FC2ブログ

日本一の果実栽培をめざして(FC)

四季の移ろいと果物の魅力を伝えます。 皆さんと共に味わいましょう。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

リンゴの中にリンゴ。メイちゃんの瞳の種採り。

花壇にリンゴのバレリーナツリーが3本。
ポルカ・メイちゃんの瞳・ワルツ。
今年が植え付け4年目。
メイちゃんの瞳で樹高4m。
ただどれも線が細い。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-3









お盆に施肥と根周りの土を掘り起こしておきました。
9月から10月中旬までの45日間で幹の太さを2倍にさせます。
現在幹の太さが5cmくらいですが10cmまで。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-4










今年の春に畑に植えてある樹勢の落ちたリンゴを伐採。
復活させたかったのですが病気には勝てず。
品種確保の為、伐採したリンゴをこの3本のリンゴの木に仮置きの接木。
仮置きした枝が徒長。
バレリーナツリーの枝は通常徒長することはありませんが、一般品種を接ぐと徒長するようです。
現在、3本のリンゴに10品種くらい。
赤・青・黄のリンゴ。
止まれ、いや進め、いや待て。
混雑することが予想されます。
交通整理が必要。

ワルツ 2018 8 17-1







例年、8月下旬頃が収穫のメイちゃんの瞳。
今年は10日ほど早くお盆頃が収穫適期。

落ちよった。
完熟落下。
これから種を採ります。
ルビースイートで受粉させていました。

192g。
摘果した分、やや大きめ。
幼果の頃は真赤ですが熟していくほど表皮の色は薄く。
メイちゃんの瞳は味が良くありません。
どちらかと言うと鑑賞用。
3本の中で味的にはワルツでしょうか。
ワルツであれば秋に真っ赤に色着いて、味も普通のリンゴレベル。
ワルツは摘果して200gくらい。
小リンゴとして食べられます。


メイちゃんの瞳。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-1

メイちゃんの瞳 2018 8 19-1


メイちゃんの瞳 2018 8 19-2

メイちゃんの瞳 2018 8 19-3

メイちゃんの瞳 2018 8 19-4

メイちゃんの瞳 2018 8 19-5






7粒の種。
冷蔵庫で保存して来春に種蒔き。

改良版メイちゃんの瞳の希望は果肉真赤。大きさは200g。糖度15くらい。
収穫時期はお盆頃。
それでもってバレリーナツリー。

これが出来たら家庭栽培で夢リンゴが食べられます。



3本のバレリーナツリーは来年が5年目。
幹の上から下までリンゴの実を生らせさせそうです。
4年前に考えたこと。
5年目でリンゴの実をびっしり生らせさせる。
現実味を帯びて来ました。

メイちゃんの瞳 2018 8 17-5

メイちゃんの瞳 2018 8 17-6











にほんブログ村

















スポンサーサイト
【 2018/08/19 (Sun) 】 リンゴ | TB(0) | CM(1)

ぶどうの試し採り

今年は例年より着色が早いように感じます。
着色も例年よりいいです。
そろそろ良さそうに見えます。

味見は出来の悪い房で。
一房10粒程度の小さな房。
摘粒時点で捨てても良いような房。
これ以上実を着けさせると食べられる実になりません。
この数が限界。
一粒20g程度。
基本は食べられるぶどうになるまで数を減らすこと。

伊豆錦 2018 8 14-1

伊豆錦 2018 5 15-1









天山。
これも小さな房で袋すら掛けてありません。
最初から試し採り用。
一粒15g程度でしょうか。

天山 2018 8 14-1

天山 2018 8 15









味的には食べられるレベルになっています。
例年より早いですがぶどうの季節。
今年は600房程度。
例年ですと10月第一週まで。
おいしぶどうを頂きたいですね。

伊豆錦 2018 8 14-2







にほんブログ村
【 2018/08/15 (Wed) 】 ぶどう | TB(0) | CM(12)

