日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

最後のはなよめ争奪戦。誘ってみます。

桃のはなよめはほぼ収穫終了。
最後10個ほど残しました。
これでタヌキを誘ってみます。

タヌキは3日連続で来ています。
最初侵入を許しましたがガードを固めてから侵入を許していません。
昨日、防獣センサーをタヌキ進行方向の先に設置。
タヌキを待ち受ける位置に。
タヌキは警告音がしたので引き返して来ました。
この防獣センサーは使えるかも。
前回のパトピカは全く無視。


[引き返したタヌキ]









一部ネットの下を開けておきます。
3cmくらい。
チラっ。
タヌキはチラ見してくれるのでしょうか。
出来ればここから頑張って中に入って下さい。
中に入ると防獣センサーが働き警告音が鳴ります。
そこでタヌキはどんな行動を取るか。
タヌキのドッキリ版を撮ってみます。
タヌキが驚いて逃げ出せば今回の試みは100点。
それらがつぶさに見える位置に監視カメラを設置。

はなよめ 2018 6 23-1

はなよめ 2018 6 23

はなよめ 2018 6 23-2









今日からぶどうの袋掛けを開始。

シャインマスカット。

実が着いていません。
なんてこった。

シャインマスカット 2018 6 23-1









4粒。
モグちゃんはこんなの捨てなさい!

捨てません!
3粒だったらどうしようかな。
見れば受粉不良の極小の実がまだ着いていました。
これは熟すタイミンが他の実より早いので腐りの原因になります。
取り除いて仕上げます。

シャインマスカット 2018 6 23-2


シャインマスカット 2018 6 23-3










天山。
今年が2年目の収穫。
昨年は一粒の最大15g。

天山 2018 6 23









リビング前のぶどう棚。
以前、夏はヨシズが掛けてありました。
やたら部屋が暗い。
ここをぶどうで日除け。
明るくてヨシズより全然涼しいです。
植物の蒸散作用は凄い。

100房ぶどう。
房を多いので摘粒はキツメ。
一房15粒〜20粒に。

イタリア 2018 6 22-1

イタリア 2018 6 22-2

イタリア 2018 6 22-4

イタリア 2018 6 22-3







にほんブログ村



ぶどうは見た目綺麗なぶどうは出来ません。
何とか食べられるぶどうを。
だから4粒でも良いのであります。






スポンサーサイト
【 2018/06/23 (Sat) 】 ぶどう | TB(0) | CM(2)

スモモ『彩の姫』。もうすぐ。

スモモの『彩の姫』。
今年、初収穫予定。

1個落下していましたので持ち帰りました。
クッチャイ。
ゴムが焼けたような匂い。
大丈夫か~。

6月20日。

彩の姫 2018 6 20-1









6月21日。

彩の姫 2018 6 21-1









6月22日。

彩の姫 2018 6 22-3

彩の姫 2018 6 22-4

この時点で貴陽の完熟くらいの味はあります。








2日前はダメと思いましたが、今は多分大丈夫。

彩の姫 2018 6 22-1

彩の姫 2018 6 22-2









樹上完熟まで待ちます。
糖度20くらいまで行きそうな感じ。
香りは凄く強い。(強さは李王並み)
芳醇な香りは李王に及ばないかも。
味は李王やケルシー並み。
豊産。
受粉は楽勝。
総合してスモモの上位に来ると思います。

期待して待ちましょう。






にほんブログ村
【 2018/06/22 (Fri) 】 スモモ | TB(0) | CM(10)

タヌキの映像。行動を読んだ。

タヌキの新着ビデオが届きました。
これを見て100%満足。(笑)
全て計算通りの行動を見せてくれました。
タヌちゃん、行動を読まれるようになったら終わりですよ。


タヌキはここを通って、前日侵入した場所からもう一度侵入を試みる。
そしたら防獣センサーが反応。警告音がしてすぐに逃げる。
最後、遠くから恨めしそうに音がした方をもう一度見る。
カメラもこれらの行動を想定した場所に設置。


