FC2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スモモの帝王。イチゴ味。

先日の大雨でスイカ畑が相当湿気っていました。
原因は雑草。
管理不足。
このままでは8月末まで持たないかも。
ここで草取りを実施。
風通しが良くなったような。
湿気ると肝心な蔓が腐って来ますので。


草取り前。

スイカ畑 2018 7 8-1








草取り後。

スイカ畑 2018 7 9-2

スイカ畑 2018 7 9-1

スイカ畑 2018 7 9-3








現在の株元。
今年のスイカは50~60個ですね。
あと1~2週間くらいすると本格収穫が始まります。
ちょっとタヌキを意識し始める頃。
今年食べたら本当に許さないからね。
今年は天候次第ですが糖度14以上が期待出来ます。


スイカ畑 2018 7 9-4












プリンスメロン2回目。
プリンスメロンは確実に行きたいところ。

プリンスメロン 2018 7 9-1









昨年、スモモを1個も食べていませんが今年は何とか。

スモモの帝王。
タネキ除けのネットに防獣センサー。それにいい加減な防鳥ネット。
それほど時間は掛かっていません。
ここまでやらないと昨年同様収穫0。

食べてみるとイチゴ味。
普通のイチゴ味じゃありません。
かき氷のイチゴ味。
帝王を食べて何か懐かしい味がしました。
最近、かき氷を食べていないので。
表皮の見た目はすごく不味そう。
中は真っ赤。

帝王 2018 7 9-1

帝王 2018 7 9-2

帝王 2018 7 9-3

帝王 2018 7 9-4

帝王 2018 7 8-1

帝王 2018 7 8-2










リンゴのルビースイートが落下していました。
鳥?
切ってみましたが真っ青。

今年は3個からスタート。
これで2個が脱落。
残りの1個は枝の天辺。
鳥にやられそう。
3個では確率的に厳しいです。
鉢栽培の方のお気持ちが良く分かります。
1個が貴重。
ウジャウジャ生るまで辛抱。

ルビースイート 2018 7 9-1

ルビースイート 2018 7 9-2








にほんブログ村






スポンサーサイト
【 2018/07/10 (Tue) 】 スモモ | TB(0) | CM(22)

スモモの実割れ

天気予報を見ると明日から晴れマーク。
東海地方もそろそろ梅雨明けでしょうか。

昨晩も土砂降り。
雷ゴロゴロ。
夕立のような雨。
今も雨雲レーダーを見ますと、全国各地で強い雨が降っているようです。
数年に一度の雨が毎年降っているように感じます。
災害に遭われた地域の皆様、お見舞い申し上げます。


今回の雨でスモモも口を開いています。
開いた口は閉じて欲しいものですが。
これだけひどい実割れは経験がありません。
スモモも実割れするんだ。
私も初めての経験。
ただまだ助かっています。
今年スモモは進行が遅い。
若木が多いからでしょうか。
最近良く枯れて、出直しばかり。
歳を取ると早く実を着けたがります。
これが本来の進行なのでしょうが。




トパーズ。
原型を留めていません。

トパーズ 2018 7 7-1








ビッグオザーク。
名前はビッグでも家のは控え目の大きさ。
実割れしたもの。
これから解体作業を始めます。
メスを入れます。
これだけ出されたら綺麗なスモモ。
お化粧直しすれば大丈夫。
写真を撮ったつもりが忘れていました。
糖度は好記録。
9秒9。
水分を含むと如何に水っぽくなるかですね。

ビッグオザーク 2018 7 7-1

ビッグオザーク 2018 7 7-2

ビッグオザーク 2018 7 7-3

ビッグオザーク 2018 7 7-4










ハニーハート。
スモモバリエーションの中の一つ。
あまり特徴がありません。
これも7月下旬。

ハニーハート  2018 7 7-1









サマービュート。
着色先行型。
焦って収穫してはいけません。
じっくり。
収穫は7月下旬。
まだ実が固いので実割れは軽微。
見た目は綺麗なスモモです。

サマービュート 2018 7 7-3

サマービュート 2018 7 7-4









一枚葉っぱが実にペタンコ。
桃やスモモで偶にあります。
摘果する際に気を付けていますが。
実に接する葉は取らないといけません。

サマービュート 2018 7 7-1

サマービュート 2018 7 7-2










リンゴのファーストレディ。
昨年が初開花で1~2個生りました。
今年は30個くらいから始めて10個ほど脱落。
途中カラスにも突かれています。
収穫は9月に入ってから。

