FC2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

キューリの収穫とジャンボ落花生

果物が無いので野菜に一生懸命。
野菜がんばるっちゃ。



キューリ。
今年、4回転目。
これで最後自家栽培されてみえる方はお分かりだと思いますが、キューリはたくさん生りますね。
毎日キューリ。
飽きてもキューリ。
でしょう。
夏に欠かせませんが、10月いっぱいで終了。

キューリ 2018 10 11-1

キューリ 2018 10 11-2

キューリ 2018 10 11-3










ジャンボ落花生。
今年は6株。
昔、落花生を本気栽培したことがあります。
落花生は数株でいい。
花の数分地中に潜ります。

ネットで覆ってありましが、端の方をカラスに突かれました。
まだちょっと早いね。

ジャンボ落花生 2018 10 11-1

落花生 2018 10 14-1

ジャンボ落花生 2018 10 11-2










イチゴの『蜜香』を試してみます。
小さな実みたいですが甘いようです。
糖度14~18と書いてあります。
来年は全部で50株ほど。
昔の200株に比べれば縮小傾向。
イチゴのメインは愛知産『あかねっ娘』。

蜜香 2018 10 13-1

蜜香 2018 10 14-1







さてこの実は何でしょう。
今年は忘れずに収穫しましょう。
来年の秋、この時期使う為に。

クチナシの実 2018 10 13-1









にほんブログ村


スポンサーサイト
【 2018/10/15 (Mon) 】 野菜 | TB(0) | CM(14)

柑橘は忍耐。

熊本の梨。
荒尾産『新高』。
994g。
約1kg。
この大きさ、感覚で覚えておきます。

荒尾梨 2018 10 12-1

荒尾梨 2018 10 12-2








台風でも落ちなかった梨が少々。

『にっこり』
600gくらいでしょうか。
色的にはそろそろ。

にっこり 2018 10 11-1










『王秋』。
600gくらいでしょうか。

王秋 2018 10 11-1

王秋 2018 10 11-2










1kg。
無理だな。(笑)
一応来年、『かおり』で頑張ってみます。










さて、柑橘。

今年、一から育てた紅ちゃんが初収穫の予定。
ここまで長い長い。
8年くらい掛かったでしょうか。

台木のカラタチの挿し木。
用土に養分が無いので太くなりません。
太さは5mmくらい。
成功率は50%くらいでしょうか。
1年目はここから始まります。

カラタチ 2018 10 12-1








これは3年目の紅ちゃん。
20cmくらい。
(2年目に居接ぎしますが、2年目はほとんど成長しません。)
3年目からじわじわ。
ゆっくりゆっくり。

紅ちゃん 2018 10 12-1

紅ちゃん 2018 10 12-2








居接ぎして6~7年くらいで実を着けますが、これを1~2年全摘果。
ここが忍耐。
初開花で実を着けさせますと、成長はそこで止まります。
木を成長させてから収穫。
木を成長させるのは、強剪定。
強く切るのも忍耐。
慣れの部分がありますが、強剪定は勇気が入りますね。










ようやく生らせた紅ちゃん。
紅ちゃん1号。
樹高2m。
100個くらい実を着けて、そのうち30個程度生らせました。

紅ちゃん 2018 10 11-1

紅ちゃん 2018 10 11-2

紅ちゃん 2018 10 11-3

紅ちゃん 2018 10 11-4











紅ちゃん2号。
樹高2m。
30個くらい実を着けてそのうち2個生らせてみました。
本収穫は来年から。

紅ちゃん 2018 10 12-3

紅ちゃん 2018 10 12-4









クレメンティン2号。
4年目。
これも一から育て上げたもの。
あと2年は全摘果。
忍耐。
一本一本の枝を太く。
強剪定あるのみ。

クレメンティン 2018 10 12-1

クレメンティン 2018 10 12-2









最近、おいしいみかんが増えて来ましたね。
はじけるくらいプリプリとか。

好きなだけみかんにはまだ全然。
数年掛かります。
それまでは忍耐。
疲れちゃう。(笑)






にほんブログ村












【 2018/10/12 (Fri) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)