まずはタヌキに侵入を許した場所を復習。
柱の角を曲がったネットの下からくぐって侵入。









昼間の映像。
風に葉っぱが揺れて監視カメラが反応。
なので何も映っていません。

[はなよめガード]





タヌキの映像。
最後よ~く見て。
タヌキがこちらをチラっ。
目が光っています。
タヌキ:今の何っだたんだ。ビックラ。

でもこれで懲りないのがタヌキ。
タヌちゃん、ここらで諦めた方がいいと思うよ。




[タヌキ退散]








にほんブログ村









【 2018/06/20 (Wed) 】 タヌキ | TB(0) | CM(14)

桃の環状剥皮効果

高田梅が落ちてましたので収集活動。
1個あたり50〜60gくらいでしょうか。
高田梅はアンズの血が入っていますので完熟すると味はアンズそのもの。
ニコニココットよりジューシー。
おいしいです。
ニコニココットはパサパサ感がありますね。
今年から本格収穫でしたが要検討です。

完熟梅で梅酒を作るとフルーティな味になるそうです。
一度試してみます。

浮くんだ。

高田梅 2018 6 16-1

高田梅 2018 6 16-2

高田梅酒 2018 6 17










瀬戸際の桃。
『はなよめ』
おいしくありません。
早生種として期待していましたがガッカリ。
昨年までは。

もう枯れてもいい。
環状剥皮をしてみよう。
実施したのが5月25日。
なので一ケ月経っていません。

除袋してから一日経過。
収穫してみます。

結果は糖度16.6。
大きさ的には250g程度。
小桃。
これまでは糖度12~13。
OKですね。
数日前から未熟を食べていましたが糖度13くらいありました。
完熟すれば糖度15くらいは行くんじゃないか。
結果はその通り。

はなよめ 2018 6 17-2

はなよめ 2018 6 17-1

はなよめ 2018 6 17-3

はなよめ 2018 6 17-4


今朝、紅いカチカチ桃を食べてみました。
糖度17.8。
食感・味は桃水そっくり。
桃も期待しながらガッカリの桃。
毎年糖度18程度。
今年は桃水も環状剥皮を実施済み。
9月が待たれます。

はなよめ 2018 6 18-1







糖度16〜18。
決して褒められた数字ではありませんがこの時期としては合格レベル。
季節的に桃では一番難しい時季。
5月下旬のひめこなつの糖度12はこれで納得。
桃の一番手ですから。
続く桃も同じでは栽培意欲を失います。








これで夏以降の桃が楽しみになりました。
これまで桃の最高糖度は糖度28。
まずは糖度20。
その次は糖度25。
その次は糖度30。
ホップ・ステップ・ジャンプ。
大きくはばたけ~。(笑)
私にとっては夢の糖度30。
味わってみたい。







にほんブログ村




【 2018/06/18 (Mon) 】 | TB(0) | CM(12)

タヌキ奮闘記

ブログタイトルは暫くタヌキ奮闘記に切り替えます。(笑)

今年は既に0勝ち3敗。
ひめこなつで敗れ、いくみで敗れ、今度ははなよめで敗れ。
アンズには全く興味無し。
アンズは嫌いのようです。




桃のはなよめ。
例年6月末収穫。
この桃は期待外れ。
糖度が足りません。
私の気持ちにそんな心が芽吹き始めていました。
今年の収穫は最初から諦めるようか。
そんな時、キウイの環状剥皮をしながら思い着いたのがはなよめの環状剥皮。
一度試してみよう。
もともと甘い桃はこのような発想に至りませんし大事な桃は幹を傷付けることもためらいます。
はなよめだからテストが出来る。
だたテスト前にはだかるのがタヌキ。

