日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

収穫祭。

ご近所から収穫祭をやるので来て下さいと。

漬物師匠のおばあちゃんも参加されてました。
おばあちゃんには一ケ月ごとに果物を届けさせて頂きましたので今年記憶に残ったもののお話など。
今年は栗のポロタン、大生姜が特に良かったと。
(私からすればこれらは普通に収穫出来るもの。笑)




おばあちゃん手作りの五平餅。
朝早くから5合炊き炊飯器を3回。(15合分)
タレはくるみが入った甘味噌。

この香ばしさがいいです。
(奥飛騨名物の朴葉味噌のような感じ)

収穫祭 2017 11 19-1

収穫祭 2017 11 19-3










これが白菜の漬物。
柚子の香りがほんのり。
塩加減がきつくなっちゃったので柚子を追加してごまかしたそうです。

こう言った裏技を使えるのも経験があってのことでしょう。

流石の味。
(とろろご飯とこの漬物があれば私はOK。)

収穫








お肉や自家製の野菜を使ってのバーベキュー。
小雨まじりの寒い日でしたので、遠赤の炭火が暖かい。

収穫祭 2017 11 19-4









自宅に柚子が生っていると言うことで見せて頂きました。

花柚子。
立派な木です。
花が咲く頃は一面良い香りが漂いそうです。

花ゆず 2017 11 19-1

花ゆず 2017 11 19-2











鬼柚子(獅子柚子)。
形は柚子ですがブンタンの仲間。
香りはみかん。
正月は立派なお飾りになりそうです。

柚子 2017 11 19-1

柚子 2017 11 19-2









おばあちゃん曰く。

私は来年参加出来るか分からんよ。
もし私がいなくなっても収穫祭はやるんよ。

おばあちゃんは80歳くらい。
まだまだ自分のことはご自分でされています。
大丈夫でしょう。
私こそ自分のことがちょっと危ない。(笑)

来年もおばあちゃんと一緒に収穫祭をやろうね。

時折小雨降る寒い一日でしたが心温まる一日でした。
どこも作物の良し悪しはあるかと思いますが、採れた作物に感謝でしょうか。
それが収穫祭。
感謝であります。








にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2017/11/19 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(16)

基肄城(キイジョウ)を収穫。

果樹の紅葉と落葉が並行して進んでいます。


柿の紅葉も良く見れば綺麗。
黒いポツポツが無ければ尚綺麗。

富有 2017 11 12-2

富有 2017 11 12-3











ポポーもそれなりに綺麗。
ひこばえがあちこちに。
ひこばえは20本くらいありますでしょうか。
(最近落下してもほったらかしなので実生かもしれません)

ウエールズが枯れて、枯れた場所から次のポポーが生えて来ました。
ウエールズの血を受け継いでいるのか。

ひこばえポポー。

ポポー 2017 11 12-1








デービスの親木は頂上付近は既に落葉。
今は中段から下に汚れた黄葉。

ポポー 2017 11 12-2










基肄城を収穫しました。
松本早生富有の枝変わり。
300g程度で種が薄く果肉がやや緻密なのが特徴。
中には種無しもあります。

全体的に富有より気持ち大きいように感じます。
本当に気持ちです。
これくらいのがコンスタントに生れば良いのですがなかなかそうは行きません。
味は富有と同等。

キイジョウ 2017 11 12-1

キイジョウ 2017 11 12-3

キイジョウ 2017 11 12-4











今年の柿は豊作で600個くらい。
そのうちの約半分を収穫。

落下すると思ってましたがそのまま最後まで来た感じです。
良かったのか悪かったのか。
もう少し摘果すれば良かった。(笑)

高級車に柿を乗せて晩秋の夕暮れを物寂しくノタノタしながら畑から帰って来ました。

富有 2017 11 12-1










にほんブログ村




【 2017/11/13 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(14)

