日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

柿『早田早生』を収穫。

今年も良く折れました。
ボキボキと。
柿の早田早生。

収穫を始めました。


今年9月の台風でも枝が剥離骨折。
徒長枝を使って樹形を立て直そうと思ってましたが、それも全て折れてしまい思うように行きません。

昨年は600gを超えて来ましたが、今年は最後の足りません。
500g弱。
この枝では頑張った方かもしれません。
褒めてあげましょう。

早田早生 2017 10 15-1

早田早生 2017 10 15-2

早田早生 2017 10 15-4

早田早生 2017 10 15-5

早田早生 2017 10 15-3

早田早生 2017 10 15-6

早田早生 2017 10 15-7











1個切ってみると芯が黒い。
あまり見掛けない現象。
何でしょう。
ご存知の方があれば解説をお願いします。
生理的な現象だと思いますが。

早田早生は種が少ないです。
1~2個くらいでしょうか。
この1個は種無し。

果肉のなめらかさはありません。
糖度も普通。
大きくて種が少ないのが特徴でしょうか。

早田早生 2017 10 15-8-9

早田早生 2017 10 15-10

早田早生 2017 10 15-11

早田早生 2017 10 15-12

早田早生 2017 10 15-13

早田早生 2017 10 15-14

早田早生 2017 10 15-15










普通の大きさの柿と並べると2倍くらいの差があります。
600gを越えて来ますと見た目は3倍くらい。

柿もおぉ~って言うくらいのがいいですね。

早田早生 2017 10 15-8











紅芯キウイの収穫を始めました。
こんな感じで毎週少しづつ。
リンゴと一緒に追熟させれば一週間程度で熟します。
11月中旬になれば樹上完熟。
黄肉キウイも追熟型で収穫出来る体制に入りつつあります。

キウイの収穫はこれから休日ごと、12月下旬まで続きます。

キウイ 2017 10 15-1

キウイ 2017 10 15-2









最近、朝の果物は軽く。
休み休み行きます。
個人の果物消費、恐らく日本人トップクラスだと思います。(笑)
出来れば味もトップレベルで。

朝食 2017 10 16







にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2017/10/17 (Tue) 】 | TB(0) | CM(16)

栗だんごを作る。

栗だんごを作りました。
レシピは栗きんとんの老舗、岐阜県恵那市『川上屋』通り。
最後の形できんとんとは言えず、栗だんご。



栗に切れ目を入れて50分蒸します。

栗きんとん 2017 10 15-1









ほじくって取り出した後に潰して、濾します。
これが一番大変。
粗く潰す段階と濾す段階に分けます。
濾すのはいい加減で良いと思います。
ツブツブ感が残りますが気になりません。

栗きんとん 2017 10 15-2



栗きんとん 2017 10 15-4

栗きんとん 2017 10 15-5

栗きんとん 2017 10 15-6











栗(正身)とグラニュー糖の比は3:1。
最初三割程度の栗にグラニュー糖を全部入れて砂糖の水分を全部出します。
ある程度練った後に残りの栗を入れて焦がさずに水分を減らして行きます。
かき混ぜる栗が重いこと。
沢山作ると腕が無茶苦茶疲れます。

栗きんとん 2017 10 15-7

栗きんとん 2017 10 15-8












店の栗きんとんは1個当たり26g。
一口サイズ。
26gは小っちゃい。
1個250円。

原料は10円。残りは手間代。
実際やってみると手間が相当掛かっています。



まずはだんご状態に。
今年は26gが目標。
1個見本に残りは見本に倣って。

最後の1個を計ったら46g。
いつの間に。
疲れて来るとだんだん大きくなって行きます。
気持ちは早く終わらせたい。

栗きんとん 2017 10 15-9

栗きんとん 2017 10 15-11

栗きんとん 2017 10 15-10












巾着で形を作ります。

ここでプロとの差が出ます。
栗きんとんか栗だんごかはここで決まります。

栗きんとん 2017 10 15-12

栗きんとん 2017 10 15-13

栗きんとん 2017 10 15-14









今回の栗だんごの総重量は2,211g。
鬼皮は1,163g。

完成まで費やした時間は6時間。







今年の栗はポロタンが8kg。
武蔵が2kg。
武蔵は台風でほとんどが早熟で落下。
先日捨ててあった武蔵がパカって開いていたので拾い集めましたが、今日割って見るとほとんど腐ってました。
早熟で落ちた栗は無理ですね。



