FC2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

果樹の花が咲き始める

果樹の花がポツリポツリ。

台風で葉が落された後に冷え込み、その後に暖かく。
果樹が短い冬を感じ取ったのでしょう。
ニュースを見てますと桜も開花中のようです。
今咲くと春に咲くことはありません。
果樹のアンポン。



桜桃。

桜桃 2018 10 21-1








プルーン。

プルーン 2018 10 21-1







リンゴのワルツ。

ワルツ 2018 10 22-1








リンゴのあいかの香り。

あいかの香り 2018 10 22








リンゴのメイちゃんの瞳。

メイちゃんの瞳 2018 10 22-2

メイちゃんの瞳 2018 10 22-1








サツマイモを2株試し堀りしました。
ベニハルカとパープルスイートロード。



ベニハルカ。
ねずみの穴でしょうか。
覗いてみましたがもぬけの殻。
逆にここから顔を出したらビビリます。

ベニハルカ 2018 10 17-1

ベニハルカ 2018 10 17-2








パープルスイートロード。
紫芋です。
スコップでグサリ。
思った以上に株が大きかった。

パープルスイートロード 2018 10 17-1

パープルスイートロード 2018 10 17-2

パープルスイートロード 2018 10 17-3

パープルスイートロード 2018 10 17-4









上がベニハルカ。下がパープルスイートロード。
ともに豊産品種。
大きいもので25cmありました。
思った以上の収量。

パープルスイートロード 2018 10 17-5








暫く冷蔵庫で冷やしておきます。
サツマイモは保存が効きます。
戦時中、戦後の食糧難を救った有り難い穀物。
思い出すなあ~。
当時は貧しかった。









にほんブログ村







スポンサーサイト
【 2018/10/22 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(18)

正常性バイアス。台風24号通過。

正常性バイアスと言った言葉を聞きます。

「『正常性バイアス』とは、何らかの異常事態が起きた時、『これは正常の範囲内だ』と思い込んで平静を保とうとする心の働きのことです。誰でも持っています」

日々直面するさまざまな出来事。その全てに心を反応させていると、不安や恐怖を感じ過ぎ、神経が持たなくなる。そのため、ある程度の事象に対しては自らの経験などをもとに「これは正常の範囲内であり、特に反応する必要はない」との判断を下し、平静を保つ。このメカニズムが「正常性バイアス」である。



今回の台風24号。
直撃コース。
進路によっては前回より被害が出るかも。

昨夜、台風が家の上空を通過。
一時は台風の目玉の中。
(正確には家の5km東側を通過。)
思ったほど風は吹いていません。
なかなかこう言った経験も出来ません。



今回の台風24号の被害。
ありませんでした。



前回の台風21号で果樹の実で落ちるものは全て落ち切った感があります。
棚など壊れるものは全て壊れましたし。





昨日(9/30)の13時頃。
自然薯の棚を補強していたら土砂降りに。
畑の畦は一気に水溜まり。
たたき付けるような雨。

台風24号 2018 9 30-1

台風24号 2018 9 30-2

台風24号 2018 9 30-3

台風24号 2018 9 30-4











家の中のサニーレタス。
ここは安心か。
一つの小さな野菜苗をペットボトルの中に入れるのは有効な手段。
数本の野菜苗はこれで行けます。
ペットボトルいっぱいに成長したら解放してあげます。

台風24号 2018 9 30-6









庭のメイちゃんの瞳も無事でした。
前回の台風で傾きましたので今回は若干補強。

台風24号 2018 9 30-5










今年の台風。
3回連続で同じようなルート。
これから先も同じようなルートで来ますね。
それなりの備えが必要でしょう。


正常性バイアスは捨てましょう。
正常性バイアスを捨てられるかどうかは、過去に危機的状況に遭ったことがあるかで変わって来ます。
早めの行動。
早めの備えが必要ですね。
備えがあってこそ憂い無し。
良く言ったものです。








にほんブログ村

【 2018/10/01 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(16)