柿の大蜂屋を伐採。

通販番組を見てましたら日高産昆布を使っただしをやっていました。
500ml入り6本で4,200円くらい。
味噌汁、煮物、野菜炒めなどに使えるとか。

ネットで調べましたら日高産昆布が磯の香りが強く、うま味が少ないようです。
(事実は分かりませんが)
昆布は真昆布、利尻産、羅臼産、日高産があるようです。
プロが使うのは真昆布、利尻産と書いてあります。
利尻産だしの宣伝蘭には日高産をあまり良く書いてありません。

真昆布だしが無かったので利尻産だしを注文。
今まで日高産の昆布が一番と思っていましたが思い違いだったかも。
昆布でも産地によって味が変わるようです。
勉強になりました。

以下はネットから。

・真昆布 … 水出し、火入れともに、香りは穏やかだけれど、上品な甘みとクセのない澄んだうま味が口の中に広がる味わい。4種の中でいちばん上品なだし。

・羅臼昆布 … 厚みのある濃厚なうまみと甘みを感じる、コクの強さが特徴のだし。水出しでも他と比べて十分その傾向があるが、火入れするとより濃厚さが増す。だしの色は多少黄色みを帯びている。

・利尻昆布 … 甘みは真昆布ほどではないがほのかな昆布の香りと、じんわりと広がるクセのないうま味がある。羅臼や真昆布に比べて、キレがある印象(水出し、火入れとも同じ)。

・日高昆布 … 昆布のよい香りというより、磯の香りに近い風味が強く、多少の甘みやうま味はあるものの、後に引かないので物足りなさを感じる。水出しの方がなぜかはじめに甘みを強く感じる(それも後にはひかずにストンとなくなる感じ)。

だし 2018 10 8-1

だし 2018 10 8-2








台風21号の後片付け。
やらないと。


高さ4mの柿の大蜂屋が横倒しに。
戻そうとしてもビクともしない。
諦めて掘り起こそうとしても太くで掘れない。
ゴボウ根は太い。
仕方が無い。
胴吹きした枝に別の品種を接ぐか。
2年後になります。

大蜂屋もここで断念。
収穫前までにボトボト落ちて収穫に至りませんでした。

今、別の柿を考えていますが、太秋、麗玉、太雅。
このあたりでしょうか。
甘くて種無しであれば麗玉。
多少大きくてジューシーであれば太秋。
もう少し考えます。

大蜂屋 2018 10 8-1

大蜂屋 2018 10 8-2

大蜂屋 2018 10 8-3








にほんブログ村
【 2018/10/11 (Thu) 】 | TB(0) | CM(14)

秋の接木

冷ややかな空気。
バラにも。
色褪せた夏の色から本来の色彩を取り戻したように感じられます。

バラの『オマージュ バルバラ』。
深い紅色。

オマージュ バルバラ 2018 10 8-1






秋の接木を開始しました。
1~2週間で接木が成功したかどうかの結果が出ます。
リンゴは今年の春に樹脂病で半分以上倒しました。
少しでも早く復活させたい気持ちがあります。
スモモとリンゴは病気に弱いですね。


現在、一番の期待は『おいらせ』。
蜜が霜降りのように入るようです。
次に『美丘』。
大実でリンゴの中では最大級。
真赤に着色して600g以上を期待しています。
まずは来年味見。
今年の春に高接した枝に生らせて味を確認したいです。

庭のつがるを伐採して台木として使います。
三年後から結実予定。

おおらせ 2018 10 8-1

おいらせ 2018 10 8-2







圃場のリンゴの台木(JM7)にも数本居接ぎを行いました。
伐採した時に穂木を採取し、別のリンゴの枝に接いで一時的に仮住い。
それを台木に戻す作業。

リンゴ居接ぎ2018 10 8-1









栗。
『武蔵』に見切りを付けました。
武蔵は授粉程度に縮小。
ポロタンの勢力を伸ばします。
来年は今年の枝の1/4。
栗も出直し。


元の状態。

ポロタン 2018 10 8-1








縮小後。
縮小した武蔵に別の品種を高接ぎ。
秋は芽接ぎが一般的かもしれませんが、敢えて割接ぎで。
武蔵の年輪は8年?