はなよめ 2018 6 16-4

はなよめ 2018 6 16-5

はなよめ 2018 6 16-6









昨日の朝、タネキに11個食べられました。
一応ネットで囲ってあります。
現場検証して分かりました。
タヌキの侵入経路はネットの下から。
5cmほどの隙間が出来ています。
最初はこのような隙間は無かったと思います。
少し土を掘った形跡と足跡も残されています。
これは貴重な情報。
獣害対策でネットの下は土の中に埋めるとある意味が分かったような気がします。
監視カメラにこの状況が映っているはずと思いきや電池切れ。(笑)
この前のひめこなつもやられて監視カメラに収めましたが、カメラが上下逆。
これからは電池の確認と上下の確認。
ここはしっかりと。
徐々にタヌキを追い詰めている実感があります。
タヌキはそれに気付いていない。

はなよめ 2018 6 16-1


はなよめ 2018 6 16-2

はなよめ 2018 6 16-3










今朝はなよめを見ましたが、タヌキが来た形跡は無し。
残念。
昨日、はなよめの除袋を実施。
除袋したら今度は鳥が良く来ます。
センサーが反応して鉄砲の音がバンバン。
鳥が来ているな。
はなよめ、今日から本格収穫を始めます。
多分はなよめは崖っぷちで生き残れると思います。
結果は後程。
恐らく糖度で15は行っていると思います。
桃も直接陽を浴びた桃は確実に他の桃より甘いですね。

はなよめ 2018 6 16-7

はなよめ 2018 6 16-8







リンゴのルビースイート。
現在200gほど。
小リンゴくらいでしょうか。
この感じですと400gは軽く超えて来そうです。

ルビースイトの実の下はピンチュのコサージュ。
コサージュも最初はピンクから始まります。

ルビースイート 2018 6 16-1

コサージュ 2018 6 16-1







ピンクから始まって次は汚い紫。

コサージュ 2018 6 16-2






その次が普通の紫。
実物は紫でも若干違いますが写真では上も下もほぼ同じ。(笑)
ここまで来ればあと数年で本来の色。
もう少し青くて淡い色が正解。

コサージュ 2018 6 16-3







花壇植えのメイちゃんの瞳。
隣のキウイの蔓に巻かれています。
1本に5品種のリンゴ。
メイちゃんの瞳は1本まっすぐに4m。
ワルツは途中でトキを高接ぎ。
ポルカは途中でHFF33を高接ぎ。
今年3個だけ試し生らし。
来年は上から下までビッシリと200個。

メイちゃんの瞳 2018 6 16-1

メイちゃんの瞳 2018 6 16-2







別の花壇にポルカ、メイちゃんの瞳、ワルツが1本植え。
今年伐採したリンゴ数品種をこの木で仮住いさせています。
徒長しています。(汗)
徒長は台木効果無しで、普通のリンゴの品種の特性がそのまま出ています。
今年台木を育てていますので来春居接ぎして1本苗に戻します。

紫陽花のダンスパーティ。
品評会で見た綺麗さはありません。
紫陽花もプロの凄さはありますね。

メイちゃんの瞳 2018 6 16-3

メイちゃんの瞳 2018 6 16-4

ダンスパーティ 2018 6 16








タヌキ奮闘記。
生きた実践ゲーム。
迷路に迷い込まないように。
もう暫く続きます。
もう暫くで終わる?








にほんブログ村









【 2018/06/17 (Sun) 】 | TB(0) | CM(12)

スイカに座布団を敷く

何か忘れている。
そうだ。
スイカの座布団。
このままでは虫にお尻を食われます。

スイカ 2018 6 14-1










取り敢えず幼果30ケ敷きました。

あっ採れた。
いや取れた。
肥大を始めて1週間くらいのスイカ。
流石に無理。
2.9kg。糖度8.6。

スイカ 2018 6 14-2

スイカ 2018 6 14-3










今年のスイカがおよそ読めて来ました。
8月末までに10株で50〜60個。
平均果重7.5〜8kg。
糖度不明。

こんな感じでしょうか。











取れたと言えば桃のはなよめ。
もうすぐ収穫が始まります。
既にタヌキに試し食いされています。

結局期待のパトピカは不発。
パトピカはタヌキに全く効果無し。
無反応。
監視カメラで分かりました。
ひめこなつが後半5日連続で食べられました。
パトピカ7個。
無駄に終わりました。
家の中に仕掛けておきましょう。