カラス除け。ぶどうに防鳥糸を設置。

カーポートのぶどうにカラスがいるよ。
あっそ~。
さりげない返事。


カーポートのぶどう。
品種は安芸クイーン。
例年、ここからネットを掛けるのでありますが、今年は糸。
赤い糸ではなく黄色の糸。

安芸クイーン 2018 8 12-1

安芸クイーン 2018 8 12-2

防鳥糸 2018 8 13-1










カラスもガッカリだろうな。
袋は立派。
袋を破いたらありゃま。
実が小さくてまばら。

カラスの中ではベッピンの勝っちゃん。
毎年なんでそれくらい分かっているでしょ。

安芸クイーン 2018 8 12-3








犬は色の識別が出来ずモノクロで見ています。
カラスはちゃんと色を見分けられます。
赤外線の反射で袋の中身もある程度分かります。
視力は人の7~8倍。
いいな~。
最近、近い方も遠い方も見えないもんで。

私の場合、心眼と言う手が。





カーポートのぶどうで良さそうな房を探してみました。
無いな~。(笑)

このピオーネなんかここのカーポートでは全然まともな方。
と言うかこれが一番。

雨に弱いぶどう。
仕方が無い。

ピオーネ 2018 8 13-1








ぶどうもそろそろでしょうか。
今年はどんなドラマが待っているのでしょうか。
40gの天山とか。
7月末頃から定期的に水遣りをしています。
大きくな~れ。

実が割れました。(笑)

天山。
何か言いた気。
(ほどほどの水を頂戴。根元に集中豪雨はちょっと。)

天山 2018 8 1-1

天山 2018 8 1-2









にほんブログ村




【 2018/08/13 (Mon) 】 ぶどう | TB(0) | CM(16)

ミラベルと凛夏

GWとお盆は一日掛けて庭の草刈りを行います。


水不足。
果樹や野菜が枯れて来ました。
そして草も。
生命力最強の草が枯れ始めるなんて。
これも新たな時代の幕開けか。





柿の富有。
品種を更新中。
昨年接いだ花御所。
ヒョロヒョロと2本。
折れるといけないので1本予備。
暫く2本で。

花御所 2018 8 11








木の下のドクダミ。
枯れて来ました。
ここ一ケ月雨が降っていません。

ドクダミ 2018 8 11

ドクダミ 2018 8 11-2









この柿の木も品種更新。
800gの柿は簡単には生らないようです。
興津20号に更新。
柿の接木は3月中旬くらいが良さそうです。

興津20号 2018 8 12-1








品種改良用のミラベル。
少し色着いて来ました。

彩の姫と交配したミラベル。

ミラベル 2018 8 11-1

ミラベル 2018 8 11-2









李王と交配したミラベル。

ミラベル 2018 8 11-3









梨。

袋の上から刺されています。
桃や梨は良くやられます。
二重袋を検討でしょうか。

梨 2018 8 11-1

梨 2018 8 11-3

梨 2018 8 11-2









凛夏。
2016年に高接ぎしたもの。

ちょっと早そうです。
虫に食われた凛夏と並べてみるとまだ青い。
平均350g。
いい線かも。
大きな凛夏で500gくらいくらいでしょうか。

凛夏 2018 8 12-1

凛夏と凛夏。
リンゴと梨。
あっちの凛夏は甘かったね~。
こっちの凛夏は酸っぱかったね~。
あっちこっちじゃ分からん。
同じ名前を付けるんじゃない。
ここに人の凛夏さんが加われば訳が分からん。




今日は冬野菜の種蒔きをします。
ブロッコリーなどは今が適期。
秋成長が期待出来ます。








にほんブログ村
【 2018/08/12 (Sun) 】 ミラベル | TB(0) | CM(12)

水不足。ブルーベリーが枯れる。

暑いので朝は9時に撤退。
夕方は15時から畑に。


品種不明のスモモ。
太陽系の味。
もう少し酸味が欲しいところ。

スモモ 2018 8 5-1

スモモ 2018 8 5-2

スモモ 2018 8 5-3











ブルーベリーを久々に見ましたら数本枯れていました。
樹高2.5m。


ブルーベリー 2018 8 5-1








フクベリーは水不足で小粒。
ただ味は濃縮しておいしい。

ブルーベリー 2018 8 5-2









18時30分に今日の作業を終えました。
夕方になりますと涼しく感じます。

18時30分の気温 2018 8 5-1







にほんブログ村






暑いのは仕方がありませんが水不足が深刻。
【 2018/08/05 (Sun) 】 ブルーベリー | TB(0) | CM(18)