ポロタン 2018 10 8-2

ポロタン 2018 10 8-4

ポロタン 2018 10 8-3

ポロタン 2018 10 8-5

ポロタン 2018 10 8-








畑から戻るは日が暮れようとしていました。
物寂しさを感じる空。
暫く眺めていよう。
語り掛けませんでしたが。(笑)

秋空 2018 10 8-1







にほんブログ村
【 2018/10/09 (Tue) 】 | TB(0) | CM(10)

正常性バイアス。台風24号通過。

正常性バイアスと言った言葉を聞きます。

「『正常性バイアス』とは、何らかの異常事態が起きた時、『これは正常の範囲内だ』と思い込んで平静を保とうとする心の働きのことです。誰でも持っています」

日々直面するさまざまな出来事。その全てに心を反応させていると、不安や恐怖を感じ過ぎ、神経が持たなくなる。そのため、ある程度の事象に対しては自らの経験などをもとに「これは正常の範囲内であり、特に反応する必要はない」との判断を下し、平静を保つ。このメカニズムが「正常性バイアス」である。



今回の台風24号。
直撃コース。
進路によっては前回より被害が出るかも。

昨夜、台風が家の上空を通過。
一時は台風の目玉の中。
(正確には家の5km東側を通過。)
思ったほど風は吹いていません。
なかなかこう言った経験も出来ません。



今回の台風24号の被害。
ありませんでした。



前回の台風21号で果樹の実で落ちるものは全て落ち切った感があります。
棚など壊れるものは全て壊れましたし。





昨日(9/30)の13時頃。
自然薯の棚を補強していたら土砂降りに。
畑の畦は一気に水溜まり。
たたき付けるような雨。

台風24号 2018 9 30-1

台風24号 2018 9 30-2

台風24号 2018 9 30-3

台風24号 2018 9 30-4











家の中のサニーレタス。
ここは安心か。
一つの小さな野菜苗をペットボトルの中に入れるのは有効な手段。
数本の野菜苗はこれで行けます。
ペットボトルいっぱいに成長したら解放してあげます。

台風24号 2018 9 30-6









庭のメイちゃんの瞳も無事でした。
前回の台風で傾きましたので今回は若干補強。

台風24号 2018 9 30-5










今年の台風。
3回連続で同じようなルート。
これから先も同じようなルートで来ますね。
それなりの備えが必要でしょう。


正常性バイアスは捨てましょう。
正常性バイアスを捨てられるかどうかは、過去に危機的状況に遭ったことがあるかで変わって来ます。
早めの行動。
早めの備えが必要ですね。
備えがあってこそ憂い無し。
良く言ったものです。








にほんブログ村

【 2018/10/01 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(16)

みかんの品種更新

前回の台風21号の影響でメイちゃんの瞳がご機嫌斜め。
私もこれが気掛かり。

メイちゃんの瞳 2018 9 23-2







紐で引っ張って真っ直ぐに。
若干戻ったか。
やっぱご機嫌斜め。
台風で折れなくて良かった。
春に比べ、幹の太さが2倍に。
地上から30cmにも花芽。

メイちゃんの瞳 2018 9 23-2


メイちゃんの瞳 2018 9 23-3

メイちゃんの瞳 2018 9 23-4









昨年から始めた柑橘の品種更新。

今年の春、タロッコの枝に別の品種を高接ぎ。
足元はタロッコを少し残してあります。
今年は接木した枝1本だけを真っ直ぐ伸ばします。
これくらいスカスカで丁度いい加減であります。
2年先にはビッシリ。

タロッコ 2018 9 23-1

タロッコ 2018 9 23-2

タロッコ 2018 9 23-3








昨年の春にバレンシアオレンジを見切りました。
不知火と早生デコポンを高接ぎ。
今年3個だけ生らせてあります。
これ以上生らせると全く成長しません。
成長させながら収穫。
ギリギリの判断。

デコポンは甘く見ていましたが、これぞ柑橘の王様のように思えて来ました。
味ではNO1じゃないでしょうか。
糖度18のデコポンは最高ですね。
今年どれくらいのものが出来るのか楽しみに待ちましょう。

