね。








にほんブログ村

【 2016/08/09 (Tue) 】 | TB(0) | CM(18)

BIKOOを試す。

試しにBIKOOを1,000枚買ってみました。
これでどうなるかですね。



シャインマスカットに付けてみます。
紙袋を外してみると、あらまっ。
病気。
やっぱり紙袋の中は分かりませんね。

シャインマスカット 2016 7 15

シャインマスカット 2016 7 16










実生桃。
収穫が近いです。
収穫まであと数日。

昨日、しろクマ君袋を外してみました。
一日でうっすらピンク色に。
数日で食べられる桃まで行くのでしょうか。
徐袋して最後の最後に食べられることは良くあります。
出来れば最後まで袋があった方が無難ですね。

実生桃 2016 7 15-1

実生桃 2016 7 15-2









実にも光は必要のように思います。





にほんブログ村
【 2016/07/15 (Fri) 】 | TB(0) | CM(14)

梅雨期の難しさ。桃の『はなよめ』

マジか。
糖度計が壊れた?
桃の糖度4.6。
トマト以下。
因みに過去最低は『春雷』の糖度7。


桃の『はなよめ』。」
この時期収穫の桃です。
今年もしっかり獣にやられています。
ネットの二重化もあっさりクリアされました。
これは想定内。
驚きもありません。
取り敢えずネット三重化にしておきました。
獣は一体何でしょう。
ハクビシン?
アライグマ?

はなよめ 2016 6 29-6

はなよめ 2016 6 29-3

はなよめ 2016 6 29-5







良く見れば、袋内落下がかなりあります。
何とか食べられそうなものを持ち帰り、糖度を計ったらあらま。
糖度4.6。
他の桃も糖度を計れば8程度。
無理。
即決。
全て捨てました。
桃の糖度は最低10くらいありませんと。
ここの2度の差はあなり大きいです。
4.6か。
はぁ~。
今回貴重な体験をさせて頂きました。
私の場合、桃を食べれば大体糖度が分かります。
これで桃の舌糖度は4~27まで当てられますね。
はなよめのネット三重化は無駄な作業でしたが、獣がこれをクリア出来るかどうかは興味があります。
これから他の桃やスモモの収穫を控えております。

はなよめ 2016 6 29-2

はなよめ 2016 6 29-1









今年、野沢白桃を植え付けました。
7月上旬の収穫になります。
これも難しいかも。

野沢白桃 2016 6 29





現在生っている野沢白桃。

野沢白桃 2016 6 29-2






美月の袋が外れていました。
ほんのり紅色。

美月。

美月 2016 6 29








毎朝、カミキリ虫のチェックは欠かさず。
なので今年はイチジクが良く見えています。

ロードスの夏果を収穫。
本来の味ではありませんが、健闘してますね。
昨日はかなりの雨。
そして今朝の収穫です。

ロードス 2016 6 29-1

ロードス 2016 6 30-1

ロードス 2016 6 30-2







この時期の路地栽培はどれも駄目。
恐らくハウスでも日照不足で糖度は上がらないかもしれません。
獣対策は何とかなるにしても味を変えるのは難しいですね。
梅雨期は無理せず。
これが正解かもしれません。
スモモの糖度は16前後の攻防になると思います。







にほんブログ村



【 2016/06/30 (Thu) 】 | TB(0) | CM(19)

桃の袋掛け。新袋『しろクマ』

数日前からリンゴ・梨・桃の袋掛けを始めました。
桃は今年伸びた上枝と下枝の余分な新梢と収穫までに実を圧迫しそうな枝を落としならが行います。




今年、見付けました。
桃の大袋。
袋の名前が『しろクマ』。
全然しろクマに見えませんが。
この袋、気に入りました。
凄く作業がし易いです。
中央がV字にカット。
これがいい。
付け根までしっかりと食い込ませることが出来ます。
ここまで食い込ませれば大丈夫?
もうちょっと?(笑)
それにこの袋、なかなか愛嬌があります。

実生桃 2016 5 31-1

実生桃 2016 5 31-2

シロクマ紙袋 2016 5 30









雨避けやったし、軸の部分も大丈夫。
あとは夜蛾対策です。
夜蛾対策まで出来れば格段に収穫率を上げられると思います。
極晩生の実生桃。
今年は枝数を減らして風通しと明るさを追究しました。
昨年スタート時の実の数は186個(?)。最後収穫出来たのは10個くらい。
今年のスタートは150個程度。
最後いくつ残るかですね。
昨年の平均果重は520~530g。平均糖度は22程度。
2年前より落ちました。
今年は挽回したいですね。