パトピカの次はこれ。
パトピカより音がうるさい。
しかも8種類の音が順に変わって行きます。
途中、イノシシの鳴き声もあります。
これがイノシシ?
子イノシシくらいの鳴き声。
本物は聞いたことがありませんが、これは迫力がありません。

獣除け 2018 6 9-1

獣除け 2018 6 9-2









もうすぐ収穫のはなよめは取り敢えずネットで囲うことに。
もしもの時にタヌキの行動は監視カメラで。
ネットをどうやって乗り越えるのか。
上なのか。
下なのか。
これが分かれば次の対策が打てます。
取り敢えずネットを張って5日ほど来ていません。
そろそろ。

監視カメラ設置時に小さなお尻でプッシュ。
監視カメラには映っていませんでした。
持ち帰って追熟させます。
取れた時はカチカチ。
今年は環状剥皮を実施。
多少でも効果が出るのでしょうか。

3日追熟した後の糖度。
糖度13。
例年は糖度12~13。
今年、完熟収穫で糖度15くらいまで行ってくれればですね。
何れにしてもこの時期の桃は味の追求は出来ません。
梅雨明けの桃に期待。

はなよめ 2018 6 9-1






はなよめ 2018 6 15-1

はなよめ 2018 6 15-2


タヌキとの戦いは今年0勝1敗。
スモモのいくみやはなよめも食べられていますが取り敢えず0勝1敗。
次で1勝1敗のタイに持ち込みたい所。






最近、これを良く見ます。
絶対ヤバイ昆虫。
スカシバ?
キウイにいそう。
今年も既に幹をやられています。
これに入られますと夏以降水分不足で実がシワクチャ。
今年も大玉は無理っぽい感じ。

スカシバ 2018 6 15









やっと剪定枝を焼却。
これで昨年の負の遺産は焼却しました。
最後は太い枝。
これで一つ楽になりました。

焼却 2018 6 14









あと今年の大きなテーマは桜桃の雨除け施設を復活させること。
今年もあがきをすれば少し桜桃を収穫出来ました。
それをせず、敢えて1個も収穫せず全て鳥にあげました。
やるとすれば秋以降。
今から構想を練らねば。





にほんブログ村
【 2018/06/15 (Fri) 】 スイカ | TB(0) | CM(14)

ウリハムシ用トラップ失敗。

ウリハムシ用の黄色い粘着シートがあるようです。
ふと浮かびました。
ペットボトルトラップで内側が黄色であれば入ってくれるかも。


トラップは上部1/3をカットして逆さにして差し込む一般形。
ペットボトルの内側に黄色の広告を入れます。
ペットボトルの底に石鹸液を少々。(これに浸かれば窒息)
あとはぶら下げる。

ウリハムシトラップ 2018 6 9-1

ウリハムシトラップ 2018 6 9-2

ウリハムシトラップ 2018 6 9-3

ウリハムシトラップ 2018 6 9-6

ウリハムシトラップ 2018 6 9-4

ウリハムシトラップ 2018 6 9-5

ウリハムシトラップ 2018 6 9-7

ウリハムシトラップ 2018 6 9-8









一日ですが結果は0匹。
一匹くらいと思いましたが0匹。(笑)
少し見てましたがウリハムシは丸無視。
トラップの存在に気付きませんね。
強烈な匂いでもしないと。
完敗。

ウリハムシは葉っぱも好きですが花でも見掛けます。
やはり黄色が好きなのでしょう。

今年はうまメロンとスイートボールを4本づつ。(4/16定植)
1本に10個くらいが目標。
行けるかも。











プリンスメロンの第2弾、第3弾も準備しておきました。
プリンス系は栽培が楽です。
ウリハムシが食べる量より成長が勝っていれば大丈夫。

ウリハムシトラップ 2018 6 9-9










スイカの玉ころがしを開始。
これも今後地道な活動になります。
色ムラなく甘さ均一で。
今の所、幼果が20個ほど。
一番大きいのでハンドボールよりちょい大きいくらい。
ハンドボールでマイナーですが分かります?