台風の爪跡。 また一から。

今年はもう大丈夫かな。
前回の台風が過ぎてそう思いました。

どうせ来るのであれば4、5年分まとめて来て欲しいです。
じ~~と耐えますので。





今回の台風21号。
雨が相当降りました。
雨が収まったと思えば今度は強風。

雨だけ。
風だけであれば耐えられると思います。
両方が揃うともうダメ。








家の南に隣接する用水路。
歩道が水に浸かりました。
家は用水沿いで果樹より家が危ない。
ここまで水が来たのは20年ぶりくらいでしょうか。

台風21号 2017 10 23-1

台風21号 2017 10 23-2










畑も水を含んでガバガバ。

台風21号 2017 10 23-3







葉っぱも吹き飛ばされました。

桃の白麗。

台風21号 2017 10 23-4










柿の花御所。

台風21号 2017 10 23-5












前回の台風の時に桜桃の雨除けが一部傾きました。
今回は完全に全倒壊。
屋根を桜桃が支えています。
重いぞ。

ここまで来ると一度全部壊して、一から出直しですね。
来年の畑の桜桃は諦めました。
丁度良い機会ですので畑全体の果樹をもう一度見直します。

メロン食べ放題なんか良いかもしれません。
果樹ではなかったですね。

台風21号 2017 10 23-6

台風21号 2017 10 23-7

台風21号 2017 10 23-8

台風21号 2017 10 23-9






台風で風の強さは進路だけでは語れません。
台風通過時、全国の風の強さ分布図を見ますと冬に北風が強く吹く地域は台風の風も強いと思います。



庭のあいかの香り。
今回は無事でした。
今回の台風は吹き返しの北西の風が強かったのですが家が壁になってリンゴを守った恰好ですね。

台風21号 2017 10 23-10








にほんブログ村

【 2017/10/23 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

秋の光景。コスモスとミツバチ

ボツネタをアップすることに。
消費期限は切れてますね。
果樹ネタではありません。




2週間前のこと。

なばなの里の温泉に行くことに。
ついでにコスモス畑に寄ってみました。
紅葉はまだ早い感じ。

なばなの里 2017 9 23-1

なばなの里 2017 9 23-2










コスモス畑。
いろいろな色があるようです。





橙色のコスモス。
パット見、目立ちます。
このコスモスは何て言う名前なんだろう。

読めないじゃん。
自分の花びらで隠してどうする。

なばなの里 2017 9 23-18

なばなの里 2017 9 23-5










橙色コスモスの隣に真っ白なコスモス。
橙色コスモスは主張して来ますが、白色は控え目。


控え目なんだけど、それが逆に目立つことがあります。
色々な色があった時、一番目立つ色は白色かもしれません。
白色だけあった時には目立たないんですけど。

なばなの里 2017 9 23-4

なばなの里 2017 9 23-19









他にも色々なコスモス。

なばなの里 2017 9 23-6

なばなの里 2017 9 23-3

なばなの里 2017 9 23-20

なばなの里 2017 9 23-12










コスモスに限らず、白色のバラもそうかもしれない。
赤、ピンク、黄色。
それぞれ個性が強い色が主張して来る色の中、目立つのは一番控え目な白色のバラ。

白色が輝く時がありますね。










ミツバチがコスモスの花粉を一生懸命集めていました。
冬を前に集められる時は集められるだけと言った感じでしょうか。


ミツバチの花粉集め。
花から花へ。
次々。
私は時間を忘れてミツバチの後を追っていました。
ミツバチも一生懸命。

こう言った光景を見る時間が貴重かもしれません。
因みに私はミツバチに完全に無視されているようです。

なばなの里 2017 9 23-7

なばなの里 2017 9 23-8

なばなの里 2017 9 23-9

なばなの里 2017 9 23-10

なばなの里 2017 9 23-11








短い時間でしたが少しだけ秋に触れられた実感があります。
絵画のような秋も良いですが、少しだけ動きがある秋はいっそう時間が止まったりします。


この時期、ハチミツもおいしいですね。
ハチミツは年中ありますが採蜜は秋に行います。
なのでハチミツは秋の味覚かもしれません。
今秋採れハチミツを食べていますが、ハチミツも奥深い味がしますね。











最近、毎朝こんな曲を聴いています。
今、ブログを書きながらも。

X JAPAN

『Forever Love』

『Without You』


 Forever LoveはToshiが千賀君のピアノの能力に合わせてゆっくり唄ってますが、このゆっくりさが逆に心に沁みて来ます。
 ピアノ初心者の千賀君も良く練習したと思います。
 (拍手!)