強剪定で成長促進。みかん。

最近、暖かい日が続いていますね。
とうとう40℃超え。
オケラのカズ君もお手あげ。

オケラ 2018 7 26-2




穴掘り得意のミホちゃんもお手上げ。

オケラ 2018 7 26-1









春先にリンゴのつがるを倒して美丘を接木。
台木が太過ぎて切り接ぎが出来ず。
端にちょこんと接木。

剥がれました。(笑)
伸びた枝は1.5m。
接着面積に比べて枝が重過ぎ。
来年はもう少し活着面積を増やします。

美丘 2018 7 26-3

美丘 2018 7 26-2

美丘 2018 7 26-1










バレンシアオレンジを別の品種に更新中。
昨年から始めています。

今年接いだ枝が1.5m伸びました。
今年は1本をまっすぐ上に。
来年は側枝を出して、再来年から収穫。
接いだ部分のテープが食い込み。
テープを剥がしてやります。

間さん 2018 8 3-1

間さん 2018 8 3-2

間さん 2018 8 3-3








バレンシアオレンジに昨年接いだデコポンと早生デコポン。

デコポン 2018 8 3-1

デコポン 2018 8 3-2

早生デコポン 2018 8 3-1









クレメンティン2号。
成長促進で春、50cmに強剪定。
負けじと新梢が伸びて来ました。

クレメンティン 2018 8 3-1








クレメンティン3号を50cmに切り戻して別品種を接木。
今年は1本だけまっすぐ上に。

みかん 2018 8 3-1








レーヌクロードとコチェコ。
昨年居接ぎして、今年の春に20cmに強剪定。
今年ヒョロヒョロっと3m。
レーヌクロードは巨木になる雰囲気がありありと。

レーヌクロード 2018 7 29-1









桃が予想通り、糖度20以上になって来ました。
甘いですが食べる気がしません。
この暑い時期に食べたい果物はみかん。
酸っぱい夏みかんが良さそうです。








にほんブログ村






【 2018/08/03 (Fri) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)

巣立ち。飛べないツバメの雛

昨日、感動的なシーンを見ました。
倉庫のツバメの巣。
親ツバメが何度も雛にエサを運んでいます。
雛のいる所は巣でなくて地上。

巣から落下したのでしょうか。
巣の中の他の雛は地上の雛の様子を見ています。

暫く見てますと巣の中の雛が飛んでまた戻って来ました。
何となく分かりました。
巣立ち。
一羽の雛だけが飛べずにそのまま落下。
他の雛と親は飛べるまで待っているんだと思います。
親は飛べるまで地上の雛に口移しでエサを運ぶ。

どう見ても飛べない雛は元気がありません。
近着くと雛の心臓がバクバク。
このおっちゃん怖い。
逃げたくても逃げる気力が無い。
何か言いたげにじっと見つめています。

成長が遅れている感じ。
羽根も中途半端。
取り敢えずそっとしておきました。
他の仲間と一緒に巣立ってくれれば良いのですが。

ツバメ 2018 7 25-

ツバメ 2018 7 25-1

ツバメ 2018 7 25-2

ツバメ 2018 7 25-3

ツバメ 2018 7 25-6










柿の宗田早生。
1本ヒョロヒョロっと4m。
年々痩せ細って来ました。
今年も既に枝折れが発生。
右に伸びた枝に実が3個。
これがなくなると今年の収穫は0。
この枝をこのまま放置すると一週間以内に折れます。
取り敢えず棒でサポート。

宗田早生 2018 7 24-1

宗田早生 2018 7 24-2

宗田早生 2018 7 24-3

宗田早生 2018 7 24-4












大蜂屋。
数年前に幹が真っ二つ。
倒すかそのままにするか。
そのまま様子を見ることに。
両側から肉が盛り上がって来ました。
もう少しでくっ付くくらい。
樹高4m。
土台となる足が細いって感じ。
心配は根元からポキって行きそう。
ここ3年ほど2個の収穫。
干柿職人を目指したのが7~8年前だったか。
収穫が2個では。
取り敢えず足を太くしたい。

大蜂屋 2018 7 24-1

大蜂屋 2018 7 24-2

大蜂屋 2018 7 24-3









にほんブログ村
【 2018/07/26 (Thu) 】 未分類 | TB(0) | CM(22)