スイカ 2018 6 9-1

スイカ 2018 6 9-2








キンリョウヘンとミスマフェットを鉢増し。
7鉢から10鉢に。
あとは咲くまでじっくり。
畑にミツバチが来てくれるのでしょうか。

鉢増し前。

キンリョウヘン 2018 6 6-1







鉢増し後。

キンリョウヘン 2018 6 6-2








にほんブログ村



【 2018/06/11 (Mon) 】 メロン | TB(0) | CM(22)

アンズの季節

鳥取県米子へ地方巡業に行って参りました。
相撲巡業じゃないんだから。
地方に出張しますと仕事と言うより旅行気分。
のんびり。

列車の車窓から大山。
観光地を通過する度に車掌さんが観光案内。
乗っているのは観光列車じゃありません。
特急やくも。
サービス満点。

以前に車で大山に来た時は11月末。
ナビが無い時代。
地図を片手に運転。
良く横道に逸れました。
紅葉のはずが既に雪。
大山は雪が多い場所でした。

出雲 2018 6 7-1

米子市 2018 6 7-1

米子駅 2018 6 7-1

大山 2018 6 7-1

大山 2018 6 7-2











アンズの季節。

美杏。
少し果肉の繊維が気になります。
巨紅に負けず劣らずの大実。

美杏 2018 6 8-3

美杏 2018 6 8-1

美杏 2018 6 8-2









ニコニココット。
豊産品種。

ニコニココット 2018 6 8-1

ニコニココット 2018 6 8-2









紅浅間。
光が当たった所は紅く着色。
見栄えするアンズです。

紅浅間 2018 6 8-1

紅浅間 2018 6 8-2


紅浅間 2018 6 8-3

紅浅間 2018 6 8-4










ハーコット。
今年は行けると思ったのですが結果は2個。
例年通りです。

ハーコット 2018 6 8-1









カシス。
生食すると正露丸以上に苦い。
これがジャムになると実においしい。
ただカシスの小さな種が気になります。
出来れば種を濾したいです。

カシス 2018 6 8-1

カシス 2018 6 8-2









紫陽花のコサージュ。
透き通るよな紫色。
主張せず控え目な紫陽花。
ここがいい。
本当に綺麗な花は主張してはいけません。
本当に綺麗な人はあくまで控えめがいい。

コサージュ 2018 6 8-1

コサージュ 2018 6 8-2

コサージュ 2018 6 8-3










ぶどうはこれから房作りに入ります。
リビング前の日除けぶどう棚。
イタリア。
2×5mに100房。
藤棚みたい。(笑)

イタリア 2018 6 8-1








にほんブログ村
【 2018/06/08 (Fri) 】 | TB(0) | CM(18)

焼却炉の火入れ。

焼却炉が一応の完成。
延べ4日の力作。
継ぎはぎだらけ。
火入れで爆発するのか。
危険。
離れていよう。(笑)

排気筒前は鉄板の端材で代用。

巾900×奥行1,000×高さ1,900。
排気筒の巾は内内70mmの予定が100mmに。

焼却炉 2018 5 27-4

焼却炉 2018 5 27-5

焼却炉 2018 5 27-6

焼却炉 2018 5 27-3

焼却炉 2018 5 27-1













それでは火入れ。

10分でMAX燃焼。
早過ぎません?
行け~。
燃やせ~。

燃焼温度1,000℃。
煙が出ない完全燃焼型。

取り敢えず原理を書いておきます。
温まった狭い排気筒の中は空気が軽く上昇気流が起きます。
その上昇気流に引っ張られるように手前から空気が吸われます。
うちわで煽いだように。
なので短時間で燃え尽きます。
排気筒効果(上昇気流効果)と言います。
ロケットストーブもこの原理。
狭て高い排気筒を作り、下に空気の取り入れ口を作る。

