日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

焼却炉の火入れ。

焼却炉が一応の完成。
延べ4日の力作。
継ぎはぎだらけ。
火入れで爆発するのか。
危険。
離れていよう。(笑)

排気筒前は鉄板の端材で代用。

巾900×奥行1,000×高さ1,900。
排気筒の巾は内内70mmの予定が100mmに。

焼却炉 2018 5 27-4

焼却炉 2018 5 27-5

焼却炉 2018 5 27-6

焼却炉 2018 5 27-3

焼却炉 2018 5 27-1













それでは火入れ。

10分でMAX燃焼。
早過ぎません?
行け~。
燃やせ~。

燃焼温度1,000℃。
煙が出ない完全燃焼型。

取り敢えず原理を書いておきます。
温まった狭い排気筒の中は空気が軽く上昇気流が起きます。
その上昇気流に引っ張られるように手前から空気が吸われます。
うちわで煽いだように。
なので短時間で燃え尽きます。
排気筒効果(上昇気流効果)と言います。
ロケットストーブもこの原理。
狭て高い排気筒を作り、下に空気の取り入れ口を作る。

焼却炉 2018 5 29-1

焼却炉 2018 5 29-2

焼却炉 2018 5 29-3

焼却炉 2018 5 29-4

焼却炉 2018 5 29-6

焼却炉 2018 5 29-8












取り敢えず爆発しませんでした。
亀裂は多々。
既に2回燃やしました。
延べ5時間の燃焼。
これで剪定枝の半分を焼却。


焼却炉から3m離れた所にプルーンのパンサー。
熱気で葉っぱがチリチリ。
可愛そうなことをしました。
毎回熱気地獄。

焼却炉 2018 6 3-1

焼却炉 2018 6 3-2

焼却炉 2018 6 3-3










昨年は1回燃やした後に倒壊。
今年は2回でまだ立っています。
今回の焼却炉は戦力になってくれるでしょうか。








にほんブログ村





スポンサーサイト
【 2018/06/03 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

穴だらけ。焼却炉の途中経過。

焼却炉作りは第3ステージまで来ました。
あと1回で完成。
完成が終わりかもしれませんが。
試し焼きが怖い。



第一ステージ。

焼却炉 2018 5 4-4

焼却炉 2018 5 13-1









第ニステージ。

焼却炉 2018 5 19-1

焼却炉 2018 5 19-2

焼却炉 2018 5 22-1

焼却炉 2018 5 22-2

焼却炉 2018 5 22-3










第三ステージ。

焼却炉 2018 5 22-4









穴だらけ。
来週完成予定。
穴はごまかします。
お化粧直しは必須。












桃の木の一部に環状剥皮を実施しました。
糖度アップが目的。

写真は白麗の徒長枝。

白麗 環状剥皮 2018 5 22-1

白麗 環状剥皮 2018 5 22-2







最近収穫が出来ていない極晩生の実生桃。
収穫はタヌキ次第。
密かに狙います。
糖度30以上、800g。
これくらいの気持ちでいれば糖度25、600g程度は収穫出来ます。
3年前は飽きるくらい桃を食べましたが、ここ2年はほとんど食べていません。
復活させたいですね。









にほんブログ村
【 2018/05/23 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(12)

2018年度版焼却炉に着手。

振り返ってみます。

2017年のGWに焼却炉が完成。
焼却炉はゆらゆら。
私はふらふら。
どちらも危ない。
数日後に微風で倒壊。


剪定枝を燃やした時の様子。
煙が出ない完全燃焼。
構造はロケットストーブの応用。
狭い排気筒を流れる上昇気流に引っ張られて、燃焼に必要な空気を勢い良く吸い込みます。
燃えるのも早い。