暑さに強い柑橘

痛っ。
何だ。
何か飛んで来たと思ったらオケラ。

面白。
隠れよった。
出てきよった。
愛嬌たっぷり。
オケラ。

オケラ 2018 7 22-1

オケラ 2018 7 22-2

オケラ 2018 7 22-3










6月中旬に収穫した1~2cmの玉葱。
暫く乾燥。
冬採り用。
これか1ケ月間、冷蔵庫で冷やして休眠。
休眠させると肥大効果が出ます。
8月下旬に植えつけて12月収穫予定。

冬採り玉ねぎセット球 2018 7 20-1










花壇植えのリンゴのワルツ。
葉っぱが黄色。
水不足。
危ない危ない。
暑さにめっぽう弱いリンゴ。

ワルツ 2018 7 19-1

ワルツ 2018 7 19-2












メイちゃんの瞳。
順調。
イメージ通りに来ています。
来年は5年目。
200~300個生らせてみます。

メイちゃんの瞳 2018 7 19-1











暑さにめっぽう強いのは柑橘台木のカラタチ。
今年2月ニの挿し木したもの。
水がなくても暫く生きています。

カラタチ 2018 7 20-1









20cmの紅ちゃん。
最初はここから始まります。
こんな時代もあります。

紅ちゃん 2018 7 19-1









今年6年目の紅ちゃん。
今年が初生り。
30個くらい生らせてみます。

紅ちゃん 2018 7 19-4jpg

紅ちゃん 2018 7 19-5










この時期の柑橘は夏枝が伸びる時期。
1本に絞ります。

紅ちゃん 2018 7 19-2

紅ちゃん 2018 7 19-3










この前の休日は38℃~39℃。
日中の畑は結構暖かい。
10時頃までは連続で作業しても何とか。
そこからは畑と家を行ったり来たり。
家のクーラーで1時間体を冷やして1時間畑で作業。
それを夕方まで繰り返します。
この方法結構行けます。

35℃くらいの気温。
汗もさほど出て来ません。
あ~涼しい。
体の感覚って凄い。








にほんブログ村
【 2018/07/24 (Tue) 】 柑橘 | TB(0) | CM(14)

スモモの帝王。イチゴ味。

先日の大雨でスイカ畑が相当湿気っていました。
原因は雑草。
管理不足。
このままでは8月末まで持たないかも。
ここで草取りを実施。
風通しが良くなったような。
湿気ると肝心な蔓が腐って来ますので。


草取り前。

スイカ畑 2018 7 8-1








草取り後。

スイカ畑 2018 7 9-2

スイカ畑 2018 7 9-1

スイカ畑 2018 7 9-3








現在の株元。
今年のスイカは50~60個ですね。
あと1~2週間くらいすると本格収穫が始まります。
ちょっとタヌキを意識し始める頃。
今年食べたら本当に許さないからね。
今年は天候次第ですが糖度14以上が期待出来ます。


スイカ畑 2018 7 9-4












プリンスメロン2回目。
プリンスメロンは確実に行きたいところ。

プリンスメロン 2018 7 9-1









昨年、スモモを1個も食べていませんが今年は何とか。

スモモの帝王。
タネキ除けのネットに防獣センサー。それにいい加減な防鳥ネット。
それほど時間は掛かっていません。
ここまでやらないと昨年同様収穫0。

食べてみるとイチゴ味。
普通のイチゴ味じゃありません。
かき氷のイチゴ味。
帝王を食べて何か懐かしい味がしました。
最近、かき氷を食べていないので。
表皮の見た目はすごく不味そう。
中は真っ赤。

帝王 2018 7 9-1

帝王 2018 7 9-2

帝王 2018 7 9-3

帝王 2018 7 9-4

帝王 2018 7 8-1

帝王 2018 7 8-2










リンゴのルビースイートが落下していました。
鳥?
切ってみましたが真っ青。

今年は3個からスタート。
これで2個が脱落。
残りの1個は枝の天辺。
鳥にやられそう。
3個では確率的に厳しいです。
鉢栽培の方のお気持ちが良く分かります。
1個が貴重。
ウジャウジャ生るまで辛抱。

ルビースイート 2018 7 9-1

ルビースイート 2018 7 9-2








にほんブログ村






【 2018/07/10 (Tue) 】 スモモ | TB(0) | CM(22)