焼却炉 2018 5 29-1

焼却炉 2018 5 29-2

焼却炉 2018 5 29-3

焼却炉 2018 5 29-4

焼却炉 2018 5 29-6

焼却炉 2018 5 29-8












取り敢えず爆発しませんでした。
亀裂は多々。
既に2回燃やしました。
延べ5時間の燃焼。
これで剪定枝の半分を焼却。


焼却炉から3m離れた所にプルーンのパンサー。
熱気で葉っぱがチリチリ。
可愛そうなことをしました。
毎回熱気地獄。

焼却炉 2018 6 3-1

焼却炉 2018 6 3-2

焼却炉 2018 6 3-3










昨年は1回燃やした後に倒壊。
今年は2回でまだ立っています。
今回の焼却炉は戦力になってくれるでしょうか。








にほんブログ村





【 2018/06/03 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

スイカの様子。幼果が着き始める。

いろいろ片付いて来ました。
リンゴ、梨、桃の袋掛け。
キウイの摘果。
焼却炉の建設。
どれも終了。
タヌキ対策もこれで終了にしたいです。

今後はぶどうのお世話と柿の摘果。
桜桃とビワは今年諦め。
来年頑張ります。











甘果桜桃は鳥が完食。
しか~し酸果桜桃だけは無事のようです。
超酸っぱいので。
サクランボジャムにすれば凄くおいしいのに。
鳥には加工は無理かな。

酸果桜桃のノースピュア。

ノースピュア 2018 5 28-1

ノースピュア 2018 5 28-2











最近、袋掛けをして害虫がたくさん。
あと一週間袋掛けが遅れていたらヤバかった。
ギリセーフ。




梨の豊水。
チョッキリゾウムシに1本全てやられました。
今朝、袋を被せようとして1個もまともなものが無い。
見るからに無残な幼果。

チョッキリゾウムシ。
お仕事中に失礼。
カメラを向けても逃げない。
それどころじゃないみたい。

豊水 2018 5 28-1

チョキリゾウムシ 2018 5 27-1

ゾウムシ 2018 5 26-1










桃の幼果にも害虫。
今年相当見ました。
袋を掛けて暫くは大丈夫。
次は収穫前の夜蛾。

桃 2018 5 26-1

桃 2018 5 26-2












プリンス系の簡単メロン。
そのうち足の踏み場が無くなります。

メロン 2018 5 27-1











スイカ。
勢いが出て来ました。
12本中2本が植え付け直後に枯れました。
今は10本。
最初の20個くらいは人工授粉させます。
その後は昆虫任せ。
スイカもそのうち足の踏み場がなくなります。

スイカの幼果。
この感じで行けば今年の初収穫は6月30日頃。

スイカ 2018 5 27-1

スイカ 2018 5 27-2

スイカ 2018 5 27-4

スイカ 2018 5 27-3










コツコツと地道な作業。
一気に無理だー。
そんなことも道が開けて来ます。
継続は力なり。
作業の継続ではなくて気力の継続。
これは最終地点を思い描くことから始まります。








にほんブログ村
【 2018/05/28 (Mon) 】 スイカ | TB(0) | CM(20)

ぶどう棚のビニールを張り替え

桃のなつおとめの収穫を始めました。
一つ皮の表面にポツポツの斑点。
刺された跡。

なつおとめの味は追求出来ません。
こんなもん。
糖度的に頑張って糖度13レベル。
取り敢えず今の所、パトピカが機能しているのかタヌキ被害は出ていません。
成功すればパトピカを買いあさります。
糖度の追求は梅雨が明けてから。
今年の目標は糖度30。
パトピカ様。
守って~。
桃はこれから10月中旬まで続きます。