秋にバラードは合いますね。
心に沁みます。






にほんブログ村
【 2017/10/07 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(10)

獣の正体。

獣を撮影しました。
しかも一匹ではなく複数。
コイツだな。

イチジク畑で撮影。



獣1[広告] VPS




獣2[広告] VPS





きっとタヌキでしょう。

これまでに撮影した足跡。
タヌキに似ています。

足跡 2017 9 7-1

足跡 2017 9 7-2

足跡 2017 9 7-3








化かされていなければ丸々太ったタヌキ。
しかしまさかのタヌキ。
何故こんな平野に。
山から来るには揖斐川、長良川、木曽川を超える必要があります。
でも橋はあります。

タヌキをペットで飼っている人がいるのでしょうか。










怪しい人も映っていました。
怪しいと言うより変な人。
何となくヨボヨボしています。
大丈夫か~。
痩せこけていますね。
先程のタヌキとは大違い。
どう見ても力は無さそう。
無視でOKでしょう。

[広告] VPS










取り敢えず果物を食い荒らす獣の相手は分かりました。
これで対策し易くなります。







今日は法事。
多少涼しくなって過ごし易くなりました。
ただこの安心でポックリ行くことも。
気を引き締めて。

少しだけ果物のお供えをさせ頂きました。
器がお盆じゃなくてダンボール。(笑)
お許しを。

お供え 2017 9 24-1









にほんブログ村
【 2017/09/24 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(18)

台風18号の被害。

台風のエネルギーを何かで有効に使えないでしょうかね。


今回の台風18号の被害状況です。
全治一週間って言った所でしょうか。


台風が来るたびに果物の落下はその時点で諦めます。
心配なのは木や構造物。
これは修復に時間が掛かり、後に引きずります。




今回、一番痛かったのは桜桃ハウス。
支柱が折れて斜め。
戻そうとしましたがビクとも。
原型復帰は諦めました。
どうしようかと考えること1分。
・・・
屋根部分だけ全体に浮かせて、その間に順番に支柱を打ち直す。
これで行こう。
即決。
屋根の位置が全体にずれますが、一度壊すより全然早いです。
年内復旧の予定。
来春に間に合わせねば。

桜桃 2017 9 18-1

桜桃 2017 9 18-2










防鳥ネットの支柱もベキベキ。
暫く、防鳥機能がありません。
攻撃しないで。

防鳥ネット 2017 9 18-2

防鳥ネット 2017 9 18-1










庭と畑を一巡。
落下物を見ますと、風に強い果樹、弱い果樹が分かります。




弱いのはリンゴ、梨、栗。
桃も弱いと思いますが台風が来る以前に落下してしまいました。
いかんやん。(汗)






庭植えのリンゴ。
あいかの香り。
20果ほど落下。
あと40果ほど残っています。
今年は約100果からスタート。
まだ貯蓄があります。

現在、平均的には300g。
大きいのは400g。
500gの攻防は継続。
現在の糖度は15。

完熟まで粘れるかどうかですね。
収穫は11月上旬。

あいかの香り 2017 9 18-1

あいかの香り 2017 9 18-2

あいかの香り 2017 9 18-4

あいかの香り 2017 9 18-5










栗の武蔵。
2/3が落下。
今年の栗は終わりですね。
先に早生のポロタンが収穫出来て助かりました。

武蔵 2017 9 18-1








梨の長十郎。
落下が見られますが仕方が無い。

梨 2017 9 18-1









以外に幼木のにっこりが粘ってくれました。
現在600gくらいでしょうか。
あと一ケ月?。
800gまで行って下さい。
因みに庭の豊水、にっこり、王秋は全落下。
風当たりが悪かった。


幼木のにっこり。

にっこり 2017 9 18-1










キウイは今年1,000個くらいだと思いますが、落下したのは数個。
強いです。

初収穫を収穫したいジャンボイエローは現在170g程度。
このキウイ何でつぶれたん。
下に石が。
不運。
頭をぶつけたんだね。
重症。

キウイ 2017 9 18-1

キウイ 2017 9 18-2









スモモのケルシー。
よしよし。
粘ってくれました。
あと少し。

ケルシー 2017 9 18-1










柿。

富有のサポートが外れていました。
肝心な時に。

富有 2017 9 18









花御所が斜めになりました。
もう二度と戻せません。
枝折れが無かったのは樹形改造効果が出ているかもしれません。
なるべく垂直に。

斜めになって頂上付近が近くに。
何でこんなに生ってるん。
実が肥大して来ると生らせ過ぎがハッキリして来ます。
来年生らないかも。(汗)