落下したファーストレディ。
レディは最後までしがみ着いていて下さい。

ファーストレディ 2018 7 7-1

ファーストレディ 2018 7 7-2






今年のリンゴの注目はルビースイート。
この品種は味が良ければ期待出来る品種。
現在350gくらいでしょうか。
収穫時は500g前後と予想。

ルビースイート 2018 7 7-1









自然薯は順調に来ています。
ムカゴの赤ちゃんも順調。
来年の種イモ用。
こうやって年々少しづつ増えて行きます。

自然薯 2018 7 7-1

自然薯 2018 7 7-2








この野菜。
かなり主張して来ています。
葉っぱが綺麗。
これ何だか分かりますか。
私も今年初めて栽培してみました。
買って食べるのと自分で作ったものだと風味が違うようです。
今年はまだ食べられません。
食べられるのは来年。
これを自家栽培されていれば相当な食通だと思います。

コンニャクイモ 2018 7 7-1

コンニャクイモ 2018 7 7-2









にほんブログ村
【 2018/07/08 (Sun) 】 スモモ | TB(0) | CM(14)

スモモ  李王と彩の姫。

こそっと書いておきます。
こそっと。(笑)
またモグちゃんにカラスのように突かれるぞ〰。
どうぞ突いて下さい。




李王が生りました。
そして彩の姫が生りました。
どちらも同じ方向を向いています。
強香。

私の中では結論が出ました。





李王の完熟果。
樹上で香ってます。
触って少し柔らかみを感じれば完熟。
受粉が難しい品種と言われています。
帝王台木に李王とバイオチェリーを高接ぎ。
高接ぎのバイオチェリーでたくさん実を着けています。
受粉樹はバイオチェリーでも大丈夫かと思います。
李王の実は小さめ。


李王の樹上完熟。

李王 2018 7 3-1








彩の姫。

この品種は自家受粉で無茶苦茶たくさん実を着けます。
受粉樹は不要。
もしかしたら他の品種の授粉樹になってくれるかもしれません。
初生り秋姫が恐らく彩の姫で鈴生り。
彩の姫は摘果をしっかりする必要があります。
実は大きめ。
着色し始めて完熟までが結構早い品種ですね。
こまめに見る必要があります。


彩の姫の完熟果。

彩の姫 2018 6 28-5










あらっ。
日本地図入り。
私はこの地図のここにいます。
ここ。

彩の姫 2018 7 4-1

彩の姫 2018 7 4-2










李王と彩の姫。
別々に食べればどちらもおいしいスモモです。
取り敢えず私の中で結論を出しておきます。
あくまで私の意見。
公平に判断。
いたって冷静に。

どちらがおいしいかと言われれば李王。

違いは香り。
食べる前に10回づつクンクンしました。
どちらも強香。
ほかの品種ではとてもここまでの香りは出せません。
どちらが強いかと言われれば李王の方が強くて良い香りがします。
次に味。
味も良く似ています。
違いは食べた時に鼻に抜ける香り。
微妙な香りの差が味にも影響していると言った感じでしょうか。
果肉にも香りが乗って芳醇な味。

撮り合えず私の中では李王が最上位。
秋にケルシーが収穫出来ますが、ケルシーの完熟果も李王に似ています。
李王と彩の姫が終われば次は秋のケルシーが楽しみ。

李王と彩の姫。
点数で言えば95点と90点の差くらい。
あとはご自分で食べ比べてみて下さい。
スモモも好みがありますので。






皮を剝かない状態。
(どれも完熟果)
左から李王・彩の姫・コチェコ・ハリウッド。
ハリウッドとコチェコは受粉樹。
受粉樹でも完熟するとおいしいと言うのを言いたくて。
ただ今回は失敗。
実力を出し切れていません。
企画失敗。