台風21号の後片付け。実生桃。

台風21号の後片付けを始めました。


桃の雨除け。
実生桃と黄ららのきわみ。

特に痛かったのは実生桃。
今年は久々に収穫しようと思っていました。
ここ数年、盗難やタヌキの食害。


屋根が潰れて幹がボキっ。
重症。

実生桃 2018 9 8-1

実生桃 2018 9 8-2

実生桃 2018 9 8-3










来春までこのままにします。
他の桃やネクタリンが接いであります。
挿し木と接木で品種確保をします。

実生桃は平均で500g。糖度22程度。
大きなもので650g。最高糖度27。
今年も600g程度行ったと思います。
残念でした。

落下した実生桃。

実生桃 2018 9 8-5


実生桃 2018 9 8-6

実生桃 2018 9 8-7






幹のひどい裂け方ですが実は付けたままにしておきます。
実生なので根元付近から芽が出て来ることを期待します。







にほんブログ村
【 2018/09/10 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(14)

今年の収穫は厳しい。

この強風では無理。
仕方無い。

台風21号。
2018年9月4日。
記憶に留めておきます。


庭のあいかの香り。
根元から折れて道路に。
危ないので速攻で片付け。

台風21号 2018 9 4-1

台風21号 2018 9 4-2










リビング前のぶどう棚。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-3

台風21号 2018 9 4-4








キウイ棚一ケ所。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-5








実生桃の雨除け。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-7


台風21号 2018 9 4-8









畑のぶどう棚。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-6









柿の大蜂屋。
横倒し。

台風21号 2018 9 4-13









家の屋根の一部も。

台風21号 2018 9 4-9

台風21号 2018 9 4-10





こんな所に。
隣の家まで飛ばなくて良かった。
今だ一枚発見出来ず。

台風21号 2018 9 4-11










今年植えたリンゴの苗木。
倒れていません。
小さいのに良く耐えた。
救われた気持ち。
このリンゴは5年先を夢見て植えたもの。

台風21号 2018 9 4-12










出直しですね。
今年の収穫は厳しい感じ。






年内に復旧させないと来年の収穫に響きます。
やりますよ。
復旧はなるべく早く。
構造物は頑丈に。








にほんブログ村
【 2018/09/04 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

巣立ち。飛べないツバメの雛

昨日、感動的なシーンを見ました。
倉庫のツバメの巣。
親ツバメが何度も雛にエサを運んでいます。
雛のいる所は巣でなくて地上。

巣から落下したのでしょうか。
巣の中の他の雛は地上の雛の様子を見ています。

暫く見てますと巣の中の雛が飛んでまた戻って来ました。
何となく分かりました。
巣立ち。
一羽の雛だけが飛べずにそのまま落下。
他の雛と親は飛べるまで待っているんだと思います。
親は飛べるまで地上の雛に口移しでエサを運ぶ。

どう見ても飛べない雛は元気がありません。
近着くと雛の心臓がバクバク。
このおっちゃん怖い。
逃げたくても逃げる気力が無い。
何か言いたげにじっと見つめています。

成長が遅れている感じ。
羽根も中途半端。
取り敢えずそっとしておきました。
他の仲間と一緒に巣立ってくれれば良いのですが。

ツバメ 2018 7 25-

ツバメ 2018 7 25-1

ツバメ 2018 7 25-2

ツバメ 2018 7 25-3

ツバメ 2018 7 25-6










柿の宗田早生。
1本ヒョロヒョロっと4m。
年々痩せ細って来ました。
今年も既に枝折れが発生。
右に伸びた枝に実が3個。
これがなくなると今年の収穫は0。
この枝をこのまま放置すると一週間以内に折れます。
取り敢えず棒でサポート。

宗田早生 2018 7 24-1

宗田早生 2018 7 24-2

宗田早生 2018 7 24-3

宗田早生 2018 7 24-4












大蜂屋。
数年前に幹が真っ二つ。
倒すかそのままにするか。
そのまま様子を見ることに。
両側から肉が盛り上がって来ました。
もう少しでくっ付くくらい。
樹高4m。
土台となる足が細いって感じ。
心配は根元からポキって行きそう。
ここ3年ほど2個の収穫。
干柿職人を目指したのが7~8年前だったか。
収穫が2個では。
取り敢えず足を太くしたい。