2017年5月2日の様子。

焼却炉 2017 5 2-2

焼却炉 2017 5 2-5

焼却炉 2017 5 2-3












月日は流れ2018年。
諦めるもんか。
再び焼却炉作りに着手。



倒壊した焼却炉は一年前のまま。

崩れた焼却炉 2018 5 3-1








レンガを高く積むのは無理。
今回は壁方式に切り替えます。
ベースもベタ基礎で固めます。
まずレンガを敷いてから。

焼却炉 2018 5 4-1










壁の原料は耐火モルタルにセメントを少々。
骨材は倒壊したレンガを再利用。
細かく砕いたものと大きく割ったもの。

焼却炉 2018 5 4-2


焼却炉 2018 5 4-3

焼却炉 2018 5 5-1

焼却炉 2018 5 5-2

焼却炉 2018 5 5-3









焼却炉の後壁。
900(巾)×170(厚み)×1,600(高さ)
合板で型枠を製作。
マイ棺桶じゃないです。
型枠にモルタルを流して行くと枠がプクとっと膨らんで来ました。
補強材で矯正しよとしても時既に遅し。

今回、耐火モルタルを6袋購入。
結果、全然足りませんでした。
枠に流したモルタルと骨材を棒で突きます。
頑張って頑張ってたかが1m。
60cm足りません。
60cmはレンガを積みます。

焼却炉 2018 5 4-4

焼却炉 2018 5 5-4

焼却炉 2018 5 5-5










次は横壁。
あと2~3回で完成予定。
ベルリンの壁や万里の長城は凄い。
あんなに長くて高い壁を良く作ったもんだ。






にほんブログ村
【 2018/05/07 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(20)

なばなの里 『チューリップ祭り』

今日は午前中休養。
天気が悪かったので。

なばなの里に行って参りました。
チューリップ祭り開催中。

なばなの里 2018 4 15-24






新緑も綺麗。

なばなの里 2018 4 15-25

なばなの里 2018 4 15-28

なばなの里 2018 4 15-26

なばなの里 2018 4 15-27

なばなの里 2018 4 15-1








たくさんのチューリップ。
最近はチューリップに見えないものもありますね。

なばなの里 2018 4 15-3

なばなの里 2018 4 15-4

なばなの里 2018 4 15-2

なばなの里 2018 4 15-5

なばなの里 2018 4 15-6

なばなの里 2018 4 15-7

なばなの里 2018 4 15-8

なばなの里 2018 4 15-9

なばなの里 2018 4 15-10


なばなの里 2018 4 15-11


なばなの里 2018 4 15-15


なばなの里 2018 4 15-12

なばなの里 2018 4 15-13

なばなの里 2018 4 15-14

なばなの里 2018 4 15-15

なばなの里 2018 4 15-16

なばなの里 2018 4 15-17

なばなの里 2018 4 15-19

なばなの里 2018 4 15-20


なばなの里 2018 4 15-21

なばなの里 2018 4 15-22

なばなの里 2018 4 15-23











チューリップの他にも春らしい花が咲いていました。

なばなの里 2018 4 15-29

なばなの里 2018 4 15-30

なばなの里 2018 4 15-31









雨で良かったのか悪かったのか。
好天であれば野良仕事を優先させますので。
野菜にとっても恵みの雨でした。







にほんブログ村
【 2018/04/15 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(20)

涙腺崩壊第2弾。今をガムシャラに生きる。『我武者羅應援團』

最近、こんなYouTubeを見ています。

『我武者羅應援團』

涙腺崩壊第2弾がやって参りました。(笑)

ぜひ見て頂きたい。




2年後、5年後の未来の自分は周りが作ってくれるものでは無い。
未来の自分は自分が作り上げるもの。
今を生きる。
生きることの意味。




『我武者羅應援團』




【余命半年の女性へのエール】



【あえて言うぞ がんばれ】



【信じることの意味】



【有森裕子さんへの応援メッセージ 】





【自分を応援する。そして寄り添う。】




失敗が多い日々。
失敗を自分で納得出来る失敗であれば次に繋げられるのではないでしょうか。
それには今を一生懸命に生きること。








スモモの蕾が膨らんで来ました。
スモモもその時々で輝いていますね。

黒琥珀 2018 3 19-1







にほんブログ村
【 2018/03/22 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(14)