李王 彩の姫 コチェコ ハリウッド 2018 7 3-1

李王 彩の姫 2018 7 3-1









次に手で皮を剝いた状態。
左から李王・彩の姫・ハリウッド・コチェコ。

李王 彩の姫 ハリウッド コチェコ 2018 7 4-1

李王 彩の姫 2018 7 4-1

ハリウッド コチェコ 2018 7 4-1








参考に糖度。

李王。

李王 2018 7 1-1







彩の姫。

彩の姫 2018 7 4-3








コチェコ。

コチェコ 2018 7 4-1









ハリウッド。
ハリウッドも過熟まで待てば糖度15程度まで行きます。
ハリウッドの気持ちになって弁解しておきます。
晴れが続けばですね。

ハリウッド 2018 7 4-1









因みにバイオチェリーの完熟果は相当難しいです。
着色が先行していつまで経っても熟しません。
そのうち虫が突いて腐って、いつの間にかポロっと。
実もかなり小さいですし。
受粉用に高接ぎ枝を少しだけ。
バイオチェリーはあくまで受粉用が宜しいかと。






これから暫くスモモの時季。
ただ梅雨期で収穫時期は難しいものがありますね。

今年、ご近所にスモモ各種を食べて頂こうと思います。
味のコメントは無しで、品種名だけ書き添えて。
どれが一番おいしかったですか。
じっくり味わって下さいね。
後で結果をこそっと聞いておきます。



参考に下のバナーはいくみ。
今年の糖度は20。
凄くジューシー。
ジューシーさは果物の命。
完熟でないとこのジューシーさは出て来ません。
今年、初めていくみの完熟果を食べられた方が感動していました。
スモモの酸っぱいイメージを変えられて良かったです。
スモモは本当はおいしい果物。
ただ日持ちしないおいしいスモモが売られていないのは誠に残念です。




にほんブログ村
【 2018/07/04 (Wed) 】 スモモ | TB(0) | CM(16)

スモモ『彩の姫』。もうすぐ。

スモモの『彩の姫』。
今年、初収穫予定。

1個落下していましたので持ち帰りました。
クッチャイ。
ゴムが焼けたような匂い。
大丈夫か~。

6月20日。

彩の姫 2018 6 20-1









6月21日。

彩の姫 2018 6 21-1









6月22日。

彩の姫 2018 6 22-3

彩の姫 2018 6 22-4

この時点で貴陽の完熟くらいの味はあります。








2日前はダメと思いましたが、今は多分大丈夫。

彩の姫 2018 6 22-1

彩の姫 2018 6 22-2









樹上完熟まで待ちます。
糖度20くらいまで行きそうな感じ。
香りは凄く強い。(強さは李王並み)
芳醇な香りは李王に及ばないかも。
味は李王やケルシー並み。
豊産。
受粉は楽勝。
総合してスモモの上位に来ると思います。

期待して待ちましょう。






にほんブログ村
【 2018/06/22 (Fri) 】 スモモ | TB(0) | CM(12)

ケルシーを収穫

カーポートに軒下に這わせてある葡萄(ピオーネ)を収穫しました。
雨に当たりますので葉っぱがヨレヨレ。
点数で言えば10点くらい。
石灰硫黄合剤が掛かると腐食するので、それはしていません。
防除は梅雨期に2~3回。

同じカーポートの側面には安芸クイーンを垣根仕立てに。
こちらもそろそろでしょうか。
スペースの有効利用。

カーポート 2017 9 23-2

カーポート 2017 9 23-1

カーポート 2017 9 23-3










ピオーネ。

ピオーネ 2017 9 23









高接ぎのスモモ『ケルシー』を1個収穫しました。
こんな細枝に4個。
摘果する時、ギリギリの選択。
これまで脱落することもなく来ました。
10品種ほど接いでありますが、全て鳥と今はやりのタヌキ?に食べられました。
唯一残ったのがこのケルシー。

触って少し柔らかい。
収穫してみると虫にやられていました。

見た目はおいしそうに見えません。
ところが
ところがです。
食べてみると意外や意外。
以前にモグちゃんがおいしいと言っていたスモモだけのことはあります。
おいしい。
味はモグちゃんにやられたって思いました。
私が良く知っている味。
『李王』の味に良く似ています。
李王とケルシーの違いは香り。
李王の方が全然強いです。
ケルシーに香りを付けると李王になります。