実生桃。

実生桃 2016 5 31-4








今朝の収穫物。

桃のひめこなつも本収穫が近いです。
今度の休みあたりでしょうか。

ひめこなつ 2016 5 31-2

ひめこなつ 2016 5 31-1











桜桃もそろそろでしょうか。
スズメに突かれてネットを追加しました。
今は何とか。
但し今度は灰星病が。
桜桃はやはり難しいです。
出来れば糖度25くらいで揃えたいです。
現在の糖度はおよそ22くらい。
今年の最高糖度の目標は30越え。
天気次第でしょうか。

紅福 2016 6 2

糖度 2016 6 2








酸果桜桃の『モンモレンシー』も着色を始めました。
今年は初めて本格的にサクランボジャムが作れそうです。

モンモレンシー 2016 6 2-1








この時期、結構忙しいです。(笑)






にほんブログ村















【 2016/06/02 (Thu) 】 | TB(0) | CM(18)

今年も実生桃を頑張る。

桃の新品種は現在2本。
1本は極晩生種。昨年収穫したものは最高糖度25。重量500g。
1本は早生種で7月中旬の収穫で糖度20。重量300g。

今年から3本目の新種に取り組みます。
狙いは6月上旬の収穫。重量200g以上。
出きれば『ひめこなつ』と同時期に収穫出来れば最高なんですが。





『ひめこなつ』が満開となりました。

ひめこなつ 2016 4 2-1

ひめこなつ 2016 4 2-2





極晩生種の実生桃。

実生桃1 2016 4 2-1








早生種の実生桃。

実生桃2 2016 4 4-1







今年から取り組む3本目の実生桃。
背丈は30cm。
今年中に1.5mまで成長させて来年の初収穫を目指します。

実生桃 2016 4 2-1






今年は『黄ららのきわみ』に雨避けを施しました。まともな実の収穫をしたいですね。

黄ららのきわみ 2016 4 2-1





極晩生の実生桃を鉢栽培の実生桃に接いでおきました。
リンビングの前に鉢を半埋めしてあります。
この小さな木でどこまでの実が生るのでしょうね。
畑の木と比較してみましょう。

今年も注目は実生桃。
実生桃は何かと楽しみがあります。
但し狙い通り行かないのが実生桃ですね。

実生桃 2016 4 3-1

実生桃 2016 4 3-2








にほんブログ村
【 2016/04/04 (Mon) 】 | TB(0) | CM(17)

実生桃の収穫を終える。

2015年、実生桃の収穫を終えました。
10月12日。
年始から実生桃を頑張ろうと決めてましたので収穫を終えてやれやれ。

結局、糖度・大きさとも昨年を越えることが出来ませんでした。
2010年にこの実生桃を植え付けて初めての後退。
果てしなく上に行くことは無いって言うことですね。
やるだけのことをしましたので悔いはありません。

今年袋掛けしたのは283個。
ちょっと多かったかな。
最後収穫したのが10個。
最後の最後の夜に何者かに1個食べられました。
やられたと思いましたよ。
今年一番ベストの桃を。
何故これを持って行くんだって思いましたけど。

最後の10個。
どれもキズキズ。
まともなものはありません。
これが極晩生の桃の難しさでしょうか。

実生桃 2015 10 12-1

実生桃 2015 10 12-2

実生桃 2015 10-12-5







収穫を終えると何だか寂しい感じですね。
収穫を終えれば一つも付いていない。
当たり前ですが。

今年の最高は大きさで627g。(10月12日。)
糖度で23.9。(10月11日。)

年始に今年の収穫を10月3日と決めていました。
この日までは頑張ろうと。
収穫を一週間延ばそうと決めたのが9月29日頃。
その時点ではまだ30個くらい付いていました。
これだけあればギリギリまで粘れば何とかなるか。
そんな思いでした。
結果は駄目でしたがこれが現実。

実生桃 2015 10 12-3

実生桃 2015 10 11-1

実生桃 2015 10 11-2





来年の課題は見えています。
害虫と獣対策。
どちらも強敵です。
モモシンクイガ。
まずはこれを何とかせねば。
一応イメージは出来ています。
あとは実行に移すのみ。


2週間前にペットボトルに水を入れ中にドライイーストを入れてみました。
ペットボトルの上を切って逆さに。
シィウジョウバエはたくさん入りましたが蛾は一匹も見当たりません。
この時期はいない?
来年はさらにいろいろ試してみましょう。