スモモの実割れ

天気予報を見ると明日から晴れマーク。
東海地方もそろそろ梅雨明けでしょうか。

昨晩も土砂降り。
雷ゴロゴロ。
夕立のような雨。
今も雨雲レーダーを見ますと、全国各地で強い雨が降っているようです。
数年に一度の雨が毎年降っているように感じます。
災害に遭われた地域の皆様、お見舞い申し上げます。


今回の雨でスモモも口を開いています。
開いた口は閉じて欲しいものですが。
これだけひどい実割れは経験がありません。
スモモも実割れするんだ。
私も初めての経験。
ただまだ助かっています。
今年スモモは進行が遅い。
若木が多いからでしょうか。
最近良く枯れて、出直しばかり。
歳を取ると早く実を着けたがります。
これが本来の進行なのでしょうが。




トパーズ。
原型を留めていません。

トパーズ 2018 7 7-1








ビッグオザーク。
名前はビッグでも家のは控え目の大きさ。
実割れしたもの。
これから解体作業を始めます。
メスを入れます。
これだけ出されたら綺麗なスモモ。
お化粧直しすれば大丈夫。
写真を撮ったつもりが忘れていました。
糖度は好記録。
9秒9。
水分を含むと如何に水っぽくなるかですね。

ビッグオザーク 2018 7 7-1

ビッグオザーク 2018 7 7-2

ビッグオザーク 2018 7 7-3

ビッグオザーク 2018 7 7-4










ハニーハート。
スモモバリエーションの中の一つ。
あまり特徴がありません。
これも7月下旬。

ハニーハート  2018 7 7-1









サマービュート。
着色先行型。
焦って収穫してはいけません。
じっくり。
収穫は7月下旬。
まだ実が固いので実割れは軽微。
見た目は綺麗なスモモです。

サマービュート 2018 7 7-3

サマービュート 2018 7 7-4









一枚葉っぱが実にペタンコ。
桃やスモモで偶にあります。
摘果する際に気を付けていますが。
実に接する葉は取らないといけません。

サマービュート 2018 7 7-1

サマービュート 2018 7 7-2










リンゴのファーストレディ。
昨年が初開花で1~2個生りました。
今年は30個くらいから始めて10個ほど脱落。
途中カラスにも突かれています。
収穫は9月に入ってから。

落下したファーストレディ。
レディは最後までしがみ着いていて下さい。

ファーストレディ 2018 7 7-1

ファーストレディ 2018 7 7-2






今年のリンゴの注目はルビースイート。
この品種は味が良ければ期待出来る品種。
現在350gくらいでしょうか。
収穫時は500g前後と予想。

ルビースイート 2018 7 7-1









自然薯は順調に来ています。
ムカゴの赤ちゃんも順調。
来年の種イモ用。
こうやって年々少しづつ増えて行きます。

自然薯 2018 7 7-1

自然薯 2018 7 7-2








この野菜。
かなり主張して来ています。
葉っぱが綺麗。
これ何だか分かりますか。
私も今年初めて栽培してみました。
買って食べるのと自分で作ったものだと風味が違うようです。
今年はまだ食べられません。
食べられるのは来年。
これを自家栽培されていれば相当な食通だと思います。

コンニャクイモ 2018 7 7-1

コンニャクイモ 2018 7 7-2









にほんブログ村
【 2018/07/08 (Sun) 】 スモモ | TB(0) | CM(14)

スモモ  李王と彩の姫。

こそっと書いておきます。
こそっと。(笑)
またモグちゃんにカラスのように突かれるぞ〰。
どうぞ突いて下さい。




李王が生りました。
そして彩の姫が生りました。
どちらも同じ方向を向いています。
強香。

私の中では結論が出ました。





李王の完熟果。
樹上で香ってます。
触って少し柔らかみを感じれば完熟。
受粉が難しい品種と言われています。
帝王台木に李王とバイオチェリーを高接ぎ。
高接ぎのバイオチェリーでたくさん実を着けています。
受粉樹はバイオチェリーでも大丈夫かと思います。
李王の実は小さめ。


李王の樹上完熟。

李王 2018 7 3-1








彩の姫。

この品種は自家受粉で無茶苦茶たくさん実を着けます。
受粉樹は不要。
もしかしたら他の品種の授粉樹になってくれるかもしれません。
初生り秋姫が恐らく彩の姫で鈴生り。
彩の姫は摘果をしっかりする必要があります。
実は大きめ。
着色し始めて完熟までが結構早い品種ですね。
こまめに見る必要があります。