ひめこなつ 2018 5 27-1

ひめこなつ 2018 5 27-2










ぶどう棚のビニールを張り替え作業を始めました。
まずは5ケ所のうち2ケ所。
3×8mと3.5×6m。

ビニールは5年ほど持ちました。
今回は前回と別メーカーのもの。
安かったので。
今度は5年持たない?
前回も今回も0.1mm。
0.15mが良いのですが高い。


庭のぶどう棚。
冬にビニールを剥がしてから野ざらし。
見ればぶどうの房にうどん粉病。
いけませんです。

POフィルム 2018 5 26-1

POフィルム 2018 5 26-8

POフィルム 2018 5 26-2

POフィルム 2018 5 26-7














リビング前のぶどう棚。
2×5m。
シャッターの中に蔓が。
ジベ処理の時期ですが、この房ではいけません。
余分な蕾を取るのと整枝をしてから。
房作りも大変な作業。
今年も500~600房程度。
やるしかありません。
ここの狭小棚でイタリアが100房。
昨年は70房。
一昨年が100房。
疲れはないようです。

摘蕾・整枝前。

POフィルム 2018 5 26-4

POフィルム 2018 5 26-5










摘蕾・整枝後。

POフィルム 2018 5 26-6

POフィルム 2018 5 26-3









昨年9月29日の画像。

イタリア 2017 9 29-1











今日もこれからビニールの張り替え。
風速1m/s以下。
こう言った日しか出来ません。










にほんブログ村







【 2018/05/27 (Sun) 】 ぶどう | TB(0) | CM(12)

穴だらけ。焼却炉の途中経過。

焼却炉作りは第3ステージまで来ました。
あと1回で完成。
完成が終わりかもしれませんが。
試し焼きが怖い。



第一ステージ。

焼却炉 2018 5 4-4

焼却炉 2018 5 13-1









第ニステージ。

焼却炉 2018 5 19-1

焼却炉 2018 5 19-2

焼却炉 2018 5 22-1

焼却炉 2018 5 22-2

焼却炉 2018 5 22-3










第三ステージ。

焼却炉 2018 5 22-4









穴だらけ。
来週完成予定。
穴はごまかします。
お化粧直しは必須。












桃の木の一部に環状剥皮を実施しました。
糖度アップが目的。

写真は白麗の徒長枝。

白麗 環状剥皮 2018 5 22-1

白麗 環状剥皮 2018 5 22-2







最近収穫が出来ていない極晩生の実生桃。
収穫はタヌキ次第。
密かに狙います。
糖度30以上、800g。
これくらいの気持ちでいれば糖度25、600g程度は収穫出来ます。
3年前は飽きるくらい桃を食べましたが、ここ2年はほとんど食べていません。
復活させたいですね。









にほんブログ村
【 2018/05/23 (Wed) 】 未分類 | TB(0) | CM(12)

タヌキ対策。パトピカ設置

タヌキ対策の一つ。
試しにパトピカを設置。
光と音で威嚇。
タヌキはビックリポン。
逃げろ~。
の予定。(笑)

取り敢えず、桃のひめこなつがあと数日で収穫が始まりそうな気配。
色着き始めました。

パトピカ。

パトピカ設置 2018 5 21-1

パトピカ設置 2018 5 21-2

パトピカ設置 2018 5 21-3

パトピカ設置 2018 5 21-4








ひめこなつに実生桃を人工授粉。
これは何とか収穫したいです。

パトピカ設置 2018 5 21-5








アンズの巨紅がうっすら着色。
アンズの中では一番早いです。
あと一週間ほどでしょうか。

巨紅。

巨紅 2018 5 21-1












にほんブログ村
【 2018/05/21 (Mon) 】 | TB(0) | CM(16)

孫悟空に実が。

風邪薬を10日ほど飲んでいますが治りません。
お医者さん曰く、草アレルギーかもしれませんね。
草アレルギー?
それ何ですか。
草花粉が原因のアレルギー。
当たっているかも。
もしかしてこの先生、凄い人かも。いやいい加減な人かも。
ただ困ったな。
草いっぱいだし。
で、今回は草アレルギーに効く薬を頂いて来ました。