不思議ですがモグちゃんは何故あんなに李王の悪口を言うのでしょう。(笑)
ケルシーがおいしければ李王もおいしいはず。
私の中でケルシーはNO2に躍進。
個人的にケルシーの完熟果は貴陽、サマービュート、帝王、いくみ、その他諸々のスモモよりおいしいと思います。
ただ李王には負けます。

ケルシーは晩生種ですが当地の栽培に合っているように思います。
同時期収穫の梨や桃より楽に収穫出来そうです。
しかもケルシーは豊産。
受粉も楽。

ケルシー 2017 9 23-1

ケルシー 2017 9 23-2

ケルシー 2017 9 23-3

ケルシー 2017 9 23-4














台風で落下した『秋ソルダム』を追熟させてありました。
結果、追熟しません。
水分不足。
秋ソルダムはダメです。
ゴム質過ぎます。
貴陽のスーパー受粉樹なので生き残りの道はあります。

秋ソルダム 2017 9 23-1

秋ソルダム 2017 9 23-2













今年少しガッカリのミラベルとプルーンのパープルアイ。
居接ぎ苗を20本ほど作ってありました。
現在2mほど。
ミラベル数種とパープルアイを追加で植えることは無くなりました。
この苗を来春改造したいと思います。
一年生台木に居接ぎもありますが、二年生台木改造の方が早いかなって。
切り戻してケルシー、レーヌクロード、彩の姫。
このあたりに接ぎ直します。
予想と期待で苗を作り始めますが外れることも。

台木 2017 9 23-1











今年花壇に植えた李王。(2016年、李王を挿し木。)
1枝に彩の姫が接いであります。
来春、1枝ケルシーを接ぎ増ししましょう。
これ1本で最高においしいスモモを順番に生らせられれば面白い。
期待を込めて育てましょう。

李王 2017 9 23-1

李王 2017 9 23-2










徐々に来年の構想を考える時期になって来ました。






にほんブログ村


【 2017/09/26 (Tue) 】 スモモ | TB(0) | CM(14)

樹上完熟。 スモモ。

鳥や獣との戦いは続いています。
まさに合戦中。
皆の衆、行くぞ~。
・・・
あら一人。
これぞ孤立無援。

最近、鳥や獣だけでなく雨も敵に回っています。






そんな中、幸いにも残ったスモモを少しづつ収穫しています。


コチェコも全滅。と思いきや2個だけ残っていました。

コチェコの完熟果。
スモモ受粉樹を食べ比べた結果になります。


ハリウッド > バイオチェリー > コチェコ。(私見)
期待のコチェコは最下位に沈みました。
コチェコは味がハッキリしません。
主張が足りません。
甘み、酸味、香り。どれも不足。
味的にはバイオチェリーが一番ですが何せ小さいのが良くありません。
一番濃厚な味がするのがバイオチェリー。
恐らく100gのバイオチェリーが生ればスモモとして十分成立します。
黒琥珀のように。

点数を付けるのも良くありませんが一応点数評価。
今の所、私の中で最高峰の李王を100として
ハリウッド(20) ・バイオチェリー(15) ・ コチェコ(10)。



コチェコは授粉樹として必要。
欠かせません。
少しの高接ぎ。
これでいいんじゃないでしょうか。


今年のハリウッドの完熟果の糖度は15.6でした。(画像無し)



バイオチェリーの完熟果。

バイオチェリー 2017 7 28-1

バイオチェリー 2017 7 28-2










コチェコの完熟果。

コチェコ 2017 7 27-2

コチェコ 2017 7 27-1

コチェコ 2017 7 28-1

コチェコ 2017 7 28-2










サマービュートの樹上完熟。
触って少し柔らかい感じ。

味的の点数評価は60。

サマービュート 2017 7 29-1

サマービュート 2017 7 29-2

サマービュート 2017 7 29-3

サマービュート 2017 7 29-4

サマービュート 2017 7 29-5










ハニハートの樹上完熟。
優しい味がします。
65点。
酸味が少ないからでしょうか。
いくみに近い感じがしますが、どちらかと言えばいくみの方が多汁で若干上のように思います。