彩の姫の完熟果。

彩の姫 2018 6 28-5










あらっ。
日本地図入り。
私はこの地図のここにいます。
ここ。

彩の姫 2018 7 4-1

彩の姫 2018 7 4-2










李王と彩の姫。
別々に食べればどちらもおいしいスモモです。
取り敢えず私の中で結論を出しておきます。
あくまで私の意見。
公平に判断。
いたって冷静に。

どちらがおいしいかと言われれば李王。

違いは香り。
食べる前に10回づつクンクンしました。
どちらも強香。
ほかの品種ではとてもここまでの香りは出せません。
どちらが強いかと言われれば李王の方が強くて良い香りがします。
次に味。
味も良く似ています。
違いは食べた時に鼻に抜ける香り。
微妙な香りの差が味にも影響していると言った感じでしょうか。
果肉にも香りが乗って芳醇な味。

撮り合えず私の中では李王が最上位。
秋にケルシーが収穫出来ますが、ケルシーの完熟果も李王に似ています。
李王と彩の姫が終われば次は秋のケルシーが楽しみ。

李王と彩の姫。
点数で言えば95点と90点の差くらい。
あとはご自分で食べ比べてみて下さい。
スモモも好みがありますので。






皮を剝かない状態。
(どれも完熟果)
左から李王・彩の姫・コチェコ・ハリウッド。
ハリウッドとコチェコは受粉樹。
受粉樹でも完熟するとおいしいと言うのを言いたくて。
ただ今回は失敗。
実力を出し切れていません。
企画失敗。

李王 彩の姫 コチェコ ハリウッド 2018 7 3-1

李王 彩の姫 2018 7 3-1









次に手で皮を剝いた状態。
左から李王・彩の姫・ハリウッド・コチェコ。

李王 彩の姫 ハリウッド コチェコ 2018 7 4-1

李王 彩の姫 2018 7 4-1

ハリウッド コチェコ 2018 7 4-1








参考に糖度。

李王。

李王 2018 7 1-1







彩の姫。

彩の姫 2018 7 4-3








コチェコ。

コチェコ 2018 7 4-1









ハリウッド。
ハリウッドも過熟まで待てば糖度15程度まで行きます。
ハリウッドの気持ちになって弁解しておきます。
晴れが続けばですね。

ハリウッド 2018 7 4-1









因みにバイオチェリーの完熟果は相当難しいです。
着色が先行していつまで経っても熟しません。
そのうち虫が突いて腐って、いつの間にかポロっと。
実もかなり小さいですし。
受粉用に高接ぎ枝を少しだけ。
バイオチェリーはあくまで受粉用が宜しいかと。






これから暫くスモモの時季。
ただ梅雨期で収穫時期は難しいものがありますね。

今年、ご近所にスモモ各種を食べて頂こうと思います。
味のコメントは無しで、品種名だけ書き添えて。
どれが一番おいしかったですか。
じっくり味わって下さいね。
後で結果をこそっと聞いておきます。



参考に下のバナーはいくみ。
今年の糖度は20。
凄くジューシー。
ジューシーさは果物の命。
完熟でないとこのジューシーさは出て来ません。
今年、初めていくみの完熟果を食べられた方が感動していました。
スモモの酸っぱいイメージを変えられて良かったです。
スモモは本当はおいしい果物。
ただ日持ちしないおいしいスモモが売られていないのは誠に残念です。




にほんブログ村
【 2018/07/04 (Wed) 】 スモモ | TB(0) | CM(16)

スイカ・メロンの収穫を始める。

スイカの植え付けは4月14日。
スイカの出産予定日が6月30日。

ポンポン。
音で確認します。
OK。
間違い無く完熟の音。
今では完熟の音を確実に聞き分けられます。

スイカの初収穫は予定通りでしたが大きさが予定外。
小っさ〜。
たくさん生らせ過ぎた?