ドクターヘリが緊急着陸

昨日は午前中に5~6時間掛けて果樹の施肥。午後は柑橘の接木。

この時期仕事が忙しくて土曜休みが少なく、日曜の天気が重要。
今日は終日雨の予報。
しかも一時激しく降るようです。
昨日施肥しておきましたので今日は恵みの雨。



午後から柑橘の高接ぎ。
庭植えのカボスに3品種ほど追加で高接ぎ。

畑に行ってバレンシアオレンジとタロッコに高接ぎ。
オレンジは少しあれば良いので別品種に品種変更して行きます。
昨年もタロッコに高接ぎを試みましたが結果全滅。
柑橘の接木自体は易しい樹種に入るのですが。
樹勢の強い柑橘に高接ぎした場合は、接木した後に養分を流すように管理しないといけません。
接木した下から新梢が出ます。
樹からしたら接木の枝より新梢を出した方が楽。
その新梢を新梢を放置して行くと接ぎ穂は負け枝になって枯れます。
樹は実に養分を回そうとします。
実を着けさせる場合も同じ。
高接ぎの場合は樹がどこに養分を回そうとしているかを考えないといけません。




昨日の16時頃。畑で接木作業中の出来事。

まずパトカーが凄い勢いで近くまでやって来ました。
次にヘリコプター。
ヘリコプターは上空でクルクル回っています。
事件でもあった?
最初、凶悪犯が逃げて来てヘリで追跡しているかと思いました。
良くテレビでやっている光景です。
ヘリは如何にも誰かを探しているかのように上空でグルグル。


えっ、もしかして私?
私が指名手配?
一度ヘリのおっちゃんと目が合いました。
ヘリと向き合った写真でも撮ろうと思いましたが結構勇気がいります。
取り敢えずみかんの木に隠れなくては。


続いて救急車や消防車やパトも数台遅れて到着。
そこで近くで事故があったんだと分かりました。
畑から約200mほど離れた場所です。
きっと大きな事故。
ヘリは下りられる場所を探していたんですね。


取り敢えず私は接木に専念。
どうしてもここまでやっておかねばと言うのがありましたので。



接木が終わって帰る時にやはり気になります。
一時の慌ただしい騒動は落ち着いています。
少しだけ見に行ってみます。
事故から1時間半ほど経ってましたが数人が残って現場検証。


何が起きたと言うとトラクターが田んぼでひっくり返っていました。
田んぼの隣には畑。
田んぼと畑には60~70cmの段差。
もしかしたら畑から田んぼに落ちてひっくり返ったのでしょうか。
今朝の新聞には事故の記事はありませんでした。
もし事故の記事が出ていたらこの記事もありませんでした。
多分大丈夫?そうだと思いたいです。


私も時々、畑でひっくり返っています。
ドクターヘリはやってきてくれるのでしょうか。
ヘリのおっちゃん、お願いしますね。

勝手にひっくり返っていたら。(笑)

後でヘリの写真を見たらちゃんとドクターヘリって書いてありますね。
私自身がヤバイと思うと文字なんて読んでいる余裕はありませんでした。

ドクターヘリ 2018 3 4-1

ドクターヘリ 2018 3 4-2

ドクターヘリ 2018 3 4-3

ドクターヘリ 2018 3 4-4









にほんブログ村

【 2018/03/05 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(10)

挿し木

刈り取られました。
あっけ無い。
スプラウト。

3度目のトライに入ります。

スプライト 2018 1 27-1








今朝、家の前の用水の薄氷。
用水まで凍ったか。
初めて見ました。

用水 2018 1 27









畑にも残雪。
タヌキの足跡。
先日、人参を全て食べられましたので冬でも来ているのは分かっています。
今の畑は柑橘のみ。
タヌキは柑橘には手を出さないようです。

タヌキ足跡 2018 1 27-1

タヌキ足跡 2018 1 27-2












先週から接木を少しづつ始めました。

リンゴ。
メイちゃんの瞳、ワルツ、ポルカ。
花壇に3本並べてあります。
最近リンゴを良く枯らしますので、木の下の方に品種確保の接木。

メイちゃんの瞳 接木 2018 1 27-1

メイちゃんの瞳 接木 2018 1 27-2










今日から挿し木を始めました。

ここ2年ほど畑に直挿しでしたが、今年はプランターに戻します。
発根を早め、なるべく早く移植します。
一年しっかり成長。
挿し木は台木作りが中心。
2019年の接木用。
今日はリンゴ台木のJM7、ミロバラン、桜桃台木のダーレン。
他に桃、スモモなど。