バレンシアオレンジ 2018 9 23-1

バレンシアオレンジ 2018 9 23-5

バレンシアオレンジ 2018 9 23-6









今年、7本の幼苗を植えました。
しっかり育てましょう。
5年先を夢見て。

柑橘 2018 9 23-1








下のバナーは昨年収穫。
今年は僅か2.7kg。(汗)



にほんブログ村
【 2018/09/25 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(18)

モスラの蛹。 梨の長十郎。

モスラ。
大きなお目目。
視線を合わせてみましたが合いません。
逆にクルっとこちらを見たらビビります。(笑)
向こうを向いていて頂戴。
蛹の準備かな。

サナギ 2018 9 16-1






2日後。
どこへ行ったんだろう。

いたいた。
茶色。
死んじゃった?

サナギ 2018 9 18-1









台風の強風に耐えた梨。
長十郎。
背は低く、もうお爺ちゃんの木。

いい味を出しています。
梨も人も歳を取ればいい味を出すようになりますね。

この前の台風で袋を飛ばされた梨は害虫がたかっています。
害虫にとってはご馳走。
今年の長十郎は糖度が15前後。
他の梨に比べて小さな梨ですが500gほどあります。
害虫が食べた所を除けばおいしく頂けます。
これがもっと小さくて不味ければ捨てられる運命に。

長十郎 2018 9 17-1

長十郎 2018 9 17-2

長十郎 2018 9 17-3

長十郎 2018 9 17-4

長十郎 2018 9 17-5

長十郎 2018 9 17-6

長十郎 2018 9 17-7







中国梨と和梨があと少し残っています。
味的に今年は大当たり。
どれもこれも糖度が15前後あります。
瑞々しさが特徴の梨。
目立ちませんが家では結構人気。

今年は味が安定していますので安心して頂けます。
ゲロゲロって言うのがありません。(笑)






にほんブログ村



【 2018/09/18 (Tue) 】 | TB(0) | CM(20)

カラスの失敗。シャインマスカット。

ここ数年、何者かにぶどうを食べられています。
タヌキでは無さそう。
タヌキは自身の研究で木にうまく登れないのが分かっています。
ハクビシンか?

今年もクイーンニーナ、翠峰、ロザリオビアンコをやられています。
先日の台風で潰れたシャインマスカットの棚も順番に食べられ始めました。
こう言った時は監視カメラ。

朝、見たらまたやられていました。
しかも監視カメラのすぐ前。



もう完璧でしょ。
タヌキのようにカメラ目線はありませんでしたが、落ちたシャインマスカットに必死。

カラスのよっちゃんか。

よっちゃんにとっては失敗だと思うよ。
ぶどうをネットの外に落とさなきゃ。


現場検証を始めます。

シャインマスカット 2018 9 16-1

シャインマスカット 2018 9 16-2









[広告] VPS


[広告] VPS


[広告] VPS







カラスね。
カラスと分かれば対策はさほど難しくありません。
ハクビシンじゃなくて良かった。

カラスは糸やネットが大嫌い。
冒険をしません。
上と下を防御。
真ん中の空間から中に入ろうとしません。









先日の台風で落下したグラニースミス。
まだ熟していません。
半熟。
これで中途半端な味のリンゴジャムを作りました。
5kgくらいでしょうか。

グラニースミス 2018 9 16-1

グラニースミス 2018 9 16-2

グラニースミス 2018 9 16-3











普段、あまり野菜をアップしませんがこそこそやっています。
夏野菜は例年40~50品種ほど。

カボチャを撤収。
昔はカボチャが嫌いでしたが最近は食べられるように。

かぼちゃ 撤収 2018 9 16-2

かぼちゃ 撤収 2018 9 16-1










今年の果物は台風でダメですが野菜は何とか。
サツマイモも自然薯も落花生も土の中。
楽しみは残っています。
土の中は風の影響はありません。

サツマイモは今年5品種。
今年の栗は早生種を僅か2kgほど収穫。
先日の台風で全落下しましたでこれが全て。
栗の代わりにサツマイモに期待ですね。









にほんブログ村
【 2018/09/17 (Mon) 】 ぶどう | TB(0) | CM(16)