種無しキング。
予定通りの棚落ち。

種無しキング 2018 6 30-1

種無しキング 2018 6 30-4

種無しキング 2018 6 30-5


種無しキング 2018 6 30-6

種無しキング 2018 6 30-7












羅皇。
こちらも小っさ〜。

羅皇 2018 7 1-1

羅皇 2018 7 1-2

羅皇 2018 7 1-3

羅皇 2018 7 1-4

羅皇 2018 7 1-5

羅皇 2018 7 1-6








今年は何故か初生りから甘いです。
例年、この時期は糖度10くらい。
今年のスイカは糖度13以上になると思います。
過去に糖度15もありますが、今年はそれに近い数字が出る可能性も。



スイカ4兄弟。
収穫は2週間後くらい。

スイカ 2018 6 30-1








おまけのメロン。
今年はうまメロンとスイートボール。

うまメロン。
味は普通のプリンスメロン。
食べ慣れた味です。

スイカ、メロンが始まりますと夏の雰囲気が出て来ますね。

うまメロン 2018 7 1-1

スイートボール 2018 7 2-1

うまメロン 2018 6 30-3


うまメロン 2018 6 30-2











にほんブログ村
【 2018/07/02 (Mon) 】 スイカ | TB(0) | CM(10)

お中元を頂く。 そしてミラベルの現在。

ピンポン。
ピンポン。
ピンポン。

偶々ですが今日ブログでお世話になっいる3人の方からお中元を頂きました。

くゆらさんから巨大ミラベル。
ミラベルに似ていますがプラムのマンチュリアンだそうです。
くゆらさんにミラベル有難うございます。と書いたら強く否定されました。
ボケてます?と返事が。
ボケてみました。

くゆらさんのプラム。
ちょっと心配。(笑)
・・・
冗談です。

これはくゆらさん好みの味ですね。
酸味が効いています。
甘いプラムもいいですが酸味の効いたプラムも夏の味。
これはこれでおいしいです。
貴重なプラムを有難うございました。

大きなミラベル。(笑)
別の名はマンチュリアン。

マンチュリアン 2018 7 1-1

マンチュリアン 2018 7 1-2













Takaさんから桜桃の寿錦。
早速頂きましたが流石。
味が濃厚。
糖度が高くて酸味もしっかり。
甘さと酸味のバランスが最高。
実の大きさも流石の大きさ。
技術なくしてこの実は出来ません。

寿錦。

寿錦 2018 7 1-1

寿錦 2018 7 1-2

寿錦 2018 7 1-3











甘ちゃんから、これぞお中元。
あまおうのシャーベット。
これキープしておこっと。
シャーベットは酸味の効いた果物が合いますね。
そうかマンチュリアン。(笑)

甘ちゃん、有り難く頂戴致します。

お中元 甘ちゃん 2018 7 1-1

お中元 甘ちゃん 2018 7 1-2









くゆらさんにボケてみましたミラベルの現在。

李王と授粉させたミラベル。

ミラベル 受粉李王 2018 7 1-1









彩の姫と授粉させたミラベル。

ミラベル 受粉彩の姫 2018 7 1-1








ミラベルは酸味が足りません。
ジューシーさも足りません。
実の大きさも小さい。
糖度は糖度30を超えて極甘。
新ミラベルが待たれます。

ミラベルの実生。
今年一輪だけ初開花。
人工授粉を試みましたが授粉せず。
来年は実を着けてくれるのでしょうか。

2018年4月12日の画像と現在の画像。
実生ミラベル。

ミラベル実生 2018 4 12-1

ミラベル実生 2018 4 12-2

ミラベル実生 2018 4 12-3

実生ミラベル 2018 7 1-1











にほんブログ村













【 2018/07/01 (Sun) 】 ミラベル | TB(0) | CM(6)

タヌキ:私のお顔を綺麗に撮って〰。

タヌキの出勤時間は20時40分頃。
毎日10分と違いません。
その後、どこかに行って1時間後に戻って来ます。
さらに未明の3時頃に再び来ることもあります。


取り敢えず分かったのは音の威嚇音は効果がありません。
慣れたらおしまい。
傷みを伴わないガードはダメのようです。




まずタヌちゃんのお顔。
私を綺麗に撮って〰。

ちょっとブサイク。
これでも本人は綺麗だと思っています。
この前、カメラの前でお化粧直ししていました。

[広告] VPS









ネットを上げて桃を食べさせてあげます。
数個、樹上で腐った桃を落しておきます。
行動を見る為。

カメラ位置も変更。
昼間に見るとこんな感じ。

[広告] VPS









桃を咥えて持ち去ります。
どこへ行く?
威嚇音が無いとこの場所で食べます。
多少威嚇音が気になるようです。

[広告] VPS








第一回目に来て、次に来るのが一時間後。
この空白は何でしょう。
考えられるのは
①次のエサ場に行って戻るのに一時間掛かる。
②咥えた桃を巣穴に持ち帰ってまた取りに来るのに一時間掛かる。
  巣穴に子供がいるとか。