花御所 2017 9 18-1

花御所 2017 9 18-2











ぶどうは奇跡的に被害はありませんでした。
棚が崩壊するかどうかで決まります。







自然災害は仕方が無い。

これで終わりではなくて、あくまで途中の一事件。
先に待っている未来から今を見れば、こんな時もあった。
想定内の出来事。
復旧もコツコツと。


さてと落下物を拾いに行きましょう。
ただでさえ食べ切れないのに。


ご近所のおばちゃん。おばあちゃん。
食べて頂けますかね。





今回台風で大きな被害を受けられた方々、お見舞い申し上げます。
こう言った時は周りのサポートが必要です。
特にお年寄りの方には。
心のケアも。
手を差し延べてあげて下さい。






にほんブログ村



【 2017/09/18 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(17)

モネの池に続く第二弾。『岐阜のマチュピチュ』

果樹もマニナーですが話題性もマイナーです。
モネの池に続く第二弾。
今度は『岐阜のマチュピチュ』。



行ったのは8月12日。
朝4時40分に家を出て到着したのは5時50分。
多分私が一番乗り。
いえいえ、既に世田谷と神戸から先客がみえてました。
やるじゃん。
世田谷の方は三脚に立派なカメラ。かなりやる気。




目的地に到着するまでの標識は全て地元の方の手作り。
有難いことです。

今日はテレビカメラいないかな。
さりげなく映っちゃうんですが。(笑)

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-1

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-1-2

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-3

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-4













途中、道が分かれています。
AとB。
迷わず超危険なCを選択。(笑)
大したことないでしょう。
いつもこれで嵌っています。
・・・
やめておけば良かった。
キツイ坂。
自分の体力が分かってないね。
行けると思ってるんか~。
ゼイゼイ。

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-6

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-8

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-7










車を降りてから10分くらいで到着。


これが『岐阜のマチュピチュ』。
本物のマチュピチュを見たことがないので比較は出来ませんが、取り敢えずマチュピチュ。
壮大な風景。
広がるのは茶畑。

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-10

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-11

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-12

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-13












痛っ。
頭に何か降って来ました。
命中。

松ぽっくりか。
狙われました。

岐阜 マチュピチュ 2017 8 12-14










モネの池と言い、岐阜のマチュピチュと言い最初に見つけた人は偉い!
自然の風景。
いいじゃないですか。
癒しの空間ここに有り。って感じです。
岐阜のマチュピチュも光の加減で素晴らしい写真が撮れると思います。
一枚の写真。
記憶に残る写真になるかもしれません。

場所は岐阜県揖斐郡揖斐川町春日。
モネの池とそれほど遠くありません。
モネの池と岐阜のマチュピチュ。
続けて行ってみるのも良いかもしれません。


さてさて原風景シリーズは第二弾まで来ました。
第三弾はあるのでしょうか。
2018年に期待しましょう。






にほんブログ村
【 2017/08/12 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(8)

胴枯病が蔓延

GW中は9日間全て野良仕事。
疲れました。
農家の方は偉大であります。
農業が如何に大変かを思い知らされますね。




この春にスモモの月光が枯れ、その後スモモの李王、杏の巨紅、ニコニココットが次々に枯れて行きました。
今ヤバイのがスモモのサマーエンジェル、秋ソルダム、リンゴのハニークイーンが瀕死。


先日、リンゴのスイートメロディが一部の枝だけ遅れて咲いているのに気付きました。
枝の表面が黒っぽくザラザラ。
粉を掛けたような。
こすり落として見ると赤褐色の斑が浮き出て来ます。
根元附近の幹は全体が赤褐色。
どうやら細菌性の病気のようです。