台風21号の後片付け。実生桃。

台風21号の後片付けを始めました。


桃の雨除け。
実生桃と黄ららのきわみ。

特に痛かったのは実生桃。
今年は久々に収穫しようと思っていました。
ここ数年、盗難やタヌキの食害。


屋根が潰れて幹がボキっ。
重症。

実生桃 2018 9 8-1

実生桃 2018 9 8-2

実生桃 2018 9 8-3










来春までこのままにします。
他の桃やネクタリンが接いであります。
挿し木と接木で品種確保をします。

実生桃は平均で500g。糖度22程度。
大きなもので650g。最高糖度27。
今年も600g程度行ったと思います。
残念でした。

落下した実生桃。

実生桃 2018 9 8-5


実生桃 2018 9 8-6

実生桃 2018 9 8-7






幹のひどい裂け方ですが実は付けたままにしておきます。
実生なので根元付近から芽が出て来ることを期待します。







にほんブログ村
【 2018/09/10 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(14)

今年の収穫は厳しい。

この強風では無理。
仕方無い。

台風21号。
2018年9月4日。
記憶に留めておきます。


庭のあいかの香り。
根元から折れて道路に。
危ないので速攻で片付け。

台風21号 2018 9 4-1

台風21号 2018 9 4-2










リビング前のぶどう棚。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-3

台風21号 2018 9 4-4








キウイ棚一ケ所。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-5








実生桃の雨除け。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-7


台風21号 2018 9 4-8









畑のぶどう棚。
倒壊。

台風21号 2018 9 4-6









柿の大蜂屋。
横倒し。

台風21号 2018 9 4-13









家の屋根の一部も。

台風21号 2018 9 4-9

台風21号 2018 9 4-10





こんな所に。
隣の家まで飛ばなくて良かった。
今だ一枚発見出来ず。

台風21号 2018 9 4-11










今年植えたリンゴの苗木。
倒れていません。
小さいのに良く耐えた。
救われた気持ち。
このリンゴは5年先を夢見て植えたもの。

台風21号 2018 9 4-12










出直しですね。
今年の収穫は厳しい感じ。






年内に復旧させないと来年の収穫に響きます。
やりますよ。
復旧はなるべく早く。
構造物は頑丈に。








にほんブログ村
【 2018/09/04 (Tue) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

意外に強かった台風20号。落下梨。

オケラみほちゃんは早くも冬眠したんだって。

ヤモリのふみちゃんは台風に備えて家の中に避難。
チョロチョロ動き回っています。

ヤモリ 2018 8 24-1

ヤモリ 2018 8 24-2

ヤモリ 2018 8 24-3








さて、今回の台風20号。
当地は強風圏。
まぁ大したことは無いだろう。

・・・
全然大したことがありました。

庭の桜桃の雨除けが倒壊。
あらまっ。

倒壊 2018 8 24-1

倒壊 2018 8 24-2










今日の午前中に片付け。
汗びっしょり。
まだまだスイカがおいしい。
このシャリ感がいい。

スイカ 2018 8 25-1

スイカ 2018 8 25-2








スイカを食べながら梨の凛夏を思い浮かべました。
梨の凛夏もシャリシャリ。
果肉が粗く、かえってこれがシャリ感に繋がっていると思いました。

凛夏。

凛夏 2018 8 23-1

凛夏 2018 8 23-2

凛夏 2018 8 24-1









台風が通過した8/24の朝。
庭の梨から落下。
豊水・あきづき・王秋などが落下。
落下梨が今年の梨の試し採りになりました。

落下梨。

落下梨 2018 8 24-1









畑の梨も落下していると思いきや、こちらは少し。
晩成種が多いからでしょう。

畑の落下梨。

落下梨 2018 8 25-1

落下梨 2018 8 24-3

落下梨 2018 8 24-2








意外に落ちなかった梨のかおり。
現在500g程度。
1kgくらいになるようですが家では無理。
木が私のようにヒョロヒョロ。
収穫まで行ければ600~700gを予想。
これまで収穫まで辿り着くことなく落下。
今回落下しなかったので今年は期待出来るかも。
まだ収穫まで1ケ月以上あります。