挿し木 2018 1 28-2

挿し木 2018 1 28-5


挿し木 2018 1 28-3

挿し木 2018 1 28-4











当たり前の接木、挿し木。
お遊びの接木、挿し木。
最初は当たり前の方から。
余裕が出て来た頃からお遊びが始まります。









にほんブログ村
【 2018/01/27 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(25)

スプラウト復活

最近、寒くていろいろな機器のバッテリーの持ちがよくありません。
バッテリーの寿命かな。
なんて思ってしまいます。





今日の最高気温予想は1℃。
ありえへん。
過去に経験がないくらいの低さ。

今朝の積雪は5cmほど。

2018 1 25 積雪-2

積雪 2018 1 25-3

2018 1 25 積雪












スプラウト。
2~3週間前に鍋に入っていたような。
切り取られた後にこのような器の中に入れられていました。
元に戻るんだろうか。

ここ3日ほど前に液体肥料を入れてやりました。
そこから一気に伸びたような。


恐らく近く切り取られることでしょう。
3度目はあるのでしょうか。

スプラウト 2018 1 25-1

スプラウト 2018 1 25-2

スプラウト 2018 1 25-3

スプラウト 2018 1 25-4

スプラウト 2018 1 25-5









にほんブログ村
【 2018/01/25 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(20)

2017年 『収穫』編。

たくさん収穫しました。
それにたくさん食べられました。
それが2017年。
印象に残った収穫をいくつか。






初夏の桜桃。
ゆたかがやってくれました。
いいぞゆたか。
糖度夢の30越え。



紅ゆたか。(2017/6/7)

紅ゆたか 2017 6 7-1

紅ゆたか 2017 6 14-1









スモモの未熟果と完熟果の違い。
それはジューシーさ。


いくみ。(2017/7/2)
(来年は李王と彩の姫を収穫したいな。)

いくみ 2017 7 2-2









ぶどうの翆峰。
今年の最大果は24g。
目指せ40g。
(2017/9/16)

翠峰 2017 9 16-1

翠峰 2017 9 16-2










イチジクのロードス。
木に生ったままかぶりつく。
これが一番新鮮。
(2017/8/13)

ロードス 2017 8 13-5









メイちゃんの瞳。
切っても可愛い実です。
来年は赤い果肉のリンゴを収穫したいです。
(2017/8/29)

メイちゃんの瞳 2017 8 29-1










柿の大きさは惨敗。
来年また700gにトライです。

宗田早生。(2017/10/21)

早田早生 2017 10 21-1









秋には親戚の法事のお供えを自家製果物で。
凄く喜んで頂けました。
故人に。
写真がにっこりされてました。
(2017/9/24)

お供え 2017 9 24-1











2017年、一番記憶に残ったのがスイカでしょうか。
一夜にして全滅。
獣害。
2017/8/5。

スイカ獣害 2017 8 5-5









気を取り直して収穫したスイカの種無しキング。
甘いスイカでした。
簡単に諦めてはいけませんね。
2017/8/23。

種無しキング 2017 8 23-2

種無しキング 2017 8 23-3

種無しキング 2017 8 23-4










2017年も実にたくさんの果物を収穫しました。
収穫物に感謝ですね。
果樹栽培も目標なくして続けられません。
例え小さな目標でも良いので持ちましょう。









にほんブログ村






【 2017/12/27 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(14)

2017年 『結実』編。

花が咲けば受粉なんですが簡単には行きません。
相性があります。
人と同じ。


特に梅、杏、桜桃、スモモ、プルーンなどは。
人にも血液型があります。
果樹にも遺伝子がありまして同じような遺伝子は受け付けません。
自分とは違った遺伝子を取り込もうとします。
杏のハーコットなど10年以上経ってますが今だ年に1~2個の収穫。
桜桃の月山錦も今だ収穫0。
生る所ではちゃんと生っているのでありますが。