恐らくは『胴枯病』。

スイートメロディ 2017 5 6-1

スイートメロディ 2017 5 6-2

スイートメロディ 2017 5 6-5

スイートメロディ 2017 5 6-3

スイートメロディ 2017 5 6-4





スイートメロディの近くの『ハニークイーン』。
枯れかけ。
これも胴枯病か。

ハニークイーン 2017 5 6-1

ハニークイーン 2017 5 6-2

ハニークイーン 2017 5 6-3









完全に枯れた『月光』。
掘り起して焼却します。
その前に幹の断面を確認しておきます。

胴枯病は切り口からの細菌侵入が原因とあります。
確かに切り口は何の処置もしていません。

月光 2017 5 6-3

月光 2017 5 6-1

月光 2017 5 6-2











現在、畑は病気が蔓延しているようです。
伝染を食い止めねば。
取り敢えず殺菌剤のトップジンM水和剤を一体の果樹に噴霧しておきました。






病気や害虫は発見が遅れますと致命傷になりますね。

冬の防除は確実にやらないとダメですね。
枯れた苗は一からやり直します。

GW中の成果。
幹の大事さが分かったことが一番でしょうか。
次は元気に育てたいですね。
やるべきことはやりませんと。






にほんブログ村
【 2017/05/08 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(19)

煙が出ない完全燃焼型の焼却炉を製作。

今日は話が長くなります。
心して。
興味の無い方はパスして下さい。
焼却炉の話です。




しおさんが冬にロケットストーブで暖を取られていました。
これを拝見してこれだー。
ロケットストーブの原理は分かっていまして、この原理を応用するば剪定枝を燃やす焼却炉が作れんじゃないかと。
ピピっ。ヨボヨボ爺さんはひらめきました。
GWに一度トライしてみよう。
丁度今がGWなので作ります。


剪定枝は大きな問題ですね。
木も成長しますんで。
少しくらいであればゴミ出しで済むかもしれませんが、レベルを超えるとどうにもこうにも。
一度に野焼きすれば火事レベル。
特に煙が凄い。
ほんと消防車が来そうです。




最初に考えたのは200Lのドラム缶を2段に積んだ方式。
これはロケットストーブを拡大させたもの。
無理。
やめました。
イメージしてみると処理能力が足りません。
時間が掛かり過ぎます。




次に考えたのは壁で仕切る方式。
大火レンガで作ります。
燃焼温度は900℃になりますのでブロックでは持ちません。
一般のブロックの耐熱は最大で500℃。
一発で割れますね。
壁は横から見るとL字。
L字の立ち上がり部分が排気筒。
こんな感じ。
写真は半日掛けてレンガを積んだもの。
この後、フラフラして排気筒が倒れました。
単にレンガを積むだけじゃ無理。
倒れますわね。

完成 2017 5 1-3













完全燃焼型焼却炉の原理を書いておきます。
まず少し燃やします。
この時点では火に勢いがありません。
燃やして行くうちに排気筒の内壁が熱くなります。
筒が温まりますと筒の中の空気の密度は減り軽くなります。
空気が軽くなると気流が生まれます。
筒が狭くて長いほどその上昇気流の速度は早くなります。
温まって来ますと凄い流速で空気が流れます。
これが燃焼のドラフト効果。
次に燃やす部分を説明します。
私は剪定枝を燃やすのである程度の長さが必要になります。
今回は奥行1.2m。(剪定枝の長さに合わせました。)
煙突の上昇気流に引っ張られる形で入口から冷えた空気を吸い込みます。
空気の入口はある程度制限しないと燃焼に勢いが出ません。
今回は入口の寸法はが720(W)×630(H)。
(H=630は枝を実際に燃やす燃焼炉の高さ)



耐火レンガはネットで購入。
サイズは240×115×90(H)。
私の今回の設計では193個。
予備も含めて200個注文。
ゆうパックで持って来て頂きました。
重量物で申し訳なかったです。
一度レンガを積んで倒れてますので、その時に7個くらい割れました。



排気筒の巾は720(W)×120(D)。(高さは地上から1630)
排気筒出口はもう少しせぎって開口が180×120の2ケ所。
写真は崩れ落ちる前のもの。
(最終は角をレンガとレンガを重ねてあります。燃焼が通る所が奥行120)
排気筒手前を何らかで支えないといけません。
今回はステンレスのシャンネルで支えます。
重量は支えられますが、熱で反るかも。