大蜂屋 2018 7 24-1

大蜂屋 2018 7 24-2

大蜂屋 2018 7 24-3









にほんブログ村
【 2018/07/26 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

焼却炉の火入れ。

焼却炉が一応の完成。
延べ4日の力作。
継ぎはぎだらけ。
火入れで爆発するのか。
危険。
離れていよう。(笑)

排気筒前は鉄板の端材で代用。

巾900×奥行1,000×高さ1,900。
排気筒の巾は内内70mmの予定が100mmに。

焼却炉 2018 5 27-4

焼却炉 2018 5 27-5

焼却炉 2018 5 27-6

焼却炉 2018 5 27-3

焼却炉 2018 5 27-1













それでは火入れ。

10分でMAX燃焼。
早過ぎません?
行け~。
燃やせ~。

燃焼温度1,000℃。
煙が出ない完全燃焼型。

取り敢えず原理を書いておきます。
温まった狭い排気筒の中は空気が軽く上昇気流が起きます。
その上昇気流に引っ張られるように手前から空気が吸われます。
うちわで煽いだように。
なので短時間で燃え尽きます。
排気筒効果(上昇気流効果)と言います。
ロケットストーブもこの原理。
狭て高い排気筒を作り、下に空気の取り入れ口を作る。

焼却炉 2018 5 29-1

焼却炉 2018 5 29-2

焼却炉 2018 5 29-3

焼却炉 2018 5 29-4

焼却炉 2018 5 29-6

焼却炉 2018 5 29-8












取り敢えず爆発しませんでした。
亀裂は多々。
既に2回燃やしました。
延べ5時間の燃焼。
これで剪定枝の半分を焼却。


焼却炉から3m離れた所にプルーンのパンサー。
熱気で葉っぱがチリチリ。
可愛そうなことをしました。
毎回熱気地獄。

焼却炉 2018 6 3-1

焼却炉 2018 6 3-2

焼却炉 2018 6 3-3










昨年は1回燃やした後に倒壊。
今年は2回でまだ立っています。
今回の焼却炉は戦力になってくれるでしょうか。








にほんブログ村





【 2018/06/03 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

穴だらけ。焼却炉の途中経過。

焼却炉作りは第3ステージまで来ました。
あと1回で完成。
完成が終わりかもしれませんが。
試し焼きが怖い。



第一ステージ。

焼却炉 2018 5 4-4

焼却炉 2018 5 13-1









第ニステージ。

焼却炉 2018 5 19-1

焼却炉 2018 5 19-2

焼却炉 2018 5 22-1

焼却炉 2018 5 22-2

焼却炉 2018 5 22-3










第三ステージ。

焼却炉 2018 5 22-4









穴だらけ。
来週完成予定。
穴はごまかします。
お化粧直しは必須。












桃の木の一部に環状剥皮を実施しました。
糖度アップが目的。

写真は白麗の徒長枝。

白麗 環状剥皮 2018 5 22-1

白麗 環状剥皮 2018 5 22-2







最近収穫が出来ていない極晩生の実生桃。
収穫はタヌキ次第。
密かに狙います。
糖度30以上、800g。
これくらいの気持ちでいれば糖度25、600g程度は収穫出来ます。
3年前は飽きるくらい桃を食べましたが、ここ2年はほとんど食べていません。
復活させたいですね。









にほんブログ村
【 2018/05/23 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(12)

2018年度版焼却炉に着手。

振り返ってみます。

2017年のGWに焼却炉が完成。
焼却炉はゆらゆら。
私はふらふら。
どちらも危ない。
数日後に微風で倒壊。


剪定枝を燃やした時の様子。
煙が出ない完全燃焼。
構造はロケットストーブの応用。
狭い排気筒を流れる上昇気流に引っ張られて、燃焼に必要な空気を勢い良く吸い込みます。
燃えるのも早い。