栗も少しあった方が秋らしくなります。
栗拾いも結構面白い。



コンパクト樹形で大木にしないように。

クリシギゾウムシも例年発生しています。
6月10日にスミチオンで防除。
この時期の防除は欠かせません。
9月上・中旬がクリシギゾウムシの産卵時期。
防除したい所ですが収穫時期でもあります。
私はこの時期の防除はしていません。
収穫直後に一度防除が一番でしょうか。








ご近所6軒にお裾分けさせて頂きました。
栗だんごを食べてみて下さい。
栗きんとんとは言ってません。

これ、栗きんとんじゃないですか。

いや栗だんごです。
ここは譲れない。
譲っちゃいけない。








にほんブログ村
【 2017/10/14 (Sat) 】 | TB(0) | CM(17)

落ち葉を拾ったら出て来た。 柿・キウイ。

現場からの報告です。
先日、香りぶどう4品種を食べ比べて頂きました。
シャインマスカット、黄玉、イタリア、安芸クイーン。

モニター数は5人くらいですが。(笑)

私の予想ではシャインマスカットの勝ち。

結果は安芸クイーンの圧倒的勝利。

意外な結果でした。
安芸クイーンが人気があるとすればクイーンニーナも人気がありますね。

以上、現場からの報告を終わります。








ぶどうと梨はこれから終盤。
10月いっぱい粘れるかどうか。
食べる方もちょっと疲れが見え始めて来ました。





柿とキウイの葉を拾い集めて焼却場へ移動。
落ち葉そのまま残しておきますとジメジメして病気に罹りそうなので。




柿の富有。
推定100年生。
根元の草を刈っていたらドキっ。
小さいのが。
10cmくらい。
ヘビの赤ちゃん。
目が合いました。
何だ君はって顔をしています。

このまま行けば1本で300個程度の収穫になりますが、一部葉っぱがヨレヨレ。
葉っぱがダメだと近くの実の方にも黒いポツポツが。
もう防除は出来ないのでこのまま最後まで。
(9/10が最終の防除)
実の重さが堪えるかのように枝が撓って来ました。
つっかい棒を数ケ所に。
最終、1個250gとして300個。
何キロ?
柿の木も重いものを背負わされています。

柿 富有 2017 10 9-3

ヘビ 2017 10 9-2

ヘビ 2017 10 9-3






柿 富有 2017 10 9-2

柿 富有 2017 10 9-4

柿 富有 2017 10 9-5







木の上の方は敢えて徒長枝に生られてあります。
徒長枝には大きな実が着きます。

柿 富有 2017 10 9-7










早田早生。
現在推定500g。
横に伸びた細枝。
これも支えてあげないと折れます。

早田早生 2017 10 9-1

早田早生 2017 10 9-2












キウイの落ち葉を片付けていたら2匹目のニョロニョロ。
20cmの赤ちゃん。
またもやドキっ。
動きません。
死んでる?
流石に手で持つ勇気が無く、トングで挟んで移動。
舌をペロっ。
えっ。
生きてる。
死んだフリされました。

ヘビ 2017 10 9-1











今年のキウイはスカシバ対策で3回ほど防除。
効果は出ました。

ただ一部シワシワ果。
枝を見るとスカシバの抜け殻。
良く見るとヘビの頭に似ています。

ジャンボイエロー 2017 10 9-1

ジャンボイエロー 2017 10 9-2

ジャンボイエロー 2017 10 9-3





この後、紅妃を20個ほど試し採り。
リンゴを入れて追熟するか確認します。













地面を見るとまたまたドキっ。

枯れ枝 2017 10 9-1








枯れ枝でした。(笑)
ヘビちゃんにめっぽう弱いワタクシ。
心臓がドキンドキン。








10月9日に今年最後のスイカを食べました。
1日で完食。
小さかったので。
日中暑かった~。
8月下旬に収穫してず~と冷蔵庫の中。
良く持つものです。

スイカ 2017 10 8-1






にほんブログ村
【 2017/10/10 (Tue) 】 | TB(0) | CM(24)

