FC2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
011234567891011121314151617181920212223242526272803

雪まつり開催前とフライト・ドリームズ(中部国際空港)。

1月31日の夜、札幌雪まつり会場に行ってみました。
大通り会場。
20時。
雪まつり開催4日前。
最後の頑張り。
夜ですがまだまだ頑張っている人も。
凍てつく寒さ。
心は一つ。
同じ目標。
厳しい寒さの中に活気がありますね。
完成間近の動かない雪像より、人の吐息に感動。
暫く見てました。
ここ、もっと綺麗に削った方がいいんなじゃいかな。(笑)

雪祭り前 2019 1 31-1

雪祭り前 2019 1 31-2

雪祭り前 2019 1 31-4

雪祭り前 2019 1 31-3










大通り会場を一通り見て、次が氷像のすすきの会場へ。
途中でアクシデント。
迷子に。(笑)
携帯の電池が70%から一気に0。
ここはどこ?
現在位置が分からなくなりました。
気温が低過ぎて電池切れ。
頭の中にインプットしてあった破れ掛けの地図をたよりにすすきの会場を目指すことに。
途中、寒さでとうとう力尽きました。
結局、会場まで行けず断念。
ホテルの部屋に戻ったら電池は70%に復活。
携帯も寒さに勝てず。
因みにデジカメの電池も屋外では一気に電池切れ。
札幌の夜、恐るべし。








ホテルは狸小路のアーケード街にありました。
似てるな~。
大分市のアーケード街と。
狸小路の方がちょこっと長い。
きっとアーケード街の基本ベースがあるのでしょう。
巾、高さ、店舗。

狸小路 2019 1 31








ホテルの朝食。
80種類の海鮮丼を含むバイキング。
自分で作る海鮮丼がウリ。
海鮮丼がどれか分かりますか。
ちっちゃい丼。(笑)
もっと大きな丼かと。
失敗はエビフライ。
ガンガンに食べたい気持ちはありますが朝からエビフライは無理。
朝から胃がビックリ。
やめておけば良かった。
一つ良かったのはヨーグルト。
ソースがキウイとイチゴの生を刻んでありました。
ちょっとしたことですが心遣いが伝わります。
写真右上に空の丼。(笑)
最初食べる気満々でしたが、途中で無理かな。

朝食 2019 2 1-1

IMGP0003.jpg







札幌からの岐路。
中部国際空港(セントレア)に戻って空港の新施設フライト・ドリームズに寄ってみました。
昨年の10月に新設。
見るだけは無料。
ボーイング787が展示してあります。
翼のすぐ真下で食事も出来ます。
翼に手を触れないで。と書いてあります。
コックピットも入れますが別料金。
操縦してそのまま飛び立てます。
シュミレーション体験が出来て機長の気分。

FLIGT OF DREAM 2019 2 1-2

FLIGT OF DREAM 2019 2 1-3

FLIGT OF DREAM 2019 2 1-4

FLIGT OF DREAM 2019 2 1-5




この施設はアイデア満載。
建物が先ではなく、ジャンボ機が先で建物が後。
私的には翼の上で昼寝したいな。
寝っころがって空を飛ぶ夢を見てみたい。
あぁ~墜落する~。(笑)
ジャンボ787。おっきい~。
この迫力。
今さっきLCCの狭い飛行機で帰って来ました。(笑)
エアバスも一番大きい飛行機が製造中止を検討されています。
時代は小型化。
近々また札幌へ行くと思いますが、足が向かいません。
北海道の皆さん大変です。
厳しい寒さが続きますが、心は温かく。
札幌市の早朝。
道はアイスバーン。
皆さん、平然と車を走らせています。

札幌市 2019 2 1-1







にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2019/02/10 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(10)

札幌出張。LCCを使ってみました。

北海道は危険な寒さのようですね。
日本も夏は危険な暑さ。冬は危険な寒さ。
自然が一段と厳しくなって参りました。


1/31に北海道へ出張。
まず飛行機の予約を。
今回はLCC(Low Cost Carrier)を使ってみました。
私自身初であります。
使ってみて、これはいい。
多分LCCは意見がまっ二つに分かれますね。
LCCの考えを理解出来きる人と出来ない人と。
学生やビジネスマンには受けると思います。
実際、そう言った方が乗っています。
問題は訳が分からない外国人。
これは後で述べます。
80歳くらいの人が普通にLCCを使っていたら凄いと思います。
私的には出来ればそう言った方が一人でも乗って欲しい。