[広告] VPS


[広告] VPS










取り敢えず、タヌキに反応して威嚇音を出しても効果がありません。
獣対策で売られているこれらの商品はダメですね。

獣除け 2018 6 9-1










次のテーマ。
タヌキは木登りがあまり得意でないようです。
囲ったネットは下からもぐります。
では上から入る?
どこまでの高さなら良いか。
これを検証します。
まずは60cm。
スモモのサマービュートで試してみます。

着色を始めたサマービュート。

サマービュート 2018 6 28-1

サマービュート 2018 6 28-2

サマービュート 2018 6 28-3

サマービュート 2018 6 28-4









昨年完食された鈴生り貴陽。
昨年食べたのは鳥?

現在の貴陽。

貴陽にコチェコといくみと秋ソルダムを高接ぎしてあります。
受粉樹は秋ソルダム。
さらにコチェコでカバーする。
これで鈴生り。
完熟貴陽の味はスモモの平均レベル。
大きな実が収穫出来れば育て甲斐があります。
それには摘果十分で。
二代目貴陽は小貴陽。
既に枯れた親木は200g程度まで行ってました。

貴陽 2018 6 29-1

貴陽 2018 6 29-2








タヌキはネットの高さを決めれば恐らく防げます。
果樹畑を全囲いで。

今度は鳥?
今も果樹の上空をネットでスッポリ囲ってますが大変。
出来れば解放したいです。

タヌキで通用しなかった威嚇音。
鳥はこれかな。
タネキが終わったら鳥防御編に移ります。

上から下から。
1つの実をいろいろな生き物が狙いに来ます。
早い者勝ちじゃないので。

ご近所にこのあたりにタヌキがいて夜の20時40分頃にうろうろしていますと。
嘘でしょ。
誰もタヌキがいることを知らないようです。
タメ糞の話にはニッコリ。
同じ場所に糞をします。
畑はトイレじゃないぞ〰。







にほんブログ村




【 2018/06/30 (Sat) 】 タヌキ | TB(0) | CM(12)

ぶどうの袋掛けが終了

休みになばなの里の紫陽花祭りに行って参りました。
新作の紫陽花を求めて。
新作で特にこれと言うものは無し。
帰りにネズミ捕りに捕まりましたけど。(笑)

なばなの里 2018 6 24








展示されていた中で一番人気がピンクのコサージュ。
皆さん、可愛いい~。
これを見て、正直勝った~。って思いました。(笑)

展示のピンクコサージュ。

コサージュ 2018 6 24-2

コサージュ 2018 6 24-3











家の青紫コサージュ。
やっぱこれでしょう。

紫陽花で浮かびました。
3mのコサージュを作ったらいいんじゃない。

家のコサージュ。

コサージュ 2018 6 24-1








青空市場で涼しげな植物を発見。
コケ?

アイリッシュモスと言うらしいです。
ナデシコの仲間のようです。
こんな所に寝てみたい。

アイリッシュモス 2018 6 24-1

アイリッシュモス 2018 6 24-2

アイリッシュモス 2018 6 24-3

アイリッシュモス 2018 6 24-4


アイリッシュモス 2018 6 24-5


アイリッシュモス 2018 6 24-6

アイリッシュモス 2018 6 24-7








あと木が枯れているな~と思いました。

スモークツリー。

スモークツリー 2018 6 24-1

スモークツリー 2018 6 24-2








ぶどうの袋掛けが終了。
リビング南のぶどう棚。(2×5m)
10年間日影育ちで10年間の収穫は0。
これをビヨーンと陽の当たる位置に誘引。
今年で4年目くらいでしょうか。
今年の袋は172。
軽く100を超えていました。(汗)
行けません。
流石に生らせ過ぎ。
かなり反省。
来年は枝を減らします。

イタリア 2018 6 24-1


イタリア 2018 6 24-2









ぶどうの袋掛けが終わって、これから柿の摘果を開始。
柿も無理をさせられません。







にほんブログ村
【 2018/06/27 (Wed) 】 ぶどう | TB(0) | CM(14)