秋の光景。コスモスとミツバチ

ボツネタをアップすることに。
消費期限は切れてますね。
果樹ネタではありません。




2週間前のこと。

なばなの里の温泉に行くことに。
ついでにコスモス畑に寄ってみました。
紅葉はまだ早い感じ。

なばなの里 2017 9 23-1

なばなの里 2017 9 23-2










コスモス畑。
いろいろな色があるようです。





橙色のコスモス。
パット見、目立ちます。
このコスモスは何て言う名前なんだろう。

読めないじゃん。
自分の花びらで隠してどうする。

なばなの里 2017 9 23-18

なばなの里 2017 9 23-5










橙色コスモスの隣に真っ白なコスモス。
橙色コスモスは主張して来ますが、白色は控え目。


控え目なんだけど、それが逆に目立つことがあります。
色々な色があった時、一番目立つ色は白色かもしれません。
白色だけあった時には目立たないんですけど。

なばなの里 2017 9 23-4

なばなの里 2017 9 23-19









他にも色々なコスモス。

なばなの里 2017 9 23-6

なばなの里 2017 9 23-3

なばなの里 2017 9 23-20

なばなの里 2017 9 23-12










コスモスに限らず、白色のバラもそうかもしれない。
赤、ピンク、黄色。
それぞれ個性が強い色が主張して来る色の中、目立つのは一番控え目な白色のバラ。

白色が輝く時がありますね。










ミツバチがコスモスの花粉を一生懸命集めていました。
冬を前に集められる時は集められるだけと言った感じでしょうか。


ミツバチの花粉集め。
花から花へ。
次々。
私は時間を忘れてミツバチの後を追っていました。
ミツバチも一生懸命。

こう言った光景を見る時間が貴重かもしれません。
因みに私はミツバチに完全に無視されているようです。

なばなの里 2017 9 23-7

なばなの里 2017 9 23-8

なばなの里 2017 9 23-9

なばなの里 2017 9 23-10

なばなの里 2017 9 23-11








短い時間でしたが少しだけ秋に触れられた実感があります。
絵画のような秋も良いですが、少しだけ動きがある秋はいっそう時間が止まったりします。


この時期、ハチミツもおいしいですね。
ハチミツは年中ありますが採蜜は秋に行います。
なのでハチミツは秋の味覚かもしれません。
今秋採れハチミツを食べていますが、ハチミツも奥深い味がしますね。











最近、毎朝こんな曲を聴いています。
今、ブログを書きながらも。

X JAPAN

『Forever Love』

『Without You』


 Forever LoveはToshiが千賀君のピアノの能力に合わせてゆっくり唄ってますが、このゆっくりさが逆に心に沁みて来ます。
 ピアノ初心者の千賀君も良く練習したと思います。
 (拍手!)


秋にバラードは合いますね。
心に沁みます。






にほんブログ村
【 2017/10/07 (Sat) 】 未分類 | TB(0) | CM(10)

秘伝を収穫

枝豆の『秘伝』を収穫しました。
例年より早い感じでしょうか。

生で齧ってみます。
・・・
おぉ無理。
豆乳の味。
青臭くて不味い。

これが茹でると素晴らしい香りがします。
茶豆も良い香りがしますが、この秘伝も同じ。
風味は流石のレベル。



今年は鬼ちゃんが摘芯されると言うことで私も試してみました。
頂芽をチョッキン。
結果は良好。
試しに1本でいくつ鞘が付いているか数えてみます。
199個。

例年は1本で150個くらい。
収量が30%ほど増えた感じ。
ただ今年は虫にやられました。
防除しなかったツケですね。

今年の初収穫は取り敢えず3本。
早速茹でました。

秘伝 2017 10 1-3

秘伝 2017 10 1-2

秘伝 2017 10 1-4

秘伝 2017 10 1-5





秘伝 2017 10 1-6

秘伝 2017 10 1-7












栗の武蔵。
今年の収穫は終了。
武蔵は9月17日の台風18号でほとんどが落下。
落下した毬はゴミ捨て場に。
今回実が入っていない毬を捨てに行くと。
あらっ。
栗。
2週間前は青かった毬が茶色くなってパックリ開いています。

ゴミの毬の中から栗あさりが始まりました。
結果、今日は栗拾いした栗よりゴミからあさった栗の方が多いです。
捨てた栗ですが半分くらい回収したでしょうか。
食べられますかね。