LCCは企業的な考えの飛行機です。
兎に角、無駄を省く。
手間を掛けない。
お客様で出来ることは全てお客様でやって頂く。
無駄や手間を省いてより安く。
予約時点からそれが読み取れます。
余分なことは全てオプション扱いでお金が掛かります。
(カウンターでのチェックインは航空会社によっては有料。)
LCCはカウンターの隣に自動チェックイン機がありますので基本セルフで行います。
それ以前に家のWEBで予めチェックイン出来ますのでスマホに搭乗券のQRコードをダウンロードするか搭乗券のバーコードを紙に印刷しておくか。
慣れた方は実際そうしてみえますね。
航空会社からすれば家でチェックインして来いや~。
事前にチェックインを済ませておけば荷物を機内持ち込みの場合、カウンターに寄る必要がなく直接保安検査場へ。
時間短縮に繋がります。

私は今回ジェットスターとエア・アジアを利用。
ジェットスターは乗る時間の48時間前から、エア・アジアは1週間前からWEBでチェックインが出来ます。
私も真っ先にWEBでチェックイン。
どちらも2番目にチェックイン。席の割り付け状況から自分が何番目にチェックインしたか分かります。
LCCは基本、座席の指定が出来ません。
機械で自動で割り付けられます。
航空会社によって席の割り付け方に個性が出ます。
見ていると面白いです。
座席を選ぶ時は有料。


荷物は基本、機内持ち込み。
カウンターに預けると料金が掛かります。
チェックイン時に荷物を機内持ち込みにしたとして、その後にカウンター預けに変更すると通常のカウンター預けより高くなります。
変更料が上乗せとなります。
機内持ち込みは総合計で7kgまで。
大きさにも制限があります。
体重にも制限があります。
80kg以上はオプション500円増し。
60kg以上は50円増し。
ウソです。(笑)
ただ本当に体格の良い人は無理だと思います。
席の横も前もANAやJALに比べ狭いです。
相撲のコニちゃんは絶対無理。
普通の人でも一度座ったら横の人の膝の前を通れません。
おしっこは到着するまで我慢。
飛行機が空港に到着するとみんなおしっこおしっこと言っています。
これは本当。
笑えます。


空席が多くても席の移動は許せられません。
飛行機のバランスを取りながら席を埋めているとのこと。
空席が多い時は飛行機の前後を埋めて、中央付近を開けるようです。
へぇ~。
なので人が少なくても隣に人がいてギュウギュウ詰め。


飛行機代は中部国際空港から札幌まで5,000円以下。
安~。
中部国際空港から鹿児島空港は4,000円以下。
安~。
サービス有りで、しかも安くの考えはLCCにはありません。
これだけ安ければ何があっても文句は言えません。
LCCは習うより慣れろの精神。
柔軟な考えが必要。
多分、外国人の一部はこの考えを受け入れられないと思います。
チェックインカウンターに並んでいるのは外国人ばかり。
LCC側からすれば、ここが一番の悩みの種のように思います。
LCC側としてはサービス(オプション)を追加しないで下さい。
ありありと分かります。


OK。
私はOK。
十分理解出来ました。
安けりゃ何でも有りです。
LCCの考えに着いて行くだけ。


写真はジェットスター。
飛行機の真ん中がガラガラ。
気持ち的には開いている所に移動したいのでありますが。
ANAやJALは許されますが、LCCは許されません。
因みに私は家では部屋の隅に追いやられています。
これも慣れれば問題ありません。

ジェットスター 2019 1 31-1










出張の帰りはたまたま窓側。
快晴。
1時間ちょっとですが、ずっと外を見ていました。
探していたのは家の畑。
畑の上空は空路に当たります。
いつも地上から飛行機を見ています。
偶には上空から家の畑をみよう。
う~ん。
分かんない。

エアーアジア 2019 2 1-4

エアーアジア 2019 2 1-1

エアーアジア 2019 2 1-2

エアーアジア 2019 2 1-3







次回は札幌雪まつり開催前の雪像作りの様子を。
そこでアクシデント発生。
さらに中部国際空港に新説されたフライト・ドリームズの様子を。






にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村







【 2019/02/08 (Fri) 】 未分類 | TB(0) | CM(6)