かおり。

かおり 2018 8 25-1








今年の梨はぶどうと同じで例年より甘いです。
やはり暑い夏は果物も甘い。









栗も台風で落下。
今年の6月時点では豊作かと思いましたが、猛暑の影響か次々に落下。
ここに来て台風が追い打ち。
一気に不作に転落。
10kgは厳しいかも。

落下栗。
このまま一週間くらいすればパックリ割れます。
一応食べられるか確認してみます。
例年の収穫は9月6日くらいから。
落下栗はちょっと早いかも。

落下栗 2018 8 25-1







例年、9月上旬に秋雨前線が停滞して、秋の収穫に影響します。
今年はこれまで何だかんだで順調に収穫出来ていると思います。
味も悪くありません。
長期予報では秋も冬も気温高め。
安定した気象で行って欲しいものです。






にほんブログ村


【 2018/08/25 (Sat) 】 | TB(0) | CM(20)

冬野菜の種蒔き

盆休みに野菜を植える畑を開墾しました。
気合を入れました。(笑)


開墾する前は草ボーボー。
こんなのやってられるか~。
始める前は。
草が倒れるか私が倒れるか。
ギリ勝利!

今年はリンゴと柑橘をガガガ~と植えましたので野菜を植える所が無い。

格闘する前と後。

開墾 2018 8 18-1

開墾 2018 8 18-2









種蒔きしてすぐに雷雨。
2日で発芽して来ました。

頑張れよ。
野菜からお前もな。
お互いが励まし合い。

発芽 2018 8 18-2


発芽 2018 8 18-1

発芽 2018 8 18-3









玉葱の赤ちゃん。
12月収穫用。

春に種を蒔いて6月末にセット球を収穫。
乾燥させた後、冷蔵庫保管。
一時的な冬を経験させて8月末に植え付け。
一度寒さを経験させると肥大が良いようです。

玉葱セット球 2018 8 19-1









最近あまり食べないイチジク。

ブリジャソッドグリース。
酸味がありますので味は濃厚。

ブリジャソッドグリース 2018 8 18-1

ブリジャソッドグリース 2018 8 18-2

ブリジャソッドグリース 2018 8 18-3









品種不明のミステリーナイン。
昔、とある方から譲って頂きました。

年間糖度ランキング1位に輝いたこともあるイチジク。

このヒビの入り方。
如何にも、甘そう。

糖度測定。
あれっ。
食べてみるとサッパリ味。
そんなもんです。
そのうち糖度40くらいまで行ってくれることでしょう。
ミステリーナイン 2018 8 18-1

ミステリーナイン 2018 8 18-2

ミステリーナイン 2018 8 18-3

ミステリーナイン 2018 8 18-4











栗のぽろたん。
今年は落下が目立ちます。
結果的に摘果十分状態。
恐らく平均で30g程度になると思います。

ぽろたん 2018 8 18-1

ぽろたん 2018 8 18-2











昨年も台風で栗がたくさん落下しました。
台風の進路が気掛かりです。
台風が来たら栗の毬を投げつけてやります。









にほんブログ村
【 2018/08/20 (Mon) 】 野菜 | TB(0) | CM(16)

リンゴの中にリンゴ。メイちゃんの瞳の種採り。

花壇にリンゴのバレリーナツリーが3本。
ポルカ・メイちゃんの瞳・ワルツ。
今年が植え付け4年目。
メイちゃんの瞳で樹高4m。
ただどれも線が細い。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-3









お盆に施肥と根周りの土を掘り起こしておきました。
9月から10月中旬までの45日間で幹の太さを2倍にさせます。
現在幹の太さが5cmくらいですが10cmまで。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-4










今年の春に畑に植えてある樹勢の落ちたリンゴを伐採。
復活させたかったのですが病気には勝てず。
品種確保の為、伐採したリンゴをこの3本のリンゴの木に仮置きの接木。
仮置きした枝が徒長。
バレリーナツリーの枝は通常徒長することはありませんが、一般品種を接ぐと徒長するようです。
現在、3本のリンゴに10品種くらい。
赤・青・黄のリンゴ。
止まれ、いや進め、いや待て。
混雑することが予想されます。
交通整理が必要。