色が黒光りしています。
灰もかぶっています。(笑)
未熟で不味いかも。

武蔵 2017 10 1-1

武蔵 2017 10 1-2

武蔵 2017 10 1-3

武蔵 2017 10 1-4






本当に収穫した武蔵はご近所のおばちゃんに差し上げました。
言われたのが、栗赤飯したら持って行くからね。
有難いお言葉。
昨年は私が栗赤飯を作りましたが、今年は作らなくてもおいしい栗赤飯が食べられるかもしれません。











にほんブログ村
【 2017/10/03 (Tue) 】 野菜 | TB(0) | CM(12)

ぶどうの除袋。

10月に入りました。
残り3ケ月。
しっかり収穫して行かねば。


ぶどうは10月中に全消費したいです。
後にリンゴ、キウイ、柿が順番待ちしてます。
ぶどう、しっし。(笑)
徐袋を始めました。



リンビング前のぶどう棚に『イタリア』。
この棚に今年70房。
半分ほど消費。残り半分。

朝、カーテンを開けると目の前にぶどう。
『おはよう』。
ぶどうに元気よく挨拶。

イタリア 2017 9 30

イタリア 2017 9 29-3

イタリア 2017 9 29-1

イタリア 2017 9 29-2













ぶどう棚は現在4ケ所。
庭に一ケ所。畑に3ケ所。
庭のぶどう棚。(NO1)
ここにはイタリア、安芸クイーン、ジャスミン。

イタリア 2017 9 30-2-3












畑のぶどう棚。
NO2。
ここにはシャインマスカット、黄玉。
シャインマスカットは今年100房程度。
これくらい頂ければ満足。
まだまだ小粒。
木の成長を待ちながらの収穫になります。

シャインマスカット 2017 9 30

シャインマスカット 2017 9 30-2

シャインマスカット 2017 9 30-3








今日はNO3ぶどう棚の除袋を行います。







昨日、ご近所の漬物おばあちゃんに秋の果物セットをお届けしました。
今朝家にみえて、栗赤飯を頂きました。
おばあちゃんはご近所で料理の師匠。
この栗赤飯もおいしそう。
ポロタンの色がいい。
有難く頂きます。

栗赤飯 2017 10 1-1

栗赤飯 2017 10 1-2








にほんブログ村


【 2017/10/01 (Sun) 】 ぶどう | TB(0) | CM(16)

早秋を収穫。

花壇植えのリンゴ『あいかの香り』。

チョイヤバ。
根元におかくず。

見れば小者でした。
鉢では大物であっても地植えでは小者。
やれやれ。

あいかの香り 2017 9 23-1

あいかの香り 2017 9 23-2









久々に柿の『早秋』を収穫しました。
植え付けから12~13年経っています。
ここ数年管理が悪く早々に途中落下。
今年は防除3回の効果が出で何とか。


最初は味が悪かったですね。
糖度も15前後。
収穫が早いのはいいがダメな柿と言う印象。


久々に収穫してみると格段においしくなっていました。
いつの間に。
早秋も知らない間に成長していたのでしょうか。
柿も年月が必要?。

早秋 2017 9 22-1

早秋 2017 9 26-1

早秋 2017 9 26-2








早田早生も肥大して来ました。
現在300~400g程度。
あと200gくらい太ると思います。

早田早生 2017 9 23











2017年の課題は柿とキウイ。
収穫まで持って行きたい。
今の所、順調に来ています。

因みに2018年の課題はスモモとぶどう。
2019年の課題は柑橘と桜桃。
順番にテコ入れして行こうと思います。

ほんとスモモは今年全くダメでしたね。
頭に来るくらい。
ほとんど食べていません。
タヌキの野郎。
スモモとぶどうは過去最大の収量を目指します。




さてこの柑橘は何でしょうか。
これが見て分かれば相当凄いです。
ヒント:かなり強烈です。

シークワーサー 2017 9 27-1

シークワーサー 2017 9 27-2









にほんブログ村

【 2017/09/29 (Fri) 】 | TB(0) | CM(14)

ケルシーを収穫

カーポートに軒下に這わせてある葡萄(ピオーネ)を収穫しました。
雨に当たりますので葉っぱがヨレヨレ。
点数で言えば10点くらい。
石灰硫黄合剤が掛かると腐食するので、それはしていません。
防除は梅雨期に2~3回。