実生桃 2015 10-12-7

実生桃 2015 10 12-8




楽しませてくれたこの実生桃に感謝。
今年は記憶を残してくれましたが来年は今年以上の桃を。
期待しています。

1個くらい残っていない?(笑)
一応2回くらい確認しました。

実生桃 2015 10-12-6




今年はこれで最後の桃。
キズキズでも食べて貰える良く知ったご近所の方にお配りしました。
こんな桃で良かったらどうぞ。
来年は綺麗な桃を作るかね~。


目標糖度30。
大きさは800gから700gに下方修正。(笑)
大きくて甘い桃。
また来年頑張りましょう。






にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
【 2015/10/13 (Tue) 】 | TB(0) | CM(16)

極晩生、実生桃に期待。

極晩生の実生桃であります。
順調に行けばあと2週間。
これから肥大と糖度が上がる頃。
果たして粘れるでしょうか。
昨年の最高糖度は26.8。それの大きさが540g。 (2014/9/30収穫)
糖度26.8でも半端で無い甘さ。
昨年はこの甘さに感動。
出来ればそれを上回りたい。



現状の様子。
肝心な葉っぱは雨避け効果もあってまだ元気です。

実生桃 2015 9 21-4

実生

実生桃 2015 9 21-5






3日前に落下したものを追熟させていました。
落下した時点ではカチカチの青桃。
追熟で少し柔らかくなりました。
追熟させても真っ青。
ただ青臭ささはありません。
1個の中でも糖度に差あるようです。
まだ熟していると言った感じではないですね。

実生桃 2015 9 21-1

実生桃 2015 9 21-2

実生桃 2015 9 21-3

実生桃 2015 9 21-4




今年の秋の長雨の影響で桃も日照不足。
これがどれくらい影響するかでしょうか。
2010年に生えて来た若木です。
きっと一年の成長は大きいはず。
その当たりをカバー出来れば良いのですが。

期待の実生桃。
奇跡の桃まで成長してくれるかどうか。
じっくり見守りましょう。



にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

【 2015/09/21 (Mon) 】 | TB(0) | CM(8)

晩生桃の難しさ。

昨年の夏は兎に角雨が多かった。
今年は途中まで良かったのですが結局今年も同様でしょうか。

ここに来て各所で晩生桃の脱落の情報を聞きます。
家もご多聞に漏れず。
決して例外ではありません。

庭植えの西王母が全て落下しました。
最後に落ちた1個。
味的にどこまで行けたのでしょう。
醜いですが半分食べてみます。

西王母 2015 9 5-1

西王母 2015 9 5-3

西王母 2015 9 5-2

西王母 2015 9 5-4

西王母の実力からすれば糖度20程度行って欲しい所ですが、この雨では無理かもしれません。


昔、庭の西王母で糖度が25を超えたことが一度有ります。
酷暑の年でした。
暑くて雨が降らないとここまで来るんだ。
貴重な経験をしました。
西王母はおいしい桃。 でも雨で落下する難しい桃。


何とか安定収穫が出来ないものか。
3年前に西王母の雨避けを試験的に実施。
3m×3mに1本だけ天井をビニールで覆ってみました。
昨年ここで初めて完熟果を収穫。

今年もここまで何とか踏ん張っています。

西王母 2015 9 5-5

西王母 2015 9 6-6

来週一度収穫してみましょう。
簡易雨避けですが収穫に至れば雨避け効果があると言うことでしょうか。







『黄ららのきわみ』を収穫しました。
今年はこれで終了。

白桃に比べ違いは滑らかさ。
これがこの桃の特徴なのでしょう。
良い香りを期待しましたが、そこまでの香りはありません。
暫く木の成長を待ちましょう。
味・香り、成長とともに。

黄ららのきわみ 2015 9 5-1

黄ららのきわみ 2015 9 5-2






『スウィート光貴』。
この桃は期待していましたが、今年で栽培を終了します。
肉質が良くありません。
黄桃特有の滑らかさが足りません。
悪い言い方をすればガジガジの感触。
不味い柿のような舌触りです。
栽培断念は残念ですが仕方がありません。

スイート光貴 2015 9 5-1

スイート光貴 2015 9 5-2







桃は半端な管理では無理ですね。
特に晩生桃は厳しいです。
完熟まで行けない要因を一つづつ潰して行く必要があります。
取り敢えず雨避け。
手間ですが晩生桃はこれをすれば何とかなりそうな気もします。
糖度20以上の桃は甘くておいしいです。
これを安定的に狙いたいですね。



明日(9/7)仙台に出張します。
戻りは翌日。


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

【 2015/09/06 (Sun) 】 | TB(0) | CM(14)