ハニーハート 2017 7 29-1

ハニーハート 2017 7 29-2

ハニーハート 2017 7 29-3

ハニーハート 2017 7 29-4

ハニーハート 2017 7 29-5







最近、スモモも食べていますが桃に比べれば全然ダメです。



ミラベルの傷み果が1個。
収穫してみます。

ミラベル 傷み果 2017 7 26-1

ミラベル 傷み果 2017 7 26-2

ミラベル 傷み果 2017 7 26-5


ミラベル 傷み果 2017 7 26-3

ミラベル 傷み果 2017 7 26-4








1点。
パサパサ。
評価出来ないほどひどい。
香りもしません。

今回は痛み果なのでひどかったのですが、ミラベルは厳しいかも。
これだけパサパサになると言うことはもともと水分が少ない可能性が。
もしかしたら果物の命であるジューシーさが問題になるかもしれません。

今年は次世代ミラベルの卵を仕込んであります。
それを何とか収穫したい。
とりあえず最高の状態で。

まだ青い。
もう少し先。

ミラベル 2017 7 27-2

ミラベル 2017 7 27-1










にほんブログ村
【 2017/07/29 (Sat) 】 スモモ | TB(0) | CM(18)

スモモ 『月光』を繋げる。

今年、スモモの『月光』が芽吹くことはありませんでした。
予想では夏越しが出来ずに枯れると思ってましたが、そこまで持ちませんでした。

枯れた『月光』

月光 2017 4 14-1












異変を感じたのは今年の3月上旬だったでしょうか。

何か変。
樹勢を感じません。

これは枯れる?
過去に経験した樹勢の無さ。

接木時期としては遅いですが、ダメもとで接木することに。
接ぎ穂はなるべく根元に近い枝を選びました。









月光の居接ぎですが今は微妙。
あと一週間すれば結果が出ることでしょう。
ダメであれば諦めます。

月光 2017 4 14-2










庭の豊水。
根元付近で花が咲いています。
へ~。
花が咲くんだ。
初めて豆梨の花を見ました。
豆梨は梨の台木。
根から生えてきたひこばえが成長したものです。

豆梨と言うだけあって花は小さいですね。
そうか。
種蒔きしよう。
梨の台木作り。
実が生るのでしょうか。

豊水 2017 4 14-1

豆梨 2017 4 14-1

豆梨 2017 4 14-2









現在、梨の花が満開となりました。
梨は少しづつ拡大中。
今年は順調に行けば過去最大の収穫になります。
盗られなければ。
収穫までに何か手を打たねば。

長十郎 2017 4 14-1

長十郎 2017 4 14-2







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


【 2017/04/14 (Fri) 】 スモモ | TB(0) | CM(10)

今年楽しみなスモモ。

バッタとバッタリ出会いました。
バタっと動きません。
何を考えている?
バッタの気持ちが読めないなあ。
動かない時は何も考えていない時があります。
如何にも何か考えているよで、実は何も考えていない。
単に危ない時間かも。
これバッタですよね。

バッタ 2017 3 15-1

バッタ 2017 3 15-2










2012年一月から2017年一月までに農水省に品種登録されたスモモ、桃、プルーンを検索してみました。
面白そうな品種から、何故こんな品種をと言ったものまで様々。
その中で面白そうなものを4品種。
スモモの『スイートかれん』。極甘・多汁・大実の3拍子。
スモモの『アルプス王子』。甘くて大実。
桃の『ゆの小町』。晩生で難しそうですが大実で糖度15。
プルーンの『オータムキュート』。実が軟らかく、多汁で極甘。

農水省の極甘は糖度15~18レベル。
私の極甘は糖度20以上。
若干、感覚の違いがありますが。








今年、完熟果を食べたいスモモがあります。
秋姫、コチェコ、ケルシー・アルプス王子、彩の姫、そして李王。
李王の完熟果が基準になります。

秋姫、ケルシーはモグちゃんが断念した品種。
栽培が難しいとのこと。
尚更頑張るぞ~。
予想では李王に対抗出来るとすれば香りの良い彩の姫と見てますが。
コチェコは授粉用ですが、実はそれくらいおいしいのでしょうか。
コチェコの味によってはハリウッドがコンパクトになります。