同じカーポートの側面には安芸クイーンを垣根仕立てに。
こちらもそろそろでしょうか。
スペースの有効利用。

カーポート 2017 9 23-2

カーポート 2017 9 23-1

カーポート 2017 9 23-3










ピオーネ。

ピオーネ 2017 9 23









高接ぎのスモモ『ケルシー』を1個収穫しました。
こんな細枝に4個。
摘果する時、ギリギリの選択。
これまで脱落することもなく来ました。
10品種ほど接いでありますが、全て鳥と今はやりのタヌキ?に食べられました。
唯一残ったのがこのケルシー。

触って少し柔らかい。
収穫してみると虫にやられていました。

見た目はおいしそうに見えません。
ところが
ところがです。
食べてみると意外や意外。
以前にモグちゃんがおいしいと言っていたスモモだけのことはあります。
おいしい。
味はモグちゃんにやられたって思いました。
私が良く知っている味。
『李王』の味に良く似ています。
李王とケルシーの違いは香り。
李王の方が全然強いです。
ケルシーに香りを付けると李王になります。

不思議ですがモグちゃんは何故あんなに李王の悪口を言うのでしょう。(笑)
ケルシーがおいしければ李王もおいしいはず。
私の中でケルシーはNO2に躍進。
個人的にケルシーの完熟果は貴陽、サマービュート、帝王、いくみ、その他諸々のスモモよりおいしいと思います。
ただ李王には負けます。

ケルシーは晩生種ですが当地の栽培に合っているように思います。
同時期収穫の梨や桃より楽に収穫出来そうです。
しかもケルシーは豊産。
受粉も楽。

ケルシー 2017 9 23-1

ケルシー 2017 9 23-2

ケルシー 2017 9 23-3

ケルシー 2017 9 23-4














台風で落下した『秋ソルダム』を追熟させてありました。
結果、追熟しません。
水分不足。
秋ソルダムはダメです。
ゴム質過ぎます。
貴陽のスーパー受粉樹なので生き残りの道はあります。

秋ソルダム 2017 9 23-1

秋ソルダム 2017 9 23-2













今年少しガッカリのミラベルとプルーンのパープルアイ。
居接ぎ苗を20本ほど作ってありました。
現在2mほど。
ミラベル数種とパープルアイを追加で植えることは無くなりました。
この苗を来春改造したいと思います。
一年生台木に居接ぎもありますが、二年生台木改造の方が早いかなって。
切り戻してケルシー、レーヌクロード、彩の姫。
このあたりに接ぎ直します。
予想と期待で苗を作り始めますが外れることも。

台木 2017 9 23-1











今年花壇に植えた李王。(2016年、李王を挿し木。)
1枝に彩の姫が接いであります。
来春、1枝ケルシーを接ぎ増ししましょう。
これ1本で最高においしいスモモを順番に生らせられれば面白い。
期待を込めて育てましょう。

李王 2017 9 23-1

李王 2017 9 23-2










徐々に来年の構想を考える時期になって来ました。






にほんブログ村


【 2017/09/26 (Tue) 】 スモモ | TB(0) | CM(14)

獣の正体。

獣を撮影しました。
しかも一匹ではなく複数。
コイツだな。

イチジク畑で撮影。



獣1[広告] VPS




獣2[広告] VPS





きっとタヌキでしょう。

これまでに撮影した足跡。
タヌキに似ています。

足跡 2017 9 7-1

足跡 2017 9 7-2

足跡 2017 9 7-3








化かされていなければ丸々太ったタヌキ。
しかしまさかのタヌキ。
何故こんな平野に。
山から来るには揖斐川、長良川、木曽川を超える必要があります。
でも橋はあります。

タヌキをペットで飼っている人がいるのでしょうか。










怪しい人も映っていました。
怪しいと言うより変な人。
何となくヨボヨボしています。
大丈夫か~。
痩せこけていますね。
先程のタヌキとは大違い。
どう見ても力は無さそう。
無視でOKでしょう。

[広告] VPS










取り敢えず果物を食い荒らす獣の相手は分かりました。
これで対策し易くなります。







今日は法事。
多少涼しくなって過ごし易くなりました。
ただこの安心でポックリ行くことも。
気を引き締めて。

少しだけ果物のお供えをさせ頂きました。
器がお盆じゃなくてダンボール。(笑)
お許しを。

お供え 2017 9 24-1









にほんブログ村
【 2017/09/24 (Sun) 】 未分類 | TB(0) | CM(18)

おぉ生姜。

おぉ~生姜。
大生姜。


昨年、生姜の甘酢漬けを自分で作りまして、生生姜も秋の味覚に仲間入り。

春に種生姜500gを植え付けてあります。

秋。これから一ケ月半。
ぶくぶく太る季節。
500gからどれだけ収穫出来るのでしょうね。
5kg?