2017年5月2日の様子。

焼却炉 2017 5 2-2

焼却炉 2017 5 2-5

焼却炉 2017 5 2-3












月日は流れ2018年。
諦めるもんか。
再び焼却炉作りに着手。



倒壊した焼却炉は一年前のまま。

崩れた焼却炉 2018 5 3-1








レンガを高く積むのは無理。
今回は壁方式に切り替えます。
ベースもベタ基礎で固めます。
まずレンガを敷いてから。

焼却炉 2018 5 4-1










壁の原料は耐火モルタルにセメントを少々。
骨材は倒壊したレンガを再利用。
細かく砕いたものと大きく割ったもの。

焼却炉 2018 5 4-2


焼却炉 2018 5 4-3

焼却炉 2018 5 5-1

焼却炉 2018 5 5-2

焼却炉 2018 5 5-3









焼却炉の後壁。
900(巾)×170(厚み)×1,600(高さ)
合板で型枠を製作。
マイ棺桶じゃないです。
型枠にモルタルを流して行くと枠がプクとっと膨らんで来ました。
補強材で矯正しよとしても時既に遅し。

今回、耐火モルタルを6袋購入。
結果、全然足りませんでした。
枠に流したモルタルと骨材を棒で突きます。
頑張って頑張ってたかが1m。
60cm足りません。
60cmはレンガを積みます。

焼却炉 2018 5 4-4

焼却炉 2018 5 5-4

焼却炉 2018 5 5-5










次は横壁。
あと2~3回で完成予定。
ベルリンの壁や万里の長城は凄い。
あんなに長くて高い壁を良く作ったもんだ。






にほんブログ村
【 2018/05/07 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(20)

なばなの里 『チューリップ祭り』

今日は午前中休養。
天気が悪かったので。

なばなの里に行って参りました。
チューリップ祭り開催中。

なばなの里 2018 4 15-24






新緑も綺麗。

なばなの里 2018 4 15-25

なばなの里 2018 4 15-28

なばなの里 2018 4 15-26

なばなの里 2018 4 15-27

なばなの里 2018 4 15-1








たくさんのチューリップ。
最近はチューリップに見えないものもありますね。

なばなの里 2018 4 15-3

なばなの里 2018 4 15-4

なばなの里 2018 4 15-2

なばなの里 2018 4 15-5

なばなの里 2018 4 15-6

なばなの里 2018 4 15-7

なばなの里 2018 4 15-8

なばなの里 2018 4 15-9

なばなの里 2018 4 15-10


なばなの里 2018 4 15-11


なばなの里 2018 4 15-15


なばなの里 2018 4 15-12

なばなの里 2018 4 15-13

なばなの里 2018 4 15-14

なばなの里 2018 4 15-15

なばなの里 2018 4 15-16

なばなの里 2018 4 15-17

なばなの里 2018 4 15-19

なばなの里 2018 4 15-20


なばなの里 2018 4 15-21

なばなの里 2018 4 15-22

なばなの里 2018 4 15-23











チューリップの他にも春らしい花が咲いていました。

なばなの里 2018 4 15-29

なばなの里 2018 4 15-30

なばなの里 2018 4 15-31









雨で良かったのか悪かったのか。
好天であれば野良仕事を優先させますので。
野菜にとっても恵みの雨でした。







にほんブログ村
【 2018/04/15 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(20)

涙腺崩壊第2弾。今をガムシャラに生きる。『我武者羅應援團』

最近、こんなYouTubeを見ています。

『我武者羅應援團』

涙腺崩壊第2弾がやって参りました。(笑)

ぜひ見て頂きたい。




2年後、5年後の未来の自分は周りが作ってくれるものでは無い。
未来の自分は自分が作り上げるもの。
今を生きる。
生きることの意味。




『我武者羅應援團』




【余命半年の女性へのエール】



【あえて言うぞ がんばれ】



【信じることの意味】



【有森裕子さんへの応援メッセージ 】





【自分を応援する。そして寄り添う。】




失敗が多い日々。
失敗を自分で納得出来る失敗であれば次に繋げられるのではないでしょうか。
それには今を一生懸命に生きること。








スモモの蕾が膨らんで来ました。
スモモもその時々で輝いていますね。

黒琥珀 2018 3 19-1







にほんブログ村
【 2018/03/22 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(14)