排気筒 2017 4 30-1

焼却炉 2017 4 30-4

焼却炉 2017 4 30-5







取り敢えず一度崩れ落ちた写真。

焼却炉 2017 4 30-9










さて、もう一度やり直します。
今度はモルタルを敷きながら積んで行きます。
隅にモルタルを載せ、ハンマーで上からトントン叩きながら。
モルタルがブチュ~とはみ出ます。
作業は一日掛かり。

モルタル 2017 5 1

レンガ積み 2017 5 1

完成 2017 5 1-2









さて火入れ。

燃焼については予定通りうまく行きました。
煙は出ずに完全燃焼の状態。
燃焼温度は900℃程度でしょうか。
途中、排気筒出口から火炎が40cmくらい上がることも。
ロケットストーブと同じですね。
燃やす所に蓋を被せますがこれはステンレスの板。
角を少し曲げてあります。
焼却炉の手前は空気を吸い込む方ですから手前に火があふれることはありません。
火炎も手前から奥へ。
排気筒の奥の方に向かって流れます。

焼却炉 2017 5 2-1

焼却炉 2017 5 2-2

焼却炉 2017 5 2-3

焼却炉 2017 5 2-5

焼却炉 2017 5 2-6










途中いやな音が。
レンガがミシミシ。(笑)
また倒れるのかな。
熱を加えると構造の弱い部分がやられます。
歪んだかしら。
隙間に埋め込んだモルタルは化粧が剥がれ落ちたかの如くボロボロと落下。
これは想定内。
後半、ミシミシ音は減って来ました。
正面から見ると両サイドが内側に倒れています。
外側に反ったら倒れてますね。
錦帯橋のように内側であればゴツンこします。
今回何とか持ち堪えたのは排気筒の一番上。
レンガが乗せてりますが、排気筒の前後を繋いであります。
何となくやばい気がして。

排気筒上 2017 5 2-1

排気筒上 2017 5 2-2

排気筒上 2017 5 2-3








汗だく。
夏は無理ですね。
3時間で軽トラ2台分程度の剪定枝を処分。
今日はここまで。
灰が。
燃焼炉の半分くらい灰で埋まりました。
一度に燃やせる量は灰で決まりますね。
今日の最後は太目の剪定枝。
太さ5cmくらい。

あと軽トラ3台分くらい剪定枝が残っています。
GW中には。

焼却炉 2017 5 2-7

焼却炉 2017 5 2-8

焼却炉 2017 5 2-9












はぁ。

今度倒れたら鉄筋を入れて筋金入りにしましょう。
来年のGWですが。


レンガ造り匠のくゆらさんからツッコミが入りそうです。
オシャレじゃないわ。

取り敢えず原理は合っていました。
強度不足も合っていました。(笑)
焼却炉も崩れ落ちながら強くなって行く。


長文にお付き合い頂いて有難うございました。
火は勢い良く燃えましたが、私は疲れて鎮火寸前です。(笑)

今回造った焼却炉の全体サイズ。
間口960。奥行き1200。高さ1630。
私がここに入るのはちょっと無理かな。
最初に言っておきますねモグちゃん。






ポチは月山錦。
ここからが正念場。



にほんブログ村
【 2017/05/02 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(20)

モグちゃんから有り難いプレゼント

モグちゃんから有り難いプレゼントを頂きました。

里イモにジュース。
モサモサの葉っぱ。
有り難や~。

モサモサの葉っぱは暫く成長させます。
花が咲くまで頑張らねば。
これで日本蜜蜂がやって来るのでしょうか。

里イモは無理でしょう。(笑)
一応トライしてみますが。

ジュースは色がやけに濃いぞ~。
甘くて若返るジュースと書いてありました。
ヨボヨボに良く効くのだそうです。

この度はたくさんのプレゼントを有難うございました。






モグちゃんからプレゼント 2017 4 25-1

モグちゃんからプレゼント 2017 4 25-2

モグちゃんからプレゼント 2017 4 25-3

モグちゃんからプレゼント 2017 4 25-4

モグちゃんからプレゼント 2017 4 25-5

モグちゃんからプレゼント 2017 4 25-6











にほんブログ村
【 2017/04/25 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(10)