生姜 2017 9 17-1

生姜 2017 9 17-2

生姜 2017 9 17-3

生姜 2017 9 17-4

生姜 2017 9 17-5













フェンネルが咲きよった。

フェンネル 2017 9 17-1

フェンネル 2017 9 17-2











バジルも咲きよった。

バジル 2017 9 17-1

バジル 2017 9 17-2










野菜達も次の世代へ。
春ではありませんが野菜も花を咲かせる季節。
花の咲かせ方もそれぞれ主張が違います。

私はこうやって咲くんだ。
味や香りも個性を感じますが花の咲き方もそれぞれ個性があります。










にほんブログ村
【 2017/09/19 (Tue) 】 野菜 | TB(0) | CM(16)

台風18号の被害。

台風のエネルギーを何かで有効に使えないでしょうかね。


今回の台風18号の被害状況です。
全治一週間って言った所でしょうか。


台風が来るたびに果物の落下はその時点で諦めます。
心配なのは木や構造物。
これは修復に時間が掛かり、後に引きずります。




今回、一番痛かったのは桜桃ハウス。
支柱が折れて斜め。
戻そうとしましたがビクとも。
原型復帰は諦めました。
どうしようかと考えること1分。
・・・
屋根部分だけ全体に浮かせて、その間に順番に支柱を打ち直す。
これで行こう。
即決。
屋根の位置が全体にずれますが、一度壊すより全然早いです。
年内復旧の予定。
来春に間に合わせねば。

桜桃 2017 9 18-1

桜桃 2017 9 18-2










防鳥ネットの支柱もベキベキ。
暫く、防鳥機能がありません。
攻撃しないで。

防鳥ネット 2017 9 18-2

防鳥ネット 2017 9 18-1










庭と畑を一巡。
落下物を見ますと、風に強い果樹、弱い果樹が分かります。




弱いのはリンゴ、梨、栗。
桃も弱いと思いますが台風が来る以前に落下してしまいました。
いかんやん。(汗)






庭植えのリンゴ。
あいかの香り。
20果ほど落下。
あと40果ほど残っています。
今年は約100果からスタート。
まだ貯蓄があります。

現在、平均的には300g。
大きいのは400g。
500gの攻防は継続。
現在の糖度は15。

完熟まで粘れるかどうかですね。
収穫は11月上旬。

あいかの香り 2017 9 18-1

あいかの香り 2017 9 18-2

あいかの香り 2017 9 18-4

あいかの香り 2017 9 18-5










栗の武蔵。
2/3が落下。
今年の栗は終わりですね。
先に早生のポロタンが収穫出来て助かりました。

武蔵 2017 9 18-1








梨の長十郎。
落下が見られますが仕方が無い。

梨 2017 9 18-1









以外に幼木のにっこりが粘ってくれました。
現在600gくらいでしょうか。
あと一ケ月?。
800gまで行って下さい。
因みに庭の豊水、にっこり、王秋は全落下。
風当たりが悪かった。


幼木のにっこり。

にっこり 2017 9 18-1










キウイは今年1,000個くらいだと思いますが、落下したのは数個。
強いです。

初収穫を収穫したいジャンボイエローは現在170g程度。
このキウイ何でつぶれたん。
下に石が。
不運。
頭をぶつけたんだね。
重症。

キウイ 2017 9 18-1

キウイ 2017 9 18-2









スモモのケルシー。
よしよし。
粘ってくれました。
あと少し。

ケルシー 2017 9 18-1










柿。

富有のサポートが外れていました。
肝心な時に。

富有 2017 9 18









花御所が斜めになりました。
もう二度と戻せません。
枝折れが無かったのは樹形改造効果が出ているかもしれません。
なるべく垂直に。

斜めになって頂上付近が近くに。
何でこんなに生ってるん。
実が肥大して来ると生らせ過ぎがハッキリして来ます。
来年生らないかも。(汗)