秋姫。

秋姫 2017 3 15-1






コチェコ。

コチェコ 2017 3 15-1






ケルシー。

ケルシー 2017 3 15-1







アルプス王子。

アルプス王子 2017 3 15-2








彩の姫。

彩の姫 2017 3 15-1








李王。

李王 2017 3 15-1








今年の夏に貴陽と月光が枯れます。
私には分かります。
昨年、李王の親木が枯れましたが、その感じに良く似ています。
樹勢が落ちてキツそう。
ちょっと考えねば。








にほんブログ村








【 2017/03/16 (Thu) 】 スモモ | TB(0) | CM(22)

今日から秋モード

お盆が過ぎましたので、今日から秋モードに入ります。

幼苗の施肥と冬野菜の種蒔きを行いました。
幼苗の施肥は毎年お盆恒例行事。
9月成長の準備です。
施肥をしながらカチカチの根回りの土をスコップでほぐします。
枯れないように水遣りもたっぷりと。

圃場 2016 8 15-1









冬野菜の種蒔きを行いました。
ダイコン、白菜、ホウレンソウ、レタス、菜の花。
菜の花は正月に間に合せたいです。
ダイコン、白菜もなるべく早く。
早生種でトライします。
漬物が待っています。

ハクサイ種蒔き 2016 8 15-1








鷹の爪も色着き始めました。
少しは役に立ってくれるのでしょうか。

鷹の爪 2016 8 15-1








昨日(8/15)の午後、一時間ほどドシャ降りの雨。
潤いました。

今年二度目のトウモロコシ。
水を求めてますね。
今年第一回目は糖度17で完敗。
今度は甘いトウモロコシを収穫したいですね。

降水 2016 8 15-1



トウモロコシ 2016 8 15-1

トウモロコシ 2016 8 15-2









スモモのトパーズをギリギリまで粘ってみました。
この品種は行けますね。
鼻に抜ける余韻があります。
甘さだけではありません。
微妙な舌の感覚。
今年食べたスモモの中では2番目のおいしさ。
食べた後に慌てて糖度測定。
トパーズの完熟果。
おいしいスモモでした。

トパーズ 2016 8 15










果物はこれからが本番。
年間の7割がこれからの収穫。
気を引き締めて・・・・。








にほんブログ村
【 2016/08/16 (Tue) 】 スモモ | TB(0) | CM(16)

アクシデントの日。 スモモ『貴陽』

Takaさんから有り難いものを送って頂きました。
私が探し求めていたものです。
中身は公表出来ませんが、この場をお借りして御礼を申し上げます。
有難うございました。
桃の木に使います。

Takaさんより 2016 7 23-1








今朝はアクシデント続きでした。
まあ動じませんが。





柿の大蜂屋の枝が大裂け。
見れば裂けて当然の感じですね。
戻しておこっと。(笑)
4個実が生ってますんで勿体無い。
柿はもろいですね。

大蜂屋 2016 7 23

大蜂屋 2016 7 23-2

大蜂屋 2016 7 23-4

大蜂屋 2016 7 23-3











キウイのジャンボイエローがコロンと。
こんな所で寝てるんじゃないよ。

ジャンボイエロー 2016 7 23-1






ここから落ちたんかな。
元に戻しておこっと。

無理っぽい。

ジャンボイエロー 2016 7 23-3








一番大きいものと比較してみました。
落ちたのは165g。
と言うことは一番大きいやつで200gくらいでしょうか。
モグちゃんの320gに比べればまだ赤ちゃん。
今年中に250gくらいまで行って欲しいです。

ジャンボイエロー 2016 7 23-2

ジャンボイエロー 2016 7 23-4









今年の貴陽の最大果。
一応樹上完熟まで粘りました。
196g。
朝食べようと残しておいたら夜の間に消えてました。
お~い、どこ行った?

仕方が無い。
家では早い者勝ちのシステムなので。

貴陽 2016 7 20





アクシデントは付きものですが、防げるものは防ぎたいですね。
今度は隠しておこっと。








にほんブログ村
【 2016/07/23 (Sat) 】 スモモ | TB(0) | CM(20)