厳しかった2018年を振り返る。台風、収穫、そして成長。

2018年大晦日。
今年も残り1日。
今日は一年の締めくくりの日なので話が長くなります。
読みながら寝てて下さい。(笑)

あっと言う間の一年。
あっと言う間でしたがいろいろ有り過ぎますね。
あ~疲れた。(笑)


今年もたくさん失敗しました。
過去にもたくさん失敗しています。(笑)
失敗した時に反省を忘れず。
反省があれば落ち込みは浅く、復活も早いです。
ただ失敗が無いと人生を失敗すると思います。
そして感動。
日々ストレスがやって来ます。
ストレスは向こうから。
何がやって来るか予測不能。
自分の都合ではないので。
ストレスに負けないようにするには感動が必要でしょうか。
感動がストレスを退治してくれます。
感動は与えられるもの。
感動を与えて貰えられるような環境を意識して作って行くことが必要じゃないでしょうか。
それには行動。
働き掛けること。
人であったり植物であったり、動物であったり。
多くの感動が人をより成長させるものだと思います。




毎年この時期に一年間に撮った写真をもう一度見ます。
その時々で何があってどう思ったのか。
1000枚くらいは撮っていると思います。
動画も。
タヌキの野郎。(笑)




今年最も印象に残ったのが9月4日の出来事でしょうか。
台風21号が徳島県に上陸。
その後関西を通過して日本海へ。

その日の朝に撮った写真。
ブログにも載せていない写真を改めて見てみます。
この日の朝までは至って順調。
この日を境に激変するとは・・・・・・。

早朝から、台風が来たらきっと落下するんだろうな。
収穫出来るものを収穫しておこう。
そんな思いがあったんでしょう。

9月4日の朝に撮った写真。

ゴールドフィンガー 2018 9 4-1

ゴールドフィンガー 2018 9 4-2

豊水 2018 9 4-1












その日の14時~15時くらいだったでしょうか。
1時間くらい相当な風。
雨も真横に。
外に出たらヤバイんじゃない。
何が飛んで来るか分からない。


結果はひどいことに。
台風通過後、9月4日の夕方に撮った写真。
朝と夕方で景色が一変。
これは事故。
事故と一緒の思いがしました。

台風21号 2018 9 4-1

台風21号 2018 9 4-2

台風21号 2018 9 4-5

台風21号 2018 9 4-7











今年の収穫は台風の影響もあって、近年では一番の不作。
それでも新たな味覚に出会えたことに感謝。
嬉しい瞬間です。

スモモの彩の姫。
初生り。
彩の姫の味を確かめるのが今年の目標の一つでもありました。
一応、目標達成。
初生りの味は李王に及ばないものの香りがあっておいしいスモモ。
豊産で栽培も楽。
期待通り。
年輪を重ねればさらにおいしくなるかもしれません。
6月下旬の彩の姫。7月上旬の李王。
家で採れる何百品種と言う果物の中でもトップレベルの味です。
梅雨期の厳しい時期に収穫出来る甘~い初夏の味。
凄く良い香りがします。

彩の姫。

彩の姫 2018 4 27-1

彩の姫 2018 6 28-5

彩の姫 2018 6 22-3

彩の姫 2018 6 30-1

彩の姫 2018 6 30-3










野菜の種を蒔く。
果樹の苗を植える。
うまく育たない時もあります。
でも蒔かないと始まらない。
植えないと始まらない。
楽しみはその成長過程を一つづつ追うことでしょうか。
初めて着けた蕾。そして開花。
待ちに待った瞬間。
感慨深いものがありますがまだまだこれから先は長いぞ~。
今年の台風のようにアクシデントで根元から折れることもあります。
そんな時は屈せずまた一から。
一人前に育てるのは大変であります。

トマトと茄子の発芽。
野菜も種から始めると結構大変。
野菜の発芽もちょっとした感動。
種を蒔く前には土作りと言った見えない部分の努力もありますね。

プチぷよ 赤 2018 3 13-1

茄子 2018 3 13-1

野菜収穫 2018 11 24-1










今年植えたみかんの紅ちゃん。
20cm。
5年前に植えた先輩の紅ちゃん。
5年前は同じく20cm。
初めて着けた蕾。
果樹も頑張ったが私も頑張った。(笑)
先のことは分かりませんが、今出来ることをやるだけ。
さらに5年後。
もっとたくさんの実を着けてくれるのでしょうか。