花御所 2017 9 18-1

花御所 2017 9 18-2











ぶどうは奇跡的に被害はありませんでした。
棚が崩壊するかどうかで決まります。







自然災害は仕方が無い。

これで終わりではなくて、あくまで途中の一事件。
先に待っている未来から今を見れば、こんな時もあった。
想定内の出来事。
復旧もコツコツと。


さてと落下物を拾いに行きましょう。
ただでさえ食べ切れないのに。


ご近所のおばちゃん。おばあちゃん。
食べて頂けますかね。





今回台風で大きな被害を受けられた方々、お見舞い申し上げます。
こう言った時は周りのサポートが必要です。
特にお年寄りの方には。
心のケアも。
手を差し延べてあげて下さい。






にほんブログ村



【 2017/09/18 (Mon) 】 未分類 | TB(0) | CM(17)

天山の皮はダメ。

天山の収穫を始めましたが、無茶苦茶不評。
皮が剥けないと。
マニュキアフィンガー並み。
最近、毎日天山を食べていますが、食べるごとに攻撃されます。
敵は身近にいます。(笑)
なんでこんなぶどうを作ったん。
だって大きいことは書いてあっても皮のことは書いてないもん。

私もこのぶどうはダメだと思います。
倒しませんが縮栽決定。
ただ30gの粒は見てみたい。
今年が実質初生り。
一粒10gくらい。

天山。

天山 2017 9 14-1









翠峰。
昨年が初生り。
今年が2年目の収穫。
まだ粒が揃いません。

収穫してみましたが失敗。
早過ぎ。
苦いまで行きませんが、甘みが全く足りません。
なるほど、糖度13。
やってしもうた。

皮は剥き易い。
このぶどうは味の特徴はありませんが食べらます。

翠峰 2017 9 16-1

翠峰 2017 9 16-2

翠峰 2017 9 16-3














ゴールドフィンガー。
今年が初生り。
小っちゃくて細長いので食べにくい。
ただ皮は剥けるし、味は抜群にいいです。
甘いは甘いですが、味に深みがあります。
このぶどうは期待大。
大事に育てたいぶどうです。
シャインマスカットが万人好みの味ですが、このゴールドフィンガーも同様だと思います。
一粒10gを目指しましょう。

ゴールドフィンガー 2017 9 16-1

ゴールドフィンガー 2017 9 16-2

















イタリア。
ちょっと青い感じ。
収穫して失敗したと思いました。
食べられるんだろうか。
糖度18。
ギリかな。
色、糖度、味をリンクさせておかないと。
収穫時期もベスト収穫があります。
ずれないように。

イタリア 2017 9 16-1

イタリア 2017 9 16-2

イタリア 2017 9 16-3











先日、しおさんがお取り寄せのクイーンニーナとピオーネをアップされてました。
あのぶどうです。
あれぞプロのぶどう。
目指すはあのあたりでしょう。
一粒25g。32粒で一房800g。
ぶどうを栽培されてみえる方はお分かりだと思います。
どれくらい立派なぶどうか。
一房1,980円レベル。
特価で1,380円。
これくらい?
ここまで来れば作品だと思いますね。


自家消費なのでそこまでこだわる必要性はありませんが、自己満足を味わえるかどうか。
そこだけ。
目標が無いと上達もありません。
やってやろうじゃないか。
一人遊びですね。









今年のポロタンの最大果は41gでした。

ポロタン 2017 9 14-1








にほんブログ村
【 2017/09/16 (Sat) 】 ぶどう | TB(0) | CM(18)

ポロタンの平均果重:27.4g。

本日の朝食。
朝食で毎日、これくらい食べます。
この後にリンゴジャムのトーストを頂きます。
ホテルの朝のビュッフェで食った食った。
動けん。
そんな状態。

夜は夜の試練が待っています。
朝も夜も試練。
現在、梨・リンゴ・ぶどうが食べ放題。

朝食 2017 9 13-1









イチゴを植え付ける場所を作っておきました。
里芋の葉に負けるんじゃないよ。
今の所150株くらいでしょうか。

イチゴ用地 2017 9 9-1











栗のポロタンの2回目の収穫。
ここで平均果重を計ってみます。
94個で2,557g。
平均27.4gでした。

ポロタン 2017 9 11-1

ポロタン 2017 9 11-2



個数を数えて、今年のポロタンは300個くらいでしょうか。
暫く冷蔵庫の中で甘くします。



次は10月の『武蔵』。
こちらで栗きんとんを作る予定。








にほんブログ村
【 2017/09/13 (Wed) 】 | TB(0) | CM(23)