キウイの孫悟空。
初開花。
例年強剪定過ぎて花が咲きません。
今年は少し剪定を控えて少しだけ花を咲かせました。
これって実?
家の孫悟空は実を着けるようです。
新種の雄花かも。
所詮素人栽培。(笑)

孫悟空 2018 5 18-1










これで黄肉種と緑肉種の受粉樹はなくなりました。
だけど実は着いてます。
家で黄肉種と緑肉種の受粉樹はいらないって言うことですね。

今年は紅芯系がいい感じ。
環状剥皮効果が出ているかもしれません。
キウイは例年通り1,000~1,500個くらいの収穫予定。

紅妃。(摘果前)

紅妃 2018 5 17-2











今朝から桃の袋掛けを開始。

今年は白麗中心で。
例年白麗の収穫は1~2個。
今年は150~200個からスタート。
きっと終わってみれば1~2個の収穫でしょう。

今年試しに徒長枝に生らせてみました。
樹勢は強い感じ。
桃の良果は樹勢を強く。
お盆頃に結果が出ます。
10個収穫出来れば奇跡。

白麗。

白麗 2018 5 18-1

白麗 2018 5 18-2

白麗 2018 5 18-3




徒長枝が途中でダラーンとするかもしれません。
最後まで立っていられるか。

ダラーン。

白麗 2018 5 18-4




今年の桃は700~800袋くらいでしょうか。
一時は1,800袋でしたので随分減りました。
桃は最近気合が入りません。
収穫率が悪いからでしょうか。








早生種のひめこなつ。
色着いて来ました。
収穫近し。
あと一週間くらいでしょうか。

ひめこなつ 2018 5 18-1










スイカを植え付けて丁度一ケ月。
雌花が咲き始めました。
このまま行けば収穫は6月下旬から。収穫終わりは8月末。

スイカ 2018 5 17-1

スイカ 2018 5 17-2

スイカ 2018 5 17-3








タヌキ除けは考え中。
まずは例年必ずやられるひめこなつで試してみます。
道具は『パトピカ』。
近付くとパトカーの光がクルクル回ります。
音も。
ウぅ~。
逮捕するぞ~。







にほんブログ村
【 2018/05/18 (Fri) 】 キウイ | TB(0) | CM(14)

あいかの香り6年目。

1本の実生バラ。
バラも実生。
名前がありません。
適当な名前を言っても分からないと思います。
樹の上と下で色が違います。
黄色も一日経つと色が変化。
バラも移り気なんでしょうね。

実生バラ 2018 5 14-1


実生バラ 2018 5 14-2

実生バラ 2018 5 15-1











一年で最も忙しい時期。
今から約3週間くらい。
摘果係り。(分身1号)
袋掛け係り。(分身2号)
ぶどうの整枝係り。(分身3号)
みんな同時に頑張るぞー。
日本一の果実の分身に声を掛けておきます。




キウイのジャンボイエローの環状剥皮を実施。
思い付いた時にやっておきませんと忘れます。
紅芯系は5/4に環状剥皮を実施済み。
あと1~2回実施予定。

丁度今、緑肉種が開花中。

写真は雌雄同体のニューエメラルド。
1本で生る品種。
他の緑肉種の受粉樹としても貢献。

ニューエメラルド。

ニューエメラルド 2018 5 14-1











花壇植えのあいかの香り。
今年が6年目。
昨年、テッポウムシに入られましたがキンチョールEで撃退。
キンチョールEが無かったら負けていました。
チョッキリゾウムシかな。
既に突かれています。
早く袋掛けしなくては。
日本一の果実2号頑張れ~。

あいかの香り 2018 5 14-1

あいかの香り 2018 5 14-2

あいかの香り 2018 5 14-3










毎日コツコツと。
毎朝1時間作業すると5日で5時間。
半日分に相当します。
明日の朝はぶどうの整枝とキウイの摘果。
これは日本一の果実3号と4号の仕事でした。
4号?(笑)










にほんブログ村
【 2018/05/14 (Mon) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)