紅ちゃん 2018 7 22-1

紅ちゃん 2018 4 17-3












この時期はまず剪定。
剪定を済ませて春の訪れを待つ。
果樹達の開花は例年3月20日頃から始まります。
今はその準備。
果樹達の花も思いのほか綺麗。
出来ればもっとたくさんの人に知って貰いたい。
ブログでそれを伝えて行きます。
剪定後はじっと寒さに耐えて春の訪れを待つ。
私もそれまでじっと寒さに耐える。

黒琥珀 2018 3 19-2

黒琥珀 2018 3 25-1

ニコニココット 2018 3 10-1

ニコニココット 2018 3 18-1

紅ゆたか 2018 4 8-2


メイちゃんの瞳 2018 4 8-2











皆さんの頑張りが私の頑張りの源にあります。
なかなか一人では頑張れないものです。
私も生きているのではなく生かされている。
感謝感謝。
今年一年お世話になりました。
また来年ですね。
来年オケラのようにお手上げにならないように頑張ります。(笑)

オケラ 2018 7 26-2




良い年をお迎え下さい。
私はこれからキウイの剪定に向かいます。








にほんブログ村
【 2018/12/31 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(16)

果樹の花が咲き始める

果樹の花がポツリポツリ。

台風で葉が落された後に冷え込み、その後に暖かく。
果樹が短い冬を感じ取ったのでしょう。
ニュースを見てますと桜も開花中のようです。
今咲くと春に咲くことはありません。
果樹のアンポン。



桜桃。

桜桃 2018 10 21-1








プルーン。

プルーン 2018 10 21-1







リンゴのワルツ。

ワルツ 2018 10 22-1








リンゴのあいかの香り。

あいかの香り 2018 10 22








リンゴのメイちゃんの瞳。

メイちゃんの瞳 2018 10 22-2

メイちゃんの瞳 2018 10 22-1








サツマイモを2株試し堀りしました。
ベニハルカとパープルスイートロード。



ベニハルカ。
ねずみの穴でしょうか。
覗いてみましたがもぬけの殻。
逆にここから顔を出したらビビリます。

ベニハルカ 2018 10 17-1

ベニハルカ 2018 10 17-2








パープルスイートロード。
紫芋です。
スコップでグサリ。
思った以上に株が大きかった。

パープルスイートロード 2018 10 17-1

パープルスイートロード 2018 10 17-2

パープルスイートロード 2018 10 17-3

パープルスイートロード 2018 10 17-4









上がベニハルカ。下がパープルスイートロード。
ともに豊産品種。
大きいもので25cmありました。
思った以上の収量。

パープルスイートロード 2018 10 17-5








暫く冷蔵庫で冷やしておきます。
サツマイモは保存が効きます。
戦時中、戦後の食糧難を救った有り難い穀物。
思い出すなあ~。
当時は貧しかった。









にほんブログ村







【 2018/10/22 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(18)

正常性バイアス。台風24号通過。

正常性バイアスと言った言葉を聞きます。

「『正常性バイアス』とは、何らかの異常事態が起きた時、『これは正常の範囲内だ』と思い込んで平静を保とうとする心の働きのことです。誰でも持っています」

日々直面するさまざまな出来事。その全てに心を反応させていると、不安や恐怖を感じ過ぎ、神経が持たなくなる。そのため、ある程度の事象に対しては自らの経験などをもとに「これは正常の範囲内であり、特に反応する必要はない」との判断を下し、平静を保つ。このメカニズムが「正常性バイアス」である。



今回の台風24号。
直撃コース。
進路によっては前回より被害が出るかも。

昨夜、台風が家の上空を通過。
一時は台風の目玉の中。
(正確には家の5km東側を通過。)
思ったほど風は吹いていません。
なかなかこう言った経験も出来ません。



今回の台風24号の被害。
ありませんでした。



前回の台風21号で果樹の実で落ちるものは全て落ち切った感があります。
棚など壊れるものは全て壊れましたし。





昨日(9/30)の13時頃。
自然薯の棚を補強していたら土砂降りに。
畑の畦は一気に水溜まり。
たたき付けるような雨。

台風24号 2018 9 30-1

台風24号 2018 9 30-2

台風24号 2018 9 30-3

台風24号 2018 9 30-4











家の中のサニーレタス。
ここは安心か。
一つの小さな野菜苗をペットボトルの中に入れるのは有効な手段。
数本の野菜苗はこれで行けます。
ペットボトルいっぱいに成長したら解放してあげます。