ワルツ 2018 8 17-1







例年、8月下旬頃が収穫のメイちゃんの瞳。
今年は10日ほど早くお盆頃が収穫適期。

落ちよった。
完熟落下。
これから種を採ります。
ルビースイートで受粉させていました。

192g。
摘果した分、やや大きめ。
幼果の頃は真赤ですが熟していくほど表皮の色は薄く。
メイちゃんの瞳は味が良くありません。
どちらかと言うと鑑賞用。
3本の中で味的にはワルツでしょうか。
ワルツであれば秋に真っ赤に色着いて、味も普通のリンゴレベル。
ワルツは摘果して200gくらい。
小リンゴとして食べられます。


メイちゃんの瞳。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-1

メイちゃんの瞳 2018 8 19-1


メイちゃんの瞳 2018 8 19-2

メイちゃんの瞳 2018 8 19-3

メイちゃんの瞳 2018 8 19-4

メイちゃんの瞳 2018 8 19-5






7粒の種。
冷蔵庫で保存して来春に種蒔き。

改良版メイちゃんの瞳の希望は果肉真赤。大きさは200g。糖度15くらい。
収穫時期はお盆頃。
それでもってバレリーナツリー。

これが出来たら家庭栽培で夢リンゴが食べられます。



3本のバレリーナツリーは来年が5年目。
幹の上から下までリンゴの実を生らせさせそうです。
4年前に考えたこと。
5年目でリンゴの実をびっしり生らせさせる。
現実味を帯びて来ました。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-5

メイちゃんの瞳 2018 8 17-6











にほんブログ村

















【 2018/08/19 (Sun) 】 リンゴ | TB(0) | CM(12)

ぶどうの試し採り

今年は例年より着色が早いように感じます。
着色も例年よりいいです。
そろそろ良さそうに見えます。

味見は出来の悪い房で。
一房10粒程度の小さな房。
摘粒時点で捨てても良いような房。
これ以上実を着けさせると食べられる実になりません。
この数が限界。
一粒20g程度。
基本は食べられるぶどうになるまで数を減らすこと。

伊豆錦 2018 8 14-1

伊豆錦 2018 5 15-1









天山。
これも小さな房で袋すら掛けてありません。
最初から試し採り用。
一粒15g程度でしょうか。

天山 2018 8 14-1

天山 2018 8 15









味的には食べられるレベルになっています。
例年より早いですがぶどうの季節。
今年は600房程度。
例年ですと10月第一週まで。
おいしぶどうを頂きたいですね。

伊豆錦 2018 8 14-2







にほんブログ村
【 2018/08/15 (Wed) 】 ぶどう | TB(0) | CM(14)

カラス除け。ぶどうに防鳥糸を設置。

カーポートのぶどうにカラスがいるよ。
あっそ~。
さりげない返事。


カーポートのぶどう。
品種は安芸クイーン。
例年、ここからネットを掛けるのでありますが、今年は糸。
赤い糸ではなく黄色の糸。

安芸クイーン 2018 8 12-1

安芸クイーン 2018 8 12-2

防鳥糸 2018 8 13-1










カラスもガッカリだろうな。
袋は立派。
袋を破いたらありゃま。
実が小さくてまばら。

カラスの中ではベッピンの勝っちゃん。
毎年なんでそれくらい分かっているでしょ。

安芸クイーン 2018 8 12-3








犬は色の識別が出来ずモノクロで見ています。
カラスはちゃんと色を見分けられます。
赤外線の反射で袋の中身もある程度分かります。
視力は人の7~8倍。
いいな~。
最近、近い方も遠い方も見えないもんで。

私の場合、心眼と言う手が。





カーポートのぶどうで良さそうな房を探してみました。
無いな~。(笑)

このピオーネなんかここのカーポートでは全然まともな方。
と言うかこれが一番。

雨に弱いぶどう。
仕方が無い。

ピオーネ 2018 8 13-1








ぶどうもそろそろでしょうか。
今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。
40gの天山とか。
7月末頃から定期的に水遣りをしています。
大きくな~れ。

実が割れました。(笑)

天山。
何か言いた気。
(ほどほどの水を頂戴。根元に集中豪雨はちょっと。)

天山 2018 8 1-1

天山 2018 8 1-2









にほんブログ村




【 2018/08/13 (Mon) 】 ぶどう | TB(0) | CM(16)