開花時期が同時期であれば結実も同時期。
必然的に摘果時期が重なります。
5月第4週~6月第1週。
この時期は忙しさでひっくり返ります。



摘果が済んでからは防除と防御。
これに尽きます。
収穫前は特に注意が必要。
収穫前日に食べられることは良くあります。
害虫や鳥獣との知恵比べ。










前置きが長くなりました。
今日も長くなります。
すみません。








花壇植えのリンゴ『あいかの香り』。
家のシンボルツリー。
毎日見る木です。
異変もすぐに分かります。
今年もテッポウ虫やコガネを何匹も退治しました。

あいかの香り 2017 5 12-10

あいかの香り 2017 7 8-2

あいかの香り 2017 9 17-3

あいかの香り 2017 10 30-4










高接ぎの『メイちゃんの瞳』
2019年にはこんな感じが高さ3m続く予定。
幼果から紅色。
綺麗な実です。

メイちゃんの瞳 2017 6 -2









1本の木に3種類のバレリーナツリーを接いであります。
見てて面白いです。
メイちゃんの瞳とワルツ。

ワルツ メイちゃんの瞳 2017 8 17-1









ビワの『大五星』。
袋掛けは軸が強くなってから。
今年勉強しました。

大五星 2017 3 27-1









杏の『紅浅間』。
赤く染まると綺麗な実ですね。

紅浅間 2017 6 18-2











キウイも摘果は必須。
今年環状剥皮の効果を確認出来ました。
5mm程度の溝は2週間で埋まります。
6月上旬まで3回ほど必要でしょうか。
来年は5月の第一週から始めます。
写真は紅妃。

紅妃 2017 9 9-1

キウイ 2017 7 5-1









ジャンボイエロー。

ジャンボイエロー 2017 9 13-2









スモモは今の所、果樹の中で一番おいしい果物と思っています。
品種によっては香りが特に素晴らしく、糖度も20くらいになると感動的な味になります。
軸が長い分、桃に比べれば全然収穫し易いです。
写真は今年初生りのハニーハート。

ハニーハート 2017 7 29-2









サマービュート。

サマービュート 2017 7 29-1








貴陽。
今年全て獣に食べられました。

貴陽 ネット 2017 7-16 -2








紅い実が可愛いコチェコ。

コチェコ 2017 7 4-1






桃。
桃は難しいです。
5月と真夏。
この時期は割と収穫し易いので狙いはこの時期でしょうか。
5月中旬から10月中旬まで格闘が続きます。
写真は名前が無いオリジナル品種。

実生桃 2017 7 17-2









ミラベル。
糖度が高いのが特徴ではありますが、何分にも実が小さい。
今の2~3倍の大きさがあれば。

ミラベル 2017 8 12-2









ぶどう。
手間は掛かりますが、やることをやれば割と収穫し易い果樹だと思います。
食べられる程度であれば。
ただぶどうは奥が深く、上を目指そうとするとかなり大変です。
リビング前のぶどう棚にイタリア。
昨年100房。
今年70房。
2×5mの棚に限界まで生らせています。
イタリア。

イタリア 2017 9 9-2

イタリア 2017 9 29-1









シャインマスカット。

シャインマスカット 2017 9 3-2









梨。
梨は防除に限ります。
すぐ近くにカイズカイブキがありますので雨風で赤星病が発生します。
3月下旬から5月いっぱいの定期的な防除は必須。
あと収穫前の夜蛾にやられ易いです。
二重袋を検討したいです。
写真はにっこり。

にっこり 2017 8 27-2









柿。
収穫し易い果樹だと思います。
写真は長寿の富有。

富有 2017 11 5-2









早秋。

早秋 2017 9 22-1







栗。
秋の味覚の代表格。
季節感を感じられます。
2~3回の防除で全然収穫率が変わってきます。
写真はポロタン。

ポロタン 2017 9 9-3









みかん。
みかんも収穫し易い果樹の一つ。
写真は紅ちゃん。

紅ちゃん 2017 10 30-3












そして桜桃。
かなりの難敵。
出来た時は感動的ではありますが。
今年も月山錦の収穫は0。
来年もトライします。
今年、最後に落花した月山錦。

月山錦 2017 5 27











紅ゆたか。

紅ゆたか 2017 6 5-3

紅ゆたか 2017 6 5-2










今現在果樹は20種類くらいでしょうか。
ま~大変。
それぞれ個性がありますので理解することから始まります。
個性を最大限に生かしてあげればちゃんとした実になってくれます。
人と同じです。
良く見ながら管理人の意志を伝える。

今日も長かった。
ここまで有難うございました。

次は『収穫』編。
また長くなりそう。







にほんブログ村





【 2017/12/25 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(16)