台風24号 2018 9 30-6









庭のメイちゃんの瞳も無事でした。
前回の台風で傾きましたので今回は若干補強。

台風24号 2018 9 30-5










今年の台風。
3回連続で同じようなルート。
これから先も同じようなルートで来ますね。
それなりの備えが必要でしょう。


正常性バイアスは捨てましょう。
正常性バイアスを捨てられるかどうかは、過去に危機的状況に遭ったことがあるかで変わって来ます。
早めの行動。
早めの備えが必要ですね。
備えがあってこそ憂い無し。
良く言ったものです。








にほんブログ村

【 2018/10/01 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(16)

台風21号の後片付け。実生桃。

台風21号の後片付けを始めました。


桃の雨除け。
実生桃と黄ららのきわみ。

特に痛かったのは実生桃。
今年は久々に収穫しようと思っていました。
ここ数年、盗難やタヌキの食害。


屋根が潰れて幹がボキっ。
重症。

実生桃 2018 9 8-1

実生桃 2018 9 8-2

実生桃 2018 9 8-3










来春までこのままにします。
他の桃やネクタリンが接いであります。
挿し木と接木で品種確保をします。

実生桃は平均で500g。糖度22程度。
大きなもので650g。最高糖度27。
今年も600g程度行ったと思います。
残念でした。

落下した実生桃。

実生桃 2018 9 8-5


実生桃 2018 9 8-6

実生桃 2018 9 8-7






幹のひどい裂け方ですが実は付けたままにしておきます。
実生なので根元付近から芽が出て来ることを期待します。







にほんブログ村
【 2018/09/10 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(14)

今年の収穫は厳しい。

この強風では無理。
仕方無い。

台風21号。
2018年9月4日。
記憶に留めておきます。


庭のあいかの香り。
根元から折れて道路に。
危ないので速攻で片付け。

台風21号 2018 9 4-1

台風21号 2018 9 4-2










リビング前のぶどう棚。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-3

台風21号 2018 9 4-4








キウイ棚一ケ所。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-5








実生桃の雨除け。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-7


台風21号 2018 9 4-8









畑のぶどう棚。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-6









柿の大蜂屋。
横倒し。

台風21号 2018 9 4-13









家の屋根の一部も。

台風21号 2018 9 4-9

台風21号 2018 9 4-10





こんな所に。
隣の家まで飛ばなくて良かった。
今だ一枚発見出来ず。

台風21号 2018 9 4-11










今年植えたリンゴの苗木。
倒れていません。
小さいのに良く耐えた。
救われた気持ち。
このリンゴは5年先を夢見て植えたもの。

台風21号 2018 9 4-12










出直しですね。
今年の収穫は厳しい感じ。






年内に復旧させないと来年の収穫に響きます。
やりますよ。
復旧はなるべく早く。
構造物は頑丈に。








にほんブログ村
【 2018/09/04 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

巣立ち。飛べないツバメの雛

昨日、感動的なシーンを見ました。
倉庫のツバメの巣。
親ツバメが何度も雛にエサを運んでいます。
雛のいる所は巣でなくて地上。

巣から落下したのでしょうか。
巣の中の他の雛は地上の雛の様子を見ています。

暫く見てますと巣の中の雛が飛んでまた戻って来ました。
何となく分かりました。
巣立ち。
一羽の雛だけが飛べずにそのまま落下。
他の雛と親は飛べるまで待っているんだと思います。
親は飛べるまで地上の雛に口移しでエサを運ぶ。

どう見ても飛べない雛は元気がありません。
近着くと雛の心臓がバクバク。
このおっちゃん怖い。
逃げたくても逃げる気力が無い。
何か言いたげにじっと見つめています。