ポロタンを収穫

そろそろボクの出番ですか。

きっと君の出番はないと思うよ。

ポイ。

栗の『ポロタン』。

ポロタン 2017 9 9-1











今年は2回防除しましたが虫食いが多いです。
防除しなかったらもっと悲惨な結果だったことでしょう。

これで半分くらいでしょうか。

3週間ほど冷蔵庫で冷やして甘くしてから頂きます。

ポロタン 2017 9 9-2

ポロタン 2017 9 9-3

ポロタン 2017 9 9-4

ポロタン 2017 9 9-6

ポロタン 2017 9 9-5

上の写真の中に冒頭の虫食い果が入っています。
アソコ。
まだ捨てられなくて良かったね。


写真撮影の後、ポイ。













リビング前のぶどうの『イタリア』。
夏の日除けも兼ねています。
2×5mの棚に昨年は100房。
今年は70房。
来年は40房?
再来年は10房?
生らせ過ぎでお疲れ気味。

東の方から徐袋して順番に収穫して行きます。

イタリア 2017 9 9-1

イタリア 2017 9 9-2












モグちゃんのシャインは隙間が出来ちゃって味で勝負だって。



隙間や穴なんて全然気になりません。
お口の中にポンしたら同じこと。




これはまだマシか。
後ろは見せません。


詰まった方を表するのは当然です。
表があるのは1割くらい。
9割はどこから見ても裏裏裏。
全部表なんて皆無。


大抵はこんなもんでしょう。

イタリア 2017 9 9-3










にほんブログ村
【 2017/09/10 (Sun) 】 | TB(0) | CM(20)

リンゴジャムを作る。

ブルーベリーは今年もつまみ食い程度。
ボトボト落ちるのを見るも忍び難く、ご近所の方々に食べて頂くことに。
解放~。
好きな時に好きなだけ取って行って下さいね。
折角生った実。
無駄にしたくない気持ちはあります。
ただ木ごと全部取らずに半分程度残してあります。
このあたりは人の気持ちがきちんと入っていますね。

おばちゃん達に果物で何か御菓子を作ったら頂戴ね。
逆におばちゃん達をうまく使っているのかもしれません。(笑)
おばちゃんでも家のおばちゃんは使い辛い。

ブルーベリー 2017 9 4-1

ブルーベリー 2017 9 4-2












リンゴジャムを作りました。
リンゴは『グラニースミス』
ちょっと生らせ過ぎ。
木が弱りそう。
半分に摘果。
これでジャム作り。

出来たジャムは4~5kgくらいでしょうか。

リンゴジャムは2年前に大失敗。
鍋から吹きこぼれて大洪水。
後で始末書を書かされました。


今回は大丈夫。
勝負ところは心得ています。
もうすぐ。
もうすぐ。
キタ~。
・・・
セ~フ。

出来栄えは普通のリンゴジャムです。
甘いリンゴのジャムはおいしくありませんがクッキングアップルは風味のあるジャムに仕上がります。
リンゴの香りがプ~ンと。

リンゴの皮剥き途中で果肉が変色しないように、最初リンゴシロップを作って途中混ぜ混ぜしながら皮を剥いて行きます。

リンゴジャム 2017 9 3-1

リンゴジャム 2017 9 3-2

リンゴジャム 2017 9 3-3











一週間前からぶどうの収穫を始めました。
シャインマスカットはどうかな。
糖度10.4。
そこそこの味じゃないです。
苦い。(笑)

シャインマスカット 2017 9 3-1

シャインマスカット 2017 9 3-2










ゴールドフィンガー。
糖度22ありました。

ゴールドフィンガー 2017 9 5-1









ぶどうはこれから10月末まで毎日頂きます。
この時期、朝はリンゴと梨。
夜はぶどうのパターンです。
イチジクはご近所のおばちゃんに。
いらないものは何でも近所のおばちゃん。

折角生った果物。
有効に消費しましょう。








にほんブログ村
【 2017/09/06 (Wed) 】 リンゴ | TB(0) | CM(14)