成長が遅れている感じ。
羽根も中途半端。
取り敢えずそっとしておきました。
他の仲間と一緒に巣立ってくれれば良いのですが。

ツバメ 2018 7 25-

ツバメ 2018 7 25-1

ツバメ 2018 7 25-2

ツバメ 2018 7 25-3

ツバメ 2018 7 25-6










柿の宗田早生。
1本ヒョロヒョロっと4m。
年々痩せ細って来ました。
今年も既に枝折れが発生。
右に伸びた枝に実が3個。
これがなくなると今年の収穫は0。
この枝をこのまま放置すると一週間以内に折れます。
取り敢えず棒でサポート。

宗田早生 2018 7 24-1

宗田早生 2018 7 24-2

宗田早生 2018 7 24-3

宗田早生 2018 7 24-4












大蜂屋。
数年前に幹が真っ二つ。
倒すかそのままにするか。
そのまま様子を見ることに。
両側から肉が盛り上がって来ました。
もう少しでくっ付くくらい。
樹高4m。
土台となる足が細いって感じ。
心配は根元からポキって行きそう。
ここ3年ほど2個の収穫。
干柿職人を目指したのが7~8年前だったか。
収穫が2個では。
取り敢えず足を太くしたい。

大蜂屋 2018 7 24-1

大蜂屋 2018 7 24-2

大蜂屋 2018 7 24-3









にほんブログ村
【 2018/07/26 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

焼却炉の火入れ。

焼却炉が一応の完成。
延べ4日の力作。
継ぎはぎだらけ。
火入れで爆発するのか。
危険。
離れていよう。(笑)

排気筒前は鉄板の端材で代用。

巾900×奥行1,000×高さ1,900。
排気筒の巾は内内70mmの予定が100mmに。

焼却炉 2018 5 27-4

焼却炉 2018 5 27-5

焼却炉 2018 5 27-6

焼却炉 2018 5 27-3

焼却炉 2018 5 27-1













それでは火入れ。

10分でMAX燃焼。
早過ぎません?
行け~。
燃やせ~。

燃焼温度1,000℃。
煙が出ない完全燃焼型。

取り敢えず原理を書いておきます。
温まった狭い排気筒の中は空気が軽く上昇気流が起きます。
その上昇気流に引っ張られるように手前から空気が吸われます。
うちわで煽いだように。
なので短時間で燃え尽きます。
排気筒効果(上昇気流効果)と言います。
ロケットストーブもこの原理。
狭て高い排気筒を作り、下に空気の取り入れ口を作る。

焼却炉 2018 5 29-1

焼却炉 2018 5 29-2

焼却炉 2018 5 29-3

焼却炉 2018 5 29-4

焼却炉 2018 5 29-6

焼却炉 2018 5 29-8












取り敢えず爆発しませんでした。
亀裂は多々。
既に2回燃やしました。
延べ5時間の燃焼。
これで剪定枝の半分を焼却。


焼却炉から3m離れた所にプルーンのパンサー。
熱気で葉っぱがチリチリ。
可愛そうなことをしました。
毎回熱気地獄。

焼却炉 2018 6 3-1

焼却炉 2018 6 3-2

焼却炉 2018 6 3-3










昨年は1回燃やした後に倒壊。
今年は2回でまだ立っています。
今回の焼却炉は戦力になってくれるでしょうか。








にほんブログ村





【 2018/06/03 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

穴だらけ。焼却炉の途中経過。

焼却炉作りは第3ステージまで来ました。
あと1回で完成。
完成が終わりかもしれませんが。
試し焼きが怖い。



第一ステージ。

焼却炉 2018 5 4-4

焼却炉 2018 5 13-1









第ニステージ。

焼却炉 2018 5 19-1

焼却炉 2018 5 19-2

焼却炉 2018 5 22-1

焼却炉 2018 5 22-2

焼却炉 2018 5 22-3










第三ステージ。

焼却炉 2018 5 22-4









穴だらけ。
来週完成予定。
穴はごまかします。
お化粧直しは必須。












桃の木の一部に環状剥皮を実施しました。
糖度アップが目的。

写真は白麗の徒長枝。

白麗 環状剥皮 2018 5 22-1

白麗 環状剥皮 2018 5 22-2







最近収穫が出来ていない極晩生の実生桃。
収穫はタヌキ次第。
密かに狙います。
糖度30以上、800g。
これくらいの気持ちでいれば糖度25、600g程度は収穫出来ます。
3年前は飽きるくらい桃を食べましたが、ここ2年はほとんど食べていません。
復活させたいですね。









にほんブログ村
【 2018/05/23 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(12)